「ラジ★ゴン」ツイキャスやってます!

このページを開いておくとライブが始まると自動的に再生が始まります!

2016年5月26日 (木)

放送直後のスタジオから


八神純子さん、まさに青春ど真ん中。
ちょっとアガリますなー。
そんな甘酸っぱい思い出の人であると同時に、今が一番忙しく最前線でバリバリ活動しているというすごい方。

いいお話聞かせていただきました。

そんなこんなで、詳しくはまた後ほど。
今日もありがとうございました!

まずはこんなとこで、放送直後のスタジオからでした!

Posted from するぷろ for iOS.

2016年5月25日 (水)

松田聖子だけで意気揚々と埋め尽くす水曜日

IMG_2861

松田聖子祭り、無事終了!

7月30日土曜日にマリンメッセ福岡で行われる「Seiko Matsuda Concert Tour 2016」ライブコンサート先行予約大好評でした。

たくさんのご予約ありがとうございました!

そして番組も松田聖子一色。
かかる音楽は松田聖子といえばバンカヨコ。バンさんが渾身のフィッシングで楽曲を釣り上げるスタイルでお送りしました。

それではごらんください。

IMG_2865IMG_2866

どうです。この躍動感あふれる状況。
実は1/5の確率で他のアーティストの曲が混ざっていますのでバンさんも大変。

なんせ、大マジですから!「ニューアルバムからかけたい」とか「ラストは聖子ちゃんじゃないと洒落にならない」とかいろいろありますもんで、時にプレッシャーに心折れそうな瞬間も(写真右)。

そんななかで1曲を除いてほぼ松田聖子だけをひききったバンさんの気合の勝利。見事です

UPCH-29218_HDa_extralarge一応終わったあとにスタッフとちんも引いてみたんですが、コレが結構な確率で他のアーティストさんをひいちゃってましたから、なんていうかバンさんものすごいっす。

6月20日には発売される通算50枚目の記念すべきオリジナルアルバム「Shining Star」も発売。

松本隆作詞、松任谷由実作曲、松任谷正隆編曲による映画「PAN~ネバーランド、夢のはじまり~」の主題歌「永遠のもっと果てまで」などヒット曲から編曲を中田ヤスタカ(CAPSULE)が手掛けた「惑星になりたい」など話題曲まで今回もヒット間違いなし。

で、メッセージテーマも記念にちなんで「あなたの記念」。

みなさんからたくさんのメッセージいただきました。

やあ、考えてみれば周囲には「記念」がいろいろと転がっているものですね。転がっているっていうとアレですが。

メッセージからピックアップすると、輝かしい過去を永遠に残す「記念の品」、逆に捨てるには忍びないけどなぜか目立つ場所に鎮座する「記念品」も。

「記念日」については本当にたくさんのメッセージが。

いいもんだなあと思うエピソードが一緒についてくる「結婚記念日」。誰にとっても意味は無いけど自分にとっては本当に大切な「記念の日」。

あるいはガンガン増えていって記憶することができないおびただしい数の「記念日」。これありますねえ。

子供の頃の記念で地中に埋めたタイムカプセルってのもありましたねえ。どこ行ったんだろう...

「記念」というのは思い出をなんらかの形で残すこと。
記念がいっぱいあるってことは、覚えておきたい記憶がいっぱいあるってことですからそういう人生は悪い人生じゃないですよねえ。まあ、記念しすぎるのも(?)それはそれで大変なんでしょうけども。

そして「記念」は節目節目でも行うものですから、覚えておきたい通過点がたくさんあるのもまた有意義な人生なのかもしれませんね。

そう考えるとさ。聖子さんの記念すべき50作目のオリジナルアルバムってすっごいっすよね。だって、ベストとか企画物はまた別ですからねえ。

この日、バンカヨコさんは上機嫌だったり、プレッシャーを軽く感じたりしつつも全身から松田聖子愛を爆発させていて、それを見ているこちらもなんだかすごーく幸せな時間でしたねえ。

愛ですよ愛。


IMG_2860

「チンタメ」、今日は「団地映画の傑作」是枝裕和監督最新作の「海よりもまだ深く」をご紹介。

私、団地鑑賞が趣味の一つなんですね。
特にマンモス団地。

いわゆるマンモス団地ってのの多くは戦後の住宅難の解消を目指して、小さな都市を目指して作られたものが多いんですね。かつては国民の「あこがれの住宅」。団地に住むのが当時の日本人のイケてるライフスタイルの象徴だった時代もありました。

長い時を経て、今は老朽化、高齢化して憧れではもうなくなりました。気がつけば緑が生い茂り、味のある風情が残りました。

かつての「都市計画」の思いなどを思いつつ、そこを散歩するのが好きなんですね。


「そして父になる」「海街diary」など今や日本映画を代表する是枝監督の最新作はこの「団地」が主要な舞台で、この「団地」が映画とシンクロする真に「団地映画」であります。たまりません。

主演は阿部寛、樹木希林、真木よう子など。ダメな息子と母親、別れた妻と息子。そんな「元家族」が台風の夜に一同に集う一日を描いた作品です。

大きくドラマチックな事件が起きず淡々と、なんなら「何も起きない」といっていいようなストーリーラインにしかし感情の流れはエモーショナルに。

これって、かつての日本映画の王道。是枝監督が「小津安二郎を受け継ぐ」とよく言われる所以です(本人は成瀬巳喜男監督の影響をよく言いますが)。

15年前に渋い小説の賞を受賞して小説家を続けているが鳴かず飛ばずで、現在は胡散臭い興信所で探偵をしている良多。ずい分前に妻子にも逃げられ、その養育費すらギャンブルで使い果たしてしまうダメ男。

映画は良太が未練タラタラでストーカーまがいの行為すらするけれど、複雑な思いながら彼を徹底的に拒否して前に進もうとしている元妻響子(真木よう子)と、良太の唯一の味方でダメとは思いつつ愛情を隠さない一人団地で年金暮らしの母淑子(樹木希林)を両側に置いて、父親への愛情も距離感もあるけれど自分の落ち着きどころのない気持ちに揺れる息子(吉澤太陽)を配置して、それぞれのやりとりと揺れる気持ちを繊細に、かつコメディのように楽しい映画になっています。

小さなエピソード、繊細な所作、咬み合ったり噛み合わなかったりする会話。
日常をただ描写しているようでいて、無駄なところが一切ないシャープな映画でもあります。
特に狭っ苦しい団地のレイアウトをここまで見事にカメラに収めたおかしみも含めて笑いが耐えません。

特に阿部寛と樹木希林のやりとりはものすごく楽しく、阿吽の呼吸としか言いようが無い演技のアンサンブルがすばらしいのですが、是枝監督の作品では過去に一度やっぱり親子を演じています。

2008年の「歩いても 歩いても」がそうです。この「歩いても歩いても」も是枝監督史上稀に見るなにも起きない映画で、非常に共通点が多い。

例えばタイトルの「歩いても 歩いても」はいしだあゆみの歌からの引用で、「海よりもまだ深く」は劇中にも流れるテレサ・テンの歌から。

どちらも親子の機微を描いた映画です。そういう意味では一周回ってきたとも言えそうです。

どこか他の家の日常の揉め事を覗いているようでもあって、いつまでも見ていられるな楽しいな。
だけどずっと見ていると自分の家より、ずっと悲惨な状況のスクリーンの向こうがなんだからちょっとうらやましくもなってくる。

これってかつて見ていたホームドラマのようだな。と気付きました。
山田太一、向田邦子、久世光彦、倉本聰。
樹木希林が出ているせいでしょうか。特に「ムー」や「時間ですよ」の久世光彦さんの匂いを感じました。あの悪ふざけを丁寧に取り除いてエッセンスを煮詰めたようなお茶の間感。

ストーリーなどなぞってもそれでは意味が無い、それぞれを見て担当するという意味では一方で映画らしい映画で、地味ですけどね、とてもよい映画でした。

で、団地なんですけど。

微に入り細に入り団地あるあるが満載でそれだけでも楽しいんですが、この家族バラバラなんですけどたったひとつ共通した想いがあるんですね。

それは「こんなはずじゃなかった」。
これがこの映画の重要なテーマの一つになっています。

それに「団地」はよく似合う。というか意図としてこの家族と団地を重ねあわせています。

団地と今は囲われて立入禁止のタコの滑り台。
団地だって昔は国民のあこがれの象徴だったんです。日本の輝かしい未来のひとつの象徴でもありました。

できるだけ上層階が良かったんですよね。
樹木希林は4階に住んでいるんですけど、これが微妙で歳を重ねるとエレベーターがない4階って辛いですし、ヒエラルキー的に上位の5階、家賃が安くて今は大人気の2階まで。

団地から子どもたちが消え、年寄りが増える。
なによりもともとは団地は終の棲家だと思って住む人は少ない。いずれは一軒家、あるいはもっとグレードアップした住居に住もうとおもっていた人が多いのです。

「こんなはずじゃなかった」
と、団地だってそう思ってますよ。でも今は今で美しいとわたしゃ思います。

私団地が好きなのはそこに今も多くの人が住んでいるからです。
そしてそこに住んでいる人が別に現場を悲観しているわけじゃ決して無い。むしろそれぞれに団地暮らしを楽しんでいるんですね。予定とはちょっと違っているかもしれないけどさ。

どんなに歴史ある建物でも、人がいなくなるとその建築物は「死ぬ」のです。
そして長年残れば「遺跡」に、ほとんどは「廃墟」として、時間は泊過去にのみ生きるものとなるわけです。

人々が生きている限りは時間は動いていく。思い通りじゃないけどそれでも未来はありますね。

この映画はそういうわけで実に「団地映画」です。
ちょっと共感してくれますか?

IMG_2862

というわけで今週はここまで。
実に松田聖子とバンカヨコさん一色の水曜日。楽しかったっす!

また次回。

2016年5月24日 (火)

ミツバチまーや♪

5月24日の火曜日ラジ★ゴン

 

がちゃぽんゲストはZYUN.さんshine

独特な歌詞の世界観や4オクターブの音域と個性的な声質を生かし

2015年11月より本格的に音楽活動を開始。

シンガー以外の活動はJunxix名義で自らをプロデュースして活動中

シンガーソングライター、プロデューサー、スタイリスト、デザイナーと

いろんな顔をお持ちのZYUN.さんですが、

5月18日に1st mini アルバム「混合シナプス」でメジャーデビューされましたshine

アルバムは初回生産限定盤(CD+DVD)と通常盤の2タイプです

初回生産限定盤のDVDには「かげおくり」、「I.D」のMVが収録されていますslate

 

そんなZYUN.さんのワンマンライブ

東京での開催となりますが行かれる方、ぜひ楽しんできてくださいnotes

 

Advent 〜baptism〜

6月24日(金) 東京:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

  

さっき少しご紹介しましたが、ZYUN.さんは音楽以外の活動もしていて

「XIX」はJunxixとしてプロデュースしているファッションブランドですdenim

ご自身で服をリユース・アレンジし、独自のセンスでコーディネートしており

次世代のファッショニスタ・ファッションリーダーとしても注目されてますeyesign03

XIXはインターネット販売を中心に展開中です!!

 

その他最新情報はZYUN.オフィシャルサイトをチェックしてくださいflair

Fullsizerender 

ZYUN.さんありがとうございましたhappy01

 

★ナジーランチ★

今日ご紹介したのは"博多鶏ソバ 華味鳥"の博多極上鶏白湯そば(税込830円)。

じっくり炊き込んだ鶏白湯スープに水炊きスープをブレンドした上品なおそば!

ランチタイムは大人気の唐揚げ2個が150円&俵ごはんがサービスで付きます!!

俵ごはんに鶏白湯スープをかければ〆の雑炊としても楽しめますnotes

 

住所    福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージビルB2F

営業時間  11時~22時30分 ※ランチタイムは11時~17時(土日祝のみ16時まで)

定休日   ソラリアステージ定休日

電話番号  092-733-6013

  

続きを読む »

2016年5月23日 (月)

ミツバチまーや♪

 

5月23日の月曜ラジ★ゴン

 

今日のがちゃぽんゲストはSHE'Sshine

Key・Voの井上竜馬さんお越しいただきましたnotes

 

SHE'Sはメンバー全員が1992年生まれの次世代ピアノロックバンド。

「閃光ライオット2012」のファイナリストに選出され、全国から注目を集める。

今年2月に発売した3rdミニアルバム「She'll be fine」はiTunesロックチャート1位を獲得crown

そんなSHE'Sのメジャーデビューシングルがいよいよリリースされますnew

 

6月8日(水)リリース Morning Glow

「日曜日の観覧車」「Time To Drive」の3曲が収録されていますcd

 

初回生産限定盤は、Live Footage "She’ll be fine -chapter. 0- at Shibuya Club Quattro, 3.14.2016"より、東京公演の模様を収めたダイジェストライブムービーが収録されたDVD付きですslate

 

今回福岡でのライブの予定は発表されてないのですが

福岡のご近所さん、山口県で開催される夏フェスに出演決定sign03

 

WILD BUNCH FEST.2016

 

開催日  8月20日(土)、21日(日) 

会場   山口きらら博記念公園

チケット一般発売 6月11日(土)

 

sign01SHE'Sの出演は21日(日)ですsign01

その他最新情報はSHE'S公式サイトをチェックしてくださいflair

Img_1586井上さんありがとうございましたhappy01

続きを読む »

2016年5月19日 (木)

A級大食覧会でデカ食い最高っす。

IMG_2760

今日のゲストはsiraphのAnnabelさん。

元・school food punishmentの蓮尾理之、山崎英明、ハイスイノナサの照井順政、Mop of HeadやAlaska Jamで活動する山下賢、ソロアーティストのAnnabelそしてVJに齊藤雄磨のバンド。ってこれをちゃんと読めずにいきなりしくじってしまいました。じ、実力不足でごめん!

個人的に覚えがあるのはschool food punishment。夜中のアニメなどみていると(東のエデンですねえ)馴染みのある知る人ぞ知るバンドでしたけども惜しくも解散、その後蓮尾さんは数多くのアーティストとのコラボや数多くのユニットで活躍。ハイスイノナサは残響レコードの人気バンド。

一方、アルゼンチン生まれで博多育ち(ときいてビックリ)のAnnabelさんも同じく色んなアニメの(しかもディープめの)エンディングなどで活躍していましたが、ソロ作などで蓮尾さんや照井さんなどと出会いやがてバンドとなった。ということのよう。

あまり細かいそれぞれの情報はもってなかったのですが、聞けばそれぞれ福岡とは縁があるということで、なんだかグッと親近感。

91e1212 s9L._SL1433_Annabelさんはプライベートでは昭和の貸本時代の漫画のコレクターだったり、多彩な趣味とプライベートがまだまだありそうで、話せば話すほど興味がつきない魅力的な方でしたねえ。

そんな、それぞれのバラエティ豊かなバックボーンを持ち寄ってギュギューっと詰め込んだのがsiraphのファーストミニアルバム「siraph」です。

実はチョット前に入手してiPhoneに入れていつもきいている お気に入り

番組中でもお話しましたがジャンルが決めにくい独自のサウンドが魅力。
ポストロックといえばそうだし、プログレといえばそうだし、エレクトロといえばそんな気もする。けれどAnnabelさんが手掛ける作詞と透明感あふれるボーカルを乗せてちゃんとポップスとして成立しているのがまたいいです。

ジャケットも日常にぽっかり現れた異空間(と可愛い女のこ)が何気ない風景をもぐにゃりと捻じ曲げるようなsiraphの音楽をよく表した素敵なジャケットで好ましい。

ちょっと聞いてみてくださいな。

siraphのライブは緻密な楽曲のステージでの再現とともに映像を組み合わせたもので、ゼヒ見たいですねえ。福岡のライブも期待したいところっす。

というわけで、どうもありがとうございました。
また、次回!ぜひ遊びに来てくださいね。

siraph official web (外部リンク)

 

IMG_2762

今日の放送終了後、さっそく天神中央公園で開催中の「A級グルメ大食覧会2016」に行ってきました!

いや、今年いいわ!
というとまた「おい!」と突っ込まれそうですが、去年の楽しさにもまして今年はお天気がバツグン!ものすごく気持ちいいんですよ。また各お店もグッと力を入れてメニュー、どれもこれも外れなしっす。

ステージではButchさん、ナジーさんの楽しいおしゃべりや異国情緒たっぷりのライブなどいつも賑やか。

この日は偶然、ラジゴンパーソナリティ、エフエム福岡のあのひとたちも勢揃い、すっごく盛り上がりましたよ。会場では誰かに会えるかも?気軽に声をかけてくださいね。

ソワニエ&ザ・メシュラン プロデユース A級グルメ大食覧会2016開催決定!(公式ページ)


さて、今日のメッセージテーマは「でっかい話」。

身長223センチで鳴らした「大巨人」アンドレ・ザ・ジャイアントの誕生日ってことで。なつかし。

今日はでっかい話ならなんでもOK。
景気よくでっかい話をぶちあげてください。というもの。

アンドレ・ザ・ジャイアントじゃないけど、私達ってなんとなくでっかいものに少し憧れます。それは恐れと裏腹の、そうね「畏怖」って言う感じもでっかいには似合う。

最近、九州の巨大仏の本など読んでいるんですが、感想としては人間でやっぱり巨大なものが好き。
小さくとも精緻なものの神々しさは大きさに関係ないけど、やっぱりデカイとそれだけでありがたい。そういうもんなのね。

デカイと行っても色々。

皆さんからたくさん頂いたのもいろいろ。
デカイ夢を語ったり、大きな嘘をついたり。今までみた大きなものの話はやっぱり聞いていてこっちもアガるし、大きな声の話はあるあるで笑えましたねえ。そうそう、お腹の中の大きな子どもみたいな話はひとつ紹介しましたけどいくつか頂きました。これは心温まるデカイ話。

そして食べ物の話題はやっぱり多め。

「デカ盛り」「大盛り」のたぐい。
私も時々無性にチャレンジしたくなるんですけど、あれなんなんでしょうねえ。

歳とともに達成感が胃もたれに変わっていく悲しさよ。

意外に多かったのは「体が大きいのが悩ましい」って方。

いわゆる「太い」ってのは、ま、私もね。ダイエットしないといけないな!と常々思ったりもするワケすけども。身長が高いってのも悩ましかったりするもんなんすねえ。

優子さんも私も「羨ましいよねー」なんて言ったりもしたのですけど、やっぱりないものねだりってところなのかもしれないっすねえ。

悩ましいことも多いけども、やっぱりドーンと大きいのがいい。
と締めよう思ってたんですけども、やっぱり体重といびきはあんまり大きくないほうがいいすね。目下の私の悩みでした。

たくさんのメッセージありがとうございました。

 

IMG_2751

さて、そろそろ終わりなんですけども、そういえば番組終わってからも身近な人達から反応あったのが、「遺伝子検査」の話。「チョッコレ」のコーナーのお話でした。

「遺伝子検査」というとどーも芸能人のゴシップやら血縁の揉め事などがイメージしがちですが、当然の事ながらDNAの情報を読み取り、病気のリスクや体質などの遺伝的傾向を知る最前線の技術であることもなーんとなく。

最近はかなり安価に手軽に検査するサービスも出てきて、ちょっとした人気だそうですよ。

番組で紹介した「MYCODE」というサービスを例に取ると、検査キットを購入して、唾液を採取して同封の封筒に入れて送るだけ。一定の期間を待つと色々分析した結果を知ることができるそうです。

調べたい内容や詳細なポイントによって検査の内容によって料金は異なりますがだいたい税込9,800~29,800円、オプションもいろいろ。

遺伝子から導いた詳細な体質と傾向、さらにその体質からくる遺伝的な疾患の発症リスクがわかっちゃう。

ユニークなところでは「ディスカバリー」というキットがあって、DNAから体質(体型・肌質 等)の遺伝的傾向と自分の祖先のルーツを遡って知ることができる というものがあります。

検査結果をネットで見ると自分が数千年前はどこのどんな民族で、数万年前に遡るとこんなかんじだ。というアニメ風キャラクターで描かれたページで確認することができます。面白い。

他にも色んなサービスや企業が参入してきているようですよ。
ご興味ある方は、ご自分で調べてよく確認してから試してみてはどうでしょ?

遺伝子検査はまだまだ日進月歩で、精度や料金もこれから大きく変化していくよう。
これからさらに身近なものになるかもしれませんよ。

 

IMG_2723

はい。今日の名言。優子さん、いい字書くなあ。

今週もありがとうございました。また次回です!

2016年5月18日 (水)

水曜ラジゴンかるたという野望を持った私たち

IMG_2659

ソワニエ&ザ・メシュラン プロデユース 「A級グルメ大食覧会2016」ついにスタート。
アクロス前天神中央公園で5/22(日)まで開催です。

福岡の名だたる名店がズラリと軒を連ね開放感あふれる屋外で自慢の一品を食べ比べるのも最高ですねえ。
またステージではラジゴンでもお迎えした二胡の里地帰さんやギタリスト逆瀬川剛史さん、そして世界各地の音楽が堪能できますよ。

BUTCHさん、謎のアジア人さんはみなさんを楽しいトークでお出迎え、おなじみエフエム福岡のパーソナリティもちょいちょい登場するかも。

放送終了後に様子を伺いましたけど、ご覧のとおり。
ホレ素晴らしくないですかこの天気と会場の雰囲気。
遊びに来てくださいね。

詳しい内容やステージのスケジュールはこちらでご確認を!

ソワニエ&ザ・メシュラン プロデユース A級グルメ大食覧会2016開催決定!(公式ページ)

IMG_2618

というわけで、今日も楽しくお送りしました水曜ラジゴン。

今日のゲストはひさびさに登場のBROWN SUGAR、KAZUさん。
なんですが、登場直前に発表された突然のBROWN SUGAR解散とKAZUさんの引退発表。

やあ、びっくりしました。

福岡のダンスホールをベースにDJとSINGERを合わせた唯一無二のSING JAYスタイルで、福岡にネを張りつつ全国で暴れまくっていたBROWN SUGAR。

2013年に無期限活動停止に入っていたのですが、その後もKAZUさんはソロ活動を開始。いずれBEOWN SUGARとしての再開を楽しみにしていたのですが。

本当に放送のすぐ前に自身のサイトで発表されていて「いつもお世話になっているエフエム福岡の出演に合わせた」と明るく語っておりましたけど。

こっちは正直大変っす!メンタル的に。

ソロ活動期間中もこの日を見据えてはいたそうで、考えに考えお休み中のNATさんとも相談を重ねて出した結論だそう。

またKAZUさん自身もこれを機会に一旦音楽の表舞台から退いて、今一度あためて自分の人生に向き合い直してみたかったとのこと。

81bRCkwYXZL._SL1500_2001年に結成して、インディーズ、メジャーの垣根を軽々と超えつつも、遠目には「戦っているなあ」といつも思っていただけに、こういう結論もファンとしては受け入れて応援していきたいところですね。

KAZUさんはもう清々しく質問に答えて、この15年を楽しく語ってくれました。

と、いうわけで本日5/18に発売されるのが15周年記念版にしてラストアルバム。

「THE BEST OF BROWN SUGAR」ということだったのですね。


インディーズ時代から7枚目『DELIGHT』までを網羅してCD2枚組39曲みっちり収めたまさにオールタイム・ベスト。

BROWN SUGARを振り返るにはうってつけですし、そういいつつもアガるアガる。
おすすめです!

でもやっぱなんか悲しいなあ。
スタジオでは動揺しまくって生まれて初めてスタジオで涙を落としはべりぬ。でした。

ちんにとってはエフエム福岡に出入りし始めた最初の頃から、いろんな形で接点があって、どうしようもなく思い入れもありましたので。失礼しました。

バンさんもまた日頃いろんな形で接触がありましたから、バンちんにとってもなんだか胸に迫る今日でした。

BROWN SUGARそしてKAZUさん、本当にお疲れ様でした。色々ありがとう。BROWN SUGARのお二人の次のステージも大成功であることを心から祈ります。なんならすぐに戻ってきたらいいじゃない。

みたいな。

Message – BROWN SUGAR (今回のKAZUさんのみなさんへのメッセージ)
BROWN SUGAR (外部リンク)

IMG_2626

さて、今日のメッセージは「丸投げカルタ」。

年末に向けて、ラジゴンのオリジナルグッズがほしいねえー。
みたいな妄想話からスタートしたわけです。

ま、人でも予算もない当番組ですから、夢っちゃ夢みたいなものですが。

じゃあ、いっちょリスナーに投げてみるか!という出ました水曜パーソナリティの強固な依存体質。

そこで今回はみなさんに「カルタの札」を考えていただこうというものです。
今回だけで50音揃わないでしょうからこれからちょいちょいやっていって貯めていこう。という。やることを忘れなければ(最低)。

今回はエフエム福岡、ラジゴン、福岡...などと、まあ比較的近い範囲にひっかかるような内容で。というお願いだったのですが、まあ、たくさんのアイディアが集まりました。

ありがとうございます!

ラジゴンパーソナリティを面白おかしく表現したもの。
福岡のあちこちをダジャレで表現してくれたもの。
自身の悲惨な体験を札にたくしたもの。

などなど。

番組で発表したものと、時間の都合で発表できなかった中からも選別中。

今回はストックしておきますので、また何か思いついたらいつでもお送りくださいね。

もしかしたらカルタができるかも!
あっさり諦めるかも!(なんだよ)

 

たくさんのメッセージ感謝感謝です。

IMG_2621

さて、最後はチンタメ。
今回は「映画を見てると世界が見えてくる」というお話。

例えばここんところは「メキシコ麻薬戦争」の映画が題材として人気のようで、メキシコ側、コロンビア側など立場を変えて世界各地で題材にさられています。

コロンビアとメキシコにまたがった麻薬組織(カルテル)の縄張り争いと、それを取り締まろうとする警察組織、国家との武力闘争のことです。

ところがこの麻薬カルテルが強力すぎて麻薬のみならず産業や行政まで抑えていて、麻薬カルテルのドン、グスマン・ロエラは有名なフォーブスの富豪ランキングにランクインしてしまう事態。
メキシコ検察当局の2011年の発表で過去5年間で4万人以上が殺害され、それは形を変えて現在も続いているのです。

この週末から公開される「カルテルランド」もそんな一本。

監督のマシューハイネマンは新人ですが、「ハート・ロッカー」でアカデミー賞をとったキャサリン・ビグローが製作総指揮をしています。

メキシコはミチョアカン州。麻薬カルテル「テンプル騎士団」が制圧する小さな国家と化していて、さらに一般市民を巻き込んだ殺戮が日夜繰り返されていた。一方の政府や警察も腐敗していて頼りにはならない。

そんな過酷な状況に耐え兼ねた老医師のドクター・ホセ・ミレレスは立ち上る。
武器を手に取り、市民たちとともに自警団を結成して、麻薬カルテルはもちろん腐敗した軍隊も蹴散らし州を守り始める。

....という、ドキュメンタリー。え!なんと現在に続く事実をカメラに押さえたものなんです。

監督は自警団に同行したり危険な場所への撮影を決行。身も震えるリアルを突き付けていきます。
こわい。ひたすらこわい。乾いた暴力とリアルな怒り。軍隊に群がる市民。衝撃的な映像の数々。
完全な無法地帯で家族を無残に殺された正義の怒りを胸に戦う姿を追う監督ですが、その自警団もなんか途中からあれあれ?と迷走を始めたり。

「国」や「警察」つまり絶対的に信頼すべき「正しいもの」が崩壊してしまった世界ってそれは即混沌。そんなことがよくわかります。だってカルテルのほうが学校作ったり貧しい物に手を差し伸べたりもするんですから。

そして、「自警活動」はその象徴といえますね。自警団が活躍する社会は「正義がこじれてる」社会でもあるってふうにも思いました。今、麻薬戦争をこぞって題材にしたいのは、それがメキシコだけの話でない。ということなんでしょうね。


ところで「自警活動」と言えばそれは映画の大得意分野。
社会から排除され、誰も頼りにならない状況で自分自身が立ち上がって悪への牙をむくヒーロー、ヒロイン。

そんな映画がどれほど私達の胸を熱くしてきたか。
今、ピークとも言えるほど量産されている「アメコミヒーロー」も自警活動の宝庫。ですね。

ですが、そんなヒーローたちもなんだかおかしな様子です。

「バットマンvsスーパーマン」では、闇に隠れて悪党を退治するバットマンは私刑、だと嫌う基本的に遵法主義者のスーパーマンと、正義の名のもとに盛大に破壊の限りを尽くし親しい人たちが被害にあう状況を憎むバットマンとの「正義の考え方の違い」による戦いが描かれます。

「キャプテンアメリカ シビルウォー」では世界を守るためとはいえ国境を越えて破壊活動を行うのは具合が悪いと、国連下の正式な部隊として正体を登録し指示命令しようとする動きに、結果的に自分たちのためと賛成するアイアンマン側と、国家は暴走する、その手先となる可能性から自由でなければならないと反対するキャプテンアメリカ側が対立する話です。

単純明快なはずの「正義の味方」も迷走しているんですね。

リアルな現実を映すドキュメンタリーも、虚構の極みのアメコミヒーローもどこか同じような問題を私たちに問いかけてきます。

どうやら、現代はそんな時代なのかもしれません。
と、いうようなことを映画館の中でも感じますよ。という今日のお話でした。

どの映画も面白いので一度見てみてください。

 

IMG_2643

本日はここまで。

「A級グルメ大食覧会2016」アクロス前天神中央公園で5/22(日)まで開催ですよ。

では会場でお会いしましょう(?)

2016年5月17日 (火)

ミツバチまーや♪

 

5月17日の火曜日ラジ★ゴン

 

今日はスタジオに黒川温泉女将の会の皆さんにお越しいただきましたspa

先月発生した平成28年熊本地震により、熊本県内、大分、湯布院と

甚大な被害が出ました。

黒川温泉街は震源地から離れていたこともあり、比較的被害は少なかったそうです。

交通アクセスも一部通れない区間はありますが回復しているそうです。

福岡方面からは、高速は、玖珠または九重で降りて387号線を通るルートになります。

 

とにかく女将さんたちが明るくて、今日は私たちが皆さんから元気をもらったような気がしますhappy01

Img_1581 左から南城苑の女将・下城喜代子さん、ふもと旅館・こうの旅館の女将・チャオ松崎さん松崎久美子さん、のし湯・ふじ屋の女将・穴井智恵美さんhappy01

私もちょうど1年前に初めて黒川温泉を訪れて、最高の温泉に入り絶品のお料理を食べて

黒川温泉が大好きになりました!!

39db60731aad428f9b5d406a4bb22f89  

Fullsizerender 

Abddd99902ed460191c5bd729b99b346  またリフレッシュしに行きたいですhappy02spa

 

☆ナジーランチ☆

今日ご紹介したのは筑後市こ"中華ダイニング龍の隠れ家"日替りランチriceball

仕入れ状況によって変わるメイン(酢豚、回鍋肉、青椒肉絲など)・小鉢・大盛サラダ・

スープ・白飯・漬物付で650円(税込み)
 

Original

常連さんに愛される隠れた名店ですshine

 

住所    福岡県筑後市山ノ井1128-2

営業時間  11時30分~14時30分(LO14時) 18時~23時(22時30分)

      ※ランチ営業は平日のみ

定休日   毎週月曜日

駐車場   5台

電話番号  0942-52-8130 ※ランチタイムは特に込み合うので電話予約がオススメです

-----------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む »

2016年5月16日 (月)

ミツバチまーや♪

 

5月16日の月曜ラジ★ゴン

 

今日のがちゃぽんゲストは上野香織さんshine

北九州市出身。幼少の頃より、ピアノの講師であるお母様の影響を受けピアノを始める。

高校卒業後JAZZに傾倒し始め、2005年より本格的にJAZZLIVE活動を開始。

2014年には1stアルバム「LUCKY STRIKE」をリリースされましたshine

Ad6b6edd26d1c353e89ffa2808a5ff33 

放送で話題になっていたアルバムのジャケットがこちらです↑

実はこのピアノは合成で実際に腕をのせていたのは椅子、しかも場所は美容室トイレhappy02sweat01

全く違和感が無いので◎ですねsun

さて上野さんのライブですが、来週に迫っています!!

 

上野香織 JAZZ CONCERT 2016

 

日時   5月25日(水) 18時30分開場 19時開演

会場   北九州芸術劇場「小劇場」 北九州市小倉北区室町リバーウォーク北九州6F

【問】  同実行委員会事務局 080-3907-1202

出演   上野香織・ピアノ 井島正雄・ベース 松山修・ドラム

 

その他最新情報は上野香織オフィシャルサイトをチェックしてくださいflair

 

Fullsizerender上野さんありがとうございましたhappy01

続きを読む »

2016年5月12日 (木)

便利なものになりたい私たち(しかも懐かしくならない)

IMG_2497

今日もありがとうございました!木曜ラジゴン。

本日は7/23(土)、24(日)に海の中道海浜公園野外劇場で行われるこの夏九州最大級のフェス「NUMBER SHOT2016」の先行予約を行いました。

たくさんのお電話ありがとうございました!

そして御覧ください。優子さん、夏へ向けてのニュールックでございます。番組中でもちょっとお話したら結構反応が多かったっす。本人は「横髪がサワサワする」とちょっと慣れないご様子。どっすか?

さて、今日のテーマは「昔使っていた便利なもの」。
あるっしょ。

その時はすごーく便利にと言うか、ふつーに使っていたのに気が付くと使わなくなっているようなもの。

最近だと「家庭用電話」なんて、なんならもう固定電話置いてないって家もあるとか。

まさか固定電話がいらない世界が来るとは、子供の頃は思いもよらなかったこと。

一方で、今回のメッセージにもありましたけど「公衆電話」と「テレフォンカード」も絶滅危惧種的に今日のテーマにぴったりだったはずが、最近の監禁事件や自然災害の際に役に立つことが見直されて復活したりってのもあるんすけどね。

というわけでたくさんのメッセージありがとうございました。

「脱色剤」「そろばん」「アドレス帳」「交換日記」、「ほうき」「はたき」「蚊帳」「蚊取り線香」なんてのも。「スーパーカー消しゴム」に「ボクシー」、「キン消し」「ビックリマンカード」なんて子どもアイテムはもちろんっすね。

そんなこと言いながら、エフエム福岡だって「テレボー」「見えラジ」どこ行った?といわれて思わずゴクリ。

話せば話すほど思い出す懐かしいグッズ。
歌の世界でも「ポケベルが鳴らなくて」「ダイヤル回して~手を止め~た~♪」も、もはや意味が通じないんじゃないかと歌詞変えたほうが...みたいな議論まであったり、いろいろ大変です。

2016-05-13 13-25-12ともあれ、楽しい今回のテーマでしたねー。

ところで、番組中にちんみが「昔の缶ジュースには缶切りがあった」という話をして、優子さんの頭にでっかい「?」を出されてしまったやつですが、こーゆーのです。

実は私も子供の頃なんてうろ覚えだったんですけども、このオウムのくちばしみたいなヤツで穴を開けて飲んだんす。

缶切りにはセットになってましたし、一部のメーカーは絵のような小さな缶切りがフタにセットしてあった。よう。

プルトップが発明される前があるって、なんか知ってることが恥ずかしい!

こうやって新しい技術が発明されるごとに、それまで便利に使っていたものは記憶の彼方に行っちゃうんスねえ。

切ないけれども、こうやって時々思い出して上げるのがいいっしょう。

みなさん、メッセージありがとうございました!

 

IMG_2501

そういえば、番組の冒頭でちょっと「おそ松さん」の話をしたんですけど、この日はずーっと断続的に反応があってちょっとビックリ。

知り合いの高校生の娘さんと何を話したらいいのやらと事前に悩みつつその場に行ったら、意外や意外、「おそ松さん」に激ハマりだったので女子高生と時空を越えて奇跡の話が合った、というお話。

皆さんご存知、故赤塚不二夫氏の代表作にしてアニメ化も大ヒットの「おそ松くん」。

オリジナルのアニメは1966年、その後一度88年に再度アニメ化、今回27年ぶりに3度めの、今回は深夜アニメとして登場。

六つ子は20代の大人に成長、それぞれの個性も際立つようになったものの就職しようとしてもお互い足を引っ張るようなダメなニートになった。という設定で、猛烈で強烈なパロディ(1話はあまりにヒド過ぎでDVDに収録できなかったほど)とシモネタ、一方で女子に大人気のバリッバリのイケボ声優(イケてるボイスってことっす)を配して、深夜としては異例の大ヒット。

すでに東京では放送は終了(福岡はただいま放送中)しているんですが、特集した雑誌はのきなみ完売で異例の増刷、ついにいま発売中の「an an」で大特集という社会現象化。

ちんみもネット配信で見て、おもしろいなーと思ってみていたんですが、目の前の10代の女の子にもラジゴンのリスナーの皆様の熱心な反応を見て、「本当にすごいんだ」と実感した次第。

興味ない人にはまったく知らないけど、こういうことって起こっているんですよねえ。
さっそく秋口には続編スタートも決定したそうですから、興味ある方はどうでしょ?

 

IMG_2495

春から始まった新コーナー「ちょっコレ」「格言の泉」「ネーミング企画室」。
皆さんどうっすか?

それぞれみなさんからのご意見や投稿をお待ちしていますんで、ぜひぜひよろしくお願いしますね。

メールは rajigon@fmfukuoka.jp まで。

 

「格言の泉」は最終的に選ばれた1枚を色紙にしたためております。
今週はちんみでこんな感じ。まーすっげー下手なんですがひとつそれは許していただいて。これをスタッフがダンボールをカッターで切り刻んで丁寧に梱包してお送りしてますので、どうぞみなさんお楽しみに。

そして今週の「ちょっコレ」は、優子さんが「女性に言われると嬉しい男性のほめポイント」でした。

「かっこいい」「結果を評価する」「頼れる」だそうですよ。
反論したり、同意したり。毎回同じことをいって時にお叱りもらってますけど、いつも思うんですが我々「男ってバカ」。

おだてられるとあっという間に調子に乗りますしね。ええ、私もそうですよ。

だからいいんじゃない!(きっぱり)

優子さんのチョッコレ、これからも期待したいっすね。私も時々やってますけど、みなさんから「こんな話をして欲しい!」という話題もあればぜひ!頑張ってお話いたしますよ。

そんな感じで今週はこんなところで。
来週もどうぞよろしく!

2016年5月11日 (水)

国民食はなんだ?と問うた夜の水曜ラジゴン(違)

IMG_2484-001

今日も楽しくお送りしました、ラジゴン 夜の水曜日。夜の。

今日のテーマは「国民食」だったんですが、「バン付け」のコーナーで「色んな物に『夜の』をつけるとおもしろい」とやってからは、本日一日「夜の」をつけたメッセージが多数。

さすがバンさん。カリスマの面目躍如といったところでした。あ、夜のカリスマの面目躍如(言い直さんとも)。笑えましたねえ。

さて、で、本題のテーマは「あなたの国民食」。
イギリスの国民食を調査してみると1位は「ヨークシャープディング」だった、という記事から。

イギリスって「フィッシュ&チップス」じゃないんだー。という。
ローストビーフの付け合せなんかでよく出てくるシュークリームの皮だけみたいなヤツがヨークシャー・プディング。だそう。よく知らないっす。

また、イギリスの外相がインタビューで「チキン・ティカ・マサラはイギリスの国民食となった」と発言して話題になったチキン・ティカ・マサラ、カレーもほぼ国民食。インド料理が人気なんですね。意外。

そういえば日本はどうなんだ?という。
よくあるアンケートでは「寿司」「カレー」「ラーメン」あたりがよく挙がってきますが本当でしょうか。また、例えばカレーならなにが国民食にふさわしい代表するものなんでしょう。

というような軽いナンクセみたいな今回のテーマ。ナンクセじゃないわ!ちょっと知りたいじゃないですか。ラジゴンで決めましょう国民食を!

例によって今回もアツい。
たくさんのメッセージありがとうございました。

やあ、ありとあらゆるものを「国民食」として推していただきましたねえ。

やっぱり「カレー」「ラーメン」は大人気。
カレーはルウのカレーに対する思い入れが深い人多かったよう。やっぱり「おふくろの味」と直結してるんでしょうかねえ。もちろん、外で食べるカレーも高級店からお近くの◯◯イチみたいなチェーン店まで、ありとあらゆる種類とランクがありますから。

ラーメンはこちらも「カップ麺」「袋メン」の家庭で食べるラーメンのメッセージ多かったです。うまいっすもんねえ。

もっとも「できるだけ細かく欲しい」みたいなことをこっちが言ってましたので、そうなるとこうなるのかな?ってかんじもしますね。

ただ「カップ麺」はすごーく国民食っぽいイメージ、私もありますねえ。

で、そういった大本命を抑えて、ま、あくまで印象なんですけども、非常に目立ったのは「味噌汁」。

そーかー、そーだよなー。そーかもしれませんなー。
味噌汁も赤みそ、白味噌、合わせ、信州などなど、具材に至ってはお揚げ、豆腐、ネギ、じゃがいも、ナス、わかめなどなどありとあらゆるものが。だしだってカツオ、昆布、あごなど。

味噌汁はまるで宇宙のようだ!ありとあらゆるものが味噌汁の中に含まれてきます。
家でも外でも、片隅にあればなんかホッとしてうれしい。

確かに国民食かも!
イギリスでもっぱら付け合せのヨークシャー・プディングが国民食といわれるように、日本でも主役じゃないけど味噌汁が国民食というのはなんか納得行くような気もしますね。

その他にも、これもそうかも!と思った「生姜焼き定食」「カツ丼」あるいは、独特かも!と思った「なまこ」や「カロリーメイト」などなど。

まあほんとに多種多様。たいへん盛り上がった「国民食」調査でした。
あなたの考える国民食はなんでしょ?

IMG_2479 

今日のゲストは杉山清貴さん。

やあ、カッコ良かった。
杉山清貴さんといえば夏のイメージですけども、なんたってスタジオの外は今日は朝からじとじと雨が降っていたのですが、ゲストをお迎えする頃には急に雨があがって少し晴れはじめ、杉山さんがスタジオに入ってきて、「杉山です」と握手を求めてきた背後からサーッと陽の光がさすという。神がかってますわ!

杉山清貴おそるべし。

今年でソロデビューして30周年。
30年前を「やっぱりすごーく昔の気がします。若かったなあ」と少し恥ずかしそうに語りつつも、着実に歩みを進め、マイペースで活動できる現在にすごく楽しんでいるよう。

特に最近はレコーディングにライブ、完全なソロから他アーティストとの積極的なコラボなども含めて多忙を極めているように見えるのですが、それもこれももう生活の一部。楽しんでやれているから特に忙しいとも感じないそうです。音楽活動の間は大好きな海を楽しみつつ、いや、やっぱりカッコいいですよねえ。

杉山さんといえばちん。的にはサングラス!でして、というのも昔、杉山さんがかけているサングラスがかっこいいなあと思って雑貨屋の店主に調べてもらって真似して買ったこともありまして。すごい高かったんですけどね。

かつてはほとんどサングラスをかけていたのですが、きっかけをきいてビックリ。目の下のクマを隠すためだったそうです。真実ってだいたいそんなもんですよねえ。

さて、7月6日発売される30周年記念アルバムがその名もズバリ「OCEAN」。

「さよならオーシャン」から30年、スタジオ作品としては『I AM ME』(2013年)以来となる本作。

まっすぐに海をテーマにしたニューアルバムです。

30周年とはいえ、気心のしれたメンバーと今までにないくらい肩の力が抜けた自然体でレコーディングすることができたと満足気な杉山さん。自然体にして最高傑作ということでしょうか。

そして、福岡でのライブもまもなくです。
こちらも楽しみ。

2016 バンドツアー
6/26 (日) 福岡イムズホール
問い合わせ:BEA (092-712-4221)

なんか、一貫して大人の余裕を感じさせた杉山さん。
ありがとうございました。

Island afternoon|杉山清貴オフィシャルWEBサイト(外部リンク)

IMG_2482

今週の「チンタメ」は今一番注目の絵本作家ヨシタケシンスケさんと最新作にして大人こそ読んで欲しい最新作「このあとどうしちゃおう」(ブロンズ新社)について。

ringokamosirenaiヨシタケ氏はもともとマンガタッチのイラストやイラストエッセイ的な活動で、作品集はもちろん、雑誌や書籍の挿絵などでも活躍中の方。

絵本は2013年の「りんごかもしれない」(ブロンズ新社)でデビュー。
テーブルの上にある1個のりんごを見かけた少年が、「あれは本当にりんごかしら?」と疑問を持ちエンエンひたすらと妄想する「だけ」という斬新かつオモシロの絵本。

私も最初本屋さんで見て軽い衝撃を受けました。
だって絵本ってのは「これがりんごです」と教える子供向けの本だと思っていたのに、「りんごじゃないかも」って本。すごくないすか。

その妄想のエスカレートぶりも素晴らしく、ころころ可愛い絵柄と合わせて頭の芯が「ゆるっ」となる帯にもあるように「発想絵本」。

簡単に言えば「りんご大喜利」で、一個のりんごでどこまで発想を広げられるか、というようなユニークな本。

mounugenai発売されるなり爆発的に受け入れられて、まず書店の絵本担当者のアツいプッシュと絵本の各賞を受賞してメディアでもたくさん取り上げられました。

その後もユニークな作品を量産。
「ぼくのにせものをつくるには(ブロンズ新社)」「りゆうがあります(PHPわたしのえほん) 」「ふまんがあります(PHPわたしのえほん) 」「もうぬげない(ブロンズ新社)などなど、どれも「大喜利スタイル」かつ「こどもあるある」満載で大ヒット。あっという間に人気作家となりました。


ヨシタケさんの作風で特徴なのはその「大喜利感」とともに徹底的に「絵で見るユーモア」にこだわりつつ可愛らしくて品があるというところ。そして、乱暴に泣きや感動へと引きずりこむ無粋さとは無縁というのも良い所。


そんなヨシタケさんの最新作が「これからどうしちゃおう」。

これがちょっと新境地にして最高傑作。

最初の1ページ目は少年がなにかノートを開いて読んでいる絵とともに「こないだ おじいちゃんが しんじゃった」と添えられます。

亡くなったおじいちゃんが残していた「このあとどうしちゃおう」と書かれたノートを発見した少年。

中には生前おじいちゃんが、死んだあとの世界や計画がびっしり書かれたノートだった。

というもの。
ズバリ、テーマは「死」。

「このあとどうしちゃおう」には、天国に行くにあたって準備するもの(栗とか保険証とか余計なものが多い)、生まれ変わってなりたいもの(金持ちに買われている猫とか末っ子とか結構共感できる)、天国(欲望だらけ)、地獄(嫌いな奴はみんないく)とか、詳細にして超絶くだらなくって大笑い。

dousichaouとかいいつつ、死んだあとに家族を見守る方法が、「月」だったり「風で地面を転がっているレジ袋」なんて笑いながらも、なんかしんみりするところも。

今回は「死後の世界大喜利」なんです。

賛否を恐れず攻めていますが、これは両親をなくし二児の父となったヨシタケさん自身の深い思いが込められています。

「死」は決してタブーじゃない。
人にとってこの重要なことについて、もっと家族でフランクに語るべき。だって、「死」について語ることは生きてる間だけしかできないんだから。

「このあとどうしちゃおう」を少年はワクワクしながら読んでおじいちゃんが楽しそうだと嬉しくなります。

ところが。

そこで突然鼻の奥がツーン!となるのですよ。特に大人は。

終始すごくおもしろおかしいのに、大人にはたまらなくなる瞬間もあるのですね。それが、この本が単なるおもしろ絵本に終わらせない深みがあります。

最後もほのぼのと締まるのですが、その最後のページを見て実は私「あ!」と思ったのですが、そのままスルー人も多いでしょう。それでいいのです。


無理やり泣かせようと豪腕をブンブン振り回す映画より、「おもしろいでしょ?おもしろいでしょ?」としょっちゅう後ろを振り返ってくるような下品な小説より、私はヨシタケシンスケ氏の絵本をぼんやり眺めてるほうがずっといい。

興味があれば一度手にとって見てください。
そうだな。僕もレジ袋あたりに生まれ変わってもいいな。

 

というわけで、今週はここまで!

また次週です。