« ミツバチまーや♪ | メイン | 復活はドラマチックですげーすげー。 »

2017年5月31日 (水)

今週も来週も水曜ラジゴン聴き逃してはならないぜ!

IMG_2843-001

今日のゲストはWATARU。

5月のパワープレイ「かくれんぼ」でおなじみですね。 それにつけてもなんていい顔の写真!

バンちんの間では「コレいい曲だなー」「いい声だなー」と話していましたので、楽しみにしてました。

が、ハイパーテンション高え!(笑)

そしてホントに「太陽」みたいな人です。すごくイイやつ!そんな感じの方でしたよ。

東京生まれで5歳から空手で17歳でユース日本代表。
小学3年でサーフィンにのめり込み千葉の外房、海の近くに定住。
同じ頃に音楽も初めて現在に至る。

なんかいろいろすごいんですけども、WATARUさんの音楽を聞くとアーティストとしてのキモは「ハワイ」なんじゃないかな?と思っていたわけです。

きっかけは小さい頃の家族旅行。
小5でハワイに行って地元の人にロングボードを教わったらいきなりなんなく乗りこなして(それまでは千葉でショートボードに乗っていたそう)サーフィンとハワイに夢中になったんだそう。

WATARUさんの代表曲の一つ「HAWAII」のMVを見ると、WATARUさんのハワイのファミリー達が登場して微笑ましい映像がたくさん出てきます。

サーフィンに触れて外房で一人暮らししてハワイでさらに開眼。
いつも海がWATARUさんの人となり、音楽を作り上げたんだなあと思います。

私、WATARUさんが今の音楽の原点についてどこかのインタビューで答えていたエピソードが好きなんですけども。

それは子供の頃カーラジオから流れていた 'Ale'A(アレア)というハワイアンバンドがカバーしていたトレイシー・チャップマンの「Baby Can I Hold You」のカバーに心惹かれて、一所懸命探したけどCDが見つからずついに発見した!と手にしたのがぜんぜん違うハワイアンレゲエのO-Shen。それはそれで「カッコイイ!」とはまって聞きまくった。

そんなお話。

'Ale'Aはハワイのグラミー賞みたいなナ・ホク・ハノハノ賞を何度も取るハワイアンを美しく現代的にならすグループ。O-shenはハワイでは絶大な人気を誇るハワイアンでレゲエ、いわゆる「ジャワイアン」と呼ばれる音楽の第一人者。そしてO-shenも大自然で育ったサーファーです。

どちらも聞きました。
この2つが両方共、バッチリ現在のWATARUさんの原点。

61I-C-DcH1L._SL1417_あまりに美しい'Ale'Aの「Baby Can I Hold You」を聞いていると、この曲が音楽の原点の人は信用できるなあ。なんて思わず思っちゃいますねえ。

随分脇道にそれちゃいましたけど、そんなWATARUさんのアルバムが只今発売中の「太陽」。

パワープレイの「かくれんぼ」はもちろん、グッとHip-Hopに寄った熱い「本能」(ちなみにMVが必見!本当に炎の間近で若干コゲながら体を張ったカッコイイ姿を見ることができます)、いつものように海を感じる爽快ポップやEDMやネオ・フォークアイリッシュ・ダンス風のサウンドで内省的な歌詞も染みる「I'm Alone」とサウンドも歌詞もカラフル。

WATARUさん曰く「余計なものを削ぎ落としてシンプルであることを心がけた」という、生バンドを主体としたサウンドはひたすら心地よく、なによりどの曲でもハッキリ聞き取れてストレートに届く歌詞は実体験に基づいたリアルでより際立っています。

「苦手なものはトマトと気の強い女性」
と笑うWATARUさんの書く恋愛ソングはなんかこう、共感度も高いです。

この6月に東京渋谷 O-nestで行われるワンマンライブ「WATARU ONEMAN LIVE “Sunrise”」こちらも楽しみですが、福岡のみなさんにはもう応募しましたか?

FM FUKUOKA パワープレイ トーク&ライブ「WATARU」*無料招待制イベント
2017年6月9日(金) 18:00開場/19:00開演
ROOMS(福岡市中央区大名2丁目1-50 大名ONOビル3階)

※応募受付は終了しました

こちらも楽しみですねえ。

いやもうホントに楽しくて、WATARUさんの陽性のバイブスに私達も楽しくなっちゃってもっとお話したいなあと思った次第(時間がなくてすごーく我慢してもらったんですけどね)。

またゲストに来てくださいね。まってます!


WATARUオフィシャルサイト (外部リンク)

P1020411

さて、今日のラジゴンは盛りだくさん。

来週6/5から始まるエフエム福岡総力を上げてお送りするお祭り騒ぎの「ボーナスウィーク」に先駆けて今週もテンコ盛り!

いつもの企画やコーナーに加えて、

あらゆるジャンルのベストテンを答えてもらって1つ正解で1000円、最高1万円の「ラジゴン ザ・ベストテンクイズ」。

今週からスタートした壮大なプレゼント企画「水曜スペシャル 福岡の埋蔵金を探せ!」。えーっと、ちんが山奥に金をとりに行きます!!

そして、本日はリクエストスペシャル!
賞品もご用意して今日はほぼ全編、みなさんのリクエストにお答えしました!

でまあ、私達もバタバタしていましたが、スタッフのみなさんはもう大変!
がんばるともさ!みんなが喜んでくれるのなら!

って感じでしたけども、みなさん楽しんでくれたでしょうか?ねえ、ホントに祈ってます。

オールリクエストってスタッフ側は大変なんですけども、毎回やると本当に楽しいんですよねえ。ラジオの原点って感じ。

たくさん頂いたリクエストも、みなさん喜んでいただけてるみたいでいつも以上にたくさんのメッセージと共に集まりました。全部答えられなかったのですけど、本当にみなさんありがとうございました。

来週はそんなわけで、6/7(水)の朝6時からの「よりぬきラジゴン」から注目。
この週は朝だけのオリジナルコンテンツ「早朝バズーカ」をお届けします!「福岡の埋蔵金」シリーズの続きも大量放出!さらに他の曜日のパーソナリティーも加えて豪華仕様ですよ!

年に一度の大騒ぎ。
バンちん、お祭り騒ぎには全力投球派ですので、みなさんお願いだから来週ぜひ聞いてくださいね。

P1020415

今日のチンタメは話題のSF映画「メッセージ」。

世界各地12箇所の上空に突如現れた超巨大ばかうけ型宇宙船。
その目的も行動もまったくわからず、静かにパニックを起こす世界。

そんな中で言語学者ルイーズ・バンクスは軍の要請を受けて、この宇宙船、宇宙人となんとかコミュニケーションを取り、その目的を知るべく体を張った挑戦を行います。

相手は7本足のタコ型宇宙人「ヘクタポッド」。

彼らはノイズのような音を出しつつ空中に墨を吐くようにして大きな輪っかを描きます。
これが文字?あるいは言語?

地球人と宇宙人、まったく接点もなくコミュニケーションの取りようもない両者が、「言葉」を理解するために奔走する姿をこの映画を描きます。

その一方で巨大な訪問者を前に結束する世界各国。しかし、同じ地球人でさえ足並みはそろわず、勝手に崩壊して地球の危機さえ迎えそう。

そしてルイーズは言語を理解するにいたります。だけど、それって本当?あるいは誤訳?

すべてが理解された時、映画は大きく動き出します。
その時、ルイーズが知る真実は?

そしてスクリーンの前でかたずを飲んでいた私達もまたルイーズと一緒に、あるいはそれ以上に驚愕することになります。

実はこの映画全体もまた....?

宇宙活劇でもアメコミ映画でもない、本格的なSF映画。
言語学系SF映画でもありますし、一方で非常にパーソナルな「生きることって結局なんだ?」という静かな感動とともに知る、今まであんまり見たことのない見事な映画だな。と私思いましたけど、みなさんはどうでしょう。

このオリジナリティ溢れる映画を監督したのは、今最も注目される監督の一人ドゥニ・ヴィルヌーブ。

アートとエンターテイメントをバランス良く見事にまとめあげて、通り一遍な映画には仕上げないその手法は1作ごとに評価を高めて、この映画の次はあの不幸の名作「ブレードランナー」のまさかの続編の監督にリドリー・スコットから抜擢されました。

こちらもホントに期待。
派手な映画ではないですけど、ちょっとした知的な興奮も含めて(結構アラもあったりしてそれも良しデス)オススメしたい映画ですよ。

そんなわけで今日はここまで。
来週はいよいよボーナスウィーク。どうぞお楽しみに!

コメント

お疲れ様です。
ボーナスウィークやその他イベント等
毎度の事とは言え、スタッフの皆様には
頭が下がります。
本当にご苦労様です。
忙しいとは思いますが、頑張ってください。

いつもありがとうございますup
いえいえ年に1度のお祭り騒ぎ、なんとしてでも皆さんに楽しんでもらいたいなと思っていますよhappy01
今週いっぱいどうぞよろしくお願いしますねーsign03心からshine

コメントを投稿