« 引越は整理ではない。生き方です。とほのめかした水曜日 | メイン | 「ラジ★ゴン」ツイキャスやってます! »

2015年3月18日 (水)

世紀の大発明で成功ちゅるちゅる

IMG_4478

あのね。ですね。

変わり方って大事なんスよね。
イメージチェンジ、モードチェンジ、転職、転換...なんでもいいんですけども、それを認識した時にどう思われるかってところが勝負みたいな所ありますよね。

藤田恵美さん。
ル・クプルの「ひだまりの詩」のイメージが一番強いんじゃないスかね。ほっこり柔らか。あるいはソロになって洋楽カバーやジャズなんかのイメージの方もいらっしゃるかも。

ですもんで、ニューシングル「飲んじゃって…」を聞いて驚かない人はいないっしょう。
チンミもすっげー驚いたっす。

ムード歌謡、演歌、歌謡曲...そんな音楽。あえて選ぶIMG_4477ならド演歌。
しかもこう今までオシャレ系音楽やってた人が「今あえて演歌よね」と「演歌にチャレンジしてみました~♪」みたいな、ちょっとパロディっぽいコブシをブンブン振り回す(フリ)みたいな中途半端なものとは全く違う。

最近ではあんまり耳にしなくなったライトでアッパーな「宴会ソング」。
作詞作曲の杉本真人氏の代表作のひとつ「お久しぶりね」も彷彿とさせるライトが故にガチっぽさ抜群。

で、結局「新しい!」と感激した次第っす。
番組中のおなじみの勢いだけで言っちまいましたが「宴会アンセム」「スナックアンセム」と言うにふさわしい、実は2015年に鳴る必然性のある一曲と言えましょう(評論家っぽく言ってみました)。

この件は当然のようにさんざん聞かれているようで、参考資料までお持ちいただきまして。↑

幼稚園から子役として活躍し、往年の大ヒット曲左卜全とひまわりキティーズの「老人と子供のポルカ」などですでに歌っているという。

なおかつそこから15歳くらいまでは「英実加(はなぶさ みか)」として演歌歌手だった という事実!
足腰がしっかり出来ていたわけですね。

250なぜ今?
そういうタイミングだった、ということです。
今一度、日本の心の原点に立ち返るという意味でも、周囲のすすめにしたがってやりたい気持ちになったんだそう。そしてみんなが喜んでくれるのがいいと。

でも、そこにグイッと踏み込む決意。そこらも現在の藤田恵美さんのキレの良さにつながっているんじゃないっしょうか。

さらに4月15日発売のアルバム「盛り場 海峡」では、江利チエミに北原ミレイ、都はるみに藤圭子、西田佐知子に石川さゆりといった「演歌クラシック」のカバーに新曲を交えて、ガッチリ、歌謡、演歌の世界を披露してくれます。

チンミはそこらのジャンルに詳しくはないのですが、正直ものすごくアリだ!と思いました。
そういう音楽がわかる歳になったってことなんすけどね。多分。でもいいす。

 

始終、笑顔が素敵な藤田恵美さんでした。ありがとうございました。


Home|藤田恵美 Official Web Site
(外部リンク)

 

IMG_4419

さあ、いきなり写真がぶれぶれでございます。
なぜかというとっすね。本日も写真を撮り忘れてしまいまして、次の現場に急ぐ優子さんを追っかけて写真をとったらチンミの方が揺れてましてカメラぶれまくりの巻。

ま、1枚とれれば上出来!(きっぱり)
本日も皆様ありがとうございましたー。木曜ラジゴン、本日も楽しそうに終了しました(そうに?)。楽しくですよ。

本日のテーマは「世紀の大発明、便利グッズ」。

当たり前のように使っているけど、よくよく考えると「コレがないと行きていけない」とか「誰がこんな便利なものを作ったんだろう」なんて思うことないスカ。

てか、身の回りのほとんどのものは、元をたどれが誰かが作ったもの。

改めてそんなものを揚げてくださいカラッとちがう挙げてください、というもの。

いろいろ送っていただいたっす。ありがとございまーす!
案の定というかそうだよねという感じでたくさんいただいたのは「携帯電話」「スマホ」でした。
ないと困るもんねー。
あとネット関係はやっぱりたくさんいただいたっす。チンミもパッと思いつくのはそこらへん。

あるいはグッと根源的に「火」ってのも。
ま、そーだけどそれって発明かなあ...発見?

もうちょっと身近なところで、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジみたいな白物家電。
確かに。優子さんも改めて絶賛の電子レンジ。
「チンする」という動詞までできちゃって、あんな便利なものよくぞ作ってくれました。

ほんとに色んなメッセージ頂きましたが、個人的に盛り上がったのは「ファンデーションを発明した人は男性の敵」というメッセージ。

やあ、モテ男だなあ。
あっちこっちに付いちゃいますからね。と、同時に優子さんからも女性同士でも結構気を使うとの指摘。
なるほど帽子の貸し借りとかあるんすねえ。オモシロ。
かといって、女性にとっては無くては困る美の大発明。

そんなものもまだまだありそう。

そして「兵器を発明しなければ戦争はなかったかも」なんて、シリアスなメッセージも。
発明ってのはよくも悪くも人々の欲望を実現するために具現化したものでもありますし、光と影があるっすね。ちと考えさせられます。

また機会を改めてこんなテーマでやりたいっすねえ。

そうそう、「ジャンピングシューズ」や「頭脳パン」でおなじみドクター中松が発明した「醤油ちゅるちゅる」が、灯油をストーブに移す手動ののあのポンプだと知った時は驚いたなあ。フロッピーディスクもなんでしょ?(未確認)。

ま、とにかく、みなさんありがとうございました!

IMG_3034

以前の写真をさり気なく置いて。
本日のいキタクなる部は「D-1だじゃれグランプリ IN 福岡」について、古賀子どもの交流会の草野さんにご紹介いただきました。

「だじゃれ好きの、だじゃれ好きによる、だじゃれ好きのため」の選手権だとか。
そんな選手権があったとは!
まったく、毎週驚くことばかりっすね。

福岡大会は今年で4回め。
福岡各地区予選を勝ち抜いただじゃれ自慢24名によるトーナメントの大喜利形式。
お題を与えられて30秒以内に考えて回答し、審査員が審査して勝敗をキメます。

草野さんのお話を聞いている限りは、ユルくも決勝戦などはキビシイだじゃれバトルが繰り広げられているようっすよ。

当日は絵本作家でシンガーソングライターの中川ひろたかさんのライブも行われます。
この中川さんがこの大会の発端とのことで、確かに、調べてみると代表的な著作に「だじゃれレストラン」「だじゃれオリンピック」「だじゃれすいぞくかん」「だじゃれどうぶつえん」「だじゃれしょくぶつえん」とダジャレづくし。もちろん、ダジャレじゃない本も多数書かれていますがそれも「わりとけっこう」だったりして、ほんのりそっちっすね。

また、中川さんの呼びかけで各地で「D-1」のタイトルのダジャレ大会が開催されているようです。ダジャレのゴッドファーザーなんでしょか。謎は深いっす。

大会にもどりますと当日は各地区上位入賞者のみならず、飛び入りも参加のチャンスあり!だそうです。
うーむ。どう考えても楽しそう...

 

D1だじゃれグランプリ 福岡県大会
日時≫ 2015年 3月 21日(土) 13:00~16:00
場所≫ 古賀市リーパスプラザ大会議室
出場者対象≫ 地区大会上位の入賞者とフロア参加者
参加費≫ 300円

 

ということで今週はここまで。
また来週っす!

コメント

お疲れ様です。

ってあれ?

なんかコメントのシステムが変わってる?

個人情報の流出とか問題になってますから、それの対策ですかね?

そういえばFM福岡で演歌がかかっているのを聞いたことがないような気がするね。てっきり禁止だと思っていたんやけど、ちがったんですね。すごくのかったよ!

野郎さん。なんかコメントの様子がおかしいですね?
時々保留されたりするようですねえ。調べてみましょう。

Kazさん。いつもありがとうございますsign03
確かに。そんなイメージがあるかもしれませんねえ。

ですが、今回も特にお咎めないんできっとNGじゃないんじゃないですかねえhappy01

コメントを投稿