« 一時でも必要とされるのならそれで幸せと思った水曜日。 | メイン | ミツバチまーや♪ »

2017年5月18日 (木)

ラジゴンがオンリーワンでありますように!

IMG_2577ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今日のゲストは2組。

まずはなんといってもこの方、泉谷しげるさん!
楽しみにしてました。そりゃそうでしょう。

日本のフォーク・ロックミュージック黎明期の最重要レーベル、URCレコード、ベルウッド・レコードと並ぶ吉田拓郎さんが所属するエレックレコードから1971年にデビュー。

フォークからロックへと縦横無尽に時にリリカルに時にコミカルに時に過激なサウンドで叩きつけ、その一方でナイーヴな心情を屈折して吐き出す詩人でもあります。

1975年には小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげるの4人でフォーライフレコードを設立。バリバリのトップミュージシャンが自分たちでレコード会社を起こすという画期的な「事件」も歴史に残る所。

結局、それもこの日、泉谷さんがお話頂いたところでは「一人でさっさと抜けちゃって『裏切り者』とかいわれちゃったんだけど」「会議が嫌いなんだよな」と照れ笑い。


Z322034251
そんなステージの上でも下でも喧嘩上等超暴れん坊なイメージの泉谷さんですが、俳優、漫画家、画家、コメンテーターとどの分野でも「余技」ではなく、高い評価を受け続ける根っからの表現者でもあります。

表現することが好き。なんだそう。

以降、デビュー45年(ホントは46年)走り続けたエラい方。

スタジオにお迎えした泉谷さんは椅子に深く背を預けつつ、笑顔でですね、一つ一つの質問にも本当に丁寧に答えてくれます。一方で時折ニヤリと笑うとちょっと軽く毒を吐き爆笑させてくれるのですが、それもこれもぜーんぶ鷹揚でいて細やかな気遣い。なんていうか、すごくシャイで優しいオヤジです。そう思った。

そんな歴史の集大成、誕生日である5月11日(木)に通信販売限定で発売されるのが『泉谷しげるの新世界「アート オブ ライブ!」』。

CD10枚組(自選ベスト9枚全163曲+新作『舞い降りる鷹のように』1枚)+画家、漫画家などの作品集に自分史も収めた140ページもの豪華カラーアートブックに全曲の歌詞集(各A4判)という超豪華仕様。

【お問合せ】ユーキャン音楽事業部 TEL:03-3378-0770(または泉谷しげる公式WEBからどうぞ)

「過去で飯食ってるように言われるのが嫌だしつまんないからさ、ニューアルバム1枚」

自身が「お墓」と言い切るほどの泉谷しげる人生の集大成です。

そしてもうひとつ、泉谷さんがオーガナイザーを務めるフェス「阿蘇ロックフェスティバル2017」も間もなく。

今回で2回め。

「阿蘇は日本で一番でかい最高の音が出せるんだよ。水も食べ物もうまいし熊本のみんなと応援するいいイベントができるよ」と思い入れもたっぷり。

そして、昨年は熊本地震の影響で延期となりましたリベンジでもあります。
「なにが嬉しいって、去年参加する予定だった連中がみんなまた集まってくれたんだよな」

泉谷さんの意気に応えるように、

ウルフルズ、スチャダラパー、電気グルーヴ、レキシ 池田貴史、WANIMA、LEGENDオブ伝説 a.k.a サイプレス上野、古川未鈴、相沢梨紗、藤咲彩音(でんぱ組.inc) and 妄想キャリブレーション

といった豪華メンバーが揃いました。
ARF2017_B2_FIX_OL泉谷さんも自身のバンドとともにステージを披露しますよ。

私、どーしても答えがわかっていても聞きたい質問がありました。

今回のイベントに関して、熊本を応援したい想いをすごく感じるのにプレスリリースやインタビュー、印刷物などで「熊本地震」などを表に出ないように気をつけているのですか?というもの。

ちょっと火が付きました。簡単に言うと「震災で商売できるかよ」というもの。

それで始まったイベントではないしそれで入場料とって集客なんかしてどーする、それに音楽に楽しみたい人に後付の理由を押し付けるのも本末転倒だ。

というすごくすごく真摯でセンシティブで、ご自身の活動歴の中でも日本や世界の色々な災害やトラブルに際して本当に一番くらい素早く行動を起こして、先頭に立って応援と救いに尽力してきた泉谷さんの揺るぎない確信と考え方に、ちょっと胸が熱くなります。

絶対応援せねば。と思うのです。
音楽を楽しみにぜひみなさんも。

阿蘇ロックフェスティバル2017
■開催日程:2017年5月27日(土) ※雨天決行/荒天中止
■時間:開場9:30/開演11:30 (終演予定20:00)
※ゲート開門8:00(予定) / リストバンド交換8:30(予定)
■会場:熊本県野外劇場アスペクタ(熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石4411-9)

阿蘇ロックフェスティバル2017 (外部リンク)


本当に光栄で楽しかった。
泉谷さんありがとうございました!

SHIGERU IZUMIYA OFFICIAL SITE "IZ" (外部リンク)

IMG_2580

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

もう1組のゲストは神奈川県出身の日本の4人組バンドHOWL BE QUIETから、ボーカルでての楽曲の作詞、作曲を手掛けている竹縄航太さん。

2010年結成、デビューは2016年。
デビュー当初「アイドルになりたい」という言葉が予想外になにかと話題になったりもしました。

それ以前とはガラリと変化したデビュー曲「MONSTER WORLD」前後のビジュアルやMVのキラキラして弾けるような完成度の高いポップなナンバーを聞けば、よりその感は強まるかとは思います。

「違うんですよ。言葉が独り歩きして誤解されちゃって」と少し強い口調の竹縄さん。
きっと、色んな意味で苦悩することや嫌な思いをしたこともあったんでしょう。

でもロックファンとしてもポップソングやアイドルも好きな私にはとても嬉しいこととして記憶しています。

少なくとも2010年前後にポップソングを志すものたちにとって、アイドルの世界は本当に無視できない自由な音楽世界だったと私思います。すべてのロック、ポップス、ダンスミュージック、前衛音楽から民族音楽まで可愛い男子女子が歌って踊ればどんなフォーマットでも許され、縦横無尽に横断するまるで往年の映画界のプログラムピクチャー時代のようなアイドルソングやアニソンの世界。

まして子供時代からSMAPのファンである竹縄さんにとって、それはとても魅力的だったのではないでしょうか。71WzaCgQEWL._SL1001_

ややもすると窮屈な「ロック」という世界からロック本来の「自由」を獲得するために概念を拡張しようという意図を含んでの冒頭の発言だったと私思ってます。単に目の前のモノを鈍感にスルーしなかっただけ。やっとそんなことに意識的なバンドが出てきたと喜ばしかったですね。

そこから四苦八苦しつつも自分たちのやるべき音楽を着実に進化させてきたHOWL BE QUIETなのですね。

さて、今回のガチャポンは「私のオンリーワン」。
奇しくもSMAPっぽいテーマになりましたが、竹縄さんの答えは「自分が居心地の良い音楽制作スペース」。すべてを自分がいちばん気持ちいいようにしたいし、しているという竹縄さん。

ゲームやマンガ、少女マンガも大好きな竹縄さんですので、そんな部屋で好きなことに没頭してそこからいろんなインスピレーションが湧いてくるのかもね。

さて、そんな竹縄さんがすべての楽曲を手がけているHOWL BE QUIETのメジャー1stアルバム、インディーズ時代の前作からも実に3年半ぶりのアルバムとなるのが、5月24日(水)発売のMr.HOLIC」。

デビュー曲「MONSTER WORLD」から最新作まで、先にお話したようないろんな経験や想いがぎゅーっと詰まった1枚。

まずは どれもこれもポップソングとして完成度が高いです。
カラフルでキラキラ、ダークでダウナー、シンガロングでアッパー、Hip-Hopも取り込んでバラエティ豊かな楽曲の数々だけでも、凡百のバンドとは明らかに違うことがおわかりのはず。

バンドのターニングポイントとなったのは3rdシングルとなった「サネカズラ」あたりからでしょうか。本来ならカップリングのキラキラチューン「Higher Climber」がメインとなりそうなところを、この壮大なバラードは竹縄さんのリアルで生々しい男心が表現された傑作です。

結果、このアルバムはまばゆいばかりのポップソングながら、自身の体験も織り交ぜつつのパーソナルで生々しい歌詞(ご本人はグチと言ってましたが)で、共感性の高い優れた詩も際立ったアルバムとなっています。

今以上にさらに大きく飛躍する可能性も十分。これからも全面的に支持したいところです。ガンバレ!

このアルバムを引っさげてのライブも8月に福岡で。こちらも期待。

Mr. HOLIC 〜僕が虫で、君が男でも恋したいのです〜 TOUR
2017.8.3 (木) 福岡 DRUM Be-1
Open 18:30/Start 19:00

これからも頑張って欲しい。
そんなことを本当に思う竹縄航太さんでした。ありがとうございました。

HOWL BE QUIETオフィシャルサイト (外部リンク)

P1020018

さて今日のテーマは「あなたのオンリーワン」。

ナンバーワンじゃなくぅてもいい、ってなわけで人は妥協して小さな日常を積み上げていくのです。って、そんな後ろ向きな話じゃない!

オンリーワンは素晴らしい!
量産量産のこのご時世に、自分だけの自分のためのオンリーワンなものこそ価値があるのです。

決して代えのきかないもの、得難いもの。
そんでもって、場合によっては自分以外にはまったくありがたみが伝わらないもの、あるいは体験、経験。

そういったオンリーワンをみなさんから寄せてもらいました。

もうほんとに何度も何度も修理に出してずーっと使っている仕事道具なんてのはまさに「オンリーワン」。お気に入りの靴や服そういうのも多かった。そんなメッセージたくさんいただきました。

靴なんて履いてるうちに自分の足に変形してフィットしちゃうんですよねえ。わかるわあ。

時計やアクセサリーなんかはオンリーワンになりがちグッズで、寝ても起きても肌身離さず付けてますなんてメッセージも。

食の「オンリーワン」も今回多かった種類。

自分で配分するこだわり雑穀米。ってなかなか素敵。
お子さんも好んで持っていくんだとか。

自分だけのアレンジ料理や、母親や家族の手作り料理は確かにオンリーワンだねえ。

変わったところでは「激辛カレー」なんてのもあったな。
激辛カレーにチャレンジしている自分とカレーの闘いこそが貴重なオンリーワン体験だとか。

「経験」がオンリーワンってのもカレーのみならず多くて、学生時代のバイト経験や苦しかった時になんとかしのいだ経験や記憶、これまで蓄積してきた経験などは確かに他に変えるべきものがないオンリーワンですよね。

一応ご報告しておきますが、例によって「ウチの旦那/奥さん」と「子ども」で「家族」もしくは「ペット」はもちろんいっぱい。もうね。ぜっっったいいっぱい来ると思ってましたよ。そりゃそうですよ。

すべて、しっかりホッコリさせていただきました。

なんだけど、ひとつコレは最高でしょう!!というメッセージ。

5人子どもを持つお母さん。
一番上の高校生の娘から母の日に送られた「17年目マザーズダイアリー / 2017.5.14-2018.5.18」と表紙に書かれた一冊のノート。

開くと毎日、来年までの娘から母へのメッセージがびっしり書かれていたのだそう。
そして最後にはお母さんを誇らしく大好きだよ!とのメッセージが。

こんな羨ましいエピソードある?

ちんみ、今日イチのオンリーワンエピソードでした。


もちろん他の皆さんも。それぞれが私にとってのオンリーワンですよ!
って、とても便利。オンリーワン。

P1020017-001

18486125_10212330626761427_6124122313908618331_nということで、今日はここまで。

あ、そうです。
先週はkaedeちゃんが探していた「ピーナッツの入れ物」の情報ありがとうございました。

結局、どうやらもう生産してないようなのですが、今日写真を魅せられてびっくり。

同じシリーズのピーナッツ以外のケースが揃っていて、しっかりお弁当が詰められていました。

お友達がプレゼントしてくれたんだそうですよ。

そしてその仕上がりは意外としっかりお母さん。

みなさんにご報告です。ホント皆さんありがとう!

また次回です!

コメント

お疲れ様です。
kaedeさん、良かったですね(^^)d
「持つべきものは友」とはよく言ったもので
色いれな種類があるんですね(笑)
自分、『ピーナッツ』で検索かけましたが、
ほとんど「スヌーピー」の方しか出てこなかった
のは秘密( ノД`)…

オープニングのフリートークでkaedeさんが、お弁当を自慢しようとした直後に、

スタッフさんにジングル?を入れられて、やらせてもらえなかった所、

kaedeさんに申し訳ないんですが、爆笑してしまいました。

kaedeさんごめんなさーい!

すき歯スイッチさん、いつもお世話になっておりますhappy01
調査までありがとうございましたsign03
お友達も含めて、人気者ってのは羨ましいもんですねーhappy01
ほんとにみなさんのおかげです。本人も喜んでおりますよsign03

野郎さん、いつもありがとうございますheart
冒頭、私も笑いましたhappy01
ああいう風に気兼ねなく雑にいじられるあたりがkaedeちゃんの良いところcoldsweats01
愛されているんですよねえhappy01

コメントを投稿