« ひょいと信州旅歩き 米岡誠一1日目 | メイン | ひょいと信州旅歩き ブッチ3日目 »

2012年10月18日 (木)

ひょいと信州旅歩き 米岡誠一2日目

2週間に渡りお送りする、「ひょいと信州旅歩き」。

水・木ラジゴンからは、米岡誠一が、月・火ラジゴンからは、ブッチが代表して、

FDAフジドリームエアラインズの福岡=信州まつもと直行便に乗って、

長野を旅してきました。

福岡空港から、信州まつもと空港まで、

フジドリームエアラインズの直行便が就航しています。

 

10月のスケジュールは、福岡発で、朝10時50分、

信州まつもと空港発で夕方4時35分の、1日1往復

所要時間は、たったの1時間25分。早いですね。

運賃も、割引適応で、片道16800円からあります!

 

さて、中町を散策していると、こんなバスが通りました。

1018fda1

松本市内を東西南北の4コースで回る周遊バス、タウンスニーカーです。

これも便利ですよね。

 

こんなお店も見つけました。

1018fda2

漆器「伊原」

木曾の漆器は有名です。

 

そして、「茜里(senri)

1018fda3

長野県松本市中央2-9-11

0263-33-5868

ジョンレノンが愛した伝説の「軽井沢みのりや」のソフトクリーム

ロイヤルスウィートバニラを再現。

1018fda4

そんなに甘くなく、美味しかったです。

 

少し時間があったので、夜の下見に「ナワテ通り」へ

1018fda5

ここは、女鳥羽川沿いに蛙が多く生息する事から、蛙をトレードマークにしています。

その横道に入ったところが、「縄手横丁

1018fda6

そして、夜は、宿泊先「ホテル花月」横のみどり町にある「ゴロー」で、マトンを食べ

1018fda7

縄手横丁に行きましたが、祝日のため、閉まっていました。

そこで、松本駅前へと移動。

見つけたのが、この店

1018fda8

懐石料理 ふぐ 入西

松本市中央1丁目5-6

0263-35-5984

営業時間 11:00-14:00 17:00-22:00 日曜定休

 

もう閉めようかとしていたところ、飛び込みました!

これが大正解のお店

まずは、「ひやおろし大信州純米吟醸(1合893円)」を頂き、

1018fda9

蜂の子とイナゴも食べました。

1018fda10

蜂の子は、あっさりしてます。長野では御飯に混ぜて炊き込んで食べるそうです。

イナゴは、佃煮になっていて、美味しく頂けましたよ。

1018fda11

信州サーモン刺身(945円)は、安曇野の新名物。

プリッとした弾力に、適度な脂が美味しい。

1018fda12

りこぼうの卸し和え

りこぼうは、味がよく、適度な歯ごたえと、ツルッとした食感が良い、長野でも人気のきのこ。

1018fda15

そして、ボリューム満点。松本名物山賊焼(893円)」

にんにくを使ったソースに漬け込んで、衣で揚げた鶏肉です。

香ばしくてお酒がすすみます。

1018fda13

なんと、大将の上條さんのお気持ちで、大将自ら、前日、山で採ってきた

マツタケを土瓶蒸しにして頂きました。

1018fda14

最高です。

 

とにかく、長野の人は親切で、人情味溢れる町です。

行けば、それが分かるでしょう。

是非、皆さんにも、体験してもらいたいものです。

ご馳走様でした。

 

さあ、来週は、いったいどこへ行ったのか?

お楽しみに

 

ところで、FDAフジドリームエアラインズのHPにも、信州の旅が特集されています。

詳しくは、下記のアドレスをクリック!

http://www.hyoito-fda.com/

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395410/30075213

ひょいと信州旅歩き 米岡誠一2日目を参照しているブログ: