« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

ちんみはそっとマイクを置く。(山田優子のコメント付)

P1060603_thumb[1]

9月28日木曜日、ちんみと山田優子のラジゴン木曜日、これにて終了!

3年半の間皆さんどうもありがとうございました。

最終出勤日の今日は「リクスペ」オールリクエスト大会でした。

なんですか、うっかりしんみりとして何か良い話をすることを遮るように、ひたすら矢継ぎ早に皆さんのリクエストとメッセージを紹介するというファイティングスタイルの最終回でした。お楽しみいただけましたか。走ってないと泣いちゃうからね俺様も。

radikoタイムフリーでもう一度。

  1. http://bit.ly/rajigon_1
  2. http://bit.ly/rajigon_2
  3. http://bit.ly/rajigon_3
    (radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

IMG_2638番組が始まる前からすでに100通を超えるリクエストが届いてたという噂?本当に皆さんありがとうございます。

また皆さんからの温かいメッセージの数々、本当に本当に嬉しかったです。

そのメッセージの少なからずに「最初の頃は本当にひどいと思ったんだけど」的な一言が添えてあるのがまたおかしくて、まあ自分でもそう思いますからね。だけどいよいよ終わりとなると寂しいと言う様なことが書いてあると本当に胸がしんみりとするわけでございます。

毎回リクエストの時はたくさんのメールをいただくんですが、今回のリクスペほどアツいリクエスト大会もないもんです。また皆さん良い曲選んでくるねー。

さらに木曜日のリスナーの少なからずが ちんよりもちんみさんの方が好き と言うこともよくわかりました。後悔先に立たず。ちんみは本日で引退でございます。

思い返せばいつもいつもリスナーの皆さんのおかげでなんとかここまでやってこれたんだな、改めてそう思いました。

P1060602_thumb[1]

3年半だそうです。

思い返せば、本当に木曜ラジコンは個人的にはいろんなことがあったんですけど、今となってはあっと言う間でした。

こんなポンコツパーソナリティを我慢強く受け入れてくれたリスナーの皆さんに、重ねて御礼申し上げます。

そして何より3年半かけて自画自賛しますけども、山田優子さんともなかなか良いコンビになれたのではないかと思います。

最初から、こんな私をずーっといつも支えてくれました。
言っときますけど最近は、僕も優子さんを結構支えていたつもりなんですよ。優子さんほんとにありがとう。

思えば今年の最初に「今年はいよいよ木曜日もっと面白くしていきますよ」と二人で強く心に誓ったのが思い出されます。結局そこから1年持たないやんの。世の中ってそんなもんですけどね。

これからは一緒にご飯に行ってくれる友達がまた一人増えて個人的にはとってもありがたいです。

slooproimg_20140410174956

最初はこんなことやってましたね(笑)
これも偉大なる前任のプレッシャーに負けないために、ワザと私が仕掛けた、まあ今に思えば空回りでしたけどねえ。

さて来週からはこの木曜日、いよいよ 新パーソナリティTOGGYさんが登場します。

私もあまりのビッグネームにびっくり。

山田優子さんとのコンビでさらにパワーアップすること間違いなし!ですわね。

そして、ちんみは今日持って引退いたしますが、水曜ラジコンはちん。としてしつこく居座り続ける予定です。こちらはこれからも頑張りますのでどうぞこれからもよろしくお願いします。

来週からの木曜日もどうぞよろしく。山田優子さんを応援してくださいね。

最後になりますがリスナーの皆さん、そしてこんな私をいつも支えてくれたスタッフの皆さん、山田優子さん本当にありがとうございました。

ちんみはいつもとても幸せものでした。

たぶん今胸いっぱいであ、まり幸せじゃないことや嫌なことは一瞬だけ忘れているんだと思います。

またどこかでちんみが再び現れることを少し期待しつつ、宮崎駿的に。

ではみなさんさようなら。

P1060598

来週からブログ誰が書くんだろう。今思い出したけども。

じゃ。ね。


追記)山田優子さんのコメントです(コメント欄より)

『ちんみさん、3年半ありがとうございましたm(。≧Д≦。)m

木曜日はまるで女子トークをしているかのように(笑)楽しかった!放送でも、じゃじゃ馬山田の面倒をみるのは大変だったと思いますが、いつもあったかく、大きな気持ちで引っ張って下さって、またたくさん助けて頂き、本当にありがとうございました。ちんみさんの相方として喋らせて頂けたこと、心から感謝です!最初の方の掴みあっている写真が懐かしいですね(笑)

プライベートでもライブや舞台や女子会や(笑)…いろいろ行きましたね!博学で努力家で真っ直ぐで優しくて…(笑)素敵なオトメン❤心から尊敬してます!(*- -)(*_ _)ペコリ。

これからもこの師弟関係はなんも変わらないので(笑)また是非ご一緒させてくださいませ!よろしくです!師匠!!( ゚∀゚)人(゚∀゚ )

皆様、ちんみさん、山田コンビがいつ、どこで登場するか楽しみにしててくださいね(* ´ ▽ ` *)ノ

これからもラジゴンどうぞよろしくお願いいたします(⌒0⌒)/~~山田優子でした(〃´ω`〃)』

2017年9月27日 (水)

バッグの中身はなんじゃいな。と聞いてみた水曜日。

IMG_2580-001

勢いだけで4年半、バンちんでございます。
ご機嫌麗しう。
意味もなく余計なことを流出させると、最近バンさんは放送中にやたらとお腹が減ります。

さて今日のメッセージテーマは「バッグの話」。

もともとは先週、放送後に雑談しているとご存知のようにオシャレに言えば「ミニマリスト」、正しく言えばペンペン草も生えないくらいモノを持ちたがらない方、バンカヨコさんですけども、どうやらバッグの中は違うようで。

整理整頓はしているようなんですが、行き過ぎてやたらとポケットだらけのバッグのあちこちにいろんなものが収納されている、みたいな意外とごちゃごちゃしてんのね。ってな話から。

バッグの中身ってホントにわかんないですよねえ。ミステリアス。

そもそも「バッグ」ってのがミステリアスな存在だとちんは昔から思っておるのです。
ファッション業界的にはバッグは「服飾雑貨」という範疇なんですけども、ファッションでもなくファッションでもあり、アクセサリーでもありアクセサリーでもなく、荷物運ぶもんですからね。私はどっちかつーと車とかの仲間じゃないかと思ったりもするわけです。車、自転車、リヤカー、カバンみたいな。

そんなわけでみなさんからメッセージ募集したのですが、これが思いもかけず大ヒット。続々とバッグにまつわる話がたくさん集まりました。

まずは「バッグがカブる問題」。
これがびみょーに洋服がカブるのとは違う嫌さがあるようで。いろいろバンさんと議論も盛り上がったんですが、安すぎても傷つかない、高すぎるブランド物はむしろ誇らしい。中途半端な1万~2万くらいの前後のヤツが嫌だということに。繊細な問題なんだなあ。

あるいは「ヴィトンのバッグだけが特別扱いらしい」問題。

これは空港ではヴィトンのボストンだけが、手荷物預かりで丁寧にビニールで梱包されるらしいと言う話。

これはさらに情報が届いて、それってホントと判明。
ヴィトンだけが特別なのか!と愕然としたところ、どうやらコーチでもヴォッテガでも高級ブランドは傷がつくと拙いので梱包されるらしいと判明。意外なところで格差社会の真実をまざまざと知らされた私達でした。

そしてバッグの中身は多種多様。
まあ、ホントに色んなもんがバッグの中に入っていること。

中でも人知れず多数のバッグの中にはお菓子がひそんでいることも判明いたしました。

さらに、小さいバッグを持つとモテ女だ。いやでっかいバッグに30%ほどしかものを入れないのが一番イケてる。あとは全部ダサい的な、ある種のファッション宗教戦争みたいな議論も巻き起こりました。

なんだかんだと結構盛り上がって、結局多数のメッセージを読みきれぬまま終わった本日。

身近なところにミステリーゾーンはまだまだあるのだなあ。と、今後のネタの展開にも希望を見出した私達でした。

まとにかく、みなさんありがとうございました。

IMG_2582

バンさんがすこしもちゃんと写ろうとしない昨今のグレっぷり。

今日のチンタメはここ最近では一番皆さんにお勧めしたかった映画をご紹介します。

今週末9月29日から全国公開の「ドリーム」です。

1960年代アメリカと当時のもう一つの大国ソ連の間で激しく繰り広げられていた宇宙開発競争。その中で1962年ジョングレンがアメリカ人初の地球周回軌道飛行を成功させました。

この映画はその裏で様々な差別と戦いながら自分たちの夢を実現させた三人の黒人女性、数学の天才キャサリン、女性初のスペースエンジニアを目指すことになるメアリー、頼れるいい人ながらそんな役回りを請け負わされてるドロシーの三人(ちなみに3人とも有能な数学者)を主人公とした「実話をベースにした」映画なんですね。

NASAって最先端のイメージでしょ。51lnaTW07tL
AppleとかGoogleとかすごーく最先端でクリーンで公平でカッコイイイメージではないですか。

でも最近でもGoogleの社内で露骨な女性差別のレポートが出回ったりした事件もあったように意外とそーでもない。

まして1960年代、この映画の舞台NASAラングレー研究所なんて、まだ根強い差別が残るアメリカ南部バージニア州。ど真ん中。

そして超エリートの白人ばかりでそりゃあ人を見下すのは得意に決まってます(という私の偏見)。

どっこい、女性差別と人種差別とエリート意識がないまぜになったとんでもない職場。

しかも始末に終えないのが意識は高いですから、日本でいう雇用機会均等法的な法律に則って、有色人種も女性もちゃんと雇用しているんです。

この映画の主人公の三人は「西計算センター」に勤務していましてね。
このセンターはNASAの研究所のいっちばん端っこの建物の地下、狭苦しい部屋に黒人女性だけが固められているんです。

そこで何をしているのか?
当時は宇宙にロケットを飛ばして周回軌道に載せるためには物凄い複雑な計算をしないといけない。ところが当時、いわゆるメインフレームのコンピューターなんてないんです。人がね手で計算してるわけ。

つまり「西計算センター」ってのは「人間コンピューター」。しかも女性ばかり。

つまり「黒人」で「女性」と二重の差別なわけです。
これにはじまり、何かをやろうとしても陰湿な差別と壁ばかり。

しかもみんな意識高い系なので自分は「差別なんてしませんよ」とばかりのポーズだけはとって、全体主義的にグイグイと排除しようとする。

3人はそれぞれ超ハードな差別と区別とパワハラの四面楚歌状態から、どーやって己の道を切り開いていくのか。

そんなお話です。
それぞれのエピソードはハードながらも、この映画とっても明るい。
それはキャサリンを演じているタラジ P ヘンソン、メアリーを演じているジャネールモネイ、ドロシーを演じるオクタヴィア・スペンサー。この3人が本当に魅力的でとってもキュートなんですね。

しかもファッションはオシャレ、画面もとってもポップ(実は撮影監督もハリウッドでは非常に珍しい女性)、そして、映画にピッタリのオールディーズ風の音楽はファレル・ウィリアムスの完全プロデュース書き下ろしの楽曲と最高です。

この映画では情熱的だが鬼の上司にケビン・コスナー、女性に一番厳しいのは実は女性というイヤーな女上司はキルスティンダンストがいい感じに演じています。

見終わった後はスッキリ。
この映画はもちろん実話をベースにしているんですが、分かりにくく暗くなりすぎないようにかなり大胆に脚色を加えています(ちょっとだけ明かすと主人公以外の主要な人物は実在しない人だったりもします)。

だから池井戸潤の作品なんて好きな人ならきっと楽しめるはず。

思うんですよ。
今だって私達、自分たちではどうしようもないことに阻まれて少しも思い通りに行かないことばかり。

だけどこの映画では「道なき道を進むことなんて、本当に無理っぽいしめんどくさい。だけど、道がないわけではないんだよ」と楽しく教えてくれますね。

単純な私にはピッタリだ。さっそくサントラ買いました。

詳しくは動画で。

今週はここまで。
また次回です!

IMG_2583

れ、霊!!!!

2017年9月26日 (火)

ミツバチまーや♪

 

9月26日の火曜日ラジ★ゴン

 

がちゃぽんゲストはXmas Eileenshine

爆音で跳んで、笑って、踊って、泣いて、歌う、超・エンターテイメントバンド!

ストリートを遊びつくした独自の五感でジャパニーズロックサウンドを世に提示している。

ステージメンバーはツインボーカル、パフォーマー、ギター、ドラム、DJ、ベースの7人全員がNO NAME。。

さらにコンポーザー、映像、アートワークを手掛けるメンバーを含んだクリエイティブチームとして活動中!

今日ボーカル右さんと、ボーカル左さんにお越しいただきました(笑)

待望の2ndアルバム「DIS IS LOVE」10月18日リリースですshine

このアルバムのリリース記念イベントが開催されます!

日時  9月27日(水・明日) 19時開演

会場  タワーレコード福岡パルコ店店内イベントスペース

内容  サイン会(ご予約頂いた方にサイン会参加券配布)

 

そして秋にはツアーも開催されます!

「DIS IS LOVE」TOUR 2017

<熊本公演>

日時  11月3日(祝・金) 18時開演

会場 DRUM B.9 V2

<福岡公演>

日時  11月4日(土)  18時開演

会場  DRUM Be-1

【問】 キョードー西日本 092-714-0159

 

ツアーファイナルはもちろんこの日!!

「ONLY HORY NIGHT 2017」

日時  12月25日(月)  19時開演

会場  Zepp DiverCity TOKYO

 

その他詳しい情報はXmas Eileenオフィシャルサイトをチェックしてくださいflair

 

Img_2255

右さん左さんありがとうございましたhappy01

 

★ナジーランチ(最終回)★

今日ご紹介したのは六本松にある『山本のハンバーグ』"山本のハンバーグお昼セット(1780円)"

東京の名店が西日本初上陸。毎朝新鮮な国産肉の挽肉をその日の分だけ練り上げるそうです!

ご飯(おかわり自由)味噌汁、サラダ、自家製野菜ジュース付です!

Dkogeyhuqaarl2

Dkogeyiuqaapa8s

Dkogeyovaaafl5y  

続きを読む »

2017年9月25日 (月)

ミツバチまーや♪

 

9月25日の月曜ラジ★ゴン

がちゃぽんゲストはMOSHIMOshine

岩淵紗貴さん、一瀬貴之さん、宮原颯さん、本田響平さんによる、若い世代を中心に人気上昇中の新世代ギターロックバンド。

2016年5月にデビューシングル「猫かぶる」、9月には1stミニアルバム「命短し恋せよ乙女」をリリース。今年5月には2ndミニアルバム「触らぬ君に祟りなし」をリリースし、夏には4大都市ワンマンツアー2017夏「今宵もキミにこころあり」を開催し全公演ソールドアウト!!

10月4日には1st EP「支配するのは君と恋の味」がリリースされますshine

このEPのリリース記念ミニライブ&サイン会が開催されます!!

日時  10月15日 1回目 13時/2回目 15時

会場  タワーレコード福岡パルコ店イベントスペース

 

そして冬にはワンマンツアーの開催も決定しています!!

MOSHIMO ワンマンツアー2017冬「恋の怪物は君のすぐそばに」

日時   11月5日(日)  開演17時30分

会場   BEAT STATION

チケット 絶賛発売中!料金3000円、学生はライブ当日学生証提示で500円キャッシュバック!

【問】  BEAT STATION 092-738-1761

その他詳しい情報はMOSHIMOオフィシャルウェブサイトからチェックしてくださいflair

Img_2250

MOSHIMOの皆さんありがとうございましたhappy01 

2017年9月21日 (木)

引退と言えば...

IMG_2464

今日のゲストはGRAPEVINEの田中和将さん。
デビュー以来20年。ブレること無くコンスタントにアルバムを発表し、自身のバンドサウンドを鳴らし続けてきたGRAPEVINE。

あの申し訳ないんですが、実は私GRAPEVINEのガチのファンなもんで、今回は少々はしゃぎすぎてしまいました...


ゲストの出演部分はこちらから→  http://radiko.jp/#!/ts/FMFUKUOKA/20170921151800
(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

私のGRAPEVINEのイメージは、いつも変わらず周りがただバタバタするばかりで当の本人たちは悠然として他の誰も真似が できそうでできない独自の音楽を鳴らし続けているグループ。 ですかね。 で田中さんは、だいたい酒を飲んでいて若手のグループにゴキゲンで絡んでいる、といったイメージでしょうか( 勝手な妄想ですけどね )。

当然のようにプロモーションなんてマジめんどくさくて嫌なんだけど、という風に勝手に思っていたんですが、実際にお会いしてみると全然そんなことありませんでした。本当すいません …

そんなわけで普通にご機嫌よく福岡大好きなんで!と話をしてくれた田中さん。もちろんお酒は飲んでいませんでした。

「家では子どもの世話して料理作って」と、これまた意外なおこたえ。

「何作ってるんですか」 「麻婆豆腐とか?」71iYroQCUoL._SL1000_

そんなこんなで20年。
いつも思うんですけどバンドって10年、20年と続くほうが異例。たぶんいろんなミラクルが積み重なった、んだろうなーと思っているんです。

「僕らの場合はリーダーもいないし、友達からスタートしたバンドじゃないので、結果的にそれがよかったってところがあるかもしれない」

ミ、ミラクル。
もともと今は事情により脱退した西原誠さんがリーダーで音楽を演るために集まったのがGRAPEVINEのはじまり。脱退後はだれがイニシアチブを取るのではなく、そのまま音楽活動が続いているのだとか。

ちょいうど良い距離感とちょうどいいバランスのままここまでやってきたのですね。いよいよ奇跡。
もっとも誰がイニシアチブをとることなく、アルバムが完成するのも不思議ですけれども。

9月6日発売の15枚目のアルバムは「ROADSIDE PROPHET」。

私、思うんです。
ふつー「20周年記念アルバム」とか「20周年ベストアルバム」とか「20周年ベストクリップ集」とか「20周年記念トリビュート盤」とか出そうじゃないですか。出ないの。いつものようにいつものごとくめっちゃかっこいいニューアルバムができました。

「だって、そんなことやって過去のや(人のカバー)を集める時間があったら、普通に新しいアルバム作ってツアーしたほうが良くないですか」

ごもっともです。そこ、私が思うGRAPEVINEにピッタリで嬉しいです!

とはいえ、今回のアルバムすでにシングルで発売された1曲めの「Arma」は、初めて全面的に施されたホーンも華やかで、歌詞もデビュー20周年に際しての決意表明のようにもとれるナンバーです。

前作「BABEL, BABEL」は実験的で振り切ったナンバーもあったのに比べると、しっかりしたメロディが際立つポップな印象です。

「今回は(ドラムの)亀井の曲が多い(11曲中7曲)ってのもありますかね」

いつも本当に素晴らしいメロディに隠れて気がつかないんですが真似できそうでできない独特の曲ばかり。カラオケで時折GRAPEVINEを歌う人に出くわすんですが、正直大体ヘタ。うまく歌えないようです。

どーすればこういう曲がデキるんですか?と聞いてみたんですが、田中さんを苦笑させるばかりでありました。

まとにかく、今回も素晴らしい作品。長く長く楽しめそうです。
大体GRAPEVINEはパッと聞いてパッと知ったかぶるのを拒むような、すごくポップだけど上げ膳据え膳でわかり易すぎるような音楽ではないのです。じっくり聞いて頂きたいですねえ。

「そうっすねえ。『三年殺し』とか『五年殺し』と呼んでいます」

さて、今年は何度も福岡に来てくれているGRAPEVINEですが、後半もこのアルバムを携えてのツアーが予定されています。

アルバム全曲演る!とのことですので楽しみ。

GRAPEVINE tour 2017
2017年11月8日(土)BEAT STATION
開場:17:30 開演: 18:00

えーっと、とっても楽しかったです。
田中さんは始終戸惑っていらっしゃいましたが、やあ、すみませんね。
当日集まってくれたファンの皆様もあたたくて、合わせて心より感謝です。


GRAPEVINE OFFICIAL WEBSITE (外部リンク)

IMG_2469

さて、今日は2017年12月10日(土)福岡サンパレスホテル&ホールで行われる布袋寅泰「HOTEI Live In Japan 2017 ~Paradox Tour~」の先行予約でした。

たくさんのご予約ありがとうございました。

ってことで、今日のメッセージテーマは関連して「やっちまいな!」。

なんで「やっちまいな!」かというと、布袋寅泰さんといえばタランティーノ監督の「キル・ビル」の音楽担当が話題に。「キル・ビル」といえばルーシー・リューの名カタコトセリフ「やっちまいな!」というね。

今日はみなさんが「どっちにしようかな、どれにしようかな」と今迷っていること、「今ひとつ踏み出せない!だれか背中を押してくれないかな」と悩んでいるあなたにメッセージを頂いて、私達が「やっちまいな!」と強くプッシュプッシュしてあげようというもの。ま、いつもの思いつきです!

先行予約もあって慌ただしい中たくさんのメッセージありがとうございました。

車のホイールから、夕食、恋や自分の人生に至るまでいろんな「やっちまいな」物件が集まりました。

  • 「病み上がりをきっかけにタバコをやめようかなって思ってるんですが」「やめちまいな!」
  • 「飛行機が苦手なんですけどチャレンジしようかなって思ってます」「乗っちまいな!」
  • 「歯が痛いんですけど、苦手なんですぅ」「行っちまいな!」
  • 「ファミレスばっかり行ってる私たち。行きすぎかなって思うんですが」「食っちまいな!」

みたいなね。
乱暴かつ愛のあるお答えができたのではないかと、うすーく思います。

迷った時は、意外と赤の他人の無責任な一押しのほうがスッキリ決着ついたりすることってあるもんね。

木曜リスナーはなぜか意外とちょっとひねったテーマになると急に黙り込んだりすることがあるんですけども(たぶん、すごく素直な方が多いんだと思ってますけど)、今回はみなさん楽しいメッセージをたくさん送ってくれて楽しかったですねえ。

ありがとうございました!

IMG_2466

さてさて、今日は番組内で発表させていただきました。
以下、全文です。

「わたくしちんみは、2017年9月28日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」

世間がほぼ安室奈美恵さんの引退一色で話題沸騰しているさなか、ひっそりと私ちんみも来週で木曜ラジゴンを引退いたします。

誤解なきよう言っておきますと、水曜日のバンちん。はこれからもしばらくは引き続きお世話になれそうですし、山田優子も以降も引き続き木曜日を担当させていただきます。

木曜ラジゴンを担当させていただいて3年半。
まあいろいろ思い出すことも言いたいこともありますけど、それはまた来週以降に。

お別れするのはツライけど、来週は「リクエスト大会」。みなさんぜひ聞いて、メッセージをお送りくださいね。お待ちしてます。

そして、私らしく2017年9月28日を迎えたいと思います。しつこいか。

それではまた次週!

2017年9月20日 (水)

シンパシーといえばkaedeさん。?

IMG_2442

バンカヨコ復活!
今日も皆さんありがとうございました!

今日のメッセージテーマは「シンパシー(共感)」。
先週のピンチヒッターkaedeさんの名曲から頂きました。やで。

私なんて日々ありとあらゆるものに共感しますね。
我が家で使い倒されてあちこちがほつれているボロッボロのふきんを見ても「ああ、ここまで疲弊してもまだ働かされるんだなあ」と胸がいたんだり。

まあ、この場合はどっちかというとボロボロなのは自分のメンタルではないかという噂もありますが。

みなさんだってねえ。
今回のメッセージテーマにもたくさんの共感メッセージまいりましたけれども。

愛犬に自分の姿や心の友として共感したり、
通りすがりの他人の振る舞いに心震わされたり、
健気に咲く花に共感したり、
テレビドラマの主人公に共感して明日への活力を得たり、
自分とほぼ兄弟のように共感するけど、1点だけ違うことにむしろよかったと思ったり、
忘れていた日記で過去の自分に強く共感したり、

一説によれば、日本人はいろんなものに共感しやすいそうですね。
確かに八百万の神の国の私たち。
ロボットにだって無機物にだって愛着をもって全部擬人化してイラスト書いたりするわけですし、どんなものにだって情感を覚えることは得意かもしれません。

ラジオなんて究極に共感装置みたいなもんですしね。
日々、みなさんに共感してもらえるようにがんばっています。ただ、なかなか難しくってですねぇ~。

喜んでもらえていたら嬉しいっす。

たくさんのメッセージありがとうございました。

IMG_2444

今日の「チンタメ」は大ヒットとなっていますね。クリストファーノーランの新作「ダンケルク」です。

「ダークナイト」「インターステラー」など、常に話題作を提供してきたクリストファーノーランの初めて実話、しかも戦争映画に挑んだ作品です。

凄いヒットしてますけどこの映画、ちょっと異様なスタイルともいえるんです。

時代は1940年、第二次対戦が始まったばかりのフランスの港町ダンケルク。

フランスとイギリスの連合軍が、ドイツに宣戦布告をしたのが1939年。圧倒的に有利なはずの連合軍がナチスドイツの電光石火の追撃であっと言う間にドーバー海峡に面した港町ダンケルクに追い詰められてしまった。

そして、ダンケルクの海岸、イギリスから救出に向かう民間船、空から援護するイギリス空軍のパイロット。

この3つの話を交互に描きますが、それぞれ「1週間の話」「1日の話」「1時間の話」となんと時間の流れが違う。それが並行して描かれて、最後に全部が交差するというトリッキーな「羅生門」スタイル。

しかも敵のドイツ軍はこの映画の中ではほとんど出てこない。というか見えない。

そしてなにより「物語がない」映画です。

いきなり私達はドーンと戦場に放り込まれて実際に体験するかんじ。

地獄のライドみたいな映画ですよ。

詳しくは動画で!

今週はここまで。
また次回よろしくおねがいしまーす。

2017年9月19日 (火)

ミツバチまーや♪

 

昨日のブログで載せきれなかった画像がございましたのでどうぞ!!

 

Img_3986

Img_3988

Img_3989

Img_3993

Img_3995

Img_3999

Img_4002

Img_4005 久しぶりに大喜利のDJジャンケンで勝ってブッチさんのお尻をバチコンやった喜びで吐きそうになる小雪ちゃんと、叩かれた喜びでにやけるブッチさんです(笑)

 

Img_4011

Img_4017 お尻を叩いても叩かれても仲良しな2人ですhappy02

 

ミツバチまーや♪

2017年9月18日 (月)

ミツバチまーや♪

 

9月18日の月曜ラジ★ゴン

 

今日はイオンモール大牟田からの公開生放送、ゲストも盛りだくさんでお送りしましたnotes

1組目はTEEさんshine

先週に引き続き2週連続でご登場いただきました!!

季節はもうすっかり秋、そしてTEEさんと言えばハット(帽子)、、、そこで今回はDJ2人が自腹でTEEさんに似合う帽子を買って来てプレゼントをしました

ただし、もらうのはどちらか1つでTEEさんに選ばれなかったDJは罰ゲーム決定!!

題して「ハッとしてGOOD!DJ買い物対決!」負けたのは、、、

Img_3979

Img_3980_2

Fullsizerender ブッチさんでした(笑)なんか違和感ないですね(笑)

TEEさんがかぶってるところもちょっと見たかったですねsmile

そんなTEEさんのNEWアルバム「MASTERPIECE~WORLD BEST COVERS~」が9月6日にリリ-スされています!

まだの方はぜひ早めにチェックして下さいnote

Img_2241

TEEさんありがとうございましたhappy01

 

2組目は池上ケイさんshine

3歳からクラシックピアノを始め、中学生の時に"歌うこと"に純粋に興味を抱く。

2006年にメジャーデビューシングル「咲きましょう」をberry名義でリリース。

2007年には、名前を本名の池上ケイに改名し、数々のシングルをリリースされ、現在は作詞・作曲家として幅広く活躍されています

2014年から拠点を福岡に移し地元福岡のアーティストへの楽曲提供をされてきましたが、今年「THIS LOVE」という上質な音楽を次世代へ繋ぐというテーマを掲げるライブイベントを立ち上げられました!

竹中絵里さん、松本英子さん、スペシャルゲストにジルデコDUOを迎えてのイベントになるので、ぜひ足を運ばれてください!

日時  11月17日(金) 開演18時

会場  QUANTIC

Img_2244

池上ケイさんありがとうございましたhappy01

 

3組目は青山テルマさんshine

テレビなどでも最近お見掛けすることが多いですが、私はテルマさんのインスタは欠かさずチェックしていますgood

そんなテルマさんのNEWアルバム「10TH DIARY」が9月6日にリリースされました

またこのアバムを携えてのツアーが開催されます!!

青山テルマ LIVE TOUR"10TH DIARY"2017

<福岡公演>

日時  12月16日(土) 開演17時

会場  イムズホール

【問】 BEA092-712-4221

Img_2245青山テルマさんありがとうございましたhappy01 

続きを読む »

2017年9月14日 (木)

薔薇蠧欝痿罅(100画以上を目指してみました。特に意味はない。)

IMG_2367

BUGY CRAXONEからすずきゆきこさん が今日のゲスト。

この写真お気に入りです。
バタバタバタバタしているスタジオに突然放り込まれて、こんなにリラックスした自然な笑顔を見せてくれるなんてありがたいことっす。

もっともBUGY CRAXONE、なんと20周年。そこらの新人とはわけが違うのです。

最近本当に思うんですけど、今音楽をやリ続けるのは本当に大変だなあと思うんですね。ミリオンやビッグマネーはもちろんご飯を食べていく夢だってなかなか。2017-09-15_08h50_13

それも含めて一つのバンドを続けていくことって。人間関係はどうなんだ音楽性はどうなんだ、考えただけでも気が遠くなりそう。

そんなことを思うことが多い昨今、先日CBで行われた「YOKA ROCK FESTIVAL '17」のステージに立ったすずきさんは目一杯の笑顔で「今まで一度もバンドをやめたいと思ったこともない。音楽をやめたいと思ったことも一度もない」とパキーっと言い切ってホントに眩しかった。

すずきさんちょっとだけ20年を振り返ってもらったんですけど、今日のお話はね。僕はとっても素晴らしいお話だったと思うんです。その答えはあえてピックアップしませんがタイムフリーでぜひ聴いてくださいね。

ゲストの出演部分はこちらから→  http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20170914151645
(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

「最初の頃はまさかこの歳までやってるとも思っていなかったから、自分にとっては未知だけど」と笑います。

実は怒髪天の<Northem Blossom Records>に所属してからも10年。そして今年再メジャーデビューということで、益子アニイの背中を見てその影響もすごく大きかったそうです。

71whRmZKCPL._SL1191_そして今、BUGY CRAXONEの音楽は元気で賑やかで思わず笑顔になるような音楽を鳴らしているのですねえ。

ブージー クラクションの20周年特設ページのトップ画像のメンバーが屈託なく笑い合う写真を見るととても嬉しくなります。

9月20日発売のニューアルバム「ぼくたち わたしたち」はそんな「音楽がまた楽しくなった」BUGY CRAXONEの今が詰まったアルバム。

「始めた時は一個人の歌だったけど、特にここ最近は皆から色んなものもらってるなととすごく思うようになて。仲間同士お互い元気?みんなでがんばろうよ。明るい気持ちでやってこうよってアルバムになりました」

1枚めからずーっと並べて聴いてみると、最初の「blanket(これがまたカッコイイ)」あたりのヒリヒリするようなオルタナそのものの頃から、パンク方向にグーッと寄る時期もあったり音楽性も変化しつつ「Northem Blossom Records」に所属したあたりから開き直ったような前向きでハッピーなトーンへと変貌していきます。そこら辺の歴史は前作「20th BEST ALBUM『ミラクル』」でも一部確認できます。その集大成がこのアルバムです。

まさに番組中お話いただいた「30くらいを境にして、自分自身が素でやれてしんどくない音楽」に変わっていきました。が、時代とともに変化しながら一方で「変わらなさ」も感じる。それがBUGY CRAXONEの音楽なんだなと思います。

「大人になると時間も融通きかなくなるけど、たとえば缶ビール1本でも『まあよかったか今日も』って1日が終われるのが自分にとってはすごく大事。」そんなアルバムであったらいいな。ということです。

「だってなにしろ人生はつづきますからね」


現在は記念すべき20周年ライブに向けて準備中。

BUGY CRAXONE 20周年記念ワンマン "100パーセント ナイス!"
2017年11月19日(日)渋谷CLUB QUATTRO

福岡でのライブは3月に続いて8月のPIGGY BANKSの対バンとしてライブが行われたばかりですが、また必ず福岡に来てくれると約束してくれました。

両方共ライブを拝見したのですが、勢いがあって楽しいPIGGY BANKSのライブぜひ観て欲しいところ。
楽しみに待ちましょう。

なんかいい話満載で良かったな。
ずーっと続けて欲しい。そう思った次第。

また遊びに来てくださいね。

BUGY CRAXONE official web site (外部リンク)

IMG_5544

昨年の私たち。写真を撮り忘れたため。またか。
今日のメッセージテーマは「字の話」。

正直、鬼門。
というか私、字については子供の頃からずーっと自分の字の汚さに激しいコンプレックスをもっております。時折この人生の中で字の汚さと漢字の誤読、あるいは字の書き間違いで大きな失敗をポイントポイントで繰り返しております。

本日は優子さんと二人して漢字読み間違え散らかしたりしつつお送りいたしました。ま、ほぼ私ですが。

ところが皆さんからのメッセージは絶好調。
たくさんのメッセージありがとうございました!

心強かったですねえ。字の汚い人の多いこと(笑)。
ジャケットの内側のネームの刺繍が「木林」となった「森」さんやら、ラジオで投稿が採用されても日本中のリスナーに向かって「字が汚い」と言われて静かに傷ついた方。子どもさんの宿題に親のサインが必要でサインして渡したら先生に「自分で書かずにちゃんと親に書いてもらえ!」と怒られて帰ってきた話。なんとかしたくて必ず定規を当てて字を書く人。

など続々。もうね涙なくして読めません。わかりますよわかります!

書道や字が上手な人からのメッセージなど読むと、なるほどやっぱり字がうまいのはなにかと生きやすくなるよう。

そんな悪筆家たちは総じて日ペンの美子ちゃんへの深い憧憬があるようです(ある一定の年齢以上に限る)。

そんな話題と合わせてやっぱり「読めない漢字」についても多数いただきました。
番組中に私達も読めなかったりしてますもんね。そりゃあいっぱいあります。地名とかね。

福岡では当たり前ですけど「雑餉隈(ざっしょのくま)」とか「馬出(まいだし)」「和布刈(めかり)」、八幡の上上津役、下上津役(かみこうじゃく、しもこうじゃく)なんて県外の人には読めないですし私も時々読めません。かと思えば「別府」とか「べっぷ」と見せかけて実は「べふ」なんてもあります。

ちなみに上記以外に無数にある県内の難読地名はほぼ読めません私も。

まして名前となればもうあなた「読めない漢字のほうが悪い」と言いたい。言わないですけど。

番組中には西杢比野(にしむくひの)という名字の方からメッセージ頂きました。これも地名から来てるそうですけど読めそうで読めない珍しい名字。こういうのいっぱいありますよね。

そういう意味ではスマホ時代になってそんな悲劇は増えたような気もします。
「読めるけど書けない」
そんな漢字増えましたねー。私はもろにコレでちーっとも書けなくなりました。
」とか「薔薇」みたいな露骨に画数の多い漢字は遊びで練習したりすることもあるでしょうけど、何気ない漢字さえ時々書けないですよね。やあ、スマホ病かもね。

画数の多い漢字って実はけっこうあるそうですが、日本の名字で画数が多いのは公式の調査ではないのですが「躑躅森(つつじもり)」さんというかたがいらっしゃるとか。読めねー。

最後に「漢字がなにかに見える」説が2つ。

福岡の「岡」が猫の顔に見える。ニャーンどうですか?
漢字の「豆」がバカボンのパパに見えてしょうがない助けて!
ナノダ!どうでしょう?

コレけっこう番組中ウけてました。

タイトルも画数の多い漢字を並べてみました。はっはっは。

みなさん今日もありがとう!

IMG_0599

これが2014年くらいの私たち。
こうやってみるとちょっと若いねはっはっは。

ということで今日はここまで。
また次回です!

2017年9月13日 (水)

水曜日の微妙なこだわり(えーっと)

IMG_2335

ゲストはクミコさん。
1954年水戸に生まれ24歳で世界歌謡祭。日本初のシャンソン喫茶店伝説の「銀巴里」でステージに。1999年に舞台でそれまでレパートリーとして歌っていた松本隆と出会いクミコに改名。2000年に松本隆全面コラボの『AURA(アウラ)』を発売。2010年に念願の「NHK紅白歌合戦」出場。「うまれてきてくれて ありがとう」で 2015年のレコード大賞作曲賞。
シャンソンと歌謡曲のフィールドを越えての活躍を経て35年。

そんな華やかな経歴と同じくらい苦労や人生の荒波を乗り越えてきたであろうクミコさん。

御覧くださいこの笑顔。

「25周年の時に誰かが数えちゃったから35年になったわけですね。数えなきゃいいものをねえ」

だいたいこんな感じでカラッと笑って答えてくれます。


ゲストの出演部分はこちらから→  http://radiko.jp/#!/ts/FMFUKUOKA/20170913151633
(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

ガチャポンの質問「あなたのこだわり」には「生き方全般そうなんですけど『何事もシンプルに』」

「こだわりを持ちすぎてもロクでもないですし、この年令になると大体のことも大したことはないですよね。」

「目の前のことを一生懸命やり続ける。そこでなにかに出逢えばそれが運命。」kumiko

「何かを残したいとかやり遂げたいとか全然思わないですね。自分が死んだら全ての記録なんて綺麗サッパリなくなればいいと思ってる。」

ほんっっっとうにカッコイイ。陳腐ですけどそんな感じ。立板に水でこんなことをパンパンパンと小気味良くお話してよく笑うクミコさん。kaedeちゃんも私ももう人生の先輩にご相談モードです。

そんな中でも大きな出会いとなったのが作詞家松本隆さん。

2000年の『AURA』は松本隆さんはじめとしてプロデューサーに鈴木慶一。筒美京平、細野晴臣と超一流のクリエイターを迎えて様々の人々の人生を切り取り極上の「大人のアルバム」です。

そこから17年。松本隆さんと再びタッグを組んで「クミコと風街レビュー」としてリリースしたのが今回の9月27日発売の『デラシネ deracine』です

今回もたぶん今シンガーを生業とする人ならば羨ましくない人はいないでしょう豪華なメンバー。

作曲に七尾旅人、秦 基博 、吉澤嘉代子、横山剣、元東京事変の亀田誠治、ハナレグミの永積タカシ、つんく、菊地成孔、で全部作詞は松本隆さんで、編曲は冨田ラボの冨田恵一さん。

「失礼ですけど最初はあんまりわからくって初めて見てアラすごい人達なんだわって思ったんですけど、でも素晴らしい才能と全力で取り組んで最高でした」

サウンドの中に溶け込まないように、あんまり詩に思い入れないよう。
命をテーマにした数多くの魂を込めた歌で日本中の人に感動を呼び続けたクミコさんは、このアルバムでは自我を越えて「音と一体化する」境地に達したといいます。

アルバムを一聴して気づくのはこの個性的な作家陣のそれぞれの楽曲が、バラバラになるのではなくクミコさんが歌うことで、私達が知っている作家のみなさんの個性とも違うある種の一体感を感じます。

その上で富田さんのプロデュースはクミコさんの飾りすぎない声と歌唱の魅力をまっすぐに活かしているように聞こえます。クミコさんの声がまっすぐ耳の奥に届いてくるのです。

クミコさんも充実したレコーディングだったと語る自信作。ぜひ一度お聞きください。

さらに松本隆さんと「風街」の仲間たちが一堂に会する「風街ガーデンであひませう」にも出演予定です。このイベントも観てみたいですよねえ。

風街ガーデンであひませう 2017
10月6日(金)/7日(土)/8日(日)
※クミコさんは7日に出演予定
恵比寿ザ・ガーデンホール

風街ガーデンであひませう 2017 (外部リンク)

クミコ・ザ・ベスト・コンサート 1982-2017
10月9日(月・祝)東京都 恵比寿 ザ・ガーデンホール
11月18日(土)大阪 森ノ宮ピロティホール

詳しくは公式WEBにてご確認を。

カラッとしてよく笑い、ひとつひとつの言葉に本当に魅了させてくれたクミコさん。
記念撮影をお願いすると、二人の背中にスッと手を回してニッコリ。

なんて素敵な人なんでしょう。

クミコ オフィシャルサイト - Kumiko Official Site (外部リンク)

IMG_2328

そんなわけで今日はバンさんがおやすみ。
ピンチヒッターはお久しぶりのkaedeちゃんです。

手にしているのはチョッコレで熱弁していた「スパイスアップ 麻辣ペッパー」と「レモンペッパー」です。アツかったっすねえ。

さて、今日のメッセージテーマは「微妙なこだわり」。

傍から見ると「なんでそんなところに?」と思われるときもあるけれど、自分にとってはとっても重要。そんなこだわりありませんか?

今日はそんなこだわりをたくさんいただきました。

いわゆる「家庭のルール」から「ジンクス」あたりは、むしろ普通かも?という気がするものから、「個人的な微妙なこだわり」「やめたいけどやめられないこだわり」みたいな内容になってくると、もはや私たちには理解できないレベルまで、ホントに色々あるものですねえ。

お洗濯関連のこだわりで記憶に残るところでは、「シャツ類は全部同じ方向にむけて干して、途中で全部ひっくり返して裏を干す」や「素材別にまず全部分別して種類ごとに洗って種類ごとに干す」「色の薄い方から濃い方へ、グラデーションを描くように干す」みたいな「干す三部作(三部作じゃないですけど)。

それは、できたらいいですけどもとても自分はできまっせん!
みたいな。ほんとにご苦労様です。

タオルを掛ける時はタグが必ず左になるようにかけます。みたいなメッセージも几帳面を越えてある種の生き方に関わるような気もして畏敬の念を禁じえません。

最近らしいなあと思うのはスマホやSNS関連のこだわり。
絵文字の使い方や長さ、タイミング送る相手、すべてに色んな人が色んなこだわりがあるようです。

自分の相手の好意によって絵文字量を調整するなど、なかなかみなさんすばらしくこだわっていらっしゃるんですねえ。

ファッション関連もいろいろこだわりが。
着るもの履くものまとうもの。
女性も男性も色々気を使っているんですね。

その他にも「靴は左から履く」「どころか靴下を掃くときから家を出る一歩まですべて左」「ご飯を食べる順番は決してブレない」「マラソン大会に出る時は必ず仮装する人」...

こうやって並べるだけでも、ホント人それぞれだなあ。って実感しました。

生活の部分にこだわりがあるのは良いこと。
自分ももうちょっとこだわらないとダメだなあ。なんてことを思ったりもしましたよ。

皆さんありがとうございました。

IMG_2341

今日のチンタメは韓国産ゾンビ映画「新感染」です。

私、ホラー映画大好き。
脅かすのは映画が始まって以来の伝統ですし、低予算で若手の登竜門でもあり、なにより感情的にブレる快感がたまりません。私、最近は感動映画で泣かない自慢をしたり、お化け屋敷で怖がらずに客観的に見るような愚かしいことはいたしません。前のめりでどきどきわくわく怖がらないと!元をとらんと!という(つまり貧乏性)。

とりわけゾンビ映画は好きですね。
多くがその時点の私達の社会状況など身近な恐怖が根底にあって、なおかつ「死」よりこわい「屍として生き続ける恐怖」「隣人が理解不能な存在になる恐怖」というあたりたまりません。

そんな私が最近感心したのがこの映画。
楽しませようとする意欲がみっちり詰まっております。そーゆーの好き。

興味ある人が一度どうぞ。
興味ない人は距離を置いてどうぞ。

今週はここまで。
また次回です。