« 「トリオ」で間違いないんだけどなんかお笑い感がでるのは何故だと思った水曜日。 | メイン | ミツバチまーや♪ »

2016年2月18日 (木)

今年も残すところあと10ヶ月ちょっととなりました(早っ!)

IMG_0371

辛島美登里さん。
デビューして26年、代表曲「サイレント・イブ」発売から25年、四半世紀だそうです。

優子さんはこの日、放送の最初からずっと曲の間やCMの間には「サイレント・イブ」を鼻歌で歌っていたんすよ。そんな感じですからスタジオにお迎えしてふたりともちょっと感激。歌の力ってすごいもんっすね。

辛島さんご本人は、スッと入ってきた瞬間からスタジオをあとにするまで「ふんわり」とした方。ニコニコ笑ってやわらかに喋ってくれて、それでいておしゃべりにも無駄がない。

今日のメッセージテーマ「はやっ!」について尋ねると「それはもうここまでの活動ですね」とニッコリ。あっという間の四半世紀。だけど濃密な四半世紀。とはいえ音楽活動は「ポプコン」グランプリの大学時代、さらに音楽をはじめたそれ以前と、人生のほとんどを音楽とともに歩んできた、という感慨でもあるようでした。

71NHxw61-gL._SL1429_ちんみは個人的に長年活動を重ねてきたアーティストさんの到達点のひとつに「校歌の作曲」ってのがあると思っているんすね。

学校っていう公の場中の公みたいな所から依頼を受けて、子どもたちに自分の作品を末永く歌い続けられるってのはある意味勲章じゃないかと。

辛島さんも出身地の鹿児島県立霧島高校に南さつま市立大笠中学校・笠沙小学校などを手がけてます。

「これもまた縁」と軽く応える辛島さんですが、その校歌を聞くとこれがまためっちゃ「辛島美登里」。すげえなあ。歌い継がれていくんすよ。

今もなお旺盛に活動を続ける辛島さんの今を確認するには、ただいま発売中のデビュー25周年記念のアルバム「colorful」をどうぞ。

現在進行形の辛島さんとともに、代表曲「サイレント・イブ」のセルフカバーも。
現代のポップスの名伯楽冨田恵一のプロデュースになる一枚です。

時に代表曲は楽曲がアーティスト本人を飲み込んで、縛ったり苦しめたりすることも多いものっすけど、辛島さんにとってはパワフルに活動する今があればこそ、代表曲も大事に付き合う相棒というところなんでしょうねえ。

そしてライブもまもなく!

「25th Anniversary Concert 2016〜coloful」
3月25日(金)福岡イムズホール 開場18:00 開演18:30
3月24日(木)鹿児島県民交流センター 開演18:30

お問合せ:キョードー西日本 tel.092-714-0159

なんだか柔らかな時間、ありがとうございました。

IMG_0370

というわけで、今週のメッセージテーマは「はやっ!」。

これがまた、最近の木曜ラジゴンではダントツのメッセージ数を記録して嬉しい悲鳴でしたぎゃーーーーー。深く感謝っす!

テーマ設定してみたものの、さてどんなメッセージになるだろう。と、ちょっと思っていたわけなんすけども、実にいろんな「はやっ!」がやってきたんすねえ。

意外と一番目だったのは「早食い」。
これは優子さん自身が「ご飯を食べるのが早くて恥ずかしい」と言う話があって、私も私もってのが多かったからなんすけども、意外とこの早食いが恥ずかしい人は少なくないようで。

なんていうのかな早いのって消化には悪そーですが、特技じゃないかな?と思ってたんすけどね。

特に放送の仕事やいろんなスケジュールが不規則な仕事だと「早メシ」は、食事時間を確保するために必須みたいなところもありますからねえ。でも、一旦プライベートになると「ゆっくり食事を楽しむ」ってこともできなくなるってこともあるんだそう。

優子さんなんて「食事もおしゃべりも同時にたっぷり楽しんだ」挙句に爆速なので、これ以上伸ばしようがないと言ってました。なんか超能力者の悩みみたいでカッコいいんじゃないかと思ったんすけど...

それから、尊敬するのは「なんでも早め早めにしないと気がすまない」という人。

すごい人になると「待ち合わせはだいたい20分前」なんて聞くともう同じ人類とは思えまっしぇん。こういう人はきっと夏休みの宿題を済ませて遊ぶタイプだし、めんどくさいことから解決していく人ですし、約束した期日は最長で言って早めに上げてしまうタイプなんでしょう。

ゼンゼン逆。私。

「時が経つのは早っ!」という方ももちろん多し。
40を過ぎるとほんとに早いというメッセージもありましたが、ほんとにそー!自分の人生が後ろでドップラー現象起こしてそうです。

中には50代で孫もいてっておじいちゃんになるのもはやっ!って方いたなー。

恋愛の別れ際がハヤっ!という人
結婚してわかれるまでがハヤっ!その後すぐ再婚してはやっ!
てな方も。

足の速い方、出世が早い方、諦めの早い人...いろいろ。

今日はほんとにたくさんの方からメッセージいただいたんすけども、特に「今日、初めてメールします」って方が多かったのは嬉しかったっす!

ちんみは早いもので自慢できることって一個もないな~。
まあ、逃げ足は早いけどな!

IMG_0369

さて、今日のイきたくなる部は「TAP Show-Zone」のタナカエリカさんに、「タップダンスワークショップ」についてご紹介いただきました。

13歳からタップを始め、日本のタップダンスの草分け中の草分け、中野ブラザーズの中野章三師に師事。その後、本場ニューヨークにタップダンス留学でブロードウェイスタイルのタップを勉強。

...というバリッバリのタップダンス修行を重ねてきたタナカさんが、自身のパフォーマンスグループ「TAP Show-Zone」の活動の傍ら、タップダンスの普及と後進育成のためにワークショップを各所で開催しているそうです。

本場のタップダンスが福岡で習えるってなんかすごい!

お話しによれば、足のみならず全身で表現をするのがタップの醍醐味。決して簡単ではないけれど、どんな人でも練習を重ねれば必ず習得できるものなんだとか。

ちなみに1曲すべて通してできるようになるには1年ほどかかりますが、さわりだけを簡単に披露するレベルなら1,2回のレッスンで大丈夫だそうです。

初心者でも大丈夫、リズム感なくても大丈夫ですよ!とのことなので興味ある方はぜひ。
体験レッスンなら初回1000円だそうですから、まず体験からスタートするのも良いかも。

現在、福岡各所、久留米のスタジオでワークショップ開いています。
詳しくは公式のページでご確認ください。

エリカ わくわくタップ (外部リンク)

また、個人レッスンや出張レッスンも行っているそうですよ。

 

IMG_0368

あ、写ってない。

ということで今週はここまで、また次回です!

コメント

あぁ~。

「待ち合わせはだいたい20分前」は自分もやりますね。

ぎりぎりに行くのが嫌なんですよね。

集合時間に対して1時間以上早く着いたこともありますし。

夏休みの宿題を済ませて遊ぶタイプも当たっています。

ちんさんこそ超能力者では?

いつもありがとうございます~happy01
しかしなんてちゃんとした人sign03私なんて超能力じゃなくて底脳力ですdown
は、恥ずかしいsign03

コメントを投稿