« 第9話(by Butch) | メイン | 第11話 by 斎藤ふみ »

2007年6月 6日 (水)

第10話(by 米岡誠一)

「うーん、開けようかな?どうしようかな??この手紙。俺へのメッセージなのか。それともうっかり本に挟んでいたことを忘れていたのか・・・」

米田は大好物のお好み焼き・ミックス玉を口に頬張りながら悩んでいた。

「どうしたと?ボーっと考え込んで。女の子からのラブレターか?」
「お好み焼き・てぼ」の大将がからかうような笑顔で米田に話し掛けた。

「そんなんじゃねぇよ。でも・・・そうなのかな・・・う〜ん」

米田はミックス玉の最後の一口を口に運ぶと「大将、計算して」そう言って千円札を差し出した。
「そろそろヅラかるわ。って誰がヅラ借るやねん!地毛やっちゅーに!!」
「はい、おつり」大将は聞き飽きたギャグに眉ひとつ動かさずにおつりを手渡した。
「ノーリアクションかよ!」そう言って米田が店を出ようと踏み出したその時・・・

「あれっ山本?何であいつ、こんな所で突っ立っているんだ?」

そう言って声を掛けようとした時、米田の視線の端に渕田の姿が映った。

「えっ?なんで?あの二人がこんな所で・・・」

「そうよね〜びっくりよね〜」

「おっおまえ!いつの間に俺の後ろに!!」

米田が振り返ると、そこには佐藤史江が奇跡の八頭身で立っていた。

「お前は忍者か!!」

コメント

第10話になって面白い展開になってきましたね(^O^)話の続きが楽しみです(^-^)

なかなか米さんらしいギャグでおもしろいですね。全員集合ですか?

初めてblog見ました(* ̄O ̄)ノストーリーが続いてるんですか?米岡さんの顔がみた〜い( 」´0`)」

ここから読んでしまった(`Д´;でも、最初からちゃんと読みましたよ〜。ヅラ借るは爆笑してしまいました(笑)気になりますね〜続き(・∀・)

今日(正確には昨日)のラジゴンを録音してたのを聞いていたら鳩バス男さんのコーナーのラジゴンバスの社歌のCD云々と言っていましたが発売されるのですか?知っている方は教えて下さい。

チーニイさん、ラジゴンバスのCDは発売されるのではなく、スペシャルウィークの中での抽選による景品だったと思いますよ。でもブログ読んで書き込んだ日にちが遅かったので、今更お役にはたちませんよね…

返事が遅くなりましたが教えていただき有難うございました。どんだけー(笑)

設楠

最近行ってないなーよし♪今週行こう♪

コメントを投稿