« ミツバチまーや♪ | メイン | 幸せってなんだっけなんだっけ。 »

2017年7月26日 (水)

水曜ラジゴン提供 理想と現実、夏の陣。

IMG_1090

今日のゲストは軍鶏、YOSHさんです。
直方市出身でこよなく筑豊を愛するシンガー&ダンサー。

前回は実は小室ファミリーとか、菅原文太さんとの親交、ハンパなくヤンチャだった(これはあんまり意外ではない)とか、ちん。と忘れらない縁があったとかおもしろトーク続出だったわけですが。

今回はかるーく「最近はどうですか?」なんてところから初めて見たところ、
「スリランカの大統領とかいるパーティーで歌ってくれないかっていわれてて」とイキナリかまされました。もちろんホント。

彼の地では日本のカルチャーは「おしん」くらいしか認知がないそうで、来年1月に国賓級で迎えられて実現するとスリランカで代表する日本人となるみたい。なんか予想の斜め上すぎてものすごいっすねYOSHさん。

shamo「日本人なら誰でも良かったらしい」とかおっしゃってましたけどどうやら少し照れ隠し。

よくよく聞くとスリランカの関係者が代表曲「彦山川~あったかい瞳のかあちゃん~」を聞いて涙したとか、間に入ってくれた日本人が尽力してくれたみたいで、YOSHさんの人望や国境を超えて通じる歌声なんてところもチラっと垣間見えてましたね。

「スリランカでの活動に力を入れようかな」
なんて笑いながら例によって楽しい話連発。楽しいんだけどちょっとギリギリだったりもして、相変わらずYOSHさんやべーっす。

そんなYOSHさんの新しいアルバムが4枚目となる「Botayama」8月2日発売です。

「音楽とダンスだけが20数年続いてきたんですよ。嬉しいことや思うこと、人間関係とか嫌なことなんかいつも音楽に込めてきた」

そう自分と音楽の関係を語るYOSHさんの、つまり今のYOSHさんが詰まったのがこの1枚ということですね。だからタイトルは「Botayama」筑豊愛です。

流麗なインストから始まるこのアルバム、YOSHさんの思いとYOSHさんを囲む人々を題材にして笑って泣けてそんなアルバムになりました。

なんと後援会長を題材にした「田川の土佐犬」で豪放磊落な筑豊人への愛をちょっとユーモアたっぷりに歌い、「BEER FIGHT」でアゲて、「キンセンカ」のラブバラードでしっとりと聞かせます。

ある意味、日本人のためのソウル・ミュージック。


そしてレコ発イベントも直方で。

軍鶏4th Album Botayamaレコ発イベント

8月2日(水)  エクセレントガーデン迎賓館
福岡県直方市頓野4069-9
問い合わせ GMダンススタジオ 0949-26-0227


YOSHさん、パッと見はイカツいんですが、いつだって楽しいお話をしてよく笑い優しいんですよね。毎回楽しくて知り合いの兄さんと喋っているような気分になっちゃいます。

今日もご機嫌に笑いながらスタジオを後にしました。やあ、筑豊人いいなあ。

軍鶏 Shamo オフィシャルブログ (外部リンク)

P1030843

なんだか今日はハワイのお土産物屋の夫婦みたいだね。なんつってましたけど、焼けてんな私。

ちなみに二人が抱えている黄色いバッグは偶然二人共購入していた100円ショップのケース。最近、いろんなものがカブるのはやっぱり長年のコンビネーションでしょうか。知らんけど。

今日のテーマは「夏休みの理想と現実」。

私今となってはなぜそう思っていたのかさえワカラナイんですけど、子供の頃「大人になったらもっといっぱい夏休みをもらって世界を旅できる」とずーっと思っていまして。あんなに夏休みあったのに。

これが理想と現実。
なんなら休みばっかりになると怖いです。今こわいです。

今日はそんな過去の理想と現実、現在まさに感じる理想と現実など、夏休みに関する話題をみなさんから頂きました。

テーマを発表してソッコーで多数送られてきたのは、お母さんでした。ええ。

まさに今夏休みですからね、なにかと溜まってる方も多いようで。
みんなで楽しく、子どもたちは日々の宿題をテキパキと済ませ、自分も優雅に。まあ無理だとは思っていたけども。実際は毎日アクセクアクセク、子どもたちはいつまでもゴロゴロダラダラするばかりで邪魔だわ、腹減ったとうるさいわ、家政婦じゃないわ!

...とまあこんな感じですかねえ。この後お盆休みでお父さんも加わりますので、ええ、今のうちに少しストレス発散をしておくのが良いかもしれませんね。お疲れ様です。

そして夏ですから、素晴らしい出会いを!恋愛を!と理想に燃えやすい季節。

ちょっとしたキッカケで憧れの彼女と花火大会に行く約束を。広がる妄想、実る恋愛。ところが前日にキャンセル。しかも本命といくことにした、みたいな。

海での素敵な彼氏との出会い。自分自身も磨き上げ新しい水着を購入し万全の体制で海へ向かってハヤ数年。さっぱりその気配すらありません。

あるいはモテボディを目指して腹筋割ろうと」日々努力しているけれど、一向に割れやしねえよ。

なかなか理想と現実のギャップが痛いですねえ。

そういえば、今回は夏休みの宿題って今どうなってるんだろう、なんて話題も盛り上がりました。

というか、私の子供の頃の記憶では夏休みの宿題が、まあ溜めにためていたせいですけど、すごくたくさんあって大変だった記憶があるんですけど、バンさんに言わせると関東の方だったから大変だった記憶はないそう。

地域によっても違うのか。

みなさんからのメッセージによればどうやら今はというか、今もというか宿題大変そうですよね。

自由研究に至ってはパーフェクトに各家庭の親同士の争いみたいになっていて、親御さんが大変、なんてお話もあったりして。

そんなわけで、たくさんのメッセージいただきましたけど、不思議とジメッとした陰湿なかんじになることなく、カラッと理想と現実のギャップを笑っている内容が多かったのは、やっぱり夏のせい?

さて、今日のチンタメは夏休み映画のオススメとして1つディズニー/ピクサー映画の「カーズ/クロスロード」です。

安定のピクサー、人気シリーズ「カーズ」の3作目ですからまあ、安心。ということではあるんですが、こと今回に関しては、お子さんよりも親御さんのほうが刺さるかもしれません。

というのもテーマは「老い」。
「ピストン・カップ」で7回の優勝歴を誇る人気ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーンが、最新テクノロジーを積んだ新世代の台頭や自身の衰えで追い込まれます。

過去の栄光とそれにしがみつくあまり放漫になる自分、同世代が次々と引退していく中で勃興する世代交代、自らの体力、技術、モチベーションの低下…。昔らからファンだった新しいスポンサーと、それゆえに対立する関係。

運にも世間からも見放され、自信も喪失、引退という言葉が脳裏にちらつく。引退か、再起か。

今回は明らかにジェネレーションギャップのある女性トレーナークルーズ・ラミレスが相棒となってマックィーンと楽しい掛け合いと交流を盛り上げてくれます。

そんな重いテーマをベースにしながら、今までで一番派手なレースシーンと、完璧以上の完成度のアニメーションで楽しませてくれます。

個人的な感想ですけど「カーズ」シリーズは1作めが抜群にデキが良いと思います。
今回の「クロスロード」はクライマックスの意外すぎる展開が議論に分かれるところですが、そこら辺も含めて全体にアラとかスキとか、簡単に言うと納得できない所もたくさんあるようにおもうんですが。

私は「クロスロード」の方が好き。
ただし、クライマックスは「ないわー」と思いましたけど、それでも好きですね。   
これ好みの問題ですけどもね。

子どもさんを喜ばせようと映画館に連れて行って、お父さんお母さんが刺さって映画館から出てくる姿が思い浮かぶような。

興味があればぜひ映画館で。

P1030841

今週はここまで。
ホントに直射日光はヤバいですよ。みなさん熱中症などに気をつけて。

また次回です。

コメント

お疲れ様です。
夏休み…
遠い思い出ですかね(笑)
毎回、今年は前半で宿題を終わらせて、
後半は遊びまくるぞと意気込んでは見る
ものの、例年通り最終日まで泣く泣く
宿題をやる日々( ノД`)…
今ではいい思い出ですかね(笑)

熱中症・・・。

室内に居ても、暑さで体調を崩す時があるので、

外に居たら余計大変ですよね。

でも海とかプールで遊びたいんですよねぇ。(^-^;

すき歯スイッチさんいつもありがとうございますsign03
大丈夫です。私も多くの皆さんも一緒ですhappy02

野郎さん、いつもありがとうございますdog
熱中症が怖くて外遊びがでけるかー!という気持ちでがんばりたいですねsign02happy01
でも、対策は万全でないとねhappy01

コメントを投稿