« 第7話 (by斉藤ふみ) | メイン | 第9話(by Butch) »

2007年4月12日 (木)

第8話 (by山田優子)

う〜ん。米田君にあの本を渡したのは間違いだったのかなぁ・・・
いっそのこと渕田君に渡した方が・・・。

家に帰ってからも友子はぐるぐると頭の中で考え込んでいた。
いくら植毛の事で頭がいっぱいの米田君でも、あの手紙に気付かないわけがない。
でも・・・でも・・・思い切って史江に相談してみようか?
きっと史江の事だからいい解決法を見つけてくれるはず。
でももしかして史江も・・・!?
史江がすばやく取り出した「アレ」は間違いなく友子にも見覚えがあったのだ。
ああっどうしよう・・・

トゥルルル〜 トゥルルル〜♪
「うわぁぁぁぁっ!」あまりにも突然の電話の音に友子はイスから転げ落ちてしまった。

「も、もしもし・・・?」やっとの思いで受話器をとると

「あ、俺、渕田だけど・・・」

「えぇぇっ!渕田くん?」

マライア・キャリーもびっくりの7オクターブのこえで答えた。

コメント

第8話更新しましたね〜(^O^)友子さんは手紙の事がかなり気がかりになっているみたいですね。米田君に渡した本の内容もすごく気になってます。話の展開楽しみです(^−^)

アレって、ものすごく気になる。

確かに愛しの友子は声がスゴい!結婚してくれぇ〜!

仕事中はラジオを聞けないから話が読めない(苦笑)。

聞いていたいけどなかなかラジオを聞く時間が無いので寂しいな〜たまに声が聞けたときは一日中何か幸せ気分になれますよ…他の番組とか出てる事あるなら教えて下さい頑張って下さい大好きで〜す

コメントを投稿