« 2017年12月 | メイン

2018年1月

2018年1月19日 (金)

1月18日 木曜ラジゴン

木曜ラジゴン、いかがでしたか?

Raji20180118

ゲストは、吉田兄弟でした。

北海道登別市出身の津軽三味線の兄弟奏者です。

幼い頃、一緒にコンクールに出て、弟だけが特別賞をもらった時が燃えた!

という話、兄弟がいる方にはうなずけますよね。

身近にライバルがいて切磋琢磨した結果が今に繋がっているんです。

2月7日には、「Cool Spiral」、

「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS

(「KUBO クボ二本の弦の秘密」サウンドトラック収録曲)」を

同時リリース。

2月20日(火)には、アクロス福岡シンフォニーホールでLIVEがあります。

お問い合わせは、スリーオクロック(092-732-1688)

詳しい情報は、オフィシャルページをチェックしてください。

http://yoshida-brothers.jp/

 

木曜ラジゴンでは、

格言の泉、ニュースがぶり寄り、テーマなど、

皆さんからのメッセージ、お待ちしています。

rajigon@fmfukuoka.jp

 

来週もお楽しみに!

 

2018年1月17日 (水)

噂のjin-machineが水曜ラジゴンにやってきた!

IMG_4028-001

今日のゲストは局所的パワープレイ、まあ水曜ラジゴンが異様に推しているjin-Machineよりfeaturing16(イチロー)さんとマジョリカ・マジョルカ・マジカルひもりさんをついにスタジオにお迎えしました!

リスナーさんに熱心なファンの方がいらっしゃって、その熱意にほだされて番組で紹介したら紹介したほうがハマってしまったという、インフルエンザみたいなみなさん。感染力抜群です。

紹介当初から「どんなバンドなんだ」と話題を呼び、今回お迎えして判明したのですがjin-Machine側も遠く福岡の悪ふざけ番組が持ち上げてると思ったらお昼の落ち着いた番組で驚いた。と、双方よくわからないままに今回に至ったのでありました。


ゲストの出演部分はこちらから→  http://radiko.jp/share/?t=20180117151535&sid=FMFUKUOKA
(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)


「マグロに賭けた男たち 」や「恋してせんべろ」「通勤モッシュはエブリデイ」などタイトルだけを並べるとほぼ傾向がおわかりでしょうが、由緒正しいビジュアル系にツインボーカルによるミクスチャではありますがそのミックスがメタル、パンク、プログレ、レゲエ、ボサノバ、演歌と混ぜすぎ気味で、かなり実力に裏打ちされたおもしろビジュアル系なのであります。プログレッシブ・コミック・ビジュアル・ロックらしいです。

「もうひとことで言えば『バカ』です」
シャイさがこーゆー方向に行くのがjin-machine。ご本人曰く、もともとは宮城県を拠点に活動する芸人でもあるfeaturing16さんが中心になって数多いメンバーの出入り(主に女性問題)を繰り返しながら現在の体制に落ち着いたそう。

「楽しい思いつきをそのままやって、楽しんでほしいんですね。笑いだけじゃなくて怒りでも悲しみでも感情を共有したいんです」ってのがテーマのようです。

そんなお二人を解明すべく本日のガチャポンです。今日のテーマは「あなたの特技は」。

img_single_21featuring16さんは間髪入れず「ローストビーフですね」。

「家で肉の塊を買ってクックパッドを焼きます。ローストビーフってちょっとしか食べられないじゃないですか、山ほど食べたいんですよ。で作って初めて作った割にはよくできたな。と思ったんですけどアレ切ってみると意外と少ないんですよね。でまあ、今はローストビーフを上手に焼けるよう特訓中です」

以上全文です。「あとギャグですね」そっちですね大事なの。

ギターのマジョリカ・マジョルカ・マジカルひもりさんは「絶対音感あるんですよ」と落差あるお答え。

「人の喋ってる声なんか全部わかっちゃうんですよ」
でもそれが正しいかどうか誰もわかんないと苦笑いすると、すかさずfeaturing16さんが「でも楽屋でおならすると即音階で答えてくれます」と謎のフォローに妙に納得。

jin-machineはすべての楽曲をこの二人、作詞featuring16、作曲、編曲などマジョリカ・マジョルカ・マジカルひもりのコンビで作ってるんですよ。絶対音感あるっぽいじゃないですか。

そんなjin-machineの新曲はもうおなじみでしょうか。
昨年12月13日に発売の「売れたくて」です。

ただ「売れたい」と改めて燃え上がる内なる声に忠実に、猛烈な速さと、躍動感で歌われる夢と悲哀。正直正しい衝動という意味で見事にロックです。ロックで「実家のリフォーム」と歌うのも初めて聞きました。

「あのー仲良くしてもらっているゴールデンボンバーが爆発的に売れたじゃないですか、同じく関係性のある打首獄門同好会もドーンといって僕ら取り残されてますから起死回生で声高に訴えていこうと」

おもしろの皮を被って10年の実力は伊達じゃない。素晴らしいナンバーではないですか。

その他3種の盤のカップリングには番組でも話題騒然、私も個人的に会いしてやまない「マグロに賭けた男たち」や話題の「恋してせんべろ」など爆笑かつ本格的なナンバーが収められています。

そして福岡でのライブが立て続けに!
ロックバンドらしい醍醐味はもちろん、コントにフリップ芸、大道芸や組体操 まで取り込んだって何取り込んでるんでしょうか。ともかく楽しいことは間違い無し。

ART POP ENTERTAINMENT PRESENTS 「睦月旅情'18〜西へ向かって走っちゃえ ! 〜」
2018年01月17日(水) 福岡DRUM Be-1
ADAPTER。/NoGoD/S.Q.F/Jin-Machine/マイナス人生オーケストラ/umbrella

Jin-Machine 2018 tour「今日から一歩」
2018年03月21日(水) 福岡DRUM SON
Open 17:30/ Start 18:00


そんなお二人をお迎えした夢の対面。
いかがだったでしょうか。詳しくはタイムフリーでどうぞ。

お互い異常に探り探り始まりましたけども、私たちにとっては待ちわびた大スターですからね。感激でした。

そして、お二人ともメイクやイメージに反して誠実で真面目だったぞ。とそっとご報告いたします。

合わせて平日にも関わらず多くのファンのみなさんが駆けつけてくれたのも、嬉しかったんですがそのファンのみなさんもおしなべてシャイ、というのも意外ではありました。ホントにみなさんありがとうございました。

またかならず来る!そう確信&希望した本日でした。
お二人ありがとうございました。

Jin-Machine OFFICIAL WEB SITE (外部リンク)

IMG_4032

さて、今日のメッセージテーマは「あったかい話」。

いつも真っ昼間からシュールにぶっ飛んだり、ロクデモナイお話ばかりしている水曜日ですが、先週放送中に実は水曜リスナーのみなさんがもしかしたらそっち方面の心温まるお話とかもあるんじゃないだろうかと気づきました。

ラジオと言えば「心と心のハートフルコミュニティ」のはず。

私たちにもそのチャンスがあるんじゃなかろうかと。2018年はハートフルでありたい私たちの野望にぴったりだったのです。

そんなわけで今日は選曲も「あったか~い」。メッセージも「あったか~い」でバシッと決めようというものです。

はい。最初は世の中にこんなに「絵に描いたような不慣れ」があるあろうかというようなメッセージが多く(なんせ「ちゃんぽんが暖かい」とか「気温が暖かい」とか温度のメッセージばかり)、それを受けての私たちのコメントもヒドイ。という目も当てられない状況ではありましたが、それが面白くてしょうがなかったんですけどね、段々コツを掴んできたみなさん、というか「本気で暖かいメッセージ送っていいんだな」と私たちへの不信感が解消された結果、グイグイと暖かなメッセージが増えて最後は大盛況でした。

小さな話題から人生を振り返って、あるいは母の気持ち、子の気持ち、そんなものにたくさん触れるうちに自分たちもあったかな気持ちになるもんですね。

そして今日は23年前のこの日、阪神淡路大震災が起きた日でもありました。
思えばこの日から日本各地では大きな自然災害が今日まで続いています。

それにまつわるメッセージもいくつもいただきました。
辛い状況だったからこそ暖かい記憶もより輝いているというところでしょうか。

震災に限らず今日のメッセージ全体について思ったんですけど、やっぱり自分が本当に大変なとき、あるいは相手も大変な中、そんなときこそその人の真価が見えるというか、真の関係性がわかるというところはあるなあと思います。

なんか、とても良かったです。

2018年は心温まる水曜ラジゴンで行くぞ!と強く決意いたしました。一晩眠ると忘れがちですが!

みなさんありがとうございました。

IMG_4030

今日のチンタメは「永井豪 画業50周年」で立て続けに公開されているリメイク作品について。

少年誌に「ハレンチ学園」で過激なセクシーコメディを展開し世の親たちを完全に敵に回し、
徹底的なカオスとバイオレンスで人間の暗い面を描ききった「デビルマン」や「バイオレンスジャック」といった劇画諸作品。
現在まで続く巨大ロボット作品を「発明し直した」偉大なアニメと並行した原作群「マジンガーZ」「グレートマジンガー」「UFOロボグレンダイザー」はじめとするおびただしい作品。
女性ヒロインアクションの金字塔「キューティーハニー」あるいは「ドロロンえん魔くん」や「けっこう仮面」などが思い出に残っているかも。

そんな永井豪作品がただいま2作品、劇場とネットで公開されています。

ひとつは永遠の名作「マジンガーZ」の10年後を描いた正当な続編「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」。

もうひとつは今エンタテイメント業界を根本から変えそうな勢いで話題作を連発しているネット配信サービスNetflixで全世界配信されている72年の「デビルマン」のリメイク「DEVILMAN crybaby」です。

テーマソングは水木一郎の「あのテーマソング」。デザインはリファインされCGなども多用しつつ「あの頃のあのマジンガーZ」感を最大に感じさせる「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」は、当時のファンには涙モノの作品。

復活した鉄十字団、ドクターヘルとあしゅら男爵、ブロッケン伯爵、機械獣。迎え撃つは10年歳を取った、主人公の兜甲児やヒロインの弓さやか、愛され兄貴分のボスなどおなじみのメンバー。

謎の遺跡インフィニティを巡って、再び戦いがはじまります。

一方の「DEVILMAN crybaby」は過去何度も実写化、アニメ化されても全コミックファンを衝撃のどん底に叩き込んだ最終話の最終コマまでをついに完全リメイク。

しかも監督は九州産業大学芸術学部美術学科を卒業後、『マインド・ゲーム』『四畳半神話大系』『ピンポン THE ANIMATION』去年の『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』今日本で注目される湯浅 政明により、全く違う絵柄、現代的に変更された設定でありながらその精神やテーマを忠実に作品化しています。

大傑作。全部で10話のシリーズですが私、止められずに一気に見てしまいました。
Netflixという会員制のサービスであるのがちょっと残念ですね。

さらにこのあとは「キューティーハニー」のリメイクも発表されて、今再び注目したい永井豪。

みなさんもどうでしょ。機会があればぜひ見てみてくださいね。

今週はここまで。
また次週です。

2018年1月16日 (火)

1/16 火曜ラジゴン

みなさんこんにちはsun 

 

 

 

 

今日から、お友達とランニング始めますADまゆこですchick

  

 

 

今日はがちゃぽんゲスト、いません❗️ 

 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

今日のテーマは「好きなお笑いタレントさんは?」でした❗️ 

 

私は、“くまだまさし”さん、好きです! 

 

クスッとわらってしまう、くだらなさが、たまらんです(笑)

  

あとは、王道の“NON  STYLE”ですねーーー❗️

  

私の周りの人、みんな大好きです❗️ 

 

メッセージになかった人だと、“ANZEN漫才”さんとか、

 

“尼神インター”さんとか、“海原やすよともこ”さんだったりが好きですねー❗️ 

 

最近は、お笑いブームでたくさんのお笑い芸人さんがいるので、

  

テレビを見るのが楽しみになります❗️  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Securedownload


 

 

今日のふみさんの髪型、クマの耳みたいでした✨✨✨ 

 

メッセージにもきてましたが、私はとっても好きでした♡

  

ふみさんにとってもあっていてステキ❗️と思いました!

  

  

 

 

 

  

  

雪が降ってきて、自分だけフードかぶっちゃった岡本さん、 

 

さりげなく手をあっためてくれたりすると、女の人はうれしいです❗️ 

 

岡本さん❗️女の人は“さりげない”にとってもとってもキュンときます❗️ 

  

ファイトですrock

 

 

 

 

  

  

 

 

 

 

 

  

Img_1351


 

 

 

  

そして、ふみさんに、ケーキいただきましたbirthday 

 

お誕生日の気持ちになって、ホクホク❗️

 

とっても美味しかったです♡

  

  

  

  

 

 

 

 

 

  

 

◎ 

卒業式で着る袴を、お友達と見にいきました❗️

  

みんなそれぞれ似合う袴を見つけて、大満足でした 

 

起きたら、卒業式になっていないかな〜と思いながら 

 

毎日袴の写真をみて寝ていますpenguin 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

来週もがんばりますrock

1/15 月曜ラジゴン

みなさんこんにちはsun 

 

 

 

たりない単位を補うために、はてしない量のレポートをかいていたら、 

 

ブログをあげるのがとても遅くなってしまいましたADまゆこですchick 

(遅くなってしまって、すみませんcrying 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のがちゃぽんゲストは「オカダユータ」さんです✨ 

 

 

 

Photo


 

  

 

オカダユータさんは、関西を中心に活動するシンガーソングライター! 

6年間の社会人経験後、消えない音楽への情熱を胸に、 

文字通り「ゼロ」からのスタートをきる! 

瑞々しいメロディセンスとストリートライブで磨かれた歌声が共感を呼び 

支持を集めています!

  

 

 

実は、番組が始まる前から、オカダユータさんへ、ファンの方から 

たくさんのメッセージをいただいていました❗️

  

観覧席にもファンの方が❗️  

 

雰囲気がやわらかくて、優しい方で、たくさんの方に愛される理由が 

わかるような気がしました✨ 

 

 

 

《《《リリース情報》》》 

NEWミニアルバム「プレイリスト」 

12月13日にリリースされています 

 

 

 

《《《ライブ情報》》》

オカダユータNEWアルバム「プレイリスト」発売記念ワンマンライブ 

「Play × Play 〜Final〜 」 

(大阪公演)

3月17日(土)     START 18:00 

会場:大阪梅田 LIVE HOUSE バナナホール

料金:前売り 3,500円  当日 4,000円  (別途1ドリンク)

 

 

 

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルHPを要チェックです☝️ 

 

http://www.okadayuta.com/ 

 

 

 

  

  

 

 

 

 

今日のテーマは「好きな人の名前、好きな名前、教えてください」でした❗️ 

 

私は、“凛”という漢字が世界中の字の中で1番好きなので、 

“凛”がついている名前に憧れます❗️ 

 

“ら行”ってなんかカッコいいです✨✨✨✨✨ 

 

あと、お友達に“にいな”という名前の子がいるのですが、 

 

語感がよくて呼びやすいし、かわいい名前だなあって思います❗️  

 

 

みなさんはどんな名前が好きですか?? 

 

 

 

 

それでは、レポート書きに戻ります❗️ 

明日もがんばりますrock 

2018年1月12日 (金)

1月11日 木曜ラジゴン

木曜ラジゴン、いかがでしたか?

あなたの知っているお店はありましたか?

Raji20180111

ゲストは、People In The Boxの山口大吾さんでした。

2人が福岡県出身というバンド。

1月24日には、6thアルバム『Kodomo Rengou』をリリース。

山口さんは、「もう6枚目かぁ」と言ってましたね。

その前、1月21日には、東京で10th Anniversary 「The Final」が行われます。

詳しい情報は、オフィシャルページをチェックしてください。

https://peopleinthebox.com/

 

木曜ラジゴンでは、

格言の泉、ニュースがぶり寄り、テーマなど、

皆さんからのメッセージ、お待ちしています。

rajigon@fmfukuoka.jp

 

来週もお楽しみに!

 

2018年1月10日 (水)

「商売繁昌で笹持って来い!」の「で」が気になる水曜日

IMG_3988-001

本日のゲストは福岡発のアイドルグループ九星隊(ナインスターズ)。
テレビなどでもうおなじみの方も多いのでは。

九州地方を拠点に活動するグループとして、ワタナベエンターテインメントが主催したオーディションによって九州7県2188名の中からオーディションで選ばれた山口託矢、大池瑞樹、中村昌樹、藪佑介の4人組です。

イ・ケ・メ・ン。

そりゃあもう選りすぐりなわけでございますのでね。
「九州で一番星になるったい」という意味だそうですよ。

昨日リリースされた記念すべきデビューシングル「FLASH」はいきなりオリコンデイリーCDシングルランキング2位を獲得!!(1月8日付)で、急激に忙しくなっている昨今。戸惑いも多いのでは?

「スピード感がすごいっすよねえ」なんてことを口々に。
大変そうなんですけどなんといってもワタナベエンターテインメント、先輩には第一線で活躍するタレントさんがズラリ。そんな先輩に揉まれながら日々鍛えられてもいるようですよ。

ガチャポンで引いてくれた質問は自己紹介がてらに「自分のナンバーワンは?」あたりから。

いきなり周囲を大池さんが「筋肉が...」といって自慢の腹筋を披露。
ものすっごいシックスパック。Print
「他のメンバーは大学生なんですけど、僕は違うので練習量は一番だと思います」
つまりはそういった鍛錬が腹筋に現れているというわけですね。キリリとした表情とともにストイックな印象の大池さんです。

山口さんは「笑顔ですかねー」とアイドル隊長らしいお答え。実際めっちゃイケメンなんですけど、メンバーによれば「アツさ一番!」だそう。やっぱり情熱でひっぱっていくのですね。

中村さんは「ちゃらんぽらんは一番」と周りからいじられてニコニコ笑っていました。多分だけどそーゆー周りから可愛がられる系のキャラじゃないかと思うんですよね。

藪さんは「美容隊長」モデルとして活躍したい藪さんは、見られることにいつも意識的。寝る前、目が覚めてからのスキンケアもかかせないそう。目の前で見ても抜群にお肌もキレい。

さて、その記念すべきデビューシングルは2018年1月9日(火)昨日発売されたばかりの「FLASH」です。

「元気あふれるメロディで、夢や目標をもつ人の背中を押したいそんな楽曲になってます」

デビュー曲にふさわしいフレッシュで高揚感溢れる一曲になっていると思いますよ。そして合わせてかっこいいMVにもご注目。バラエティ番組でやたら揉まれまくっている彼らとは一味違うクールなみなさんも堪能できますよ。

さあ、そんなフレッシュな皆さんの「今」をぜひ間近で見てください。
レコ初イベントも行われますよ。ぜひぜひ。

★1月11日(木)福岡・タワーレコード福岡パルコ店
【開催時間】第1部:15:00  第2部:18:00

★1月12日(金)福岡・タワーレコード福岡パルコ店
【開催時間】第1部:15:00  第2部:18:00

★1月13日(土) 福岡・あるあるCity(小倉)B1スタジオ
【開催時間】第1部:14:00  第2部:15:30  第3部:17:30

★1月14日(日) ひる 福岡・キャナルシティ博多サンプラザステージ
【開催時間】12:00

★1月14日(日) 夕方 福岡・レソラホール★★【開催時間】18:00

IMG_3989そんな風に楽しくお話を聞くことができた今回のガチャポンゲスト。
福岡の女性アイドルグループはたくさんありますけど、男性をお迎えすることはそうそうありませんからなんかちょっと不思議な気分。

だけど、お話していて「おう、本当に地元のヤツらなんだな。応援しなくっちゃ!」って気持ちがどんどん強くなってきまして。さすがご当地アイドル。これからも応援していかねばなりませんね

当日詰めかけたファンのみなさんも、これから飛躍するスターを応援すべくアツい視線を始終投げかけてくれていました。

最後に「今年の抱負は?」ってことで、さっそくそんなみなさんの豊富をきいてみました。

「九州で一番星をとりにいきます」(山口)
「ワンマンライブやりたい!ヤフオク!ドームで!」(中村)
「モデルとしても活躍したい」(藪)
「最終的には振り付けとかをやりたいです」(大池)

がんばれ!

みなさんありがとうございました。

九星隊(ナインスターズ)OFFICIAL SITE(外部サイト)

IMG_3994

P1070848P1080047

今日のメッセージテーマは「お金の話」。

十日えびすですからね。
正確には十日恵比須神社で例年行われる正月大祭。8日が「初えびす」、9日が「宵えびす」、10日が「正大祭」、11日が「残りえびす」といって、この間はとりわけ「商売繁盛」を願って多くの人が詰めかけます。

私なんかも「ター」がつくほどのフリーですので、頼れるものはなんでも頼りたい方針。
9日に行って参りました。

ものすごい人手。福引の縁起の良い声が飛び交う中やっぱり独特の活気でした。ついでに鷽替の写真も。

全部頼るぜ。今年もきっといい年だぜ。

さて、みなさんからも正月早々景気の良いお話も、ま、良くない話もたくさん。みなさんありがとうございます。

いつものパターンでしょんぼりするメッセージが多かろうなんて思っていましたけど、今回は違った!年明けにふさわしく希望や自信に溢れたメッセージが多かったんですねー。とてもいいこと。

僕らもそんな話にあやかりたかったんで嬉しかったですよ。

誕生日のプレゼントは金貨!いいですね。金貨はとても縁起もいいし懐温まりそう(笑)。
子供の頃からの貯金が続々満期になって、別にやっている株もまずまずでいい年明けです。素敵。資産運用がうまくいっている人とは全員お友達になりたい!

極めつけは宝くじに当たった人。一億数千万円!ただし友人!残念!残念かな。ご本人は宝くじにあたっているのを知らないでご飯奢ってちょい悔しい、みたいな内容でしたけど。たぶんね。ついている人のそばでついている人にイイコトしてあげるのって、最高に縁起が良さそう。いいことあるよきっと!
バブル時代の羽振りの良かった時代を懐かしむ人。そうだねー。そんな時代もありました。だけど、私的にはなんか自分の目の前で行われているドラマみたいで儚いものだったって記憶です。

色んなお話ありましたけど、明るいお話が多くてね。
みんな、新しい年が始まったんだから、明るくいきたいって気持ちなんだろうなと思ってそうだよねえ。とひどく共感しながら紹介してました。

もちろん、日々の生活が大変で苦しかったり、思わぬ借金で大変!みたいなメッセージもあって、ちょっと自分寄りだったりしますけど、そんな僕らも今日のポジティブなメッセージで勇気を持って一年乗り越えてほしいなと思いました。

すごくいいお話も多かったんですけど、

「お金が無いと言ったり思ったりしない。いつでもお金があるつもり。そうすると運気だってあがります。年上の人に色々良くしてくれた分、下の人達には振る舞うようにしてます。そうすることが大事。」

というメッセージはまさに金言。
そう思って一年がんばりたいなって思います。ありがとうございます。

今日もみなさんありがとうございました。

そうそう。
今日は農家の方からのメッセージもありました。

あまおうをパックに詰めたり、キウイをパックに詰めたり、なんかみんなパックに詰めてますけど、今日みたいに寒い日もかじかむ手で作業をしながら聞いてくれているんだなあ。そんな風に思うと本当にありがたいっす。

農家に限らず仕事の傍らに僕らの放送がなにかの楽しみになってくれていたら嬉しいです。

IMG_3991

さて今日のチンタメは映画のご紹介。

ちょっとハードな社会派の裁判劇ですが、今こそ私たちが見ておきたいそんな映画「否定と肯定」をご紹介しました。

フェイクニュース、ポスト真実、歴史修正主義あるいは認識。
昨年くらいからそんな言葉が飛び交うようになりました。

油断していると流されるままに真実や事実から遠く離れたことを信用していたりするのが現代です。

そんな時代だからこそこの映画はいろんなことを考えさせてくれます。

1990年台後半に世界中の注目を集めた歴史にまつわる裁判「アーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件」を映画化したものです。

第二次大戦中、ナチスドイツがユダヤ人弾圧の一環として大量のユダヤ人をガス室に送って大量虐殺をおこなった「ホロコースト」。犠牲者は600万人とも言われます。

歴史には諸説があるものもありますが、歴史上最大の闇、ホロコーストは動かしがたい事実。
しかし、昔より「実はホロコーストはなかった」という言説もほそぼそとありました。ナチス・ドイツは終戦間際にその多くの証拠を爆撃や処分しており、いちばん重要なのはヒットラーが直接命令を下した書面は最初から残さなかったと言われています。

320この映画はユダヤ系の女性ホロコースト学者のリップシュタットが、代表的なホロコースト否定論者のデイヴィッド・アーヴィング(イギリス出身の歴史小説家・歴史著述家)に名誉毀損で訴えられた裁判の様子を逐一詳細に描きます。

リップシュタットは一貫して否定論者との議論を拒否しています。
簡単に言えば「同じ土俵に乗せることは存在することになるから」です。賢く正しい方法です。

ところが訴訟が起きることで裁判に望まざるを得なくなる。

これってエライことで。
だってこの裁判に負ければ、「ホロコーストはなかった」という説は認められることになりかねない。だし裁判が盛り上がるほどにホロコースト否定側のすごいプロモーションになっちゃうわけですから。

アーヴィングは興味本位なメディアや野次馬を巻き込みながら、「弱腰」と大いに煽り話題を作ります。
地道で堅実なリップシュタットは追い込まれます。つまんないから。コレがポイントです。

結果、同じ土俵に乗ることを良しとしないはずだったリップシュタットは、辣腕弁護団相手に「衆目の集まる場でいかに愚かしいことかを自ら証言したい」と訴えます。またホロコーストを生き抜いた生存者も「世間に訴える権利がある」と懇願します。

しかし、味方である弁護団がリップシュタットも生存者も決して発言させないのです。

なぜならばそれは「同じ土俵に乗るから」です。
こうしてリップシュタットと弁護団に激しく軋轢が生まれます。

映画というエンタテインメントとしても致命的!
だって、映画的には主人公が多くの人を前に、被害者とともに声たかだかに正義を訴え、心動かすところこそ感動のみどころじゃないですか。

でもそれやんない。
ええ!盛り上げる気が一切ない!って観客もびっくりです(まあ史実なんですけど)。

結果的に主人公のはずのリップシュタットがちっとも活躍しないどころか、感情的で出たがりのめんどくさい人みたいになっちゃってなんか酷いことになっちゃいます。

さっきも言ったように「盛り上がっちゃうとまずい」この裁判、弁護側は「ホロコーストはあったかなかったか」を議題にしません。ただ「アーヴィングが言ってること書いてることはデタラメだらけ」ということだけを証明するのです。

だから「否定と肯定」じゃないんです。「否定を否定する」わけですね。

さて、この裁判どうなるんでしょう。

そんな映画だから少しもスカっとしないし、ストレス溜まっちゃう。アウシュビッツを実際に見に行く強烈な場面はあるけどほとんど部屋の中出し、もしかしたら前半眠たくなっちゃうかも。

でも、古来より裁判劇は絶対おもしろいですし今回もそうです。地味だけどいろんなことを考えさせてくれる。

監督はミック・ジャクソン。この方あの「ボディ・ガード」の監督です えんだーーーいの人です。
だからエンタテインメントのツボは熟知している方、最近はドキュメンタリーで活躍していますが、だからこのエンタテインメントを拒否するような地味なスタイルは意図的なものです。

真実って証明するのはこんなにも難しい。
そも真実って存在するのか。

そしてなにより思ったのはいわゆる「両論併記の危険性」です。

僕らって特に最近「公平性の担保」みたいな言い訳で「この意見があるけど、こういうのもあるよ」って並べて言うことが多いです。それはそれで正しいんだけど。

それって時に「存在してはいけないもの」や「明らかに誤ったもの」に命を吹き込む片棒を担ぐ危険性もあるってことはよくわかったほうがいい。

「地球は丸い」って当たり前の説に、でも「地球は平らって説もあるんです」といった途端に、どー考えてもなさそうな「地球は平ら」が「丸い」と同じくらいの価値を認めてしまうことになる。

その一方で「じゃあ言論の自由は?」とか「少数意見は意見じゃないの?」みたいな(実はこれびみょーに違う話でもありますが)話もでてきて、この映画の中ではその件についてもしっかり描かれています。

エンタテインメントとしてバランスがいいわけじゃない。
だけど、それぞれの役者さんの素晴らしい演技のアンサンブルと、伝えるべき意思の伝わる強い映像で今の時代こそ観る価値がある映画だなって僕思います。

こんな映画も素晴らしいじゃない。

今週はここまで。

また次回でーす!

2018年1月 9日 (火)

1/9 火曜ラジゴン

みなさんこんにちはsun 

 

 

  

朝、バスに乗って、もうちょっとでつくよ〜って時に、

 

火曜ラジゴンのみなさんへのおみやげを忘れたことを思い出しました

ADまゆこですchick 

 

  

   

  

今日のがちゃぽんゲストは、「FAKY」から、Mikakoさんです❗️

  

Faky


 

 

 

現在の日本の主流ガールズグループとは違った存在を目指す、 

 

個性あふれたオルタナティブなガールズグループです✨ 

 

Mikakoさんは、色白で細くてお話も楽しくて、ステキな方でした💕 

 

 

 

  

 

《《《リリース情報》》》  

 

配信シングル「Chase Me」

10月18日配信スタート 

 

配信シングル「Someday we'll know 〜ENGLISH version〜」 

12月15日配信スタート

 

  

 

《《《ライブ情報》》》 

「FAKY FIRST LIVE”Unwrapped”-Encore Edition-」  

〈福岡公演〉

2月18日(日)     START 18:00

会場:福岡BEAT STATION 

チケット絶賛発売中!

お問い合わせ:クリエイティブマン(03-3499-6699)

 

 

そのほかの詳しい情報は、オフィシャルサイトを要チェックです☝️  

 

FAKYオフィシャルサイトはこちら☝️

  

 

  

 

 

 

今日のテーマは、「あなたの験担ぎ」❗️  

 

私は、“今”を一生懸命いきているので、 

 

自分がいつも何をしているのか、あんまり覚えていません(*´-`)

  

何か大事なことがある日の前日は、 

お風呂をピカピカにして、アッツアツのお湯に 

ながーくはいっているような気がします(´ー`) 

   

みなさんの“験担ぎ”、なんですか? 

 

 

 

  

そしてそして、成人式に行って来ました🎉  

 

私がきた振袖は、お母さんが成人式できたものだそうで、  

お母さんがつくってくれた髪飾りも一緒につけて、  

お母さんづくしの成人式でした👘 

 

 

いっぱい写真を撮りたがるので、恥ずかしくてツンツンしてしまいましたが、  

髪飾りをつくってくれたり、いっぱいしてくれて、 

ほんとはとっても嬉しかったのです❗️

 

 

このブログ、みてくれているみたいで、恥ずかしくて直接は言えないので、 

ここにかいておきます(笑) 

 

 

ありがとーうpresent 

 

お友達はみんな、見た目は変わっても、中身は全然変わってなかったです✨ 

 

 

とっても楽しかったなあhappy02 

 

 

壱岐はいいところだなあと、改めて感じました✨ 

 

 

 

大人の仲間入りしたので、来週からもがんばっていきますrock

2018年1月 8日 (月)

月曜ラジゴン!!

2018年1月8日月曜日 祝日 成人の日。

新成人の皆様 祝成人おめでとうございます!fuji

番組スタッフのADまゆこちゃんも”成人の日”を迎え”大人の仲間入り”を

果たしました。dog

そして、2018年の月曜ラジゴンは今日が初日でした。

三連休最終日という事で、メッセージが来るかな?と不安でしたが

もう番組で紹介できないぐらいのメッセージを頂きました!

ありがとうございました!

そして、寒いのにも関わらずスタジオ前に見学に来て頂いた皆様

ありがとうございました。

初日のテーマは「どげんやった?お正月」。

リスナーの皆様それぞれのお正月を過ごされたみたいですね。

普通に仕事をしてた!食べて飲んで過ごした!などなど様々なメッセージを

頂きました。

意外に多かったのがインフルエンザになってしまったというメッセージ。coldsweats02

全国的にインフルエンザが猛威を振るっているようです。

スタッフも「うがい・手洗い・マスク」をして注意しています。

皆様もお気を付け下さいませ。

さて、お正月は自宅でおせち料理を食べていたら親戚の子供が急に遊びに来て・・・

いきなり「お年玉ちょうだい」・・・。

まあ、毎年の事なんですが、元旦に来られたんでちょっと戸惑いました。

顔で笑って心で泣いて・・・。

私の財布から諭吉さんが2枚旅立って行きました。

でも、子供の頃お正月と言えば「お年玉」をもらうのが楽しみでしたよね。

もう何十年も前の話ですが・・・「お年玉」をもらってプラモデルを買って、

好きなお菓子を買って食べた記憶があります。

買ったプラモデルはたしか・・・「鉄人28号」

当時、友達の間で大人気だった漫画のプラモデル。

そう、何を隠そう子供の頃「大きくなったら何になりたい?」

迷わず「鉄人28号」と言ってました。

夢をあきらめず・・・Butch&小雪の月曜ラジゴン!今年も突っ走ります!

あっ!

今日はまゆこちゃんがお休みだったので、久しぶりに番組Dバッキー西村がお届けしました。

2018年1月 5日 (金)

1月4日 木曜ラジゴン

新年一発目の木曜ラジゴン、いかがでしたか?

Raji20180104

 

テーマが今年の目標でしたので、DJ2人の目標を紹介。

TOGGY

★ゴルフで80を切る

★湯冷めしない

★借金をする

 

山田優子

★-5kgのダイエット

★ゴルフを始める

★500円玉貯金

 

果たして目標を達成することはできるのか?

今年の年末、確認のためにブログをチェックしましょうネ!

 

木曜ラジゴンでは、

格言の泉、ニュースがぶり寄り、テーマなど、

皆さんからのメッセージ、お待ちしています。

rajigon@fmfukuoka.jp

 

来週もお楽しみに!

 

2018年1月 4日 (木)

本年もゆるゆるでカスカスな水曜日をどうぞよろしくおねがいします。

IMG_3903-001

あけましておめでとうございます!

旧年中は水曜ラジゴンをごひいきいただいてありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年に限ってはちんは元旦、2日とお正月の特別番組「Happy New ”ワンダフル”」のパーソナリティををkaedeちゃんと務めさせていただきました。

こちらもたくさんの水曜リスナーからの応援いただいてありがとうございました。

2日目はバンさんも応援にやってきてくれて楽しかったですぜ。
ご覧ください。ガラスに写り込んだディレクターのほがらかな笑顔。とても楽しさがつたわってくるではないですか。

IMG_3901

あとはリスナーさんが楽しんでいただければ完璧。てかそっちがメインですけども。

実はこの3日間私の自己管理を怠ったためにひどい風邪を引いてしまって、はい、申し訳ない。本日もかなり聞き苦しかったことをお詫びいたします。

そんな波乱の2018年、最初の水曜ラジゴン。
縁起良く本日のテーマは「あなたの運勢占います」でございます。

みなさんから占ってほしいテーマについて、バンさんと私が「サイコロをふって」テキトーに適切な分析で占って差し上げようというものです。

この超アバウトな占い企画も実は2回め。なぜか好評なのでありました。

ゆるっゆるな占いをすればするほど占いの依頼が増えていく不思議。みなさんのなんとかしなくてはいけないという介護精神が高まっていくせいかもしれません。

そしてそれに甘える私達。

ついにはサイコロを振るだけふって「んー、わからない」とうつろな目で言い出す始末。
ま、そんなこんなで今年も水曜ラジゴンはこんな調子でいきまっせ。という強いメッセージでもあるのでした。嘘ですけど。

ともあれ、お正月ですのでかるーくお屠蘇気分で始まりました今年の水曜ラジゴン。

こんな私達ですけど、今年もどうぞ宜しくお願いします。
正月早々、たくさんのメッセージいただきました。ほんとうにありがとうございます。
私達なりにがんばりますよ!

IMG_3906

今年最初の「チンタメ」は、本を紹介しました。
今年は映画のみならずいろんなものを紹介したいなあと思っていましてね。

sapiense、最初は去年読んだ本の中から、新年に読むにはふさわしいこれは面白かったなあという一冊を。

ユヴァル・ノア・ハラリ著「サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福」です。

世界448か国で翻訳され、すでに200万部以上。昨年のビジネス書部門のベストセラーで、ビジネス書大賞2017 大賞を受賞したりして話題なった本です。

簡単に言うと135億年前、まったく「無」の世界に物質とエネルギーが現れてビッグバンで宇宙が発生し38億年前に生物が、250万年前にヒトが進化し、20万年前にホモ・サピエンスが登場、7万年前の言語の登場、1万2000年前の農業革命、200年前の産業革命から現在、そして未来までを上下それぞれ270ページ前後で一気にその歴史を描ききったすごい読み物です。

なにがすごいって、結構有名な方々が講演会やテレビなどでかなりの頻度でこの本からの引用しているという、自分の知識として。ですけど。

同じような話題になった本では数年前のトマ・ピケティの「21世紀の資本」がありますが、誰か読み切った人はいるでしょうか?いやいやいない。難しすぎて手も出なかった人は多いハズ。

この「サピエンス全史」は全く逆、知識が詰め込まれていますが面白くて面白く手が止まらない読み物です。分かりやすいし。

当然、こういった本はそれぞれの「視点」と「論」がありますので、コレが正解というわけではないのでしょうがそれにしてもその「視点」による一つ一つのエピソードが驚きと新鮮さに溢れていて、サスペンスフルな語り口とあいまってグイグイ読まされます。

例えばこんなこと知らなかったのかと言われそうですけどホモ・サピエンスとネアンデルタール人は違う種類って知ってました?なんとなくネアンデルタール人から私たちに進化したんじゃなかったって。

そんでネアンデルタール人のほうが実は優秀だったって?
じゃあなんでホモ・サピエンスが生き残ったかっていうとそれって「噂話と陰口」だったかもよ?って。

そんなところから進化していく私達を見ながら思うのです。
「なんで私達、貨幣が使えたり、クレジットカードは使えると信じているんだろう?」とか。

農業を知ることで私たちは爆発的に人口を増やしたのだけど、それは本当に生き物として幸せなことだったのだろうか?

「サピエンス全史」は膨大な歴史を疾走感とともに私達を知識のジェットコースターに乗せて運んでくれます。

下巻で現代に近づくに連れやっぱり複雑になってスピード感は失速しますが、それでも読み応え十分。
思ってたんです「法人」ってどんなヒト?とか。

ですので、おすすめは上巻だけ。
上巻だけ読んでも十分です。その面白さにノれるようでしたら下巻もぜひどうぞ。

新しい年、せっかくですから神様のような視点で歴史を俯瞰する旅に出てはどうでしょう。

今年もこんな私たちですが、どうぞよろしく!

今回はここまで。
また次回です。