« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月28日 (水)

SUPER RADIO MONSTER ラジ★ゴン 本年もありがとうございました!

IMG_9209

今年のラジゴンも無事終了。
みなさん今年一年ありがとうございました。

今年最後のガチャポンゲストは山田優子さん(笑)。

本当に遊びに来てくれました。木曜ラジゴンは先週で終わりでほんとなんか早すぎましたからねえ。ちょっと物足らない気持ちはあったのですよねえ。

で、今日は年末スペシャルってことで、3人でワイワイガヤガヤ。

優子さんがテンション高いのよね(笑)。

いつもと調子が違って少し緊張していたのかも、なんか異常に楽しいコーナーになりました。私たちは。みなさんは楽しんでもらえたかどうかは若干不安ですけども!

その中で優子さんが紹介してくれたのが、木曜ラジゴンでプレゼントした「格言の泉『本』」。

「ラジゴンサンタのクリスマス2016」で超限定プレゼントとしてご用意したのが水曜日が「ラジゴンカルタ」(ただいまデータ公開中)で木曜日が「格言の泉『本』」。

kakugen

ちらっとお見せするとこんな感じ。
どうです、なかなかでしょう。

カルタに負けずかなーり手間の掛かった一品。全部にちんみと山田優子のコメントが入っています。すげー「本」なかんじ。

でもって、全体のテーマは「男がいい?女がいい?」。

今日は全体は「ラジゴン紅白歌合戦」として、あの紅白歌合戦に出場しない人からピックアップしておかけしました。

あのですね。
思ったんですけど出場しない人で固めるとメッチャ豪華!

そして色んなご意見あるんでしょうけど、和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」の無敵の歳末感は異常!もはや日本国民の年越しの記号。やっぱ出演したほうがよかったんじゃないでしょうか?とも。

そして、年末あたりは忙しいのかメッセージは例年少し少なめなんですが、本日は大盛況。

やれ男がいいとか女がいいとかやいのやいの。

昨今の感じからすると「女性の方がいい」って人が多いのかと思ったんだけど、そうでもなくって半々。

女性は元気だけど社会進出したい人には壁が厚く、男性は全体に疲れ気味、派手にやる人には息苦しくだめな人には世間は厳しい。

そんなところもあるんでしょうね。
でも、そんなこたぁどーでもいいんだよ!今が一番!と、言い切る人は男女ともにそのままで良し!

特にカップルや新婚、リア充な人にとっては別の性別に変わる理由なんかあるわけねーだろ、今が一番だよ一番!

そんなメッセージに勇気づけられました。
ボクにだって可能性はあるんだもの!

来年はがんばろ。

そんな一年。みなさん、本当にありがとう。
みなさんのお陰で楽しい一年でした。

IMG_9206

今年最後のチンタメはせっかくなので「チンタメが選ぶ『今年の一本』」。

今年一年よーけ劇場で映画見たけんね。
その中でちん。が個人的に2016年を代表する映画を1本選びます。というもの。

今年は映画を見るのが楽しい一年でした。豊作。
160本映画館で見てました(訂正)。暇だったんだね。

特に邦画は単にヒットしたんじゃなくって中身も充実のイチ年でした。

そんな中で、記憶に残った映画をダダダーと並べると、

昨年公開なんだけど年頭はこれから始まりました。
「スターウォーズ/フォースの覚醒」と新ロッキーの「クリード」
奇しくもキャリフィッシャーが昨日亡くなりましたね。悲しい。SWの8はどうするんだろう。

めまいがするくらい美しいケイト・ブランシェットとルーニー・マーラのトッド・ヘインズ監督の「キャロル」(最高)に、世界初の性別適合手術を受けた「リリーのすべて」の倒錯した愛の作品両巨頭が素敵だった。

ラジゴンにはふさわしくないので紹介しませんでしたが、今年は「暴力」を描いた新鋭の邦画作品に大傑作が多くてうれしくて痛い一年でした。
「ヒメアノ~ル」、「ディストラクションベイビー」「ケンとカズ」

それに関連して面白いという意味では今年一番だったかも。世界に誇れるメッチャ最高なゾンビ映画。
「アイアムアヒーロー」

火星に置き去りになって酸素も飯も無くてもトンチでどっこい生きてるマット・デイモンのお気楽で気がつけば熱いこの映画、忘れられません。
「オデッセイ」

ハンガリー映画でなんかおかしな日本愛に溢れたシュールでポップで可愛い「リザとキツネと恋する死者たち」に、スペイン映画で魔女っ子愛にあふれていつつ気がつけばコワイサスペンスになった「マジカルガール」の「シュールジャパン」な2つもこれからも愛せるキュートな作品。

アメコミ勢ならこの2本
「シビルウォー・キャプテン・アメリカ」「デッドプール」

e1007fe2-090e-40d5-999a-284460b7c1ae年末になって飛び込んできたこれらも忘れがたい。
「マダムフローレンス」「溺れたナイフ」「何者」そして今年も締めました「ローグワン・スターウォーズストーリー」

もちろん、邦洋アニメ豊作の一年を象徴する国内映画No1の興行収入「君の名は。」
そしてもしかしたら8回観てしまってこっちを今年の一本にしてもいいくらい好きな「シン・ゴジラ」の2つは公式な2016年を代表する映画じゃないかしら。

まだまだ書ききれないくらい好きな作品はいっぱいでした。

そんな中で今年はちん。の2016年として記憶したい今年の1本はやっぱり「この世界の片隅に」とさせてもらいました。

しつこいんですけども、今だに映画館で見るたびになにかしら発見がある素晴らしい作品。

ただただ好きです。
そりゃあ妥協なく実現させるべくクラウドファンディングで資金を集めたとか、4年間その名は知れているのに取材と準備のため食うや食わずで家族としのいだ話も素晴らしいんですが、そんな話は全く関係なく、そんな苦労が映画に出てこない現在の日本映画で最高峰の映像と演出と演技と完成度。

そして個人的にも、なぜか世間のメディアに少しも紹介が出ていない不条理に憤り、自分がマイクの前で多くの人に聞いていただく立場を意識して、自分が紹介せねば!となんだか使命感をちょっと感じたことも忘れがたいです。

そういう意味でもずっと2016年を覚えていそうなこの作品。
おかげさまで今もロングランに公開中です。ぜひ観てくださいね。

最後に「心残りな1作」としてエグザイルファミリー大集合の映画「HiGH&LOW THE MOVIE」をプッシュさせていただきました。

邦画で間違いなく最高峰のアクションシーンとそれぞれのアメコミから出てきたような若干意味がわからないほどカッコいいキャラクター。そして「さっぱりわからないストーリー」。

なんか映画としては確実にいびつで、やたらと回想シーンが多くてしまいにゃ回想シーンの中で回想している人がさらに回想するというなんか回想のマトリョーシカみたいな実験映画みたいのもあったりするんですけどね。

だけど、なんかやりたい熱意はとてつもなくアツくなんかやたらとアガリますし、ジワジワと後を引き、しまいにゃTVシリーズも全部見るという。あ、TVシリーズはすご~く良くできてますよ。琥珀さん!!!

なんか知ったかぶって映画評論家みたく完成度がどうこういってて若干目が曇っていたかもしれん。琥珀さん「HiGH&LOW THE MOVIE」は良かったっす!

来年もよかったらつきあってくださいましね。

IMG_9218

というわけで今年は以上!

本年も一年ありがとうございました。
ラジゴンは来年は1月3日火曜日から!水曜ラジゴンは1月4日です。

どうぞよろしくお願いします。
そりゃじゃ、よいお年を!

あ。新年一発目はバンさんおやすみです。はっはっは。ピンチヒッターは斉藤ふみさん!
どうぞお楽しみに!

【期間限定】水曜ラジゴンのお歳暮「ラジゴンカルタ」配布中

Rajigon_sample_1

水曜ラジゴンオリジナル「ラジゴンかるた」完成!
リスナーの皆さんから寄せられた「読み札」と、ちん。とバンカヨコが描いた「絵札」のセット。

「ラジゴンサンタのクリスマスに2016」で、完全ハンドメイド限定1名様にプレゼントされた、あのカルタのデータを皆さんにもお歳暮代わりに大公開!
厚紙に貼ればアナタの手元にもオリジナルカルタが!

あるいはデータを眺めてニヤニヤしてください!

 

karuta_ico_1 カルタ標準画質データ(5.2MB)

karuta_ico_2 カルタスマホ用データ(693KB)

karuta_ico_3 オリジナルデータを使用の方はこちらからどうぞ。
(サイズが大きいのでご注意ください)(70.7MB)

※個人で閲覧、印刷して楽しむ以外の転載、商用利用等は一切禁止します。予めご了承ください。

2016年12月27日 (火)

ミツバチまーや♪

12月27日の火曜日ラジ★ゴン

 

私の今日起きたショックな出来事を聞いてください。

今日はスカートと下に黒タイツを履いて出勤しました。よく見ると足首あたりにちょこちょこ毛玉を見つけたんです。なのでお昼ご飯を買いに行くタイミングでタイツも一緒に買ってきました。

いざ着替えようと左足を入れた瞬間、ビシャッッ!!!

 

え?( ゚Д゚)・・

 

破けました。新品のタイツが見事に破けました。ショックだしすごく虚しかったです。

爪か何かが引っ掛かったのでしょうか?それとも最近飲みすぎて全身がむくんでるせいでタイツが耐え切れなかったのでしょうか??

何かと出費がかさむこの時期に500円無駄にしました。ちようど生ビール一杯分ですね。。

2016年の悪い運が全部出尽くしたってことにしときます。これで新年をスッキリ迎えられるなら逆に感謝しかないですね、破れてくれてありがとう。

 

って言うしょーーもない記事が今年最後のブログですbleah

今年1年ブログを見ていただきありがとうございました!!

新年は1月3日の火曜日ラジゴンからスタートです。

では少し早いですが、皆さん良いお年を~notes

 

C0pzrasvqaamqyw_2

★ナジーランチ★

今日ご紹介したのは宗像市にある『中国料理 石本』今月の点心ランチコース¥2000。

新鮮な食材を使った絶品中華が楽しめるこのお店。ミシュランガイドにも掲載されていて、ナジ→さんも大絶賛。宗像までわざわざ行く価値がある名店です!!

 

Img_3425_2

住所   福岡県宗像市公園通り3-20-1

営業時間 11時30分~14時30分(閉店) 17時30~(夜は予約コース料理のみ)

定休日  毎週月曜日(祝日の場合は火曜日)

駐車場  約10台

電話番号 0940-62-3433

 

ミツバチまーや♪

2016年12月26日 (月)

ミツバチまーや♪

 

12月26日の月曜ラジ★ゴン

 

年内最後の月曜ラジ★ゴン、、そして昨日一昨日はクリスマスイブ・クリスマスということでメッセージテーマは「どげんやった?クリスマス」

私は24日・クリスマスイブに結婚式・・・

 

 

 

に出席してきましたhappy02heart04

専門学校時代の友人で以前旦那さんとも会ったことがあったのですが、とっても素敵な式でしたshine

ウェディングドレス姿、バージンロードでお父さんに送り出される瞬間、ご両親への手紙などなど絶対に泣くって分かってて泣いちゃいますよねcryingshine

なんなら会社の方がされた乾杯のスピーチでも泣きましたweep

結婚式ってほんと素敵ですね。

私が結婚式を挙げられる日は来るのでしょうかヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

そのときはラジゴンメンバーに盛大にお祝いしてもらいますnotesdollarcrownringbell

Fullsizer

ミツバチまーや♪

2016年12月22日 (木)

ああ、ベイビー、これがリクスペだ。なんて。

IMG_8981-001

一足お先に今年最後の木曜ラジゴン、しかもラジゴン全体の放送の最後も来週の水曜日ってことでなんともいえませんなあ。

木曜ラジゴン2016年最後のワンデイゲストは、今月のパワープレイ「C’est la vie feat. 七尾旅人」でおなじみkan sanoさん。

数多くのアーティストを輩出した名門バークリー音楽大学卒、とか、Chara、UA、大橋トリオ、藤原さくらなどなど数多くのアーティストのキーボーディスト、プロデューサーとして大活躍、とか、世界中のクラブジャズファンの憧れDJでもあるジャイルス・ピーターソンにピックアップされフランスの『World Wide Festival』で演奏して客席にいた日本一のジャズDJ、プロデューサー須永辰緒氏を号泣させた、とか。

まあ、すごい経歴しかない人。
のような気がしていたんですが、スタジオに入ってきたkanさんはふら~っと一人でやってきて「どうもどうも」なんて自然体でふんわりと着席。

そのナチュラルな魅力に優子さんも後に思わず「あっれはかっこいい人」と、マジでつぶやいたほど。

そんなkanさんのガチャポンは「クリスマスの思い出」。

ちょっと戸惑いつつ話してくれたエピソードがまたいいんですよね。
小学校5年生のころ、ミスチルなどの影響でアーティストへの夢を膨らませていた佐野少年。それを見ていたお父さんが「それならこれいいだろう」とクリスマスにプレゼントしてくれたのがビートルズの「アビー・ロード」。

KanSano_kiss-1000x1000それでビートルズに開眼して聴きあさり現在のkan sanoの音楽的な原体験となったそう。

ちなみにお父さんも作曲などする人だったようで、なんてかっこいい話。

ジャズ、ブラックミュージック、クラブミュージックなどのイメージだったちんみには「ミスチル」が新鮮でした。

んですが、12/7に発売されたばかりの3枚目のアルバム『k is s』に感じていた謎がすべて解明したようでした。

デビューアルバムはビートメイカー、2枚めはジャズ色ベースでロマンティックなポップスも、そして今回の3枚目はハッキリPOPS。

七尾旅人、Michael Kaneko、Maylee Todd、島村智才と個性的なボーカリストを迎えて、自身で歌っているトラックも増え(しかも作詞まで!)そんなところもポップなイメージを強くしているんでしょうが、いやいやハートがポップだ!と思います。

なんたって「C’est la vie feat. 七尾旅人」です。いい曲だわ!
この曲の素晴らしさがこのアルバムの全体の味を決めていると思います。

アーティスティックなkan sanoさんと、アグレッシブな七尾旅人のメロウな一面が作り上げたまごうことなき「J-POP」。ミスチルやスピッツに、あるいはこの数年話題のsachimos、D.A.N、never young beachやYogee New Waveなど、若くて面白くてメインストリームに果敢に切り込みそうな後輩に堂々と返答してみせたような気合を感じるこのナンバー。

シティポップとソウルとメロウがちょうどいい塩梅でバランスの取れたポップソングですよねえ。

アルバムもロイエアーズ的なナンバーから70年台風爽やかシティ・ポップスまでバラエティ豊かに色んな音楽を取り込みつつ、えーっとま、簡単に言えばメチャかっこいいす。

前作は生ドラムでゆったり、今作は打って変わって打ち込みなのにオーガニックでアッパーという違うも効いているのかしれませんね。

今回のアルバムがこういうポジティブなアルバムになったのもライブの影響も大きいんだとか。
特にここ数年はサポートで大会場をいくつもこなしたり、ソロでもフェスだ海外だとライブが忙しかったことが、確実に反映されているそうです。そんな次のツアーも間もなく!

約3年振りの全国ツアー “Magical kiss tour 2017”
3/24(金) [福岡] 大名 brick
ドラマー 今村慎太郎とのバンドセット
with COLTECO(福岡を拠点のカッコいい3ピース) / DJ Coheigh

さらに3/25(土) [佐賀] ROCKRIDE、3/26(日) [熊本] NAVAROと続きます。

ゼヒみたい!

というわけで、JAMに続いてラジゴン、次はGOWへと向かっていきました。
やあ、楽しかったな。
また遊びに来てください!

Kan Sano official web site (外部リンク)

IMG_8680

さて今日は久々の好評企画「リクスペ」オールリクエストスペシャル!でした。

普段はなかなか対応できないんですが、今日は特別。
みなさんのメッセージを紹介しつつリアルタイムにバンバンリクエストにこたえまっせ!というものです。

そして たくさんのリクエストとメッセージありがとうございました

もっとも、今日は昨日に続いて「ラジゴン ザ・ベストテンクイズ」もやっていましたんで、そっちの応募も殺到。のあおりもちょっと。まあ、これはしょうがないっすねえ。

そういえば、その「ラジゴン ザ・ベストテンクイズ」、出ましたねえ72,000円。

またまた興奮するパーソナリティたち。
いやもう自分たちでわかってますから。うるせーのなんの。

でも嬉しいもんなんですよ。
ともあれこれにてストックマネーの144,000円、見事皆さんの手元に渡りました。いや、年内に無事終了してよかったよかった。

それはともかく、リクエストも盛り上がりましたね。
今日は特にクリスマスソングが多かったよう。

まあ、昨日散々サマーソングばかりかけてましたから、反動ですかね。いいですもんクリスマスソング(あっという間の掌返し)。

でもやっぱりリクエスト大会はいいもんですよね。
ラジオっぽい(おい)。

そしてフリーのメッセージもいいもんです。ずーっと雑談しているようで。

 

みなさんのメッセージに応えつつ、なんとなく今年も終わりなんだなあ。なんて思ったりして。
意外としんみりもしたことを告白いたします。

こうやって大盛況のうちに終了。

みなさんホントにありがとう!

 

IMG_8986

というわけで、今年の木曜ラジゴンも無事終了。
重ねて言いますけど、ラジゴンは12月28日の水曜日まで放送しますけどね。

本当に今年一年、みなさんありがとうございました。

こうやって無事終えることができたのも、本当に本当にみなさんのおかげ。
来年も山田優子とちんみでがんばりますから、どうぞ来年もよろしくお願いします。

次回は来年1月5日。
それまでしばし。また来年です!

良いお年を!

山田優子&ちんみ

IMG_8989

2016年12月21日 (水)

みなさん今年も水曜の夏がやってきましたよ。

IMG_8967

躍動感溢れる写真を!と試みると普通にブレているだけという今日このごろ。ごきげんよう、ちん。です。

先週のボーナスウィークも無事終わり一段落。今年も残す所あとわずかですねえ、なんて少しゆったりしていたら出ましたね72,000円。

先週の「ザ・ベストテンクイズ」みなさんの賞金ゲットの残り分をストックストックで145,000円。

今週はワンチャンスで72,000円分を2名様に!となりまして、これがまた持ち越し持ち越しで ついに今日見事に獲得!でございます。

興奮したなあ。こっちが。

どんなときにも冷静沈着が一番という教訓を私たちに与えてくれたのでした。こっちは二人でテンション上がりっぱなしでしたけれども。ええ。

さて、今日は水曜ラジゴン名物「夏まで待てない!」をお送りしました。

街中がクリスマスソングに溢れる頃、クリスマスや年末、冬の寒さばかりで覆われるこの季節。多い。そんな話題が多すぎる。そして寒い時に寒いって当たり前過ぎ。寒いって言うから寒い。

そんな、もはやクレーマーばりの反骨精神(ひねくれ者ともいいます)が爆発して始まった悪ノリ企画もはや...はや...えーっと何回目でしたっけ(数えろよ)。

というわけで今日は「暑い」。

みなさんからのメッセージも「ちんさんばんさん暑いですね」で、音楽はサマーチューン一色。BGMはハワイアン。

毎回思うんですが、途中から初めて聞いた人はなんて思うのか。よく怒られずに続くもんだと我ながら(ひとごと)。

だけども、ちん。はこの企画が毎年楽しみで。

私達もリスナーもノリノリで夏メッセージを送り紹介する、このお遊びはとても楽しいですし、そんな中でやっぱりそれぞれのメッセージには「暑い」「熱い」「厚い」想いがちゃんとあって楽しい。

それにやっぱりこの時期の夏ソングいいんですよねえ。

やっぱりおせちに飽きたカレー感とでもいいましょうか。
すごくフレッシュ。

そうやって総掛かりで「夏だ夏だ」とやっているとアラ不思議。
必ず毎回最後は夏っぽいテンションになっているという。

そんなわけで、みなさん夏メッセージありがとうございます。
今回も無事終了です。

やーえがったえがった。来年もやろう。
あ、来年もやれるように頑張ってしがみつこう水曜日に。かもしれませんが(急に冬)。

IMG_8968

さて今日のチンタメは「ローグ・ワン / スターウォーズ・ストーリー」です。

もうすでに大ヒット。
1977年から全6話で一旦終了したものの、ルーカスフィルムからディズニーに権利が移り新たに去年「エピソード7/フォースの覚醒」が公開されエピソード9まで作られることが決定しているスター・ウォーズ(SW)。

今回の「ローグワン」はそのシリーズ、実写版では初の番外編「スピンオフ」というやつです。

というわけで初のスピンオフ、スター・ウォーズの番外編ってどういうふうなんだろう、とファンも期待大。監督はアメリカ版「ゴジラ」で脱イグアナ化を成功させたギャレス・エドワーズ。

さて、その成果は?

20161027180818例によって激しく賛否両論が最近のSWのお決まりですが今回もそう。
ただし、最後の猛烈なアクション30分はどちらも絶賛、特に最後の10分は大絶賛という論調が多いよう。その最後を含めて全体をどうみるか、ということで別れるようです。

ちん。はもう大満足よ。
終わってみればかったるかった真ん中も、フリと思えばOKっす。基本、おじいちゃん目線で私甘いっす。

今回は「エピソード3/シスの復讐」と、SWが史上初めて公開された「エピソード4/新たなる希望」の間の時代。正確に言うと「4」の直前までの時系列となります。

ジェダイは消え失せフォース無き時代、銀河帝国の闇が宇宙を覆いつつあるそんな時代。

つまり歴史的な最初の作品「エピソード4/新たなる希望」の、あの最初に文字がずらずらズラ~っと宇宙に流ているあの内容が今回の話。

「凶悪な銀河帝国の支配に反乱軍の秘密基地から奇襲を仕掛け帝国に対し初めて勝利を収めた。更にその戦闘の合間に反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功。それは”デス・スター”と呼ばれ惑星をも粉々にするパワーを持つ宇宙要塞基地だった。」

の部分が映画になりました。
そんだけでも感激。

長年思っていた「一番気になる設計図の手に入れ方は『もう手に入ったんで』で、しかも直径120kmの絶対兵器デススターが一箇所だけ弱点があって、ってなんかゲームっぽいし都合良すぎない?」

って謎が全部解明。
しかもそこにはこんな無名の人達の命がけの戦いがあったなんて!泣きますね。私泣きます。

それを奪還する「ローグ(ならず者)」な人たちは、デススターの設計、建設責任者の娘で子供の頃に引き裂かれて以降は裏社会のお尋ね者として生きる主人公、ジン・アーソに、盲目の鼻つまみ者棒術の達人チアルートと全身兵器のベイズ・マルバス、反乱軍のポンコツにされたパイロット、ボーディー・ルックに反乱軍のお目付け役のキャシアン・アンドーと、ハグレモノや犯罪者ばかりのチームが、帝国軍どころか反乱軍さえも敵に回し、デススターの設計図を奪還すべく奮闘するのです。

王族の家系お姫様や王子様、あるいは闇の貴公子、特殊能力を受け継ぐエリートなど実は結構「上の方の人」の話しであるSWに対して「ローグワン」はシモジモの普通の人たちの物語。

戦いはすべて肉弾戦と兵器をかいくぐってのゲリラ戦、映画の目線も徹底的に地べた目線で、見上げるような巨大なAT-AT(歩行戦車)に水平線の向こうからアガってくるあまりに巨大なデススター、みたいな描写がアガるアガる。

そして、戦乱の闇で汚れ仕事を請け負ってきた戦士たちの姿に「帝国は悪いけど、反乱軍だって結局汚い」という戦争になれば善悪など見解の違いに過ぎないという、SWらしからぬ庶民目線のリアルなメッセージは、このスピンオフならではの魅力でしょう。

そんな中でやっぱり嬉しいのはシリーズ初の主要な人物として登場する東洋人、チアルートとベイズ・マルバス。

とりわけ盲目の戦士チアルートを演じるは、香港アクション映画の巨匠、マーシャルアーツマスターにして「宇宙最強」と呼ばれる生きるレジェンド、ドニー・イェン。

徹底的に小汚く「戦争映画志向」のこの作品にあって、僧侶のような格好で盲目で杖をつきまんま「座頭市」キャラで猛烈な強さで帝国軍を棒でボッコボコにしつつ、ひとり今は亡き「フォース」の存在を信じるピュア野郎という圧倒的な存在感で映画にファンタジックな華を添えます。

相棒のベイスと合わせて男泣きキャラと言えましょう。

ダースベイダー卿もちょっとだけですが、全もっていきくらいの勢いで大暴れししちょります。まあ、時代的には一番脂が乗ってる時期だもんね。

クライマックスの壮絶なそしてドキドキハラハラの展開は文句なし。
不満ちゃ不満ですが、後半のパーフェクトな盛り上がりで私はチャラ。素晴らしいっす。

あ、最後の最後にサプライズがあって「あ!」と驚くんだけど、それは個人的には無くてもよかったかな。
だってこの映画は名も無き人たちの命がけの特攻大作戦なんですから。

もってかないで。

IMG_8166

というわけで今週はここまで。
早いね。来週は今年最後の放送です。

みんな聞いてね。では!

2016年12月20日 (火)

ミツバチまーや♪

 

12月20日の火曜日ラジ★ゴン

 

普段パンツスタイルが多いんですが、昨日珍しく黒色の長袖ひざ丈ワンピースを着ていたら3人くらいから「喪服?」と言われたわたしです。

うち1人の女性は結構真剣に「どなたかに不幸があったの?」と。。ちょまてまて

 

オシャレです

 

なんなら買ったばっかりで新品のオシャレ着。

もうFM福岡には着てこんめと自分に誓いました。

 

今日のラジゴン ちょっコレ!で取り上げたものをブログでもご紹介!

Main_pakcheemax ペヤングパクチーマックスやきそば

 

パクチー好きにはほんとにたまらないですheart02

男性は苦手な方が多いとよく聞きますが、火曜日ラジゴンもふみさんと私はパクチー大好きパクチスト!!男性陣はみんな苦手でした。

そんななか、臭いがこもりやすい生放送のスタジオ内で試食会をしてみました。

 

ふ「パクチーもりもり!!」

ナ「うわー!俺んとこまでにおってきた!!」

ナ「そぉ何回も上げたり下げたりするのやめてくれるー?!!!」

ふ「箸上げすると空気が入るから香りが漂いますねflair

Img_3211

ナ「ははは」苦笑

ふ「いただきまーす♪」

Fullsizer

ふ (ズルズル)

I

「・・あーー、めっちゃ美味しいshine

Y

ナ「やきそば味なんでしょ?」

ふ「いや、酸味と辛味。アジア料理独特の味」

 

続いてナジーさん。

ナ「(くんくん)うわぁ!!」

E

ふ「どうですか?」

ナ「いやこれは凄いですねぇ(笑)」

ふ「でもパクチーって近年、独特な香りや豊富な栄養などが注目されまして女性を中心に支持が広がってるんです!」

ナ「(ズルズル)・・・うぅ。」

V

ふ「アッハッハッハッハッhappy02うぅじゃないですよー!めっちゃ美味しいっつうのー!」

 

パクチー苦手さんはナジーさんみたいに「うぅ」ってなるくらい、ちゃんとパクチーの香りがします。ただ、味はパクチーっていうよりも塩味とかソースの辛味が強かったです。

パクチストの私はもちろん喜んでいただきましたhappy02

今日からコンビニやスーパーで発売してるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうかnotes

 

★ナジーランチ★

今日ご紹介したのは大手門にある『うどん和讃(わざん)』肉うどん+天ぷらセット(1180円)

Kc4h0656 (肉のカーペットやぁ!byノリダー)

行列店「讃岐うどん 志成(しなり)」の2 号店。志成の麺より細めに打ってある和讃の麺は、ナジーさん曰く「麺の肌がトゥルットゥルッ」

Kc4h0658

ストレスをかけてないこだわり自家製麺と、注文が入ってから一杯ずつ温めて作るスープ。

Kc4h0667

丁寧でこだわったうどんを食べるならうどん和讃!!

Kc4h0663

 

住所    福岡市中央区大手門3丁目7-9-1 We大濠公園2F

営業時間  11時30分~14時30分 17時30分~23時(23時LO)

              土日祝  17時30分~23時(23時LO)

定休日   毎週月曜日  

駐車場   無し(近隣にコインパーキング有り)

電話番号  092-406-8030

 

ミツバチまーや♪

 

2016年12月19日 (月)

ミツバチまーや♪

 

12月19日の月曜ラジ★ゴン

 

今日のがちゃぽんゲストは写真界の巨匠・篠山紀信さんshine

世界中の誰もが知っているあのジョン・レノンの生前のラストアルバム「ダブルファンタジー」のジャケット写真を始め、その作品数の多さ、ジャンルの多様さは他の写真家を遥かに凌ぐと言われています。

そんな巨匠の、これまでに約73万人を動員した全国で話題沸騰中の写真展が、昨日から福岡でも開催されてますshine

「篠山紀信 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」

 

会場  福岡アジア美術館 企画ギャラリー

日程  12月18日(日)〜2017年2月12日(日)※毎週(水)・2017年1月1日(日祝)休館

時間  10時~20時(最終日は18時まで。入場は閉館の30分前まで)

料金  大人1000円(当日1100円)高大生800円(当日900円)小中学生400円(500円)

【問】 読売新聞西部本社事業部 092-715-6071 

 

5つのセクションで、アイドルや俳優などの著名人、歌舞伎などの伝統芸能、社会現象を巻き起こしたヌード作品など、写真家・篠山紀信さん自らが選んだ写真、約100点が展示されてますshine 

福岡会場では福岡でしか見られない作品も多数あるとのことですflair

私も絶対に行きます!!皆さんも是非巨匠の作品を体感しに行かれてくださいeyeimpact

Img_1854今までで一番恐縮した記念でしたsweat01

 

篠山紀信さんありがとうございましたhappy01

 

 

続きを読む »

2016年12月15日 (木)

冬の寒さなんかメイクマネーでストックだぜ!(意味全くなし)


今週の「よりぬきラジゴン(月ー木 朝6:00~)」は特別企画。
img_3159

すべて別の曜日のパーソナリティをゲストを迎えての「よりぬき」だけのオリジナルコンテンツ「早朝バズーカ」です!rajikoタイムフリーで1週間以内ならいつでも聞くことができますよ!
ゲスト:(月、火)ちん。(水)謎のアジア人(木)小雪

←ゲストのなれの果て

詳しくは、rajikoタイムフリーページ (外部リンク)

IMG_7485

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

ラジゴンサンタのクリスマス2016で大騒ぎの今日の木曜ラジゴン。
みなさんありがとうございましたー!

そんな本日のスペシャルなゲストはDOBERMAN INFINIRYからKUBO-CさんとSWAYさん。
ま、とにもかくにもカッコいいっす。

今や盤石のEXILEファミリーというのかLDHの仲間たちというのか、そんな中でDOBERMAN INFINIRYは加入以前に前身の「DOBERMAN INC」の時代があり観客数十人から関西でブイブイ言わせていたグループとなって、現在の「DOBERMAN INFINIRY」に至るという苦労人でもあります。苦労人ちうか自分たちの理想に向けて一歩一歩前に進んできたタフな人たちって感じっすかねえ。

この一年はツアーツアーにレコーディングと忙しい年だった。と笑うお二人。
今年は3月、Zepp Fukuoka公演を皮切りにスタートし、全国全7箇所9公演におよぶ約44,000人を動員しそして幕張メッセ2デイズも大成功。まさに絶好調です。

Incの時代の夢Zeppツアーを達成して次はアリーナツアーと常に前に前に。
劇団EXILEのメンバーでもあり焼肉屋で、猛烈にアピールして参加したSWAYさんも「人間的な関係ですべてが動いていく今がいい」とグループの状態が前向きで非常にいいことを話してくれました。

そんなみなさんの最新の成果が、11/16に発売されたばかり2nd Album『TERMINAL』。

空港は出発であり到着であり多くの人が別々の時の中で、それぞれの想いを抱え、時に交差しながら共に生terminal_jacket_tujo_640きている場所。そこをイメージしながら様々なストーリーが交錯するようなアルバムとなりました。

そういえばこの夏リリースされた「GAGA SUMMER」ではMVの最後の最後に並んでスーツケースを引いて行く皆さんの後ろ姿に、ふんわりと「to the terminal」という文字がうすーく出ていましたが、アレ今回のアルバムの隠しメッセージでもあったそうですよ。

色々、凝った仕掛けしてるんですねえ。
ちなみに全員揃いのそのスーツケースはHIROさんからのプレゼントだとか...?

カラフルな様々な楽曲があり、芯の通ったメッセージがありと楽しいアルバムでもありますが、みなさんがテーマに掲げるこれが「ALL ROUND HIP HOP」というメッセージもあるそうですよ。

Hip-Hopにこだわりつつ、Hip-Hopにこだわらない。
自分たちの芯がぶれない限りどんな音楽でも大きな意味でHip-Hopでありうる、という意思というか愛なのかもしれませんが番組でもアツく語って頂いて、そんなところがやっぱりDOBERMAN INFINIRYの魅力なのかなあと思いました。

そんなDOBERMAN INFINIRYの本領はライブ。
まだ次回のライブは練っている段階だけど、生バンドでガッチリ楽しみながら楽しんでもらえるライブにしたい。とKUBO-Cさん。

今回の『TERMINAL』もライブのことも考えつつレコーディングされたところもあるそう。こりゃあライブも楽しみですねえ。

『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2017 “TERMINAL”』
4/6(木)開場18:30 / 開演19:00 福岡サンパレス

この日はお二人の「クリスマスの思い出」なんてほっこりしたお話も聞かせてもらったんですが、そこらも含めて、ぜひradikoタイムフリーでお楽しみを!

ありがとうございました!
また遊びに来てくださいね。

DOBERMAN INFINITY (外部リンク)

IMG_7484

さて、今日のメッセージテーマは「冬話」。
ボーナスウィークはシンプルに雑談モードで行きたいねってことでこのテーマ。

冬にまつわる話ならなんでもOKです。
ってことで、まあとりとめもなくそして楽しくお送りしたわけですが、そういいつつも幾つか大きな塊にはなるわけですね。

例えば「寒い」とか。
すっごく当たり前すぎてアホっぽいすけど。でも寒いもの。

そんな中で「さて冬の暖房ってなんだ」ってお話は結構集まってきましたね。
最近はこたつを置かない家庭も多いんだとか、最近は効率的な暖房器具も増えて、場所とるしついついダラダラして周りが汚れガチってのも多いんでしょうねえ。

でも、こたつっていいんすよね。
なんかぬくぬくゴロゴロ、ダメっちゃダメだけどさ。それが冬って気がして好ましいですよねえ。

そして冬といえば「恋」でしょう。
まあ恋する人たちにとっては年がら年中ベストシーズンなんだけどさ。

ちーっとも同意されなかったんすけども、冬の恋愛事情には悲劇が似合う。
なんでそう思ったのかなって後で考えるとどーも映画の影響みたいです。

身も心も凍る寒さに確かな暖かさを求めて自然と寄り添う二人、そしてその凍てつくような冬の試練に引き裂かれる運命の二人。

って、お安めのラブストーリーに心躍らせるおばさまのようですけど私、みんなきらいじゃないっしょ。

でも結構そんなメッセージも多くて、遠距離恋愛に悩んでいるカップルや、辛い別れを思い出してのメッセージは思わずグッとコブシを握りました。ガッツポーズじゃないっすよ!涙です涙。

一方、氷も溶けるようなラブラブなメッセージも良いもの。

こっちは出会いの思い出が結構多かったかな。
確かに!確かに冬の女性は他の季節に比較して雰囲気当社比120%アップっすなー。

やっぱファッションがね。全体にフワフワモコモコしたりして露出多めの夏とは真逆でいいんですなあ。ここらは優子さんが実はガッチリ会得されていて番組中にご教授いただきました(そんな大げさなことか)。

プラス、「クリスマス」ですね。
イルミネーションなんかの演出も、プレゼントなどのイベントも恋するあなた方のための割増感バンバンっすからねえ。いやあ羨ましいっす。

男性のイメージが割増する季節ってあるのかなあ。
男ってつまんないな。どーも。

そんな中で人々がウキウキしている季節ほど、その影で地道に忙しい人も多いもの

特にクリスマスから年末年始にとりわけ忙しい職種の方たちにとっては、戦闘モード突入で覚悟のメッセージもありました。

ちんみもそんな仕事をずーっとしてたんでよっくわかります。
お客さん達が喜んでくれることと、年末の割増手当を夢見て(どっちかってとこっちかも)泊まり込みで夜を過ごしたのも今となってはいい思い出。

誰かの幸せのために誰かが青い顔で支えてくれていること、忘れたくないっすねえ。ご苦労様です。がんばれ!!

他にも冬の食卓や珍エピソードなどたくさんありがとうございました。
そんなこと言いながら今年も終わっていくんですねえ。

しみじみ。

IMG_8269

今年のトレンド文春砲をイメージしました「しもたー!やめろよー!」って感じで(うそ)。

今週は今年一年の総決算「ラジゴン・サンタのクリスマス2016」 ってことで企画盛りだくさん。

とりわけ「ラジゴン・ザ・ベストテンクイズ」はアツかったっすねえ。
こちらが選んだ「何かのベストテン」を30秒以内にいくつ答えられるか、というもの。
1つ正解して1000円で最高10,000円!

これが結構難しいんですよねえ。
実は火曜日のラジゴンの「よりぬきラジゴン 早朝バズーカ」のゲストに出演させてもらった際に、私もチャレンジしてみたんですけど半分くらいしか答えられなくって。冷静になるとわかるんすけどねー。

その結果、10,000円から正解した金額を引いた差額は「ストックマネー」として貯めていったのですが、最終的に144,000円!

こちらはどのように改めて還元されるかは、次週月曜日に行われる「ザ・ベストテンクイズ」で発表。こちらもどうぞお聴き逃しなく。デカイっすからね!


また、いつものコーナー「格言の泉」では、これまでのみなさんの格言を書いた色紙と作品を集めた「格言の泉『本』」プレゼントも(2名限定)行いました。

さらにあの久保田利伸さんも登場!
久保田先生による「ファンキー格言」もいただきました。

ちなみにそのありがたい格言は、

でした。ありがたやありがたや!

そんなこんなで皆さんのおかげで盛り上がった「ラジゴン・サンタのクリスマス2016」 、本当にありがとうございました。みんなで盛り上げた成果が、来年のラジゴンの実りある一年いいすねえ。

IMG_8933

というわけでお送りしました今週の木曜ラジゴン。
このブログ、事情によりiPhoneで全部一旦書き上げてうっかり全部消してしまって、悲嘆に暮れたのも今はいい思い出(ついさっきだ)。

やっとゴールでございます。

そして木曜ラジゴンも来週はいよいよ今年大詰めで「リクエスト大会」です!

みなさんのリクエストにバンバン答えますよ!(予定!)
どうぞみなさんのリクエストお待ちしています!

rajigon@fmfukuoka.jp

それではまた次週です!

2016年12月14日 (水)

CHARAにUFOにBEST10にKARUTAで盛りだくさん過ぎの水曜日でした

IMG_7779-002

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今日のゲストはCHARAさん。
スペシャルな今日にふさわしいゲスト!

デビュー25周年と聞いてもピンとこない。というか「周年」みたいなキャリアを重ねました的なことと一番無縁そうな方ではありますね。CHARAはCHARAみたいなねえ。

スタジオでも本当に自然体。
色んなお話をリラックスして奔放にお話してくれました。
気がつけばグッと距離が近づいたような気がしてすっかりお話に聞き入っているという。これぞCHARAマジック。そんでもって、後々考えるとあちこちにものすごく気遣いがあって、自身の発言もかなり選びながらだったと気づいたという。すごいっすねえ。

クリスマスの思い出の話から、自然にお子さんの話になってふつーにお母さんとして子どもたちのために料理に腕をふるって家族と過ごしている話なんかはさすがに感慨深いですね。

「息子もいるしさあ、やっぱ肉だよね。いつも仕事してたりするからここは作ってあげたいし。ローストビーフなんかまあ普通に作りますよ。

なんて。ママです。

ずーっと昔、「せつないもの」という曲は娘に添い寝している時に歌っている子守唄と説明していたCHARAさん。

19年前にCHARAさんが添い寝していた「スーちゃん」は、モデル・SUMIREとして大活躍。親子でのCM共演や日々のInstagramにも登場していて「親ばかだけどさあ、かわいいですよねえ」なんて顔をほころばせているとこっちまで微笑んでしまって、いいですよねえ。71P6TVayqoL._SL1167_

さて、そんなCHARAさんの歴史を改めて楽しみたいのが11月16日に発売された25th Anniversary ALL TIME BEST『Naked & Sweet』です。

新しい曲を作ることしか興味なくてベストは勝手にやって、と思ったのだけど気がつけば初期の頃を知るスタッフがもういないことに気づいて、これはやんなきゃと選曲を始めた と明かしてくれました。

キラ星のようなヒット曲、名曲の数々がレーベルの枠を超えて3枚組で45曲。
そのボリュームも圧倒的ですが通して聞くと、改めて日本の音楽界で唯一無二の存在だなあと思うと同時にそれぞれの楽曲に結婚、出産、家族を愛し歌い続けるその時々のCHARAさん自身の思いや人生がそのまま込められていることにも驚きます。

まさに「Naked」ありのまま。

鮮烈なデビューからSUMIREさんが生まれてできたという「Tiny Tiny Tiny」でシメるDisc1.
YEN TOWN BANDで始まり、ご自身で「黄金期」と語った音楽的にも家庭的にも絶好調のDisc2。
「まさか離婚するとは思わなかったんだけどさあ」と笑いつつも、改めて音楽と向き合うことになったDisc3と、ねえ、それぞれが人生そのもの。

そして、全曲がリマスタリング(あるいはあえてのリマスタリングせずの曲も)されて、安物のヘッドフォンで聞いているちんでさえ「あれ?こんな音なってたっけ?」って色んな驚きも。

楽曲のみならずサウンドクリエイターとしても唯一無二であることを実感。そこも注目です。


そしてツアーも間もなく。
“Junior Sweet”Intimate interlude tour”
2017.3.20(月) 福岡
イムズホール
open 17:00 / start 17:30

充実の今を感じるライブ、ぜひみたいですねえ。

そんな今回のガチャポンゲスト。
短い時間でしたけども、じっくりお話できたなあと思えたのは初めてと思ったぐらいCHARAさんの魅力にずっぽりハマりこんだちんとバンカヨコでした。

ありがとうございました!


CHARA Official site  (外部リンク)

IMG_7642

ラジゴンはただいま今年一年の総決算「ラジゴン・サンタのクリスマス2016」実施中。

今日も大盛り上がり!
最大10000円ゲット! の「ラジゴン・ザ・ベストテンクイズ」や、ラジゴンオリジナルカルタをたったの1名に(完全手作りで1コしかできませんでした)プレゼントなど行いましたけど。

なんといっても、水曜ラジゴンこだわりの「UFO」を総力特集!
先週のラジゴン、今朝の「よりぬきラジゴン」そして今日の本編に渡って、UFO研究の第一人者で「宇宙クラブ」代表の星椎水精先生にロングインタビューを敢行しました!


UFO研究家、星椎水精先生のインタビュー(八幡西区宇宙クラブにて)。
radikoタイムフリーで!

第一回(12/7「チョッコレ」)
(radikoタイムフリー)
第二回(12/14「よりぬきラジゴン 早朝バズーカ」)
(radikoタイムフリー)
第三回(本日)
(radikoタイムフリー)
第四回(本日)
(radikoタイムフリー)

(放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

IMG_7547IMG_7555IMG_7622IMG_7586IMG_7597

現在のUFO事情から、番組で話題になったバンさんやリスナーのみなさんからの投稿の判定、解説そして今後の活動までアツくアツく語っていただいた星椎先生。

それを語っているときの星椎先生のキラッキラしたお顔が素晴らしいんです!

UFO好き冥利に尽きる素晴らしいお話ありがとうございました。
もうこれは全部真実!

IMG_8257

今日のメッセージテーマは「恥ずかしい話」ハズバナです。
色々盛りだくさんの今日でたくさんのメッセージ読みきれませんでしたがみなさんありがとうございます!

がんばればがんばるほど、失敗は多くってギャップが大きいほど恥ずかしいのがハズバナってもんです。

ヴィジュアルバンドのボーカルでめっちゃカッコつけて喝采を浴びて、ステージを降りるとチャック全開だった。みたいなギャップはハズバナの王道と言えましょう。

みなさん結構ここ一番でドヤって感じでがんばった直後のハズバナ多かったですねえ。

一方で思いもかけずに恥ずかしい思いをするとダメージも大きい。

定番は今回も多かった「人間違い」。
友人と思って後ろから声をかけたり、しょーもないいたずらをしたり、抱きついたり...
で、ゼンゼン知らない人というね。
子供と思って飛び出して驚かそうとしたら知らない親子だったってのもありましたね。もう最低だ!

本当によくあるんですけど恥ずかしさも格別ですよねえ。

そして、体重制限で乗ることができないジェットコースターや遊具、年齢からするとちょっと幼いかな?と(まあ自分で)思う趣味、空高く上げるはずの凧が鼻に刺さったなんてトラブルは恥ずかしいだけじゃなくて痛いよねー。

他にもたくさん渾身のハズバナ、ありがとうございました。
いやもう恥ずかしい。だけど生きていればありますよね。

人間らしくていいですよ。うん、きっとそうだと思う!そうであって欲しい!

さて、今日のチンタメは「辞書について」。 asset-001
年末になり新語だ、今年の一文字だ、あれこれだと言葉が気になる昨今。

そんな中で三省堂が選ぶ「今年の新語 2016」ってのも発表になりました。
実はこれって辞書を編纂している学者さんや言葉のプロが、これから「新しい日本語として定着する可能性がある」新語を選ぶというかなりガチな趣旨のもの。

そして、このイベントも実は辞書と言えば三省堂のある偉大なる辞書から連なるDNAを強く感じさせるものなのですね。

詳しくはまた落ち着いたら書き足しますが、まずは放送時の動画を御覧ください!

そして、その経緯を緻密に取材したテレビ番組の製作者であり、さらに取材を重ねて時にサスペンスフルに時に感動的な事実を解き明かした本が「辞書になった男 ケンボー先生と山田先生(佐々木 健一著)」(文春文庫) 。

2年前の本ですが、今年文庫化されてまた話題になっています。
最近読んだ中でもバツグンに面白い一冊。

辞書と言葉に取り憑かれて情熱と人生を捧げた2人とその周りの人たちの、誰も知らないすごい話。

その二人の交錯する思いはやっぱり辞書の中に残されていて、この本の最後に添えられた辞書の中にあるある言葉の語釈(解説)に静かに感動が広がりますよ。

IMG_8254

というわけで今週はここまで。

さて、今週のボーナスウィーク「ラジゴン・サンタのクリスマス2016」

ですが、いつも朝6:00からお送りしている「よりぬきラジゴン」も今週は「早朝バズーカ」として朝だけのオリジナルコンテンツでお送りしています。

今日はゲストにナジーさんを迎えて楽しくお送りしましたよ。

ちなみにちんは月、火とゲストにお迎えいただいて、こちらもよかったら radikoタイムフリーでお聞きください。

月火ラジゴンの皆さんにもほんとにお世話になりました!

それではみなさん、
また次回です!