« ミツバチまーや♪ | メイン | 素敵な夢を永遠見たいと思う日もあります。 »

2017年3月15日 (水)

水曜日がずっと続くコツを誰か知りませんか?

IMG_1179

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

バンです!ちんです!水曜ラジゴンです!

なんだかんだで3回目のブログ投稿チャレンジです!なんか更新がちっともうまくいきまっしぇん。
今回はどうかな。

さて、今日のゲストはニッポン大好き陽気なスリーアミーゴス、サボテンブラザーズから、アントニオ、フリオ、ドミンゴのお三人です!。いや~、よくわかんない!

日本各地を回りながら、陽気なラテンミュージックで各地を笑顔で讃えつつ、時に笑顔のまんま時事問題に現地に乗り込みつつガッチリ切り込む。そんなみなさんです。

すでに豊洲市場の前で「せっきにんしゃ出てこい」と陽気に歌っていました。早い。

...えーとどう紹介したら良いのかよくわからないので異例ではありますが、公式動画をひとつどうぞ。

ま、こんな感じです。
この「すてきなハポン」は各国語バージョンがあって一通り聞くと、頭にこびりついて離れなくなります。

そんなみなさん、スタジオに入るなりさっそくラジゴンの歌を歌ってくれまして、早くもガッチリ心掴まれてしまいました。そこらはぜひタイムフリーで聞いてみてください。

「日本は素敵なところ、福岡はご飯も美味しくて素敵です」と流暢な日本語で言ってくれたフリオさん。他のお二人はまだ日本語が堪能ではないということで、主にフリオさんが答えてくれました。

最近うれしかったことは「最近150人位の記者さんに囲まれました」。

どーやら森友学園周辺に出向いたようで、そこで記者さんのリクエストに答えて一曲披露したとか。
やってますね「責任者出てこい」運動も。

そんな中、みなさんが力を入れている「すてきなハポン」運動。
日本の素晴らしさを世界にPRしたいというこの活動ですが、なんとなくそんなことを宣言したらアメリカから呼ばれてリトルトーキョーのライブが実現。

POCS-1451スペイン語、英語、中国語、タイ語と各国語の「すてきなハポン」を作っております。

大きなステージから小さな施設まで本当にどこでも出向いては演奏をしているみなさんですが、いろんなところを回りながら時に元気のないお年寄りが元気になり、時に無邪気に喜んでいる姿を何度も見ることで「もしかしたら自分たちは社会貢献にもなっているのでは」という実感を掴んだそうです。

現在は「悲しい事件の無い日をつくろう」そして「笑顔を作ろう」というスローガンを掲げて活動中。

意外と真摯に愛と平和を祈るみなさんなのでした。

って、気がつくと海外のアーティストさんとして真剣に紹介しておりますが、いやそれでいいんですが、えーと困りガチ!

ただいま発売中の最新アルバムは「サボテンブラザーズ ~すてきなハポン~」。
タイ語は入っておりませんが、代表曲が収められています。楽しいですよ。

そんなみなさんのライブは本日!(終了しました)

3月15日(水)ライブショー@
福岡・中洲 Gate's 7
Open : 18:30 / Start : 19:00

そんなこんなでいつもとは違う謎の緊張感と弛緩の中、楽しいスタジオとなりました。
その後にふっとつぶやくわたしたち。

「あの人達って何者なんだ?」

サボテンブラザーズ | 責任者はどなた? (外部リンク)
サボテンブラザーズ - UNIVERSAL MUSIC JAPAN (外部リンク)

IMG_1183-001

さて今日は5月13日(土)14日(日)マリンメッセ福岡で行われる「YUKI concert tour “Blink Blink”2017」のライブ先行予約を行いました。

たくさんのご予約ありがとうございました!

さて今日のメッセージテーマは「コツ」。
生活周りから、極めて専門的な狭い知識、そして生き方まで、みなさんがお持ちのありとあらゆるコツを披露してもらおうというものです。

たくさんのメッセージをいただきました。
たとえば、、、

  • 満員電車で座れそうな席を見つける方法。
  • お弁当をそっこー準備するコツ
  • 鍵穴には油を差してはダメ。シリコンスプレーがなければ鉛筆を鍵にこすりつけてみる(電子錠はダメよ)

みたいな。そんな感じのコツをたくさん送っていただいたんですが、ラジオリスナーらしいなあと思ったコツは、

  • ラジオで採用されるコツ
    • 簡潔に
    • 馴れ馴れしく書かない
    • 下手にボケない
    • ラジオネームを頻繁に変える

だったんです。いろいろ考えてくれてるんだなあ。
でも、ディレクター氏とも話したんですけども、意外とそうでもないですよ。馴れ馴れしくてもOK、ボケてOK、むしろそういうメッセージはいじり甲斐もありますし(笑)。

ただ、放送中で時間が限られてる中で、ちょっとメッセージここで読もうという場合は多いですから、長すぎない方がそこでは選びやすいのはそうっす。

でも、長くてもその分量が必要な内容ってありますから。そういうのはどこかで紹介しようと置いてみたりもしますしね。

まああまり気にしないで送ってくださいな。

また、今週末にはるかぜマラソンを控えているちんにマラソンのアドバイスもたくさん。
ありがとうございました!

  • ストーカー走法」同じペースで走る女性の後ろにつきまとって走る。
  • 「背筋を伸ばすこと」息がしやすくなります。
  • そして極めつけ。経験者による9つのコツ
    1. 短い目標を作る
    2. 人の後ろにつくこと
    3. 首を動かさないこと
    4. 腕のふりを最小限に
    5. 呼吸を乱さない
    6. 自分のペースを守ること
    7. ラストスパートはゴールを見えてから
    8. ゴールした後は倒れず
    9. ムリだと思ったらやめる勇気を


ああなるほど!
そしてみなさん「無理しないで楽しくね」と言ってもらいました。ああ、よかった楽します(ちがう)。

私今回、一番短い3kmなんですけど、ずーーーーと走ったりしてないもんで、もうねゼンゼンダメなんスよね。でもみなさんのアドバイスを胸に刻みこんでがんばりまーす!

IMG_1184

さて、今日のチンタメは日本が誇るロックグループX JAPANを、世界的なドキュメンタリークルーが追った話題の作品「We Are X」です。

プロデューサーは、以前番組でも紹介したアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされた『シュガーマン 奇跡に愛された男』(2012)のジョン・バトセックとダイアン・ベッカー。

監督はザ・ローリング・ストーンズのドキュメンタリー『ストーンズ・イン・エグザイル〜「メイン・ストリートのならず者」の真実』(10)、ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー『JACO』(15)のスティーブン・キジャック。

そんな超一流の布陣でテーマは日本の「X JAPAN」。
日本の音楽ファンのみならず御存知の通り、「ビジュアル系」として登場し、あっという間に日本を席巻、あまりにも劇的なトラブルの数々、hideの死とグループの再生、そして満身創痍の活動の数々。

2014年の初のマジソン・スクエア・ガーデン公演に向けてのX JAPANの密着を中心に、YOSHIKIを中心に多くの本人と周辺の人達へのインタビューと、膨大な過去の映像とともに、ドラマチック過ぎるX JAPANの歴史を追ったのがこの作品。

正直、X JAPANはそのビジュアルといい、破壊的な初期のステージといい、その歴史といい、全てが「過剰」な物語に満ち溢れていますから、そのまま追うだけでもつまらなくなるわけがないんですが、どーなるんだろーという、ちょっと野次馬的な目でも見たんですが。

まずこの映画の良いところ。
この監督スティーブン・キジャックは当初、X JAPANについては全く知らなかったそうで、そこから制作に入って「これから他の音楽ドキュメントできるのか心配」になるくらいハマったと語っています。

というわけで、あくまで第三者的な視点から入っていくので、まったく知らない人でも安心。そして、客観的に捉えることで逆にその過剰な歴史が際立ってます。

その「知らなさ」はみんなが一番知りたいところにもズカズカ入り込んでしまい、面白い。

ほぼ冒頭から「X JAPANはなぜ一回解散したの?」「それはボーカルが洗脳されたから」

なんてやりとりがドーンと入ってきます。
Toshiの洗脳騒動と周辺の苦悩、hideの死、あるいはTAIJIの死とYOSHIKIの苦悩が赤裸々にたっぷり描かれます。ちょっとショッキング。

その上で、幼馴染のToshiへのYOSIKIの想像以上思い入れと、友情、あるいはそれ故の反感もキますね。

事前に予想していたよりもずっと面白かった。
音楽好きな方、Xの好きな方ならぜひどうぞ。

そんなお話をしています。
よかったら動画でどうぞ。

というわけで今日はここまで。
また次回です!

コメント

お疲れ様です。
ラテンミュージックってテンションが
上がるので好きなんですが、
ちん。さんがお三方の衣装を着ても
違和感無さそで笑いましたm(__)m

なるほど。

確かに下手にボケると読まれないし、簡潔なメッセージを送ったときほど、読まれている気がします。

たまたまかもしれませんが。(笑)

それと、ちんさんもはるかぜマラソンに参加されるんですね。

無理して倒れて救急車で運ばれたはダメですよ!

すき歯スイッチさん、いつもありがとうございますhappy01
そうですねー、年齢的にはそんなに変わらないんじゃないかと思いますのでまぁ加入しても違和感は無いような気がしますcoldsweats01

野郎さん、いつもありがとうございますsign03
全くそんなことはないですよ!どんどんボケていただきたいhappy01
どんな内容であれ、どんな形式であれメッセージを送っていただくのが1番嬉しい事ですのでsign03どんな内容でも大歓迎ですよsign03
はるかぜマラソン、無事終了しました。
がんばったんですけどねーcoldsweats01結局あんまり上手に走れませんでした。とは言えゴールまであと取り付いたのでよしとしましょうup
皆さんのご声援ありがとうございましたsign03

コメントを投稿