« ミツバチまーや♪ | メイン | スマイル0円、プライスレスな想い出。 »

2017年7月19日 (水)

水曜日は二人のいきものでお送りしております。

IMG_0654

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

IMG_0659


今日のゲストは3ダンサー2バックボーカルでメキメキ人気の「超特急」から今日は4号車タクヤさんと6号車ユースケさん。

それぞれ「号車」がついていて8号車はファンという編成になっとります。

スタジオ前には早くからのファンの皆さん、あ、8号車でぎっしり。

二人もそれに応えてサービス満点に盛り上げてくれました。

結成当時は高校生だったお二人も結成5周年を経て成人に。最近ではバラエティでの露出やそれぞれの活動も活発ですね。

バンさんがやたらとウケてましたけど、とにかくスタジオでの二人のキャラクターが正反対でグループ内の役割がハッキリしている感じ。

ユースケさんはバラエティ担当を自認するだけあって、常にテンションマックスで盛り上げてくれます。一方のタクヤさんは少し伏し目がちでシャイ。

今日のガチャポンは「好きな生き物」。
タクヤさんは「犬」でユースケさんは「猫」とこちらもきれいに分かれました。

ちなみにタクヤさんは映画「兄に愛されすぎて困ってます」で千秋役で飼っていたトイプードルを実際に欲しいんだそう。ユースケさんはマンチカン。いつも動画見てるんだそうですよ。

81ChFgDYSsL._SL1430_
さて、間もなく7月26日(水)に発売される13枚目のシングルが「My Buddy」。

なんといっても渡部篤郎さん、橋本環奈さん主演のドラマ「警視庁いきもの係」の主題歌で、キャストと動物のきぐるみが踊るダンスが話題。

超特急のメンバーが画面いっぱいに歌って踊るMVも公開直後なのにもう再生回数100万越え。

お二人も「こんなの初めて」と驚いていました。
そんな話題性ももちろん、今まで以上にポップでアッパーな楽曲は魅力十分。

「振り付けも簡単なのでみんなこの曲で踊って欲しいな」だそうですよ。

福岡でのライブは6月18日に福岡サンパレスで行われたばかり。
ソールドアウトで大盛況。

感想を聞くと口を揃えて「すごい楽しかった」とご満悦。
特にこの日は1号車のコーイチさんの誕生日でもあったので、会場全体でハッピーバースデー。特に盛り上がったライブだったようですよ。

武道館の単独公演の成功もあったこの過去最大のツアーは8月まで続きますが、さらに8月にはCDデビュー5周年のスペシャルイベントとして、ココリコ、私立恵比寿中学、ゴールデンボンバーなどなど毎日ジャンルの異なるゲストを迎えた、5日連続の「超フェス」を豊洲ピットで開催と、この夏も大忙しです。

そんな感じでワイワイと楽しくお送りした今回のゲストですが、気がつけばシャイなタクヤさんもニッコニコ。「ツンデレなんすよ」と最後までしっかり絶妙に突っ込むユースケさん。なんか気持ちのいい人たちだなあなんて改めて思ったりもしましたよ。

なにより当日詰めかけた8号車のみなさんがまたずーっとニッコニコで、きっとそのせいもあったのかも。みなさんありがとうございました。

超特急 | OFFICIAL SITE (外部リンク)

Halftone

今日のメッセージテーマは「いきもの話」。

「警視庁いきものがかり」にも少しちなんで。
いきものみんな好きですからね。そんなお話をたっぷりしていただこうってわけです。

事前に予想をしていたんですね。

やっぱりイヌとネコは圧倒的に多いよねえ。とか。
最近はヘビとかワニとか珍しいもの買っている人もおおいからねえ、とか。

結論から申しますともっとも目だったいきものは、

「セミ」でした。
はっはっは。意外。

というのも冒頭からバンさんの「セミ愛」が爆発。熱弁を振るったせいですね。どうやら、バンさん家の庭にセミの抜け殻がいっぱいあるようで、写真に撮ったりして楽しんでいたよう。

結果、その熱意に煽られるようにみなさんからのセミメッセージも多数。
自分で撮影したセミの羽化写真や抜け殻画像、日がな一日セミ取りに興じた子供時代の想い出からセミの抜け殻を食べた話など。

あまりのバリエーションの豊かさも相まって結果かなり楽しいことに。
皆さんありがとうございました。

もちろんそれ以外のメッセージも多数。

イヌやネコはやっぱり多かったですねえ。
とりわけ複数飼っている人が多いのも目立ちました。

そしてそれぞれの愛が深い。
やっぱりキングオブペット、とりわけイヌは約3万5千年前のネアンデルタール人の遺跡からすでに家畜化されたイヌの化石が発掘されていますから歴史も深い。

ベテランペットの風格なのであります。なんでしょそれ。

それからカメ、ニワトリも目立ちました。
これやっぱり小学生の頃ってのも多かったですね。多分「ひよこ」を飼ったつもりであっという間に鶏になっちゃったりしたのもあるんでしょうけども。

熱帯魚はもっとも手軽に飼えるいきもので人気。
やっぱり夏ですからセミと並んで夏の生き物、カブトムシのお話も楽しかったですねえ。

これから夏休み。
お子さんと一緒にいきものと触れ合うのも楽しいし、教育のためにも大事ですね。

みなさんのメッセージに感謝です!

P1030802

今日のチンタメは先日16日に亡くなった偉大なる映画監督「ジョージ.A.ロメロ」を追悼。

監督としては生涯「ほぼ」B級クラスの予算の映画ばかりを撮っていたのですけど、今私達が日常用語としてふつーに使っている「ゾンビ」を「発明」しちゃったのがロメロ監督です。

生きる屍、ゾンビはもともとブードゥー教の呪術で生と死の間におかれた奴隷のように使われてしまう人間たちとして存在していたのですが、そういった呪い関係からすっぱり切り離して全く新しいホラー映画のジャンルを作っちゃったのがジョージロメロ。

28歳で友人から借金して114000ドル、当時で4000万円弱くらいのモノクロ自主映画として撮られた「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」に始まりその後の三部作で決定的な人気を得ました。

1作目: 1968年 ナイト・オブ・ザ・リビングデッド (The Night of Living Dead)
2作目:1978年 ゾンビ (Dawn of the Dead)
3作目:1985年 死霊のえじき (Day of the Dead)

いずれもその新しさとホラーとしての目を背けんばかりの鮮烈なグロいスプラッター描写は世界に衝撃を与えました。

ロメロが提示したゾンビの3原則

1・ゾンビに囓られると囓られた相手も死んでゾンビになる
2・ゾンビは知性がなくゆっくり襲う
3・ゾンビは頭部を撃ち抜かないと止まらない

は長らくゾンビの原則として同様の映画でも引き継がれました。

この映画の影響がどれくらいかというと、80年代中盤までの約10年間でZ級のしょーもない短編も含めれば世界各地で1000作くらい作られたといいます。つまり巨大な「ゾンビ映画」というジャンルが誕生してしまったわけです。どれくらいゾンビの登場がフレッシュだったかという証明でもあります。

さすがに作られすぎて80年代でそのブームは収束しますが、90年台にそれまで以上の大ブームとなって現代に続きます。

90年代のきっかけはゲーム「バイオハザード」。
このゾンビゲームに始まり今度はゲームやコミック、映画にテレビと拡大していったのですね。90年代以降のゾンビはバリエーションも豊かで全力疾走するパターン(おっかなすぎる)も多数。

ロメロ自体はその偉大なるオリジネーターでありながら生涯あまり報われたとはいえませんでした。

初期には監督として幅広い表現を求めてゾンビ以外の映画も多数撮影していたのですが、いずれも興行的にもあまり振るわず結局ゾンビ映画に戻ってしまい、90年代以降はゾンビ映画で積極的に表現を求めていったもののいずれの映画も今ひとつ、どころか「World Wor Z」などの超大作ゾンビ映画や空前のヒットを続けるTVシリーズ「ウォーキング・デッド」の大人気でゾンビ映画はドル箱となって、ロメロのようなフットワークの軽い低予算で社会派的な映画は企画が通らなくなっていくという悲劇。

ゾンビが流行りすぎて自らのチャンスが失われていく不条理。

ジョージロメロのゾンビ映画は「社会政治的」と自ら規定していたのですが、常にゾンビとその環境にその時時の社会をわかりやすく反映していて、それが単なるグロいホラー映画にとどまらない魅力だったのですね。

それでも最近、新しいゾンビ映画の企画が進行していて楽しみにしていた矢先のことでした。

タイトルは「ロードオブ・ザ・デッド」。
未来社会でゾンビがカーレースする映画と伝えられていました。

クー、B級だぜ。最高に観たかった。
ファンはみんなこんなことを言って追悼しました。「そのうちゾンビになって蘇るんじゃない?」

ありがとう。合掌。

今日はここまで。
また次回です。

コメント

いきもの話で思い出しましたが、

自分は何故そこにいるんだ!?っていう場所で亀を見たことがあります。

1つ目は。自分が3年間通っていた高校の敷地内で、

亀が散歩していたことがありました。(笑)

高校は高台にあって、しかも歩いていける距離に砂浜なんてないのに、

どうしてこんなところに亀がいるんだ~!って思いました。(笑)

2つ目は職場の近所の峠道で亀が道路の真ん中に居て、危うく引きそうになりました。

その時も決して海の近くとは言えない場所でした。

メッセージ送ればよかったですね。(笑)

お疲れ様です。
いきもの話ですか…
小学生の時は家で卯を飼ってましたね。
ゲージの掃除は自分が担当でしたが、
掃除中に幾度となくウサキックをくらい
痛い目にあってたのを思い出しますね(笑)

野郎さんsign03
そんな面白い話、番組に送ってくんないとhappy01
両方共おんなじ亀だったら面白いの....(ない)coldsweats01

すき歯スイッチさん、いつもありがとうございますdog
実はうさぎはちょっとだけ飼っていたことがあるんですけど、ウサキックわかりますhappy01
うさぎって意外と凶暴というイメージがこびりついていて蹴られたり噛まれたりロクな想い出がありませんcoldsweats02
観てると可愛いんですけどねcoldsweats01

コメントを投稿