« 水曜ラジゴン、ちんのおまけ。 | メイン | ラジゴンがオンリーワンでありますように! »

2017年5月17日 (水)

一時でも必要とされるのならそれで幸せと思った水曜日。

IMG_2563

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今日はバンカヨコさんはおやすみ。
ってことで、ピンチヒッターはkaedeちゃんです。なんと水木金と3連続出演です。どぞよろしく。

さて、今日のゲストは alcott。貴田 宰司さんと谷 里志さんが来てくれました。

神戸のロックシーンでデビューして7年。
その優れた音楽性は神戸の音楽シーンのみならずドラマチックアラスカやオーラルシガレッツなどの今勢いに乗っているバンドの仲間として口に上ることも多く、リストバンドの代わりに手錠を書けられる自主企画イベント「神戸大解禁」やクラウドファンディングで資金を調達してみたりと斬新な企画性などでもちょっとした評判になっていたグループでもあります。

そして今年ついに全国流通のシングル「宣戦布告 / ピーナッツ」、5/3にアルバム「YELL」をリリースしたばかり。

長い道のり。
途中でメンバーが入院して一時活動がストップしたりしながらも着々とフィールドを広げていくその歩みは日本中に無数に存在するバンドマンに希望を与えるなあと。だって本当にたくさんのバンドが人知れず努力したりあがいたりしていますからねえ。

alcott_yell_small-e1491371848222スタジオにお迎えしたお二人は福岡もまだ2回めくらいということで、最初、少し落ち着かない様子でしたが話すにつれ気さくで、上り調子の今を時に噛み締めつつ時にリラックスした笑顔でお話してくれました。

貴田さんいわくalcottの音楽は「笑顔になれるバンド、元気が出るバンドでありたい」ということ。

ガチャポンの質問は「元気の源は?」だったんですが、貴田さんは「カフェインを控えてルイボスティー」、内田さんは「ミルクレープ」。OLか!

お話を聞くと最近はライブやレコーディングなどを万全にするために生活に気をつけるようになったんだそう。ストイックなのであります。

そんなalcottの初めての全国流通アルバムで6枚目のアルバムとなるのが「YELL」。

感激もひとしおだというこのアルバム。

alcottの多様な音楽性。

基本、すべての楽曲は貴田さんが作っていますが、まずデモをつくってメンバーに緊張しながら(!)聞かせて、時に猛烈にダメ出しを喰らいながら磨き上げるといいます。

おそらく最初にMVと共に注目された「その姿は美しい」の高揚感溢れるナンバーや、「Yellow」のようなポップチューン、「ピーナッツ」「ポップコーンウーマンに捧ぐ」のような叩きつけるようなアガリまくるライブ定番曲。様々なスタイルの音楽がたっぷりと詰まっています。

音楽のスタイルは多様ながらそこを一本通っている芯、貴田さんは「alcottの音楽のキモは歌詞」と答えてくれました。
確かに、女性目線の「さくらの麓」あたりに顕著ですが、男性が書いたのかな?と思うほど繊細な表現、その他のナンバーも短編小説のように言葉を紡ぐ表現、そしてどの歌詞も優しくそっと背中を叩くような力にあふれていて共感度はかなり高いです。

当面の目標は「神戸ワールド記念ホール2デイズ即完売」だそうで、これはライブも楽しそう。

ということで、当日の夜、ライブハウスQueblickで行われたライブにも行ってきました!

P1020009-001

はじめてというお客さんも多い中、短い時間でしたがグイグイと引っ張っていく力はさすがライブを重ねてきた力を確かに感じさせるもの。

披露したナンバーも、アルバム以上にアグレッシブで素晴らしかったです。これからも注目ですよ。

お二人、そしてメンバーの皆さんありがとうございました。

alcott OFFICIAL WEB SITE (外部リンク)

IMG_2555

今日のメッセージテーマは「代用品」。

バンカヨコさんのピンチヒッターでkaedeちゃんにお願いしましたので、そこらのニュアンスを漂わせつつ「代用品」。どーゆーことや!とkaedeちゃんもおっしゃってましたが。

あらゆるシーンで「代用品」が活躍していますねえ。

時に代用品のほうがすっかりメインになっていたりして。
そんなわけで、今日はみなさんから「代用品」に関するエピソードを集めてみました。

たくさんのメッセージありがとうございました。

色んな所に代用品の話はあるもんですねえ。

イザという時に他のものでなんとかしのぐ代用品は、失敗と裏腹で記憶に残るもの。

弁当の箸が無くて、ボールペンや鉛筆や手近な棒で代用してみる思い出はあるあるですね。
メッセージを見て思わず声を上げましたけど、「弁当のフタで代用しました」ってのはどー考えてもムリがあるんですけど私もやった。

空腹時の目の前の食事を前に焦る気持ちと必死感が「代用品」を生むわけです。

そういうわけでは「トイレに入って紙がない」シチュエーションの代用品も追い詰められてますからね。それはトイレットペーパーの芯を工夫して使うのもやむを得ないかも。

公に知られる「代用品」のひとつ「代車」のエピソードもいくつか。

中には「エフエム福岡が聞けない!」というお怒りの声も。そのお怒りは私達にとってちょっとうれしいお怒りなのであります。

食の世界は「代用品」だらけ。

代用品の位置を越えて世界中で広く普及してしまった「かにかま」なんて、食の代用品キングですよ。
最近ではダイエット志向で、肉の代用品で大豆食品なんてのも流行ってますね。

そういえば、アメリカで話題の「インポッシブルバーガー」なんて、動物性の肉を一切使わず溢れ出る肉汁まで再現しているそう。すっごいっすね。

一方で、麻婆豆腐の豆腐がなかったので、高野豆腐で代用してみたら大失敗でした。みたいな、追い詰められすぎでどう考えても無理筋のチャレンジされた方も。

ハンドソープの代用品でボディソープを使いました。とか、カビ取り洗剤の代わりに台所洗剤使いました。みたいなメッセージもいくつかありましたが、どう違うのかよくわかんないやつも。私に知識がなかっただけですけども。

そんなわけでいろんな代表品の話を頂いたんですが、「人間」となると少しテーマに重みが出ておりましたね。

「私の付き合った歴代彼氏は、男友達と遊べない時の代用品として彼女をあつかっていたような気がする」という、それはきっとモテ男(同性の友達が多い)ばかりと付き合っていたんでは?と思いつつも、恋愛での「代用品」バナシは根が深そうなんであります。

また、職場での「代用品」扱いはなんとなくなくのイメージでなにかちょっと「ブラック」な臭いもしますしそんな扱いされてはたまらない!と背中が寒くなるわけでありますね。

今日もたくさんのメッセージを読みながら、CMや曲間でのkaedeちゃんとの議論も随分はずんだことも報告します。

代用品でもいいんだよ。
その瞬間は必要な人にとってホンモノなんですから。

IMG_2558

今日のチンタメは、話題のマーベル映画でも誰もが予想外の大ヒットとなった、宇宙SF映画コメディ「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス」です。

詳しくは動画でどうぞ。

一言「今回も最高に面白かった!邦題は言いたいことがあるけどさ!」

今日はここまで。
また次回です。

コメント

以前、夏場に、お風呂に入った時、まさかのボディソープがない!?っていうハプニングがおきまして、

でもさっぱりしたかったので、シャンプーで体を洗ったことがあります。

さっぱりしましたが、少しばかり違和感はありましたね。

kaedeさんチンタメコールwwwイイネ!!!動画、反転なのですか??

お疲れ様です。
バンさんのピンチヒッターだったんですね、
kaedeさんの声が聴こえたので、曜日勘違い
してました(笑)

野郎さん、いつもありがとうございますsign03
シャンプーで体洗いますかcoldsweats01まあ、洗剤なんで一緒っちゃ一緒ですが、なんかこう髪の毛つるつるするヤツとか入っててちょっと違いそーな気はしますけどねえcoldsweats02ま、綺麗になるからいいのかnote

はちみつさん、ありがとうございますup
かえでちゃんのチンタメコールはここ最近では出色の出来だと思いますhappy01happy01
言われてみれば確かに動画は反対になってますねwobbly Facebookの動画のまんまあげているんですが今度ちょっと調べてみますね。ありがとうございますsign03

すき歯スイッチさん、いつもありがとうございますnote
そうなんですよね。ピンチヒッターとしてどんどん侵食していっているようですshock今後に期待spa

コメントを投稿