« ミツバチまーや♪ | メイン | ぼくらはみんなあったまいぃ~。 »

2017年6月21日 (水)

炎天下の水曜日に響く雨音はショパンの調べ。

IMG_0330

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今日のゲストは村上 佳佑さん。
端正なルックス、爽やかな笑顔と腰の低い好感度が超高い素敵な人ですが、なんせ「村上佳祐」としてのデビュー直後でもありますから、ご存じない方も少なくないでしょう。

でもそのデビュー曲「まもりたい」を聞けば95%くらいの人が「ああー!」っていいます(自分内しらべ)。

実はデビュー前にニベアのこのCMソングに抜擢。って、デビューよりすごいことをデビュー前に成し遂げちゃった村上さん。

「めちゃめちゃ嬉しいですよ。デビューの前から『ああ君だったんだね』ってみんな驚いてくれる」
と笑う村上さん。

遡るとクリスハートにネットにアップされた動画で見出されてツアーに大抜擢。

さらに遡ると立命館大学在学中にアカペラ・グループ「A-Z」のメイン・ボーカリストとしてあの『ハモネプリーグ』で番組史上最高の99.9点を叩き出して。

さらに遡ると幼少期はアトランタで過ごしてバリバリのバイリンガル。

…遡っても遡っても、すごくないでしょうか。

そしてスタジオではギターを爪弾きながら「初めてのチュウ」を華麗に歌い上げ、CDに収録の「ハナミズキ」ってどんな唄でしたっけ?と無茶ブリをすると、即座に軽やかにアカペラで歌い上げると正直もう震えました。

ハモネプなんですもの!
てか、テレビの前で見ていたちん。は実はかなりテンションアガっていました。

今日ばかりは村上さんのコメントを重ねるよりもタイムフリー一発でその猛烈な魅力を確認してください。

mamoritai今日もたくさんのファンの方が応援に詰めかけていて、まさに順風満帆、前途洋々なんですが、考えてみればハモネプの頃が2009年、その後2人組の『Dan』の時代があり2015年からソロとそれなりにいろんな経験を経ての今。

6/14に発売されたばかりのデビューミニアルバム「まもりたい」はそんな満を持してのソロデビューにふさわしい村上さんの魅力がギュッと詰まった1枚。

おなじみ「まもりたい」はもちろん、全くタイプの違うスタイルで違う魅力を聞かせてくれます。

「曲によって振り幅があって、それぞれを楽しんで欲しい」

その中にはスタジオでも披露してくれた「ハナミズキ (by A-Z)」も収録。

なんと、今日も何度も話題に出ていた「A-Z」が再結集して、素晴らしい歌声がまた聞けますよ!

「自己紹介のような1枚になっているので、伝わればいいなと思っています」

メジャー記念ライブは東京、大阪で行われますが、こちらも発売1分で完売!
今後の成功も約束されたようなものですねー。

「次はぜひぜひ福岡でも」
と、言ってくれました。いずれぜひ。

歌ってすんばらしいもんだなあ!と、なんだかしんみりと実感した今日のガチャポンゲスト。

またぜひ遊びに来てくださいね。
ありがとうございました。

MURAKAMI KEISUKE OFFICIAL WEB SITE (外部リンク)

douga

さて、今日のメッセージテーマは「傘と雨」。

梅雨ですしね。ってことだったんですが、早朝まで結構降っていたのに放送中は夏のような日差し。
なんだかカラ梅雨なんだなあ。

と思えば関東の方では大雨で避難勧告が出ていたりして、それも心配。

悩ましいものですねえ。

それはそれとして今日のテーマは大盛況。たくさんのメッセージ頂きました。ありがとうございます!

しつこいようですけども、私「雨の日に傘をささない人」にすごーく以前から興味があって、今日のメッセージでもその話題は結構ありましたね。

雨の中をゆうゆうと歩いている人いるじゃないですか。もしくは朝から雨が降っているけど、大きなバッグを方から下げているのになんか手とかファイルで頭の上を防ぎつつ小走りに歩いている人。

傘なくしちゃったのかな?忘れちゃたのかな?とか思いつつ、なんだか最近トミに増えているような気もする。みたいな。

「チョッコレ」でもやりましたけど、調べると意外と20代では女性の方が「小雨くらいなら傘をささない」と答えた人が多かったりしてですね。よくわかんないっす。

雨がスキとか嫌いとかそんな話はたくさん来ましたけどねー。

そういえばある年齢上に方だと特に、「雨」にロマンティックな想いを感じる方も多いとか。ま、私ですけど。

私だけじゃないみたい。
やれ土砂降りの中で傘の貸し借り、あるいはリアルな傘ではない相合傘。
そんな出会いや淡い恋。

ないっすねー。現実にはなかなか。

他にも色々。
思い出話は全体にやはりしっとり。良い想い出がおおかったですねえ。

笑えるエピソードや泣ける話、たくさんあったんですが結局今日も時間切れ。失礼しました。

雨の季節はまだつづくそうですが、また想い出が増えますかねえ。

P1030350

今日のチンタメは3年前テレビドラマとして大ブームを起こした、上戸彩、斎藤工主演の「昼顔」。

その続きが映画になりました。劇場版「昼顔」です。
もともと不倫耐性がまったくない男女が、うっかり足を踏み込んだが最後、ドロッドロで周りの人間をガンガン不幸にしながら自らも傷だらけになりつつ不倫街道まっしぐら。W不倫でそれぞれの旦那と奥さんさらに姑も加わってなんとしてでも許すまじとありとあらゆる手を尽くしてバトルロイヤル。粘着度の高いジェットコースターのような怒涛の展開で話題となったエクストリーム不倫ドラマ。

結局二人は引き離され斎藤工演じる北野先生は奥さんのもとに、上戸彩扮する紗和は一生接触しない・話さない・連絡先も知らない、その上でお互い転居。という示談書を書かされ、あまりにテンパりすぎ挙句にトチ狂って結局自分の旦那とも離婚されてしまい引っ越す。不倫ダメ絶対。

ここまでがテレビドラマ。
そこから3年後、再び焼けぼっくいに火がついちゃうのが今回の映画。

「踊る走査線」よろしく、北野先生の奥さん乃里子さんを超える最強の敵とのバトルで全世界を股にかけて道ならぬ恋は超拡大。

と、思いきや、テレビドラマファンへの目配せたっぷりに楽しくツッコミどころはそのままに、ありがちなテレビドラマをそのまま大スクリーン化したものとは違う、映画としての完成度にこだわったなかなかのもの。

簡単に言えばコレ面白いっす。

不倫する側の身勝手さと恋愛から逃れられないやるせなさ、そして奪われる側の深い痛みと赦し。

そんな所もグイグイと踏み込みつつ、テレビとは異なる丁寧でしっとりしたトーンで描きます。だから、むしろテレビを見てない人のほうがずっと楽しめるかも。

へー、なるほどねー。すごいモードチェンジ。とか思っていると...

えーーーーーーーーーーーー!みたいなね。
さすがエクストリーム不倫ドラマ。
興味ない人もちょっとみてみて。意外と拾いもの。私気に入っちゃいました。

不倫は今んとこ機会はありませんけど。

今週はここまで。
また次回です。

コメント

確かに小雨なら、傘はささないですねぇ。

ちょっと雨に濡れたぐらいなら、気にしないので。

それに、自分もちょいちょい傘を持って帰るのを忘れちゃいますし。(笑)

いつもお世話になっていますhappy01
そうかあ、やっぱり結構多いんですねえ。
まあ、傘を持たずに出ずに濡れちゃうことは多いんですが、傘を忘れて帰ることはもっと多いので、結局傘の数は増えたり減ったりしておりますhappy01

コメントを投稿