« 2018年9月 | メイン

2018年10月

2018年10月19日 (金)

10月18日 木曜ラジゴン

木曜ラジゴン、いかがでしたか?

Raji20181018

写真は寝違えてロボットのような首になっているTOGGYです。

テーマは、「私の統計によると・・・」という話でした。

はっきりしたデータはないけど

何となくそうじゃないかなぁというモノを送って頂き、

皆さんの観察眼に感心しました。

交通マナーに関するメッセージも多かったですね。

ご応募頂いた皆さん、ありがとうございました。

 

木曜ラジゴンでは、

格言の泉、ニュースがぶり寄り、テーマなど、

皆さんからのメッセージ、お待ちしています。

rajigon@fmfukuoka.jp

 

来週もお楽しみに!

 

2018年10月17日 (水)

水曜ラジゴンのプチアベンジャーズは最高だぜ。

IMG_7792

今日最初のゲストは歌人、俵万智さん。

エフエム福岡で毎週土曜 19:00-19:15放送中「匠の蔵創る人、開く人、発する人」での旅人としてもおなじみですね。ちなみにしっかり上の写真に花村勇作さんもいらっしゃいますね。ちょっと微笑ましいっす。


ゲストの出演部分はこちらから→  http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20181017130000(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)


71SlsInJK1L

1987年の第一歌集『サラダ記念日』での鮮烈なイメージも随分以前なんですねえ。その後も歌人としての活躍はもちろん現在はお子さんと宮崎に住んでいらっしゃいます。

スタジオでそんな仙台から石垣島そして宮崎と拠点を移していった経緯を話してくれる俵さん。
やわらかな雰囲気とお母さんとしての顔、現在の充実を感じるようで心地よいです。

そして俵さんの最新刊が今話題になっています「牧水の恋(文芸春秋)」です。

俵さん自らご紹介いただきました。

若山牧水と言えばいくつかの有名な歌を教科書などで紹介されるほど偉大な歌人ですが、意外と『酒と旅』くらいイメージがないんですね。実は若い頃すごい大恋愛をしてるんですね。実は有名な歌の多くは実は恋の歌なんですね。その恋ややっかいというか、相手は実は既婚者で子供もいて、さらに三角関係になったりして身悶えするような恋愛の中で、素晴らしい作品を送り出した。そんな牧水を恋愛に注目して読み解こうという本にしました」

まさに偉大なる歌人が現代の歌人によって、その素顔を読み解いていこうという評伝です。

「小説仕立てって方法もあるんですが、短歌と短歌をフィクションでつなぐんじゃなくて、作品を仔細に掘って掘って掘って牧水のホントの心が見えてくるんじゃないかと思ってそんなアプローチにしたんですね。するとほんとにいろんことが出てきて。牧水ってほんとに一つの恋で人生のすべてを体験して、それをすべて作品として残してくれたんだなって思うんですね」

ちんも読ませていただきました。短歌は完全に門外漢ですし牧水についてもいくつかの超有名な歌くらいしか知らない無知っぷりですが、コレメッチャ面白いです。

牧水って人。ほんとに大学時代に始めて恋をして、たった一つの恋だけに自分の人生をみずから振り回した人。

優秀な大学生がはじめての恋愛に舞い上がって、いきなり恋愛マスターぶって周囲に自慢しまくり、相手に好かれたくて無理をし、付き合う前から嫉妬に身を焦がし、疑心暗鬼になり、恋愛が実ると溺れ、また不安になり、(どうやら)恋愛の駆け引きに翻弄され、酒に溺れ...ともうぼろぼろ。

なんとなく偉大なる歌人。立派な先生というイメージがあっさり崩れ、まるで俺。俺たちの牧水なんであります。そんな破格に人間臭い姿に知っている人のような親近感を抱くのです。

だけど、僕らと違うのがそれらの体験すべてが芸術に昇華され、その多くが世に残った というところは全く違います。

その謎も多い牧水の人生の仔細を、俵さんが当時の状況や参考文献を参照しつつ、あくまで牧水の作品の事細かい部分を分析して謎を解くというか、推察するあたりはミステリーもかくやのスリリング。

そして、自身も歌人である俵さんならではの推理を通して意外な人間、僕水の姿を浮かび上がらせつつ、その一方で俵万智さん自身の姿もうっすらと浮かび上がってきます。

「もう魂の兄弟っていうか(笑)」

と語るように、すごく共振し大きな影響を受けた俵さん自身の姿もすごく感じる一冊です。

私みたいな短歌に縁遠い無粋な人間には、最初正直、さぐーりさぐりでちょいノリにくかったりもしたんですが、十数ページ読めば若き恋愛至上主義者の牧水の人柄に惹かれ、読み進む手はスピードアップ。

俵さんに導かれるままにやがて短歌自身に興味が高まり、短歌と俳句の違いさえぼんやりとしていた私は、はっきり「ああ、違う表現なんだあ」なんて想いながら終わると、ダメだけどアツくてすごいヤツ「牧水の短歌ちゃんと読んでみようかな」と思う感じ。

面白かったあ。
短歌に興味のない方にも破格の恋愛野郎にして、愛の歌人牧水の姿を知るべく、ぜひ手にとってくださいませ。

番組ではそんなお話を聞きながら「匠の蔵創る人、開く人、発する人」のお話も聞かせてもらいました。詳しくはぜひタイムフリーでお聞きください。

っていうか俵さんのおしゃべりも独特のリズムと心地よい声で、これまた歌のようでした。

ありがとうございました!
なんだかとても豊かな時間だったな。楽しかったし。

IMG_7797

今日のゲストは中高生を中心に大人気!lolのみなさんです。

2014年9月に結成、メンバー全員がダンスとボーカルをこなす&ご覧の通りルックスもすんばらしいですね。


ゲストの出演部分はこちらから→  http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20181017151553(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)


バンさんは昨年一度ゲストでお会いしていますが、ちんははじめて。ってことで、福岡はもう何度か来ているでしょうし福岡の印象をまずは軽く。

するとhonokaさんがすかさず「あたしすごく感動したのが人の暖かさと街の素敵さと食べ物のおいしさ。すべてを兼ね備えた素敵な印象しかないです!」と絶賛。続いてメンバーの皆さんもとっても喜んでくれているよう。

あまりのお褒めにいくらなんでもだいぶ盛ってる?なんて思ったりもするんですが今回の最後に「10年先までに福岡に移住するのが夢!」というhonokaさんのコメントまであって。嬉しいですねえ。

続いて直人さんの「福岡のタクシーの運転手さんは優しい」って話でまた一盛り上がりあって、lolの皆さんいい人たちだなあなんて想いましたね。

今日のガチャポンは番組のテーマと同じ「あなたのちょっとした能力」。

小見山直人さんは「僕の体の中に生き物がいるんですよ」ん?ん? 「胸襟あたりに」
「わかりにきーよ」なんてメンバーの突っ込みもありましたが、要は筋肉ってこと。日々トレーニングをして鍛え上げているそうです。

lolのリーダーっぽい立ち位置でお話してくれる直人さんですが、じわじわと天然を醸し出す楽しい人。

つづいていつもかっこいいラップを聞かせてくれるhonokaさん。 「私は保育園の頃から特技があって」おお! 「異世界に行けるっていう」ん?ん?
目を閉じてグッと目を押すと、暗闇にモワモワっと異世界が現れて行けるんだそうです。それ、多分ちんも行けてるよーな気もする。

ここまでジワジワ来る人が続きました。

最年少mocaさん。 「私はベロを三つ葉のクローバーにできます」
おお!と過剰なテンションだったのはちんだけでしたけども、幼稚園の頃から憧れていましたええ。そういう人は舌の筋肉が発達していて歌ったり喋ったりに向くって話聞いたことあります。
「でもメッチャ噛みますよ!」とメンバーから。

hibikiさんは「私は外出るタイミングは雨が降らないです!」出た晴れ女。「大きいカサ持ったのは今まで10回もないくらい」というからかなりですよ。

野外なども多いアーティストにとってこれは素晴らしい能力!
「でもhonokaの雨パワーがすごいんです(笑)」
「すっごいんですよ~。全部雨」とhonokaさん。プラスマイナスめんどくさいで81KYwvSOvPL._SL1500_すね~。

でも直人さんも晴れ男だそうでlol全体としては晴れガチみたい。
ちなみに直人さんはこの間もmocaさんに対抗して舌でウェーブ(しかもメチャうまい)していたり、静かに大活躍しているのでした。

最後に佐藤友祐さんは、最初からかなりイケメンキャラを披露していましたが「大した能力じゃないんですが」はい。「人を好きにさせてしまうという」。

今日の友祐さんはこんなキャラ。

メンバーからも総ツッコミでしたけど、ちゃんと落としてくれるあたりlolの皆さんチームワークもバッチリです。

そんなみなさんの10月31日に発売されるのがセカンド・アルバムが「lml」です。

「今までのシングル、新曲、リード曲は『trigger』で盛り沢山な一枚になっています」

「やっぱり違いますね。2枚目出せるってこともありがたいですし、ファンの皆さんにも感謝してますし。タイトルの由来も『もっと笑顔になろう』ってことなんでアルバムを通して皆さんに笑顔になってほしいなと想いますね」

「lol」は「laugh out loud」ネットでよく見かけるスラングで「大笑い」みたいな意味で、転じて笑顔を届けないという思いを込めたグループ名ですが、さらに最上級の意味を込めて「lml」で「laugh mad loud」でしょう多分。

ファーストと比べて聞くと、このセカンドでlolっていうキャラクターが確立した印象。ぜひ聞いてみてください。

さらにこの秋以降、福岡でもlolに会う機会が増えますよ。

lol‐エルオーエル‐2nd ALBUM「lml」リリースイベント「live circuit 2018~lml~」

10/31(水)集合16:30 開始17:00
キャナルシティ博多B1Fサンプラザステージ


こちらは握手会、特典会もあり。おなじみサンプラザステージで、もちろん参加無料です。


lol festival 2018 -平成最後のスクールライフ...(笑)-

2018年12月10日(月)DRUM Be-1
開場18:00 開演18:30


今年行ったツアーとはまた一味違う、いろんなチャレンジを考えています!とのこと。
こちらもぜひ観たいですねえ。

そんなわけで、わちゃわちゃと賑やかにお送りした今回のガチャポンゲスト。
みんなに色んなお話聞きたかったんですが、また次回。

lolのみなさん、それぞれ気が利いていてチームワークで綺麗にフォローし合うあたりも素敵でしたけど、みなさんきっといい人なんだろうな。と思わせる全体としての人の良さも感じたりしてとても楽しい時間でした。

そして、そんなグループにはやっぱりそんな感じのいいファンの皆さんが朝早くから集まっていて、ゲストが退出すると全員いそいそと後片付けをして大慌てで出ていかれました。次のゲスト先へと向かいました。

また遊びに来てくださいね。


lol(エルオーエル) OFFICIAL WEBSITE (外部リンク)

IMG_7801


今日のメッセージテーマは「あなたのちょっとした能力」。

大きな能力じゃなくてもほんのちょっとだけ「これって優れた能力」って思うようなことありませんか?だけど人に言うほどでもない。それくらいのヤツをいっぱい集めて、水曜ラジゴンで「しょっぱめなアベンジャーズ」を結成しようじゃないか!という壮大な、壮大だかなんだかわかりませんがそういうヤツです。

ちなみにバンさんは調味料を手にとっただけで、完成した料理がどの様な味になるか完全にイメージが浮かぶという能力をお持ちです。成功率は50%です。

そんな超 能力をお持ちのみなさんから続々とメッセージいただきました。
やあ、今回は本当に大盛況で水曜ラジゴンリスナーのアベンジャーズぶりに驚嘆した次第です。

「心ない謝罪をする能力」
「A型の血液型がわかります」
「無人の飲食店でも満席にしてしまう能力」
「薬の説明書とか大きな地図とか広げるとたためなくなるヤツ、私たためます」という能力。
「FM福岡へのメッセージを送る前に、採用されるか採用されないかわかります」という能力。
「仕事終わらないかなーと思った時、目を閉じると時間が過ぎます」要するに立ち寝。
「玄関を出ると忘れ物をした胸騒ぎがします」でも何を忘れたかわからないです。

素晴らしい。
列挙しただけでめまいがしそうです。IMG_7798

この他にも読めなかったものも含めてたくさん。
なんか久しぶりにずーーーーっと笑っていたような気がします。

そんな中で、「子供をピタリと泣き止ます能力」「農作業で鎌をたくみにかつ超スピードで操る能力」などリアルアベンジャーズな方もいたことを強調しておきたい。

それらも含めて、私達は水曜ラジゴンのリスナーがとても愛おしいわけであります。
ホント皆さん最高です。ちょっと最低です。

そういえば水曜ラジゴンのヘビーリスナーさんのむんぞーさんが最初から最後までずーっと観てくれました。すごい遠方からありがとうございます!

IMG_7804

今日のチンタメは芸術の秋、美術展を紹介。

福岡市博物館で行われている特別展「浄土九州―九州の浄土教美術―」です。
先月始まってすでに中盤折り返ししているんですがやっと見ることができてすごーく楽しかったんですね(11月4日(日)まで)。

平安時代に盛んになった浄土信仰、現在までえいえいと続く浄土教にまつわる仏教美術の特別展なんですね。2202_1_l

今回は九州で独自の特色を持つに至った九州の浄土信仰に注目して、その中で生み出された仏教美術が展示されているんですね。九州全体の規模で約200点の貴重な美術品が一堂に会するのは最大規模なんだそうです。

いわゆる仏教美術展なんですが、仏像や書、絵画といったもの、これもともと好きな方です。しかも今回は浄土教。私、宗教には全く無頓着で門外感ではありますけど、それでも堪能しましたよ。

とりわけ注目していたのは今回の浄土信仰。
平安時代後半は世間も先行き不安で不穏な時代、そんな中で「末法思想」が広まったんですね。これいわゆる終末思想で、「釈迦が亡き後、次第に教えは伝わらなくなるよね」という割合まっとうな考えで「それって悟りも開かれなくなっちゃうので世も末になっちゃうよ。その末法は1052年に来るよ」という、ジャストな時代設定のある、大予言的なもの。

そんなわけでこの時代に「地獄に落ちる」がリアルになり、「どうせこの世では幸せになんかなんないからせめてあの世では幸せになりたい」という「極楽浄土」への憧れが広まったわけです。そこでヒーローとなったのが厳しい修行をもって浄土へ向かった阿弥陀如来。

そんなわけで「地獄」「極楽浄土」「阿弥陀如来」にまつわる美術が多数存在するのです。

全体は4つのテーマに分かれていて「地獄と極楽」「九州の浄土信仰と聖光上人」「来迎するみほとけ」「萬行寺の寺宝」とみっちり九州の浄土教とその美術が堪能できます。

とにかく平安時代ですよ!1000年以上前からのそのものズバリの「地獄絵図」は圧巻。
緻密に緻密に舌を抜かれたり、針の山登らせられたり、灼熱の中に放り込まれたりの地獄俯瞰図は、ちょっとユーモラスでもありいくら観ても飽きません。

かと思えば、現世の煩悩や肉体への執着を絶つために九相観という仏教の修業をもとに描かれた「九相図(くそうず)」は、美しい女性が朽ち果てて骨になるまでを仔細に絵と文章で解説した絵巻。これもすごい。

今回はそんな地獄絵図や、死の表現が1つのテーマでガッチリ。
一方で憧れるべき「極楽」は展覧会の目玉である4メートル四方の巨大な<当麻曼荼羅(たいままんだら)>。
阿弥 陀如来と多くの菩薩たちの姿、西方極楽浄土を描いたものです。今は京都の禅林寺に所蔵されていますが、今回初めて九州に里帰り。圧巻です。この前には畳も敷いてあって、じっくりと観たいところ。

その他のテーマも数多くの展示があり、やっぱりあれですかね、仏像関係も多数あってこれはほんとに見飽きない。

仏像って間近で見たことあります?
そのお顔は信心なんか仮になくてもなにかを感じてスーーーっと引き込まれますし、1000年前につくられた仏像にも仏師の入魂の技術に舌を巻きます。

また、普段は絶対見ることができない至近距離で、しかも横や後ろからみることなんて美術展でしかできません。

優れた仏像は後ろも綺麗。稀に見えないと思って手ぬいてんな!ってのもあったりして(今回はないです)、興味はつきません。

今回の展示会怖くて愉快な「輪廻ルーレット」から始まり、展示会を出るとミュージアムショップで絵心経のマスキングテープ、クリアファイル、Tシャツ、トートバックに「ぼさつニットバイザー」「衲衣ストール」なんてライトなグッズもあったりして、信心深い人だけを対象にしているわけではない、楽しいものにしたいという学芸員さんのメッセージを感じます。

たまにはいいぜ。
すげーぜ仏教。てな感じで楽しく観てほしいですね。

浄土九州―九州の浄土教美術―|特別展示 | 福岡市博物館 (外部リンク)

今週はここまで。
また次回です。

2018年10月16日 (火)

10/16 火曜日ラジゴン

みなさんこんにちは!

 

今、人生で1番髪が短くなってますADまゆこです◎

この時期に首元に髪がないのは、寒すぎますね!!!

早く伸びてください!!!

 

今日のがちゃぽんゲストは「大城美友」さんでした

 

Photo


 

 

とっても元気な大城さん!

特典会では“ハグ”をしてもらえるとのこと!

沖縄では、30人ほど“抱いた”そうです(笑)

悩みや悲しみ、苦しみ、いろんなことを

大きな心で包んでくれそうな愛に溢れる方でした✨

私もつらくなったら、ハグされに行きたーい!!!

 

《《《リリース情報》》》

メジャーデビューアルバム「MI-POSITION(ミーポジション)」

10月10日リリース

◆収録曲「オレンジバタフライ」がFM福岡10月度邦楽パワープレイで大量OA中!

 

《《《イベント情報》》》

FM福岡パワープレイ トーク&ライブ

11月15日(木)     START 19:00

◆会場:FM FUKUOKA AIG スタジオ

 

大城美友「MI-POSITION」リリースパーティー

2018年11月2日     OPEN 17:30   START 18:00

◆会場:clubasia

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルサイトを要チェックです☝️

 

〈公式HP

https://miyu-oshiro.com/

Twitter

https://twitter.com/MiyuUzura

Instagram

https://www.instagram.com/miyu.ooshiro/

 

今日の番組テーマは「うちのボス」でした❗️

私の家族は、女の人が圧倒的な権力を持っていますが、

怒ったら怖いのはお父さんやおじいちゃんだし、

裏ボスは男性陣かもしれません!

女性陣はしたい放題しながらも、

実は裏ボスたちの思惑の中なのかもしれないですね...

みなさんのうちのボスは、誰ですか??

 

来週もがんばります!

2018年10月15日 (月)

10/15 月曜ラジゴン

みなさんこんにちは!

 

最近自炊をしているのですが、

“まゆこ、料理研究家になれるかもしれん...!!!”というぐらい

毎回美味しいのができてしまいます!!!ADまゆこです◎

 

今日のがちゃぽんゲストは「=LOVE」から

“大谷映美里”さん、“音嶋莉沙”さん、“高松瞳”さん

“瀧脇笙古”さん、“野口衣織”さんでした

 

Love_2

お顔が小さい!細い!白い!

みなさん女の子の憧れを詰め込んだという感じでとっても可愛らしい!

もう2次元の域です!

そして、私は衣装がとっても好みでした、、✨

  

 

《《《リリース情報》》》

NEWシングル「Want you!Want you!」

10月17日リリース

◆Type-A、Type-B、Type-Cの3形態リリース

 

《《《イベント情報》》》

NEWシングル「Want you!Want you!」リリース記念イベント開催!

〈福岡〉

11月25日(日)

◆会場:JR博多シティ 9階 JR九州ホール

※会場の詳細は、後日オフィシャルサイトで発表となります

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルサイトを要チェックです☝️

 

〈公式HP

http://equal-love.jp/

〈公式ブログ〉

https://ameblo.jp/equal-love/

Twitter

https://twitter.com/equal_love_12

 

今日の番組テーマは「5000円あったら何に使う?」でした❗️

私は本が大好きなので、全額本に使っちゃいます(笑)

小説、マンガ、雑誌、なんのジャンルも読むのですが

最近ハマっているミステリー小説を買いたいですね!

今読んでいるのが、海外の作家さんなのです!

今までミステリーは海外の作家さんのは読んだことがなかったのですが、

わかりやすい展開なのにトリックは複雑で、読みやすくて面白い!

海外作家さんのミステリー小説、ハマりそうです!!

みなさんは、5000円あったら何に使いますか??

 

明日もがんばります!

2018年10月12日 (金)

10月11日 木曜ラジゴン

木曜ラジゴン、いかがでしたか?

Raji20181011

ゲストは、175RのSHOGOさんでした。

ここ最近は、舞台の仕事が多いというSHOGOさん。

元々ミュージカル子役が夢だったので、楽しんでいるようです。

がちゃぽんの質問は、「できること、できないこと」

指パッチンが得意ということで、ポール牧さんを継げそうなくらい早いです。

逆にできないのが口笛。

一応、ミュージシャンなので、是非、習得して欲しいところです。

 

さて、175Rですが、

1998年、北九州で結成ということで、なんと20周年!

結成20周年記念 175R BEST 「ANNIVERSARY 1998-2018」が、

10月3日にリリースされています。

青春がテーマの175Rらしい楽曲がいっぱい詰まったアルバムです。

 

そして、ツアーも決定しています。

175R 20th ANNIVERSARY TOUR 「乾杯」

10/13(土) 大阪・umeda TRAD

10/14(日) 愛知・ElectricLadyLand

10/20(土) 東京・LIQUIDROOM

今回は福岡公演がないのですが、故郷なので、今後何か考えているとのこと。

楽しみに待ちましょう!

 

175Rに関する詳細は、公式サイトへ

http://www.175r.com/

 

木曜ラジゴンでは、

格言の泉、ニュースがぶり寄り、テーマなど、

皆さんからのメッセージ、お待ちしています。

rajigon@fmfukuoka.jp

 

来週もお楽しみに!

 

2018年10月10日 (水)

水曜ラジゴンはいつもスコアレスドロー。いやそんなはずは。

IMG_7713

今日のゲストはフラメンコギタリスト沖仁さん。

番組中でも何度も私達言っていましたが、どーも初対面とは思えない沖さん。
ひとつにはスタジオにお迎えしたゲストの口から何度かお名前が出たこともありそうですが、なにより日本でトップのフラメンコギタリストでありながら、本当に全身から発する知的で親しみやすい雰囲気に、きっと誰でもそんなことを思うのかもと思います。そんな方。


ゲストの出演部分はこちらから→  http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20181010151633(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)


かるーくフラメンコギターを一節。IMG_7714
あの流れ落ちる水のような音色にうっとり。眼の前で聞くとやっぱり独特です。

「クラシックギターとあんまり違いはないんですけどね。ただここに下敷きみたいな板が張ってあって、これがあったらフラメンコギターです」

実は上の写真ではわかりにくいですがよーく見ると透明の板が張ってあります。これ「ゴルペ板」といって、フラメンコで特徴的なボディをパーカッシブに叩くために傷がつかないように保護するもの。傷つくくらい叩くわけですね。

目まぐるしく複雑なリズムで弦を弾きボディを叩く。フラメンコギターって指の芸術です。

実際、沖さんの指先は本当に綺麗で爪の先まで磨き上げてありました。

「さすがに指は商売道具なんでいつもこの女子力の高いポーチに入れて(笑)ケアはかかせないですね」

そんなフラメンコの世界で活躍する沖さんですが、フラメンコにとどまらず幅広いジャンルの音楽とのコラボレーションも活発で、どんなジャンルの方とも無理なくすんなり合わせることができるのも素晴らしい。

「もともとはロック少年だったんで」
ギター小僧でギターのテクニックを追求する先にあったのがテクニックの塊のフラメンコギター(すごく納得!)そんなところも関係しているのかも知れません。そして20代、本場スペインのあらゆるところで演奏して柔軟に対応する力を培ってきたということも大きのでしょうね。

ちんは沖さんといえば随分前になりますけど深夜の「ヨルタモリ」で常連さんとして出演されていて、甲本ヒロトさんと「リンダリンダ」をセッションした回の印象が強くて、すごく感動したのを覚えています。

「あれは個人的にも神回でした」
と笑う沖さん。ロック少年だったわけですから感激のセッションだったそうです。記憶ではヒロトさんが歌っていたと思ったら実はヒロトさんはブルースハープだったという事実もそっと理解した私です。神回。

この時もそうですが、沖さんの演奏はフラメンコでありつつも、ロックやポップスに慣れた私達にもすんなりと入って、どこかそんな感性の人間もグイグイ惹きつける魅力があります。それもやっぱり元ロック少年だったからなのかしら。

71zzbxFq3EL._SL1024_そんな沖さんの新しいアルバムがスペイン日本外交関係150周年も記念した「Spain」(10月31日リリース)です。

ファンの方からも「とても印象的なジャケット!」とメッセージが届いたこのアルバム。

「日本とスペインの架け橋になるようんあアルバムにしたいね。ということでスペインゆかりの曲をフラメンコバーションでカバーしています。逆に日本の「さくら」をフラメンコでアレンジしたりもしています」

フラメンコギタリストとして、奇をてらわず真正面から取り組んだ印象の一枚。情熱とクールの狭間を縦横に舞う沖さんのテクニックに酔いしれたいですね。

沖仁 CONCERT TOUR 2018 福岡公演  

12月15日(土)  電気ビルみらいホール
16:30 / 17:00


「アルバムの制作過程であらためてフラメンコギターっていいなあって思ったんですね。かき鳴らすのも静かにメロディを弾くのもすごく自分が満たされる感じがあって、それをお客さんにダイレクトに伝えたいなって思います」

素敵なコメント。すごく見たいですよね。

そんな感じで時折手元のフラメンコギターをジャラーンとさり気なく鳴らしつつ「もうちょっと演奏したかったな」なんて言いながらおだやかーにお話してくれた沖さん。お話しているうちにちんもバンさんもすっかり沖さんのファンになってしまいました。

お話が楽しくてガチャポンをすっかり忘れてしまって、名残惜しそうな沖さんにゲスト終了後ひとつ引いてもらいました。喜んでくれて、なんでしょう、いい人だなあ。

ちなみに質問は「理想の休日」。お答えはバタバタしていて聞かずじまいでした。すみません!また次回是非!

また来てくださいね!お待ちしてます。

 JIN OKI WEB(外部リンク)

IMG_7710

いい顔だなあ。

さて、今日のメッセージテーマは「10点で何点?」
今日は10/10で満点なので。というライトな理由です。

とにかく自分でも他人でも周りのこと何でも点数をつけてしまいましょう。というものです。

ちなみにちんは点数をつけることがあんまり好きではないんですが(はいすみません)、ものごとを単純化する時に採点するのはとてもわかりやすいと思いますね。これ大事。

例えば、
「今日の昼ごはんは3点!」といえばだいたい気持ちわかりますし、
「ウチの上司は7点!」というのと「8点!」だとびみょーに違いが伝わるような、伝わらないか。

そんな中で「ウチの妻は旦那は10点!」というメッセージ結構あって、最近の水曜リスナーの成熟というか充実ぶりを実感しましたね。

そんなわけで楽しく皆さんの採点をご紹介した今回だったんですが、実はコチラが予想していたのはちょっと違う採点がたくさん集まりました。

それは「自己採点」。

「自分は◯◯点です」ってメッセージが実は一番多くて、それはなーんとなくあるかなと思っていたんですが、その自己採点がみんな低い!

そして、その低い自己採点と共に深く深く反省する文章の多いこと。もしかしたらちんのネガティブが伝染したのかしらと、心配になるくらい。結果、元気出せよ、そんなにキミは悪くないぜ。と必死で励ます私達。

みたいなおかしなことにちょいちょいなってしまいました。

でも私はわかりますよ。
前向きじゃない場合も多いけど、いつだって自分自身はできてないなと思うことは多いもの。そうやって明日は今日よりちょっとだけマシな自分でいたいと思うのは、決して後ろ向きなことばかりではありません。

がんばりましょうよ、僕らもがんばります。
あ、また励ましちゃった。

皆さんありがとうございます。

IMG_7719

今日のチンタメは食欲の秋だし、なにかグルメな作品を紹介したいな。と思っていて、結局今一番楽しみに見ているドキュメンタリーTVシリーズ「シェフのテーブル」を紹介しました。

ちなみにこれネット配信のNetflixの番組なのでちと観る方が限られるのが申し訳ないです。

以前、ネット配信サービスが今一番アツいというお話をしましたが、その後さらに拡大。
71oZazHvFJL._SY445_今やテレビを買うと最初からリモコンにネット局が登録されていたりしますし、AmazonやNetflixはハリウッドの何倍もの制作費を投じて作品を量産しアカデミー賞にも食い込む勢い。

さらにAppleやYoutubeもオリジナル有料作品に参入という状態です。

そんな状況でキラーコンテンツのひとつが「グルメ」。
たくさんのグルメ番組があります。地上波でもグルメ関連はテッパンですよね。

その中でも特に人気もあり、私も大好きなグルメドキュメンタリーが「シェフのテーブル」。

全シリーズの制作をデビッド・ゲルブが行っていて、この方、こちらはレンタルなどでも観ることができますが、東京・銀座の名店「すきやばし次郎」の店主で寿司職人の小野二郎さんに密着したドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」で評判をとった監督。

この映画がまた、外国の目から見た日本の奇跡、寿司とそのベテラン職人の至高の技と生き様に迫って好きな作品です。なによりその鮨の美しさときたら!

その美しさで今度は世界中の超一流シェフに迫ったのがこのシリーズです。

名店中の名店イタリア・モデナのレストラン「オステリア・フランチェスカーナ」のマッシモ・ボットゥーラに始まり第一シーズンはイタリア、アルゼンチン、オーストラリア、スウェーデンと続きます。現在5シーズンとスピンオフが1シリーズ40作品くらいが公開中です。

公式プロモーション動画です。本編ではちゃんと日本語編になっていますよ。

一言で表現するとテレビ「世界遺産」の美しーい画面で「情熱大陸」風に密着した作品って感じですが、出てくるシェフが超一流で人間も料理も揃いも揃って超個性的かつ、映像詩のように格調高く表現されていますのでなんか「すげーもん見せられてんな」と思ったり、気がつくとすごく普遍的な教えを与えられたような気になったりするわけですね。

世界の最高峰のシェフの料理は時に「これは料理なのか?」と思うこともつどつどあり、シーズンを重ねるごとにその店のバリエーションと国は広がって、メキシコの街のスタンドの料理さえそこには国際問題の深い闇が潜んでいたりします。

好きなエピソードはいくつもありますが、一番びっくりしたのは第3シーズンに登場した韓国のチョン・クワンですかね。

いきなり「私はシェフではありません」と始まって、レストランを開いていないし、料理学校に通ったこともないと続いて「どーゆーこと?」と思います。この方尼僧、お坊さんなわけですね。えーー!てなもんです。しかし、ミシュランの星を獲得した世界中のシェフたちが精進料理を求めて殺到するということなんですが、もはやこの回ヒーリング番組。

映画的で知的好奇心も刺激されるこのシリーズ。機会があればぜひ見ていただきたいですねえ。

観ることができない方には「二郎は鮨の夢を見る」をどうぞ。

今週はここまで。
また次回です。

2018年10月 9日 (火)

10/9 火曜日ラジゴン

みなさんこんにちは!

 

豆苗にピンクのドロドロ事件は終わりを迎えました...

みなさんは種の部分までヒタヒタに水をあげないようにしてください!!

お水は根っこのところまでですよ!!!絶対です!!!ADまゆこです◎

 

今日はゲストが2組いらっしゃいました❗️

 

1組目、13:00台のゲストは「東方神起」のお2人でした✨ 

Photo_4


 

 

スタイル抜群です!かっこいいです♪

ベッドを変えたいというユンホさんと、お家の食器を変えたいというチャンミンさん

プライベートが垣間見えたのではないでしょうか!

ステキなお2人でした✨

 

《《《リリース情報》》》

NEWアルバム「TOMORROW」

9月19日リリース済み

◆東方神起、再始動後、初となるオリジナルアルバム 

 

NEWシングル「Jealous(ジェラス)」リリース決定!

11月21日リリース

◆初回限定豪華盤

CD+PHOTBOOK

・A4サイズ特殊ジャケット&PHOTBOOK(A4・24P)

・ジャケットサイズカード封入(全6種類のうちランダム封入)

※通常仕様の12cm×12cmのジャケットサイズカード 

◆CD ONLY(初回盤)

・ジャケットサイズカード封入(全6種類のうち1枚ランダム封入)

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルサイトを要チェックです☝️

 

〈公式HP

https://toho-jp.net/

 

今日のがちゃぽんゲストは「永井龍雲」さんでした✨ 

 

Photo_5


 

 

ジョギングが趣味だという永井さん!

10キロも走るそう!すごいです!! 

ダンディーな方で、とってもステキでした! 

 

《《《リリース情報》》》 

デビュー40周年・還暦アルバム「オイビト」 

12月13日リリース

 

《《《ライブ情報》》》

永井龍雲 LIVE 2018 「オイビト」

〈福岡公演〉

11月4日(日)   OPEN 15:00   START 15:30

◆会場:レソラホール(福岡市中央区天神・レソラ天神ビル5F)

◆チケット:前売り絶賛発売中!

◆お問い合わせ:サイキ(092-555-4999)

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルサイトを要チェックです☝️

 

〈公式HP

https://ryuun.net/

 

今日の番組テーマは「これを変えたい!」でした❗️

私の変えたいもの!メガネです!

私は普段コンタクトで、お家に帰るとメガネになるのですが、

先日そのメガネ、鼻にのせるところがポロッといってしまいました(笑)

すぐにメガネを買いに行ける時間がなかったので、

グリグリグリと無理やり戻したまま、今に至ります(笑)

耳にかけるところの塗装(?)もはがれていたりするので

いい加減変えなきゃとは思うのですが...

お気に入りの形だったり、メガネを買おう!という気持ちにならなかったり

色々と先延ばしいなっていて...

今週、行ってこようかな〜と考えていますが、

また先延ばしになる気がします(笑)

みなさんは変えたいもの、ありますか??

 

来週もがんばります!

10/8 イオンモール大牟田公開生放送!

みなさんこんにちは!

 

ADまゆこです◎

 

今日はイオンモール大牟田で公開生放送でしたーーーーー✨✨✨✨✨✨

観覧に来てくださったみなさん!放送を聞いてくださったみなさん!

本当に、本当に、ありがとうございます!!

 

 

  

1組目、13:00台のゲストは「メロフロート」のみなさんでした

 

Photo

今日のテーマ「スポーツバンザイ!」ということで 

スポーツに関するお話をお聞きしました! 

3人とも野球をされていたということで濃いエピソードが続々出る中、

KENTさんは“2人を超える話はできない!”と

怯えておりました(笑) 

 

 

《《《リリース情報》》》

NEWアルバム「ON THE ROAD 2」 

9月26日リリース

◆初回生産限定盤(CD+DVD・MV収録) 

 通常盤(CDのみ)

◆約1年ぶりの2ndアルバム。

 TVアニメ「BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATION」 

 エンディングテーマ「僕は走り続ける」 

 敬愛するFUNKY MONKEY BABYSのカバー「悲しみなんて笑い飛ばせ」など収録

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルサイトを要チェックです☝️

 

〈公式HP〉 

http://meloflo.jp/  

 

 

 

 

2組目、14:00台のゲストは「ぱんち☆ゆたか」さんでした

 

Photo


クイズタックルでの4択問題はぱんち☆ゆたかさんに関する問題でした!

今日のゲスト3組のファンの“さやかさん”が見事正解!!

ライブではステキな歌声でみなさん涙...sweat02 

とても楽しいお時間でした!

 

《《《リリース情報》》》 

NEWシングル「あなたに贈る歌」

4月25日リリース

 

《《《ライブ情報》》》 

ONE MAN TOUR〜九州編〜ワン・ツー・ぱんち! 

〈熊本公演〉

10月21日(日)   START 17:00 

◆会場:DJANGO(ジャンゴ) 

◆料金:前売980円 当日1,480円(+ドリンク代500円)

 

〈長崎公演〉

11月23日(金)   START 17:00

◆会場:Studio DO!

◆料金:前売980円 当日1,480円(+ドリンク代500円)

 

〈大分公演〉

12月15日(土)   START 17:00 

◆会場:Bitts HALL

◆料金:前売980円 当日1,480円(+ドリンク代500円)

 

〈佐賀公演〉

2019年1月12日(土)   START 17:00 

◆会場:RAG-G

◆料金:前売980円 当日1,480円(+ドリンク代500円)

 

〈鹿児島公演〉

2019年1月13日(日)   START 17:00 

◆会場:SR Hall

◆料金:前売980円 当日1,480円(+ドリンク代500円)

 

〈福岡公演〉

2019年3月19日(火)   START 17:00 

◆会場:Zepp Fukuoka

◆料金:前売980円 当日1,480円(+ドリンク代500円)

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルサイトを要チェックです☝️

 

〈公式HP

http://punchyutaka.jp/

 

 

 

3組目、今日のがちゃぽんゲストは「ファンキー加藤」さんでした

 

 

Photo_3

  

前日は会場であるイオンモール大牟田にきて 

スイーツを食べ、GUに行って靴下を買ったというファンキー加藤さん!!

衝撃なお話に涙するファンの方!!

これからイオンモール大牟田がファンキー加藤さん聖地になる...かも?? 

 

《《《リリース情報》》》

NEWシングル「希望のWooh」

9月26日リリース

◆初回限定盤CD+DVD(希望のWooh・VIDEO CLIP&メイキング映像、

                        Kato Tube、他収録)

 通常盤(CDのみ)

 

《《《ライブ情報》》》

全国3rdホールツアー「希望のWooh oh TOUR」

〈福岡公演〉

12月21日(金)   START 19:00

◆会場:福岡市民会館(大ホール)

◆チケット:一般発売(11月24日(土))

◆お問い合わせ:キョードー西日本(0570-09-2424)

◆今月13日(土)の埼玉公演を皮切りに全国10都市を回るツアー

 

そのほかの詳しい情報はオフィシャルサイトを要チェックです☝️

 

〈公式HP

http://funkykato.com/

 

 

 

 

今日の番組テーマは「スポーツバンザイ」でした❗️ 

私は、バレーボールをしていたんですが、

たまーーーーーーにとっても体がうずうずしてバレーがしたくなります!

ただ、バレーは1人でできるものじゃないのでなかなか実現せず...

外でするにしても、滑りたがりの私はなんとなく物足りない...

充実したバレーボール生活には程遠いのでした...

 

そして、放送終盤、会場ではなぜかブッチさんと西川さとりプロデューサーによる

“お絵かき対決”が開催されました(笑)

西川さんはどうやら画伯なのだそうで...(笑)

お題は“野球少年”!

スラスラと描いていくブッチさんと、自分で描きながら笑っちゃう西川さんconfident

 

Photo_2

本家より本家な昭和の野球少年!

こめかみに謎のドリル付き野球少年(笑)

上手すぎるブッチさんと、画伯すぎる西川さんでした...(笑)

 

明日もがんばります!

2018年10月 5日 (金)

10月4日 木曜ラジゴン

木曜ラジゴン、いかがでしたか?

Raji20181004

ゲストは、上野香織さんでした。

北九州市出身で、現在はニューヨーク在住のジャズ・ピアニスト。

長年の夢を着実に達成していっている方です。

がちゃぽんの質問は、「あなたが探しているもの」

上野さんは、よくアクセサリー、特にイヤリングやピアスをなくしてしまうとのこと。

山田優子も首をブンブン縦に振っていましたが、TOGGYはダメ出し。

たぶん、なくしたことよりも、なくした場所で

修羅場になることを心配しているんじゃないですか。

 

さて、上野香織さんですが、

11月1日に、セカンドアルバム「Destinations」がリリースされます。

こちらも夢だったニューヨークでクインテッドでのレコーディング。

参加ミュージシャンは、ノア・ジャクソン(ベース)、ダリアン・ダグラス(ドラム)

シャリーフ・クレイトン(トランペット)、

チャド・リフコウィッツ・ブラウン(ソプラノ&テナー・サックス)です。

 

そして、セカンド・アルバム発売記念ツアーも決定しています。

10月17日(水)北九州芸術劇場 中劇場 18:15開場 / 19:00開演             

こちらは、クインテッドでの登場。

そして、ノア・ジャクソン(ベース)、ダリアン・ダグラス(ドラム)との、

ピアノトリオでのツアーは、

10月25日(木)Jazz Inn New Combo 19:00開場 / 20:00開演 

10月27日(土)SPACE for you Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ(with 三尾ふき子(vo))     

              田川郡添田町添田1018−13 18:30開場 / 19:00開演

ぜひ、素敵な音色を聴きにお出かけ下さい。

 

上野香織さんに関する詳細は、公式サイトへ

https://kaoriueno.com/

 

 

木曜ラジゴンでは、

格言の泉、ニュースがぶり寄り、テーマなど、

皆さんからのメッセージ、お待ちしています。

rajigon@fmfukuoka.jp

 

来週もお楽しみに!

 

2018年10月 3日 (水)

間取りに思いを馳せる水曜日

IMG_7590-001

今日のゲストは九星隊のみなさん。
今年1月以来の登場です!

1年ぶりとか言ってましたけどまだ1年経ってなかったです。でも久方ぶりにお会いすると見違えるような華やかさ。正直びっくり。確実にレベルアップしてますねえ。

でも、お話は変わらず。前回も今回もついつい口が滑りガチな楽しい雰囲気にさせてくれるみなさんです。


ゲストの出演部分はこちらから→  http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20181003151603

(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)


九星隊(ナインスターズ)はTV番組の『バリすご8』内で2017年5月20日に結成された山口託矢さん(赤)、大池瑞樹さん(青)、中村昌樹さん(黄)、藪佑介さん(紫)の4人組です。九州7県2188名の中から選抜された選りすぐりのイケメン野郎さんです!

今やテレビやCMなどでの活躍ですっかりおなじみではないでしょうか。

「毎週リリースイベントだったり少しづつ隊員の皆さんも増えてきているかなと」

街でも声かけられるようになったでしょ?と言うと、4人共顔を見合わせてものすごい困惑顔。

「全然ないです」

おう!自信もてよ!と背中をどつきたくなる控えめさ。そのたびにニコニコニコッと笑うんですよね。相変わらず普通っぽい親しみやすさは変わらないんだなあと思わず笑ってしまいました。

今日のガチャポンの質問は「あなたの間取り」。

みなさんのプライベートが垣間見えそうな、それぞれのお部屋についてご質問。

ここで面白かったのは藪さんだけが物が多い部屋で、あとの3人はなにもないシンプルな部屋だと答えたアタリでしょうか(詳しくはタイムフリーを聞いてくださいね)。手の届く範囲に全部置きたいというお答えにちんはとても共感。わかりますわかります。一方、バンさんはご存知の通り山口さん、大池さん、中村さん派でございます。

Printそんな中で大池さんはよくよく聞くと「僕はものがないほうが好きなんですが、お母さんが勝手に色々もちこんで棚を作って」と、かなりトリッキーなお答え。名古屋出身の大池さん、お母さんの愛を拒む理由もなく棚が増えていってるんでしょうねえ。面白い。

さて、そんな皆さんの最新シングルは10月9日発売の「Reach for the STARS」です。

「僕らのはじめての夏ソングなんですけど、辛いことがあっても笑って前に進んでいこうという前向きなメッセージがあって、タイトル通り星を掴みにいく、一番を狙いに行くという願いを込めています」

MVも地元である福岡で初のロケ撮影を行っていて、メンバーが色んなアクティビティにチャレンジしてみたり、馴染みの場所なのになんだかすごーくかっこよくて楽しい作品になっていて、こちらも注目です。

九星隊 3rd Single「Reach for the STARS」リリースイベント

10月6日(土) 福岡・博多リバレインホール ①14:00 ②16:00 ③18:00
10月7日(日) 福岡・HMV&BOOKS HAKATA ①14:00 ②16:00 ③18:00
10月9日(火) 福岡・レソラホール ①13:00 ②15:00 ③17:00
10月10日(水) 福岡・HMV&BOOKS HAKATA ①14:00 ②16:00 ③18:00
10月11日(木) 福岡・HMV&BOOKS HAKATA ①14:00 ②16:00 ③18:00
10月12日(金) 福岡・ミュージックプラザインドウ2Fイベントスペース ①13:00 ②15:00 ③17:00
10月13日(土) 福岡・ベイサイドステージ (博多埠頭) ①13:30 ②15:00 ③17:00
10月14日(日) 福岡・レソラホール ①13:00 ②15:00 ③17:00

全部3ステージでぎっしり!すごいっすねえ。
それぞれライブ、撮影会、お話会などあるようです。日によって内容異なる場合もありますのでまずは公式ページでご確認くださいね。

そして待望の初のワンマンライブも決定!即ソールドアウト!おめでとうございます!

『九星隊 初陣乱舞』
会場:BEAT STATION
11月10日(土)開場17:15 / 開演18:00


4人それぞれ気合も十分!いろいろ新しい試みも準備しているとのこと。コレは楽しみですねえ。

ちょっとバタバタしつつお届けましたが、多分すごーく蜜に活動しているこの時期に疲れも見せず元気いっぱいお話してくれた九星隊のみなさん、本当にありがとうございました。

そしてこの日のためにかけつけてくれたファン、もとい隊員の皆さんもありがとうございました。

いや本当に応援していきたいです。

九星隊(ナインスターズ)OFFICIAL SITE (外部リンク)

IMG_7592

今日のメッセージテーマは「間取り」。

正確にはお部屋の配置のこととなるんでしょうが、今日はそんなお部屋の構造や家具の配置までうちに関することを募集しました。

ちんは間取り図を見るのが結構好きで、一体実際はどうなってんのこの間取り!なんて思いながら時間が過ぎていくのもいいですね。暇ですし。間取りには夢がありますよ!

あるじゃないですか「ウチってどうしてこうなってるんだろう!」ってイライラする事や、家には不要ななぞの空間だけど、なんかここ好きなんだよなとかね。

なんであんなとこにドアがあるんだろう?って近所のウチを見上げたり、決して開けることのできないなぞの窓、もっとこんな間取りだったら幸せなのに。とかね。

私の家だと自分の仕事部屋から出る時に必ずヘッドフォンのケーブルか、ショルダーバッグのベルトが扉の取手に綺麗に引っかかって持っていかれるという、ひじょーに不愉快な構造だったりします。なんどヘッドフォン壊したことか。スペースの狭さとか家具の配置とかがびみょーにそうなるように持っていかれるわけですね。だいたいさわやかに朝がスタート「しません」。ええ。

さてみなさんからの間取りメッセージ。出足はイマイチだったんですが後半になるにつれ順調に増えていきまして、面白いなあと一人笑ったりしておりました。

5LDKに母親と妻と子供8人で住むご家族。それなりにお部屋もあるはずだけど、成長とともにスペースはなくなる一方で大変。お父さんの寝室はダイニングです

玄関のそばに勝手口があったり、いらない吹き抜けのおかげで意外と住みにくいご家庭。ありそう。

どうしても手が届かない収納棚、ばかりが収納スペースって家もちょっと嫌。

極めつけは、引っ越した先には倉庫付きの牛舎がありました。ってそんな家あるー!?
このお話については、「馬は免許いるのかいらないのか」」なんて話になりまして「軽自動車と一緒だから普通免許で行けそう!」なんて盛り上がっておりましたらリスナーさんより「馬は軽車両扱い、軽自動車と違いますよ」なんて指摘いただいておバカが露呈してしょんぼり。なんて一幕もありました。恥ずかし。ご指摘ありがとうございます。はい。

いろいろあって楽しい今回のテーマ。みなさんありがとうございました!

ちなみにチョッコレで紹介した間取りに関する本は、

フィクションの間取り解説本

  • 名作マンガの間取り [新版] 単行本 – 影山 明仁(SBクリエイティブ)
  • 映画の間取り 単行本(ソフトカバー) –WOWOW「映画の間取り」編集部 (扶桑社)
  • 海外ドラマの間取りとインテリア – 小野 まどか、イエマガ編集部 (エクスナレッジ)

間取り恐怖本

  • 事故物件怪談 恐い間取り 単行本 – 松原 タニシ (二見書房)

間取り小説

  • 間取りと妄想 - 大竹昭子(亜紀書房)

おかしな間取りを集めた本

  • ヘンな間取りGOLD - ヘンな間取り研究会(イースト・プレス)

私の間取り本のバイブルです

  • 間取りの手帳 - 佐藤和歌子 (リトルモア)
    (現在はちくま文庫『間取りの手帳 REMIX」として文庫で入手可)

IMG_7595

今日のチンタメは「音を立てたら即死」のキャッチコピーでヒット中「クワイエット/プレイス」をご紹介しました。

低予算ホラーの当たり年、そんな中でも「これは面白い!」と事前に大評判だったのがこの作品。実際は日本の映画に比べれば低予算ってわけでもありませんが、低予算B級ホラー/サスペンスのすっげえ面白いヤツ!っというイメージですね。QP-ja-poster-sq-1024x1024

ジャンルとしては壊滅後の地球ジャンルのSFサスペンス・ホラーってかんじでしょうか。

映画は「89日目」。
どうやらある日を境に宇宙から何かがやってきてあっという間に地上はほぼ絶滅状態らしい。
その「なにか」は音に反応して、ちょっとでも音をたてると飛んできてあっという間に殺されてしまうようだ。

それは外でも家の中でも同様。

そんな中で生き残っている家族。
父親と母親、3人の子供。

とにかく音を立てないように生きている。壊滅した街で食料や生活用品を探しに行くのも、家で食事するのも遊ぶのも全部音を立てず会話は手話。

皿は葉っぱでナイフやフォークも使わず手で。足はいつも裸足でそーっと歩く。

そんな家族なのに母親は妊娠している。
さて、この家族「なにか」から逃れつつ生きのびることはできるのか。無事、妊娠出産できるのか。

そんなお話です。
もうとにかくアイディア一発。とにかく音を立ててはいけない。

ど頭で音立てたらどうなるのか、この上ない衝撃的な展開で観客全員にルールが周知徹底されます。
そんなわけで映画の中でもほぼ声はなく全部でたぶん15個くらいしかセリフもないですから。

「カサっ」とでも音が立ったらひゃぁぁぁ!ですし、廃墟のスーパーの棚のクスリを取ろうと伸ばした手の先がプルプル震えているだけでもドキドキ。

つまり、普通なら当たり前のことが全部サスペンスになるって、こことってもうまいですねえ。

ていうか映画の中以上に、客席が緊張しちゃって。
そんな中でコンビニ袋「カサ」っていわしたり、静かすぎて睡魔に負けて大いびきかくおじさんに悲鳴が上がったり、こっちも大変なわけですよ。

そんな無音こそが主役の映画ですがそこに関しては、予算は限られている中でもアカデミー賞にノミネートされたこともあるエリク・アーダールとイーサン・ヴァン・ダー・リンの2人に本作のサウンド・デザインを依頼とこだわっています。

そんでもってそんな映画でありながら、意外とストーリーや細かい部分はスキだらけってのもいかにもB級。

「おいおいそれが良いなら最初からそうすれば」とか「ちょい、音すげー出てますけど」みたいなツッコミどころ満載もお楽しみ。

まずもってなにより、「なんでこんなご時世に子供つくるかね」という超ツッコミどころもありますし、まあ映画を見ると気持ちわからなくもないんですよ。だけどね。

この映画ではそんなツッコミどころも映画のサスペンスを積み上げる要素になっているわけですね。お腹に子供いるってことは、これから出産しないといけないじゃん!泣くのが仕事の赤ちゃん育てるわけじゃん!そんなの無理っしょ!とかね。

子どもたちも割合好き勝手しつつ、あっちにこっちにストレスたまるわけですが、だから面白い!どうやって解決するのかできないのか。

そこらを「家族愛」でホロリとさせつつこの映画はラストに向かって走ります。

やあ、楽しいですね。ぜひこれは映画館で見るのが正解。

ちなみにそんな声を出さずに演技するみなさん、それぞれに良いんですが、お父さん役のジョン・クランシスキー。この方がこの映画の脚本と監督を行っていて、お母さんのエミリーブラントが奥さん。実はリアル夫婦なんです。そりゃ説得力ありますねー。

割合手弁当感強いというか、インディペンデント魂あふれるというか。
でもこの二人、ハリウッドのセレブカップルですし、この映画を制作しているのは『アルマゲドン」から「トランスフォーマー」まで火薬を無駄遣いさせたら世界一、ハリウッド随一の大作魔王マイケル・ベイだったりして、なかなかそこらも味わい深いです。

なんかちょっといい感じで楽しいヤツをご所望の方にはおすすめですよ。

今週はここまで。
また次回です。