« 7/24 火曜日ラジゴン | メイン | 7月26日 木曜ラジゴン »

2018年7月25日 (水)

君はチェリオを知っているか?

IMG_6678

今日のゲストは福岡発、バリカタスタイルR&Bコーラスグループ、FREAKのみなさんです。

今回もいきなり自己紹介コーラスでがっちり掴んでくれました。
2012年の結成以来、福岡をベースに着実にステップアップしていく四人。最近は東京を中心に全国区での活動も増えてきて頼もしいかぎり。

最近ライブを見ていても、特にこの1年はもう一回アクセルが入ったような充実したステージにいよいよ充実期に入ってきた。そんなかんじがしますね。

実際、四人とも、着実にフィールドが広がっている実感を感じているようです。

とはいえ、スタジオのみなさんはいつもの通り、楽しくてフランクな福岡の兄さんなのでありました。


ゲストの出演部分はこちらから→ http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20180725151631(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)


さて実は今日はファンの皆さんからのメッセージが沢山届いていたんですね。そういえば、今日もファンのみなさんがあっつい中たくさん駆けつけてきてくれて、静かに熱く応援してくれました。いつもありがとうございます。

そんなわけで、ファンを代表して1つ質問メッセージを紹介。

「夏にやってみたいことは?」

元樹さん「外に出ないように。熱中症とか報道でもやってますし」
悟さん「僕は先に先に曲作っていくんで夏の間はもう冬の曲をつくってますね」
大地さん「海外旅行とかしたいっすね。上海とか香港とか」
勇樹さん「勉強したいんすよね。人としての深みがほしいですね」

それぞれ面白くってですね。ま、詳しくはタイムフリーでどうぞ。

さてFREAKの新曲は6月27日の配信限定シングル「Oh Yeah!!!!」。

20180530_freak_2糸島市深江海水浴場内にら9月2日(日)まで限定オープンの「avex beach paradise FUKUOKA」のイメージソングになっています。

この季節らしい、アッパーチューンではありますが今までのFREAKとは一味違う、単なる応援ソングではなく、人として苦悩の中からそれでも殻に閉じこもらずに破っていけと立ち上がる、そんな姿勢を描くシリアスなメッセージも込められています。

音的にも今までとはまたちょっと違うより今の音楽の潮流に寄り添うよにアップデートされた完成度の高いものになっていますね。

そんな楽曲も携えながらこの夏もライブもたくさん。

まずはavex、夏の祭典「a-nation」に登場!

a-nation 2018 長崎

2018年8月4日(土) 長崎・ハウステンボス内 ロッテルダム特設会場
倖田來未、Shuta Sueyoshi、SUPER JUNIOR-D&E、Da-iCE、超特急、lol-エルオーエル-、SOLIDEMO、FREAK、九星隊(ナインスターズ)

「九州出身のアーティストとしてがんばります!まずは知らない人たちにも知ってもらえれば」

そして、夏フェスは4年目の「Sunset Live」。
屋外でひときわリラックスして楽しそうな4人のパフォーマンスが楽しめます。

26th Sunset Live 2018 -Love & Unity-
2018年9月1日(土)・9月2日(日)※FREAKは2日に登場です
芥屋海水浴場・キャンプ場 特設ステージ

そして、秋は東京、大阪、沖縄のワンマンライブツアーと地元福岡を音楽で盛り上げる自主企画イベント”BASE”が待機中。
こちらも楽しみです。

「FREAK Live Tour 2018 “F.O.O.T.”」
11月04日(日)【大阪】心斎橋FANJ twice
11月11日(日)【東京】代官山LOOP
11月24日(土)【沖縄】那覇Output

「FREAK Presents “BASE” Vol.1」
11月17日(土)開場16:00 / 開演17:00
会場:【福岡】イムズホール

J-R&Bコーラスグループの大先輩であるFull Of Harmonyを迎えての2マンです!

最近、イムズホールがホームっぽくなっていますけど、FRAKとイムズホールの相性は抜群で素晴らしいステージを見せてくれますので、今回から始まる自主企画ライブシリーズも楽しみですね。

そんなわけでこの夏も大忙しのみなさん。
地元福岡代表のボーカルグループ、これからも応援していきますよ!

みなさんありがとうございました。

福岡発バリカタスタイルコーラスグループ FREAK<フリーク>公式サイト (外部リンク

IMG_6688

暑いっすけど元気いっぱい。
正確には元気いっぱいのバンさんと、いつもだいたい低空目なのでいつもどおりのちんです。でも、内なるテンションは上がっています!出せよ。とはいわないで。

さて今日のメッセージテーマは「ドリンク」。

水分補給、水分補給と連日テレビやラジオで言われてますが、そうじゃなくても飲み物がほしい夏。今日は飲み物に関する話題をみなさんに募集しました。

やっぱりこんな昨今ですから「暑さ対策」としてのドリンクの話題がたくさん。それはそうですよね。

朝起きて、あるいは寝る前に水を一杯。
そんなことを励行している方、多いようですが実際補水の意味ではとても有効だそうですね。とりわけ寝る前の一杯はいいんだとか。

やー俺は毎晩晩酌して失神して寝てっからよー!健康的なわけさ、みたいなあなたアルコールは駄目っす。利尿作用も高いので出ちゃうし、快適な睡眠を阻害することもあるんだとか。知ったかぶりですけど。

あと「麦茶」ファン多し。
おいしいですよねえ夏の麦茶。私も大好きです。

しかもいろんなお茶類でも麦茶だけはまったくカフェインが含まれないので、水分補給としては良いそうですね。

夏は麦茶。なんておばあちゃんあたりも言っていましたが、夏の飲み物としては意味がちゃあんとあったってことですかねえ。松島トモ子さんもお喜びです。きっと。

また脱水症状に有効な経口補水液もなにかと目にする機会が多いようですけど、手作りで作る方法なども紹介してくれました。いくつか調べてみましたがだいたいどれも同じレシピのようです。こちらは興味のある方はネットなどでご確認を。

ただ普通にガブガブ飲むものではないようですから、そこらへん少し気をつけねばならないみたいですね。

そんなわけで、熱中症対策的なメッセージがどうしても多くなりがちな中、ドリンクと言えば「夏にビール!」みたいなメッセージも。嬉しいですね。

フェスで飲む生ビール。
料理をしながらたしなむ赤ワイン。
夏にうまいぜハイボール。

冷酒ってのもありますね。アルコール派の夏はそれはそれで楽しいもんですねえ。

一方、今週は「炭酸水」にまつわる話題も多かったですね。
ノンアルコールで水以外ってことになると麦茶と並んでこの炭酸水を上げる方が目立ちました。

流行ってるな。って感じ。

今回、意外と少なかったですが懐かし飲み物の話題もありました。

チェリオにプラッシー、ファンタゴールデンアップル、メローイエローにミスターピブにマウンテンデューに冒険活劇飲料サスケとだいたい私が言っていましたか。失礼。

定番ですがカルピスの薄い濃い問題も、いつもお話したい話題です。

ほんとにいろいろ楽しかったですね。
母乳ってのもあったけど。あれも確かになんなら命の飲み物ですなあ。

いろんな飲み物でこの夏乗り切りましょ。

IMG_6685

さて、今週のチンタメは今年の映画界最大の事件になりつつある映画「カメラを止めるな!」です。

先週、リスナーからのおすすめもありましたが初日観に行ってまいりました。
有名俳優、有名監督一切ナシ。制作費300万円のインディーズ映画ですけど、なんと満席!予約してなかったら見れなかったです。

そんでもって、めっちゃ面白い!ポンっ!

kametomeENBUゼミナールっていう監督&俳優養成スクールのワークショップでとられた劇場映画。もともと完全なインディーズ映画です。監督は短編やCMでコツコツ映画に取り組みこの映画が長編デビューの上田慎一郎。

6月にたった1、2館のミニシアターで上映開始して、その面白さにあっという間に映画ファンの間で話題騒然。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」でゆうばりファンタランド大賞(観客賞)を受賞。海外でも熱狂的評価。

今や全国に拡大して、さらに上映館は急激に拡大しつつ、エライコッチャとマスコミも慌てて大特集。結果、今も映画館はパンパンです。

内容なんですが、これがねー、曲者なんです。
どこを話してもネタバレ。なにを話しても興ざめ。

SNSなんか見ても気持ちいいくらいみんな大事なところをネタバレしてないんですね。なんていうかそういった部分だけでもこの映画に対する深い愛情をかんじます。とにかく中身知らずに見たほうがいい映画であることは間違いないです。

ひとことで言えば「ゾンビ映画」。だけど怖くはないんですね。ハラハラ・ドキドキあり、笑いあり、ファミリームービーであり。そして「あっ!と驚く」

ゾンビ映画を撮るゾンビ映画。
ですけど、あなたが思うような映画ではありません。ジャンルさえも違うと思います。

そうやってハードルを上げまくった結果、映画館に走った皆さんは確実にがっかりします。
「ああ、そういえばこれは低予算映画だもんね」

ひどくて違和感だらけでいかにもC級。そこからです。あとは言わない。

こと私に関してはそんな映画が大好きで「ひっどいけどワンカットでがんばってるー」と喜んでましたが、映画館を出るまでに息を呑み大笑いして前のめりになり映画に関わるすべてが好きになり、涙ぐみつつほっこりと帰路につきました。

そして、映画って素晴らしいなと。
つまるところ、作品として完璧。そしてそれを超える愛情に心掴まれました。

じわじわ内容が耳に入る前に、映画館に走りましょう。
バレてから見ても面白いんですけどね。

いいですか?
今上映されている「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」は制作費約274億円ですよ。国内映画でも大作は数十億円です。

この映画は300万。
そんな映画が連日満員で大評判になってるって、普通に考えてよっぽど面白いんだろうなと思うじゃないですか。

よっぽど面白いんですよ。
よろしくでーす。

今週はここまで。
また次回です。

コメント

麦茶にはカフェインが含まれていないんですね。

毎日飲んでいますが、知りませんでした。

カメラを止めるな!みたいけどいつも満員で入れません!ちんさんの力でなんとかしてください!冗談です!

コメントを投稿