« みーんなそそのかされちまう。誰のせい?夏のせい。にした水曜日。 | メイン | 鍋とからあげとメリークリスマス! »

2015年12月24日 (木)

JAF インフォメーション 12月24日

今日は、クリスマスイブ!年の瀬も押し迫ってきました。

皆さんは、車での、帰省、旅行、レジャー、計画していますか?

このコーナーでは、車に関する豆知識、ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

今日のテーマは!!

「同乗者によるドライバーへの安全配慮」

年末年始は長距離ドライブすることが多くなりますよね。

その時、ドライバーだけではなく、同乗者は、どのようにしていたらいいのでしょうか?

今日は、JAF福岡支部の佐藤さんにお伺いします。

 

同乗者による安全配慮

まず、車のどの席に座っていても、きちんとシートベルトは締めましょう

シートベルトやチャイルドシートのベルト締め忘れが、

思わぬ事故の元となりますので気を付けてください。

 

そして、前かがみになったり、膝の上に荷物を置いて、

ドアミラーを隠さないようにしましょう。

後部座席の人も、深く腰掛け、ルームミラーの邪魔をしないことです。

ドライバーが安全確認できなくなります。

同乗者が協力できることでは、助手席側への車線変更や合流の際の安全確認です。

雨天時は運転席からのミラーによる確認はし辛い場合がありますので、

自転車や歩行者が近づいてきていないか確認をするのも良いかと思います。

また、バックで駐車する際にも、車を降りて、後方を確認することができます。

ただし、車を誘導する時には、安全のため、車両の前後には立たないようにしてくださいね。

 

そして、これからの時期は日帰りスキーや年末年始の帰省などで、

長時間運転することもあるかと思います。

日頃から運転している人でもやはり長い時間運転をすると疲労がたまりますので

2時間ほど連続して運転していたら休憩をさりげなく提案してみてはいかがでしょうか。

 

そして特に女性の方に気を付けていただきたいのが、

ドライバーに話しかけ「すぎる」ことです。

適度な会話は居眠り運転を防止するのに非常に有効ですが、

会話に夢中になると事故のもとになりますので、ドライバーへ話しかけすぎたり

見てほしい光景があったとしても「あっち見て!」といった

ドライバーの注意をそらすような事をしないようにしたいですね。

 

同乗者からドライバーに気を付けてもらいたいこと

まず、同乗者が車酔いしないように、雑な運転はやめて

急ハンドル、急ブレーキが必要ないような安全運転に務めてもらいたいですね。

特に小さなお子さんは、大人よりも車酔いしやすいのでこれからの帰省シーズンで

ご家族が一緒に乗る場合は日頃より丁寧な運転を心がけてください。

 

また、下調べをきちんとしておくことも大切です。

到着時間が遅くなったり、渋滞に巻き込まれると、イライラしてしまいます。

初詣に車でいかれる方も多いでしょうが、有名な神社では駐車場周辺だけではなく

高速のインターを降りたあたりから混む場合もありますので

出発時間をずらすなどの工夫をしてみてください。

 

同乗者もドライバーも、お互いに気を付けて、気持ちの良いドライブにしたいですね。

 

 

JAF福岡支部がオススメする冬のドライブスポット

 

熊本県の荒尾・玉名エリア

今回は、癒しと興奮のHOTスポット 熊本県の荒尾・玉名エリアをご紹介します。

コチラは、世界遺産に認定された炭鉱跡地や

ラムサール条約という国際的に重要であると認められた

湿地といった文化的なスポットをはじめ、

玉名温泉街といったファミリーで訪れても楽しいスポット盛りだくさんのエリアです。

 

九州自動車道南関ICから県道5号、29号を通り

遊園地グリーンランドを横目に荒尾市内へ。

 

まずたどり着くのは、

今年7月に「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録された「万田坑」です。

こちらは明治時代に日本で最大規模の石炭産出を誇った炭鉱の跡地で、

当時最新鋭だった設備が今も保存されています。

ちなみにココは、佐藤健さん主演の映画ロケ地にも使われる等

迫力の史跡が魅力の人気スポットです。

併設する「万田坑ステーション」には、荒尾市の特産品販売コーナーもあります。

遺跡見学の後に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

そして荒尾には荒尾干潟という有明海とつながる美しい干潟があるのはご存知でしょうか。

こちらは干潟としては九州で初めて「ラムサール条約湿地」に登録された

日本国内でも有数の渡り鳥の飛来地でもあり、夕焼けスポットとしても人気です。

真っ赤な夕日が広大な干潟に静かに落ちていくさまは息をのむほど美しく、

一度は見に行きたい、訪れた後は行ってよかったと思える素晴らしいスポットです。

 

お出かけの最後は玉名温泉で冷えた体を温めてはいかがでしょうか。

玉名温泉の泉質はツルツルとしたすべりの良いお湯で美人の湯としても有名です。

その中でもご紹介する「つかさの湯」は、

西日本最大級の温泉リゾートと様々なお風呂があり、

露天風呂や総檜のお風呂をはじめ、

お一人様で入れる壺風呂や岩風呂なんてものもあります。

更にはスチームサウナや女性限定で塩サウナもあるので、

普通の温泉では物足りないという温泉好きの方にもきっとご満足いただける施設です。

コチラの施設には温泉だけではなく、

旬の食材を使ったバイキングをお召し上がりいただけるお食事処や

80畳もある無料休憩所、

そして県内の海産物や温泉グッズなどを多数そろえた売店コーナーもあり、

温泉以外の楽しみにもあふれた施設となっています。

 

「つかさの湯」はJAFの優待施設となっていますので、

JAFにお入りの会員さんでしたら大浴場料金が通常700円のところナント!

年内は510円で、2016年1月1日からは600円でお入りいただけます。

メンテナンス時を除き年中無休で営業していますので、行ってみてはいかがでしょうか。

 

以上、JAFインフォメーションでした!