« ミツバチまーや♪ | メイン | 同じや~んは運命。か。 »

2017年2月15日 (水)

水曜ラジゴンとはお願いだから距離をとらないで!

IMG_0403

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今日のゲストはスターダストプロモーション100年に一組の逸材、福岡が誇るアイドルグループ「ばっしょー」こと「ばってん少女隊」からおっとり最年長の希山愛さん、非凡ちゃんの西垣有彩さん。

昨年9月以来ですけど、この年頃の女の子はちょっと会わないと変化も早い。
ふたりとも随分大人になったような気が。かわいさもまたアップしてアイドルとして仕上がって来ましたねえ。

一方、変わらないのは前回もこのお二人にツボってしまったのですが、今回も健在。

ニューシングル「すぺしゃるでい」にちなんで、「アナタの特別な日はいつですか?」の質問に有彩さんは いきなり「うさぎちゃんとお散歩するのがすごく好きでぃす」と意表を突くお答え。なんか小動物的な有彩さん、ペットはウサギなんですねえ。以降、ウサギ愛を語ってくれました。

思わず「キーホルダーにして持ち歩きたい!」と言ってしまったキャラ健在。
「それではお二人に問題ですジャラン」と言い出して「『心太』はナント読みますか?」と、わたしたちアホーンなパーソナリティをクイズで責める有彩さん。んでもってゼンゼン答えられないバンちん。答えは「ところてん」学校で覚えて一番嬉しかったことだとか。

なっ!なんなのこの子!ものすごいドヤ顔でイヒヒと笑っていてちんさん、バンさんハートをもってかれてましたとさ(笑)。

一歩の愛さんは特別な日は「1月が誕生日でイベントでみんなにいっぱい祝ってくれたこと!」。

最年長、もう17歳だったんですねえ。愛さんはおっとりしたキャラですけども、モデル活動もしていてアイドルも大好き、ブログも一番丁寧にこまめに更新したりと
実はリーダー上田理子を影で支えるしっかりもの。

そんな愛さんですが「最近犬ちゃんを飼い始めたんですぅ」とニッコニコでトイプードルについて無邪気に語る姿見てると、このおっとり最年長のキャラがばってん少女隊のムードを作っているのかなあと、二人それぞれに感心してしまいました。

IMG_0405

そんなばってん少女隊のメジャー3枚目のシングルが「すぺしゃるでい」。本日発売です。

ばってん少女隊のシングルと言えばスカコア。
今回もそうなんですが今回はスカコア界の重鎮、SCAFUL KINGの4016xxxさんが作曲、プロデュース。

81iMQXLThAL._SL1402_これにはちょっと驚いた。

さらに参加ミュージシャンにはBACK DROP BOMBのMASUOさんに、BRAHMANのKOHKIさんなんてロックファンには見逃せない名前がズラリ。

バレンタインにちなんだ男の子目線のアッパーなラブソングです。

お二人も「とっても可愛いん曲ですけど、ライブではスカダンスや変顔なんかもフリに入っていて楽しいです!」とのこと。へ、変顔?!

それぞれに女の子としてもアイドルとしても成長した姿はぜひMVで。
キュートなばっしょーちゃんと、いかちー4016xxxはじめミュージシャン陣のコントラストも鮮やかです。

カップリングの「コトバテニス」も大注目。
こちらも注目のバンド、フレデリックによる書き下ろし。いかにもフレデリックらしいメロディに博多弁も交えつつこれはまた良曲。

「ころりん HAPPY FANTASY」含め今回も強力です!

そして各所でのリリイベを経て、ツアーも間もなく。

「ばってん少女隊の、田舎娘が四大都市のライブハウスを巡るツアー」
3.28福岡/3.30名古屋/3.31大阪/4.6東京 の4箇所。

福岡はDRUM LOGOSです。


ばっしょーちゃんの魅力の全力ライブ、コチラも楽しみ。

そんなこんなで、今回もすっかりメロメロな私達。
ばってん少女隊、今こそがんばって!

あなた達の元気がみんなの心を癒やします。
そして
今回もファンの皆さんが優秀!

放送中も二人の様子にハラハラしつつ精一杯の応援した後は、全員でゴミひとつ内容に後片付け。イスの片付けまで完璧にやって、後はスタジオ前でなにやら交流を深めていました。盛り上げてくれて本当にありがとう。

そんなこんなで、このあとのイオンモール福岡のリリースイベントへ急ぐお二人を見送ろうとしたら、突如くるりと振り向いて最後のご挨拶。
「わたしたち!スターダストプロモーションの...」

まいりました。ダー!
また来てね。

ばってん少女隊 | スターダストプロモーション100年に1組の逸材 (外部リンク)

IMG_0402

今日は5/20(土)21(日)に福岡サンパレスで行われる「THE ALFEE Best Hit Alfee 2017 春フェスタ」の先行予約受付を行いました。

本当にたくさんのご予約ありがとうございました。
やっぱり、通算ライブ本数や武道館でのライブ記録を達成しているキングオブライブのステージは必見ですからねー。

さて、今日のテーマはそんなアルフィーにちなんで「ディスタンス=距離」。

距離っていろいろありますもんね。
物理的に近い、遠い、心理的も近かったり遠かったり。

そんなわけで今回もたくさんのメッセージ頂きました。

通勤、通学を毎日長距離で通っている人多いのね。
朝早く置きてお弁当もって電車に揺られる日々。つらいことばかりではなく風景を眺めたり読書に勤しんだりして有意義に使う人も多いよう。

学生時代は自転車で日々長い距離を通い続けて、気がつけばアスリート並みにタイムを短縮してしまった思い出も。

学生時代と言えば、マラソンや短距離走の思い出も。
そうね。私も嫌いだったなあマラソン!はるかぜマラソンの準備そろそろしないと...
いやいや、もちろん生きがいだったり自分の人生の輝かしい一瞬として送ってきたメッセージも多かったんですよ。

「距離を置きたい」
世の中にこんなに悲しい言葉があるでしょうか。いえいえありません。

恋愛関係は心の距離に敏感になりガチ。
そんな切ない思い出や、現在進行系の恋愛のメッセージもありました。

そうそう、心も物理的にも距離と言えば長距離恋愛も欠かせません。
切なかったり楽しかったり、ある種恋愛の醍醐味といえるかも。

ほんとうに色々なメッセージが寄せられて、思わず二人で読み込んじゃうメッセージも多かったのも今回の特徴。

ていうか、「距離」って誰しも身近にあってどのメッセージも一つとして他人事じゃないんだなあ。と改めて思ったのが今回の結論。

ラジオも究極の「距離コミュニケーション」かもなとも。
マイクの前とリスナーさんの場所は確実に距離があるんだけど、いかにその距離を近づけるかがとっても大事。そして、時に誰よりもあなたのそばに寄り添うのがラジオだからね。

なんて、まるで他人事のように考えていたりして。お前だよ。がんばらんかい。はいすいません。

IMG_0408

今日のチンタメは、ドキュメンタリー。

この前若い人たちと話していても思ったんですが、みんな歳をとりたくなくて未来にちょっと絶望している。そんな風に思うこと多いです。

いえ、自分もね。

だって老後が素敵だと思えないんだもの。
そんな風に思っている人多いと思います。

311b4e6c40932fc12d66ce4262099fbfだから今日紹介する「人生フルーツ」。

このチラシの写真を見てお二人の「顔」になにかを感じるなら、ぜひ御覧なさい。って感じ。

名古屋のベッドタウン、高蔵寺ニュータウン。1968年に入居が開始され19000世帯48000人以上が住む日本で二番目に古いマンモスニュータウン。

その片隅に50年間住んでいる90歳の元建築家の津端修一さんと、87歳の妻の英子さんの日々を2年間密着したドキュメンタリーです。

300坪の土地は野菜70種類.果実50種類でいっぱい。
日々畑を耕し、収穫し、老夫婦二人で寄り添いしっかりと丁寧に日々を過ごしている見事にかっこいいスローライフ。

なんですが、この映画はその四季折々の生活を静かに描きながら、その過去を紐解くことで「これはオシャレて理想的な単なるスローライフ」ではないことを教えてくれます。

むしろかつて「公団のエース」と呼ばれ、まだまだ貧しい日本で自然と共生する小さくても豊かな生活を夢見た天才建築家の挫折と尽きぬ執念、そして人生をかけた大いなる実証実験であることもわかってきます。

「優雅なスローライフ」なのか「自分の想いをまっとうする壮絶な挑戦」なのか。
多分両方。

樹木希林さんの味わい深いナレーションとともにそんな二人の日々は、実際に見なければその素晴らしさは伝わらないんじゃないでしょうか。

実はこれテレビで放送されたドキュメンタリーをベースに劇場公開されたもの。
制作した東海テレビは愛知のローカル局ですが、近年社会派ドキュメンタリーの劇場公開に熱心で前作の「ヤクザと憲法」はいくつもの賞とともにドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録しました。

普通のサラリーマンたちが作るドキュメンタリー映画。
そういう意味でスクリーンの中の老夫婦と、ローカル局のスタッフたちの戦いも記録されているんです。

色んな意味で心に響くこの作品。
そう。劇場でぜひどうぞ。

歳を取るのがコワイんじゃない。それでも正しく生きていく覚悟がないんだ。
と、自分はそんな風に思って背筋が伸びましたよ。

というわけで今日はここまで。
また、次回です!

コメント

高校生の時、JRに乗っている時間も含めて、1時間ちょっとかかる距離を3年間通学していましたが・・・。

今思うとよく3年間通えたなぁと思いますね。

周りの人も含めて感謝しないといけませんね。

お疲れ様です。
テーマ『距離』ですが、
自分とラジゴンとの距離
確実に近づいてますね(笑)
聴き始めた頃はスタジオ観覧なんか
考えもしなかったですし、イベントにも
参加してなかったですが、今では…(笑)
今年も積極的に参加しますよ(笑)

野郎さん、いつもありがとうございますsign03
あら、野郎さんも。
学生時代ってなんかそんなカンジなんですよねえhappy02
なんであんなこと毎日できたんだろうなあsad

すき歯スイッチさん、いつもありがとうございますheart
確かにhappy01
今後ともどうぞよろしくおつきあいくださいねhappy01
でも生活に無理ないようにほどほどにsign01

コメントを投稿