« 2008年6月 | メイン | 2009年6月 »

2008年7月

2008年7月10日 (木)

第16話  by 山田優子  

渕田と友子は裏路地をゆっくりと歩いていた。
友子はなかなか話を切り出せず時間ばかりが過ぎていく・・・。

気がつけば、2人はすっかり夜の闇に包まれていた。

「で、相談って何?」 口を開いたのは渕田だった。

「う・・・うん・・・」

よし、こうなったらイチかバチかストレートに聞いてみよう。
でも、もし違ったら・・・友子は胸に隠していた手裏剣をもう一度確認しつつ声を出した。

「あ、あのさ・・・渕田君の出身ってどこだっけ?」

「はぁ?なんでそんなこと聞くんだよ!」

「やっぱりダメか・・・」 思わず友子は呟いた。

「は?なんか言った?」

「い、いや、ゴメン。特に理由は無いのよ・・・」

「用が無いなら、オレ、帰るよ」

「あ、待って。実は私・・・おすもうさんになりたいの」

「・・・はぁ?オマエ何言ってんの?」

2人の後をつけていた米田もひっくり返った
「山本・・・何言ってんだ?」

思わず出た言葉に友子自身も驚いた。
私・・・昼青龍さんのこと・・・意識しているのかな・・・

そんなことを思いつつ、ふと我に返った友子は、あわてて言葉を続けた。

「あっ、それで運動神経抜群の渕田くんだったら、稽古つけてくれるんじゃないかと思って・・・。」

「ちょっと待って!なんでオレなの?第一オレ、相撲経験ないんだけど・・・」

「あっ、いいの いいの。 ただ一緒に走ってくれたりトレーニングコーチになってもらえたら嬉しいな〜と思ってさ・・・」

「それって、オレ、何か得することあるの?」

「ん〜・・・ナイ・・・」

「・・・」

断られる・・・と思った友子は慌てて続けた。

「学校のマドンナ、香織ちゃんを紹介して・・・

友子が言い終わる前に渕田は口を開いた。

「ったく、その代わり、オレのトレーニングについて来れなかったら、すぐに止めるからな!」

マドンナ効果テキメンである。

「うん、うん、ありがとう! いつから教えてくれる?」

「じゃあ、来週からだな」

「さんきゅう〜。恩にきります」

「じゃ、帰るよ」

「うん。ばいば〜い」

渕田がバスに乗るのを見届けて、友子はフッっと笑った。

「よし、これで渕田君が何者なのか分かる」

その言葉を米田は聞き逃さなかった。
そして・・・その様子を頭上、はるか上から史江が伺っていることには誰も気づかなかった。


2008年7月 1日 (火)

ラジ★ゴンシート結果報告


6月28日・・・
遂に行ってまいりました〜!!
この日は、超満員のヤフー・ドーム。
交流戦の賞金の授与など、様々なイベントで盛り上がるドーム内。
結果は、・・・・ご存知の通りでしたが、ラジ★ゴンシートに集まってくれた皆さんは、最後まで諦めませんでした!!
ありがとうございました!
ブッチもTシャツに着替えての観戦です。
また、ここから新たな気持ちで頑張る!と誓う皆さんだったのでした!