木曜ラジゴン

2017年8月10日 (木)

インスタ映えたい、盛り倒したい。

IMG_1344IMG_1347

今日のゲストは DISH// これまで何度もラジゴンには登場しておなじみの4人組...5人になっていた!

今年元旦のライブで元カスタマイZのドラマー、泉大智さんが新加入したんですねえ。
いつものようにたくさんのスラッシャー(ファン)が集まってものすごい圧。

ちんみは2年ぶりということになるんですが、メディアなどでも見るたびにグングン人気と実力が上がっているのがわかります。ちょい嬉しいです。

「傍から見ると順調に見えるかもしれないけど、ひとつひとつ積み重ねた結果が急上昇に見えるだけです」

そんな答えがスッと出てくるのがまさに成長。
「ホームはショッピングセンター」つってものすごい数の会場を回っていたのが数年前、チャンスがあればどんなステージでもバラエティで体張ることもいとわずにやってきた今でもありますね。IMG_1344-001

新加入のDAICHIさんも早くもグループに馴染んでいる様子。

まずは新曲の「僕たちがやりました」の衣装についての質問から。
ドラマと曲に関連した漢字が散りばめられた衣装は首周りの処理が違うコート仕様で...アツそう。秘密を一つ教えてくれました。

裾のあたりにQRコードがあって、コレ実際に読み取れるそう。その先は秘密だとか。イベントなどでチェックしてみてくださいね。

今日のガチャポンの質問は「夏休みがあったら何をしたい?」。

とにかく多忙、今は特にそれぞれの活動をしながらプロモーションにも忙しい時期だから、おやすみなんてとんでもないって時期だけに。もし、お休みがあったら何がしたいでしょう?

答えはひとつ「メンバー全員でないとプールに行きたい!」。

全員でって、仲良いんだろうなあやっぱり。
みんなホントは遊び盛りの年頃ですから、はやりのナイトプールでハシャギたいってそりゃそうですよね。それでも今はストイックに頑張っている皆さんです。

649そんなみなさんの10枚目のシングルが話題の『僕たちがやりました』。8月16日発売です。

『週刊ヤングマガジン』で連載されていた人気マンガを窪田正孝主演でドラマ化『僕たちがやりました』の主題歌です。

作詞作曲がOKAMOTO'Sのオカモトショウさん、編曲もOKAMOTO'Sでレコーディングでも完全バックアップというのも注目。

「ドラマの世界観と連動しつつ、DAICHIも加わったDISH//にとってこれからの軸となる曲ができました」

レコーディングでも自分たちのアイディアもぶつけつつ共同作業を通しての経験も大きかったそうで、自分たちにとって大事な曲になったことを強く感じているようです。

優子さんはMVもお気に入り。カッコイイっすからねえ。ぜひ御覧ください。

今やしっかり成長してバンドとしてのアイデンティティも確立した感のあるDISH//を強く感じます。おじさんも感慨深いっす。

さらに「僕たちがやりました」の主要キャスト・窪田正孝、間宮祥太朗、葉山奨之、今野浩喜と、DISH//とのスペシャルユニット“DISH//と凡下高がやりました”での配信や動画も公開されていますからこちらもぜひ注目を。

そんなわけであっという間に時間が過ぎてしまいました。
そういえばDISH//としての活動はもちろんそれぞれの他のフィールドでの活躍もめざましくて、役者としてはいろんな映画やドラマで見かけるようになりましたねえ。

とりわけ北村匠海さんは今大ヒット中の映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」での主演に続いて、10月14日に公開されるムサヲ原作のマンガの映画化「恋と嘘」にも出演と大活躍、同映画では矢部昌暉さんも友情出演とその勢いは留まることを知らず。

次にお会いするときにはまた大きくなっているのかな。

最後にいつもものすごい熱をもって集まってくれるスラッシャーのみなさん。
今回もアツい応援ありがとうございました。

そして帰り際もきちんともとに戻して確認してと例によって見事な対応。

DISH//もスラッシャーもまたぜひ遊びに来てくださいね。

DISH//公式http://dish-web.com/ 外部リンク)

P1030918

今日のメッセージテーマは「インスタ映え」。
夏休みですしみんなでインスタ映えするスポットやお店、モノなんかを教えてください!っていうテーマでした。

「インスタ映え」って改めて説明すると、今若い女性を中心にTwitterやFacebookなんかよりブッチギリに人気がある写真共有サービス「Instagram」がありまして。

みんないかにインスタ(Instagramのこと)で人より目立つカッコイイ写真を取るかに腐心しているのですね。多くの人が支持される写真は多くの人に共有されて、結果そのお店やメニューなんかがあっという間に人気になるなんて現象も置きています。

お店や観光地なども最近では、インスタで撮りたくなるようなやたらと盛ってみたり、やたらと派手に飾り付けたり個性的なメニューを作ったりするのがブームに。観光地や娯楽施設、フェスにイベントとみーんなインスタを意識したプロモーション一色になってしまいました。

つまりInstagramで公開する時に「映える」ことを「インスタ映え」というわけですね。

で、今回募集してみたんですが、意外な事実に気づきました。

木曜ラジゴンのリスナーはインスタやってる人自体が少ない!
これが誤算。というかいくら流行っているからといって、全年齢のすべての人がやっているわけではもちろんないわけで。ちょいと先走りすぎちゃいました。

とはいえ、今週も多数のメッセージいただいていますよ!

そして今回はみなさん実際に写真を付けていただいてこれがまた楽しい。
福岡ってインスタ映えする場所多いんだなあ。
糸島方面なんてインスタスポットだらけですねえ。

びっくりしたメニューの写真も楽しかったですし、自慢の風景写真なんてのもホントに目の保養。

なんですが、こと今回に関してはインスタ映え以上に自分と周辺の自慢写真みたいなのが多くて、これが結構愉快でした。

ヲタクグッズでぎっしりの自分の部屋(これはインスタ映えといって良さげな迫力)、水着のシーズンに向けて10キロ以上減量した「男性の」腹の写真、自慢の子どもやペットの写真などなど...

ちっともインスタ映えないけどさ!すっごく楽しくて最高だったよ!

ラジオで写真の紹介するってのも楽しい今回でした。

そして、今日の「チョッコレ」では優子さんが「インスタ映えする盛れるポーズ」についてご紹介。

自撮りする時に流行りの「ポーズ」ってあるんですね。
いずれも自分を小顔に、可愛く見せるためのポーズなんですが、今日は優子さんがそのポーズについて教えてくれました。

「絶対盛れる!」っつうんで、ちんみもやってみました。

P1030889P1030891P1030898

ハムハムポーズに、シースリーポーズ、おなじみ虫歯ポーズ。

P1030894P1030900P1030905

片目隠しに指ハート、そしてバンビポーズ。

なんすかねー。
顔やっぱりでっけーな!俺様!
ていうか、最後のどこが「バンビポーズ」なんでしょう。

P1030906b

バンビと言えばこれでしょ!

プルプルプルプル震えながらオウオウいいながら立つんでしょ。

違うのかな。

やってはみたけど手応えのないインスタ映えでした。

でも実際Instagram観てみるとこの手のポーズでいっぱいなのですよ。是非一度ご覧あれ。

今週はここまで。また次週でーす。

2017年8月 3日 (木)

僕たちが旅に出る理由。お休みもらったからだと思うけど。

IMG_1207

今日のゲストは3人組ガールズバンド、PIGGY BANKSからyokoさん。

ソロとして圧倒的なボーカルを聞かせていたyokoさん、同じくソロとして、そしてキノコホテルやトーキョーキラーでの活躍していたkemeさん、元GO!GO!7188で鹿児島在住のakkoさんの3人。

パワフルでキュートな『ドゥ シュビドゥバイン』を発売したばかりです。

スタジオに入ってきて「こんにちはー」って第一声があんまりカッコよくて、「声がカッコイイです!」と思わず言ってしまったちんみです。だいたい私、こどもと一緒です。まんまです、まんま。

ちなみにyokoさんは「ハスキーなんで可愛い声に憧れるんですけどねー」つって笑ってましたけどね。

radikoタイムフリーで聴く! → http://radiko.jp/share/?sid=FMFUKUOKA&t=20170803151658

とにかくこのバンド、yokoさんとkemeさんが東京、akkoさんが鹿児島で東京まで飛んでくるというなかなかすごい形で活動しているんですけど、さらに昨年8月からはakkoさんは産休中。

私、すっごいなと思ったのはどんな状態でもどんな形でもバンドは一切立ち止まらないんですね。ライブもフェスもレコーディングも前進前進。カッコイイでしょう?
それって3人組のバンドとなると意外とありそうでないと思うんです。

「迷いないんですよね。女3人ですし普段からそんな話しててそん時はそん時でやろうって話してて」

って、ガールズバンドならではのお話も。
piggy
今日のガチャポンは「行ってよかった場所」。
yokoさんが学生時代に行った2週間のヨーロッパの家族旅行のお話。

ご両親が突然言い出して、yokoさんはともかく二人の弟さんは家族と距離を置きたいお年頃。それでも無理やりグイグイ引っ張り出されての旅行だったそうですが、結果的にすごく良かった。今でもその時の話題が楽しくて良い思い出だそうですよ。なんていい話。

時に親の強引なリーダーシップで突き合わせるのも必要なんですねえ。

さて約1年2ヶ月ぶり2作目となるアルバムが発売中の『ドゥ シュビドゥバイン』です。

前作「タイムスリラー」はゴリっとした男前のロックを聞かせてくれましたけど、今作はかなり印象が違ってブラックミュージックやバラエティに飛んだサウンドと歌が楽しめる1枚。

「今までにないチャレンジをしたくて悪戦苦闘したんですけど、楽しみながら作ることができた」

とyokoさんも満足そう。

なんたってyokoさんのボーカルが耳を捉えて離しません。
ありそうでなさそうな、圧倒的に「湿度が低い」と思うんですよね。ものっすごく湿度が低い。しっとりしたバラードを歌っても風通しが良いですし、「ギャー!」と叫んでも少しもウザくない。湿度が低いから。と、個人的には思ったんですけどみなさんはどう感じるでしょ。圧倒的な個性だと思うんですよねー。

その上でのバンドサウンドも含めてとっても個性的ですごく良いです。

ライブもみたいな~と思うんですけど、福岡はもう明日。

「シュビドゥバインツアー」@福岡VooDoo lounge
2017年8月4日(金) OPEN18:00 / START18:30
出演:PIGGY BANKS / THE BLUES ONE NIGHTS / BUGY CRAXONE / THE STEPHANIES

「今回九州編は力が入っています!」とのことですが、8月6日(日) の鹿児島SR HALLでは産休中のakkoさんも参戦!とのこと。こちらもたのしみですねー。

さらに9月のイベント「水曜日のアコースティックな夜」にはyokoさんとkemeさんがMINNY BANKSとして登場です。

「水曜日のアコースティックな夜」@福岡Voodoo Lounge
2017年9月27日(水) OPEN 19:00 / START 19:30
出演:MINNY BANKS(yoko,keme) / TAKUMI / TANYとYANO / オオクボT / オクムラユウスケ / フー / モンシェリー湯川

yokoさんのお話は楽しくってですね、この他にも「PIGGY BANKS」の由来は、yokoさんが実はガチの世界中のブタの貯金箱コレクターであることに由来していることなんかも最高だったんですが、今回は時間切れ。

また近いうちに来て欲しいなあ。
ありがとうございました!


PIGGY BANKS WEB(外部リンク)

P1030856

今日のメッセージテーマは「世界の行ったところ」。

もうお盆休みも間近ですしね。
今年は8月11日の金曜日が「山の日」なんで土曜日もお休みの会社なら普通に6連休。ってところも多いよう。上手に公休など使えばなんと10連休って人も。

今年は海外旅行も多そうですねえ。

ですから、今日はみなさんに海外旅行のエピソードやオススメ、注意事項などを参考にみんなでシェアしようというものです。まあ、イチから海外旅行の予約も今からでは難しいかもですけれどもねえ。

ちんみも優子さんももっぱら東南アジア方面ばかりで偏っていることが判明。

ちんみはもうサッパリ。海外なんて10年近く行ってませんけども、その前はバリばっかり行ってた時期がありまして。「バブルですねー」なんて言われちゃってましたけど、結構借金して貧乏旅行だったりして。本当にハマっていたんですよねえ。

だから海外旅行に頻繁に行く方たちの気持ちってなんとなくわかります。

やっぱり多かったのはハワイ・グアム。
改めて思ったんですが、ハワイとかグアムって「もう日本」ですね。

家族旅行やちょっとした感じで行ってる人多っ。ほぼ日本語で不自由しないですし、海外気分も味わえるし今回もとてっても人気ありました。

やっぱり行ってよかったとなると、リゾート地というのは多くてフィジーにニューカレドニア、タヒチ、セブ、プーケット。

どんなエピソードも羨ましい...

バリやセブ、プーケットもそうですが、アジアに素敵な場所はたくさんありますし、九州からだと比較的近いアジア圏も大人気。

海やリゾート地はもちろんですが、今回は特に台湾のエピソードも多かったですねえ。韓国は今回は少なかったですからそれに変わるように台湾の楽しい話題というかんじかもしれません。

台湾も良いんですよねえ。行きたい!

その他にもイギリス、フランス、スペインといったヨーロッパ周辺の旅行は数は少なくともインパクト抜群。ここ一番、一度は行ってみたい場所ですねえ。

国内だって負けていません。

北海道、金沢、長崎、四国そして日本きってのリゾート地でもある沖縄。

家族旅行に、仲間やカップル。
バックパックで長距離一人旅のお話なんかは、若い時こそ行っとくべき(だった)とまた別の意味で羨ましく感じました。

楽しい思い出も失敗した想い出もいずれも、そうですね、羨ましい。
旅ってのは実際行った人だけしか手に入れることができないオンリーワンの想い出を得ることでもありますね。

本当に旅に出たくなる。そんな今回のメッセージテーマでした。

みなさんは今年はどこかに行っちゃう?
楽しいお土産話、お待ちしてますよ。

P1030857

今週はここまで。
また来週です。

2017年7月27日 (木)

幸せってなんだっけなんだっけ。

IMG_1107

今日のゲストはTHE STARBEMS、日高央さん。

あのBEAT CRUSADERSの!というのも今は昔。
2010年に散開してもう7年もたつのですねえ。

「やっと最近、さすがに言われなくなりました」と笑う日高さん「MAN WITH A MISSIONの正体は僕じゃないかとは訊かれます」と強烈なパンチをいただきました。

そういう噂があったんですよねー。可愛い後輩です!のとのこと。

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

BEAT CRUSADERSの陽性のパワーポップから一転、早くてウルサイ、つまり怒りをガソリンにパンクでラウドに疾走する音楽をひたすら追求してきたこの5年くらい。

日高さん自ら現場のマネージメントから運転まで自分たちでやりながら全国を回ったりして。
「原点に返って改めて思うこと多いです」とそれはそれで楽しそうです。

そんな日高さん「今までで一番幸せだったこと」というガチャポンのテーマに対しては「仕事で高橋幸宏さんと一緒になること」とちょっと意外なお答え。

starbems_jkt-300x300そこからもともとYMOの高橋幸宏ファンで、それ以降のソロも含めてものすごく影響を受けているんだそうで、日高さんが今でも英語で歌うのは幸宏さんがそうだったからってことも大きい、と意外な告白。音楽仲間が幸宏さんとよく仕事をしていることにも「ジェラってますから」とガチの幸宏ヲタの溢れる愛が止まりません。

さて、THE STARBEMSの新作は6月に発売された2枚組ミニアルバム『NEWWAVE』。

前作『Feast The Beast』からわずか半年でのリリースです。

「ライブ盤を出さないかという提案をもらったんですが、ギターの越川(元毛皮のマリーズ)が『男ならオリジナルで勝負しましょう』とか言い出して2週間くらいで作った」

んだそう。

で、出来上がったのが5曲入りCD2枚組。

Disc1は前作で打ち出してきた方向をさらに推し進めた新曲5曲。

どれも素晴らしいですが「NEW WAVE」のポップな疾走感と80sっぽいギターは最高。

一方、Disc2はメンバーそれぞれにスポットライトをあてた5曲。こっちはホントに異色作。ハイスピードの「Holdin'On」をベル&セバスチャンのようにネオアコ風にリメイクしたかと思えば、ドラムスの高地さんがロッテマリーンズへの愛を歌い上げ、ご贔屓の中華料理屋のナンバーもアイリッシュ風もあるという。

でも、ものすごく自由すぎるDisc2こそが、日高さんのワンマンバンドではないメンバーそれぞれやりたいことをやりたいようにできる今のTHE STARBEMSの状態の良さを感じるわけです。

レコーディングも自由で楽しかったようですよ。

ライブをゼヒみたいところですが、近々では以下の通り。

7/28(金)大分「PIRATE SHIP 2017前夜祭」(日高さんソロ)

7/29(土)大分「PIRATE SHIP 2017」

7/30(日)31(月)、鹿児島の「WALK INN CIRCUS」IMG_1118

福岡のファンはしばしおあずけですねー。


ただこの日の夜はトークライブ「HAND in GLOVE #4『博多とめんたいロックとRe-NEWWAVE論』」

で日高さんと栗田善太郎さんとのトーク&ソロライブが行われました。

行ってきましたよ。あんまりにもキワドいロック裏話ばっかりで一言も中身を報告できませんが、楽しかった!

スタジオでもステージでも楽しいお話が聞けて満足。
詳しくは公式WEBなどでご参照を!

ありがとうございました。


THE STARBEMS WEB(外部リンク)

P1030845

取るんじゃありませんよ。イベント焼けでてっぺんだけ真っ白なんですな。

今日のメッセージテーマは「今までで一番幸せだったこと」。

1992年のバルセロナオリンピックの競泳女子200m平泳ぎで当時14歳の岩崎恭子選手が史上最年少で金メダルを獲得し、インタビューで答えた名言が「今まで生きてきた中で一番幸せです。」から。

苦しい日々を自らに課して無数の選手の頂点にたどり着いた人だけが言えるこの言葉の重み。

そこまででなくても私たちにもそれぞれの「一番幸せ」はあるはず。
そんなわけでみなさんに募集してみました。

いやわかっています。
絶対に多いのは「生まれてきてくれてありがとう」はじめ子どものことであろうと。
あるいは家族のことであろうと。

そりゃそうだもの。それでいいんです。
こと今回に関してはそれも改めて確認したかった。

でもって、やっぱりそうでした。ええ、やっぱり。
たくさん頂いたメッセージを一つ一つ目を通しつつ思うのは、多くの人にとってやっぱり、自分の子供が授かることとその成長を感じることは至上の幸福なんだろうねえと。

もちろん家族についてはそれだけではないですね、逆に子どもは居ないけど二人仲良くずっと連れ添っていく中で幸せを感じていることを書いてくれた方もいらっしゃいました。

また真逆に(真逆かな)離婚して独り身になったけど、むしろ良かった。自分らしい人生を謳歌しているよ!って方も意外と多かった。

それに次ぐのはやっぱり恋愛ね。

これはもう想い出というのが圧倒的。しかも意外とホロ苦いものも少なくなくて、移ろいやすい方の幸せ部門という感じ。

そんな壮大な人生物語の間に「自分で隠していた元気が出てきた幸せ」や「好きなアーティストと出会えて幸せ」「プロレスのディナーショーに行って幸せ」みたいな、必ずしも大きくはないけど小さな幸せが入ってくると妙にホッとしたりして。ま、好きなアーティストは意外と大きいかもですが。

今日はなんとなく前向きでハッピーな回にしたいなーなんて思ってお願いしたテーマですが、みなさんからホントたくさんのハッピーをいただきました。ありがとうございます。

でも意外だったのはみんなが幸せだと、こっちは若干ササクレるのね。意外だわぁ(グチる)。

P1030847

そう言えば今日はすき歯スイッチさんが、めっちゃおいしいから揚げを差し入れてくれたり、なぜかプロデューサーがスイカを差し入れてくれたりしてなんかおいしい一日でした。

はっ!これが「幸せ」ってやつですね。ありがたいありがたい。

今週はここまで。
また次週です。

2017年7月20日 (木)

スマイル0円、プライスレスな想い出。

IMG_0673

今日のゲストはTHE BEAT GARDENからUさんとREIさん。

ゲストの出演部分はこちらから→ http://bit.ly/2tm3eBD
(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

「ビートガーデン」です「ザ」は付きませんよ。て、私思いっきり間違えました。スミマセン...

1DJ+3VOCALでEDMのアッパーなダンスビートにブルブル震えるワブルベース、エッジの効いたギターはじめとするロックなど雑食でエッジのきいたトラックと、3人のボーカルによる歌を大事にしたポップで美しいメロディ。「エレクトリック・ダンス・ロック」だそう。

でルックスもいいぞ!

というグループです。
リーダーのREIさんもスタジオではほんわかと楽しげで、おだやかーな感じ。
ちなみにREIさんは神社巡りが趣味でどうやら御朱印帳ももっているよう。意外すぎるのですがなんか納得する雰囲気なんですよねコレがまたね。

それでいて12年に大阪で結成して、翌週にはもう荷物をまとめて上京する抜群の行動力。
「やっぱ東京っしょ」ということだそうですけど、とにかくあとは行ってから考えてみたいな行動力って若さだなあってことでしょか。

昨年2016年7月にメジャーデビュー。
デビューするとライブやレコーディングを重ねつつ今度はフェスなどイベント出まくりで大観衆の前のステージをこなしました。今年も東京ガールズコレクションのオープニングなど大活躍。A1kvz-o2ooL._SL1500_

「大勢のお客さんの前で受け入れられている実感もあって自信になってる」そうです。

こんな話をしっかりと伝えてくれるUさんはリーダー。

かつてDJのSATORUさんと、かつてデートの予行演習でドライブコースの下見をした上で、当日結局間違えたなんてエピソードなんかを披露してくれたのですが、そこらも含めてやっぱりリーダーっぽいなあと、笑いながらも納得。

お二人のお話の感じや掛け合いが絶妙に癒やされましたよ。

お話を戻して、そうやってまだデビューして1年位ながら経験を積んだTHE BEAT GARDEN。

昨日、7月19日に発売された4枚目のシングル「FLOWER」は、そんなフェスなんかでタオルフリフリしながら盛り上がりたいアッパーチューン。

「エレクトロとロックだと今回はロック寄りで、自分たちらしい表現で夏にピッタリのナンバーができました」

確かに。

さらに8月23日にはメジャーデビューアルバム「I'm」がリリースです。

「自分たちにとって名刺代わりの1枚で、受け取った一人ひとりにとっての『I'm』になれば嬉しいです」
少し紅潮した顔で語ってくれました。
改めてTHE BEAT GARDENを世に問う1枚になりそうですよ。こちらも期待。

さらにこの夏はまたイベントもいっぱい。
福岡だと、まずはインストアライブとイベント。
さらにこの夏も各地のフェスに登場する中で、この夏ぜったいみのがせない「NUMBER SHOT 2017」そして9月、こちらも豪華ラインナップで話題の「宗像フェス ~World Heritage Munakata~」にも登場です。

THE BEAT GARDEN 1stALBUM「I’m」発売記念ミニライブ&握手会開催決定@福岡
2017年7月21日(金) HMV&BOOKS HAKATA イベントスペース
17:30 START

「NUMBER SHOT 2017」
2017年7月22日(土)〜7月23日(日) THE BEAT GARDENは22日出演
会場:海の中道海浜公園野外劇場

宗像フェス ~World Heritage Munakata~
2017年9月2日(土)3(日)福岡県 グローバルアリーナ 野外特設会場


THE BEAT GARDEN (ビートガーデン) OFFICIAL SITE (外部リンク)

IMG_0676IMG_0679

さて、上は番組中にご紹介した、ただいま山田優子ハマり中の「スクラッチアート」。

こんな感じで黒いボードを削ると下からカラフルな下地が現れて、なんとも言えない美しいアートが完成するというものです。

大人の塗り絵につづいて今ブームなんだそうですよ。
相変わらずいろんなことにチャレンジする優子さんなんであります。にしても上手。

さて、今日のメッセージテーマは「ハンバーガー話」。

みんな大好きハンバーガー。かな。
もうすっかり日常に溶け込んだハンバーガー。

単なる食べ物を越えて友達や家族との想い出、青春の記憶なんてのも含まれちゃっているかもしれませんね。

最近はまた何度めかの「ハンバーガーブーム」とりわけグルメバーガーが流行っているそうですし、一日ハンバーガーで行ってみよう!ってことになりました。

でも、ハンバーガーならホットドッグも一緒に!
両方とも挟むもんだし、ライフスタイル的にも一緒っしょ!問題ないですね。きっと。

実は最近、ホットドッグにはまっていまして、以前はハンバーガーを食べるところでホットドッグを選ぶパタンも多いんですね。自分でも何故かはわからないんですけど、どーもあのシンプルさに惹かれるってことなんでしょか。

まそれはそれとして、予想以上にたくさんのメッセージありがとうございました。

全体的にやっぱり思い出話が多かったですねえ。
中には日本に初めてマックが上陸した銀座店で食べたことがあります!という歴史に立ち会った人もいれば、「ピクルスを生まれてはじめて食べたのはハンバーガー」ってな、「そういえば!」というメッセージなんかも。

だけど、事前の予想通り、家族団らん、初デート、放課後なんてそれぞれの人生に寄り添うように存在するハンバーガー。みたいな風景が浮かんでしまいますね。

一方で「ハンバーガーをどう食べるか問題」もなかなかに盛り上がった話題。

最近のグルメバーガーブームで、下のバンズの上に小山のようにモリモリと守られた具材と、脇に置かれた上のバンズ。フォークとナイフ。

これ正しくはどう食べるんだろう?ってな話題もリスナーさんから色々メッセージ頂きました。

英国式なら別々に食べるそうですよ。米国式はなぞのまま。

また、モスのジューシーすぎる袋の中にたっぷりこぼれたミートソースはどう食べるのか ってなお話も。

なんかリスナーさんからアガったような疑問のように言ってますけど、両方共私達が言っていたことに教えてくれたんですけどね。

こちらは「お店にスプーンをもらってすくって食べる」が、一番正解のよう。ベストという意味では。ポテトに付けて食べるのも捨てきれませんが。

一方、ホットドッグにも熱いメッセージ多数。

でもハンバーガーには及ばない感じですかね。私好きだなあ大濠公園のホットドッグ。

そんな感じでワイワイとお送りしました。
たくさんのメッセージありがとうございました。

P1030805

ついに福岡も梅雨が明けましたけど、局地的な豪雨にもご注意。だそう。
夏を目一杯楽しみつつもどうぞ気をつけて。

また、来週です。

2017年7月13日 (木)

ちんみは生放送が終わるたびにお酒の量が増えている怪現象。

IMG_0620

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今日のゲストはHAN-KUN。
湘南乃風での活躍はもちろんソロとしての活動も順調。

そしてHAN-KUNといえばトレードマークはターバン。
公の場に出ている時は常にターバンです。ミーハーですみません、目の前で観たい!と常々思っていました。カッコイイっしょ。綺麗に負けてるんですよねえ、どうなってるんだろう。

アーティストへの質問としては甚だ異例かもしれませんが、来るなりターバンの質問を連打。失礼しました。だって聞きたかったから。

「だいたいお気に入りの3枚くらいを回して使っている」そうで、ライブ、特に野外だったりすると「段々色が変わってくるんですよね」だって。汗で色が抜けてくるんでしょうね。なんとフレキシブルカラーだったとは。

ちなみに夏場は「やっぱ暑い」と記帳な証言いただきました。

以上、ターバン話おわり。
こんなブシツケな私たちにも笑顔でニコニコ応えてくれてエピソードを聞かせてくれるHAN-KUNの素敵なことよ。

勝手に湘南乃風の静かなる男のイメージで思っていた私は、ちょっと意外かつ嬉しかったですなあ。

f594cc1a880ec8さてそんなHAN-KUNのニューアルバムが8/2(水)発売の「VOICE MAGICIAN V ~DEEP IMPACT~」。3年ぶり5枚目。

湘南乃風がレゲエをベースに日本の音楽シーンのメインストリームど真ん中を切り開いてきたのに対して、HAN-KUNのソロはレゲエの多様性や可能性や反骨精神みたいなものを大事に重ねてきたように思います。

さらに2016年は単身渡米、アメリカに半年間滞在して楽曲制作やジェシーロイヤルのライブに飛び入りしたり名門クラブS.O.B’Sでライブを行ったりしました。

今回のアルバムにその体験は影響してますか?
「日本とは全く違う体験をさせてもらう中でたくさん刺激を受けましたし、改めて日本や日本人であることについて考えた」とのこと。

私、初めて聞いたときからずっと思っていたことが少し腑に落ちる思い。
今回はすべて日本国内にこだわった“MADE IN JAPAN”を意識しつつ全曲を国内でレコーディング。そんなこともあってか、言葉やメロディがいままで以上に「ぴったりフィットする」というかピッタリくるようです。そんなところも影響しているのかもしれません。

お気に入りです。おすすめです。

で、ストイックにレゲエを、音楽を追求しているHAN-KUNの今回のアルバムですが、注目はリード曲でもある「無問題」。もーまんたいですよ。

どことなく覚えのあるチャイニーズなイントロから始まり「無問題」を連呼するキャッチーなナンバーですが、ユーモアとともに世間への不条理や問題提起を含ませていて「らしい」ナンバーでもあります。

このMVが公開されたばかりですが、もう最高。
「無問題」といえば日本産カンフー映画のタイトル(ナイナイの岡村さんの映画でした)、カンフー映画と言えばみんな大好きジャッキーチェン。

だから完璧「酔拳」あたりのジャッキー映画の忠実すぎるパロディ。
出演しているのは最近ジャッキー激似のモノマネで人気のジャッキーちゃん!

「いやもう最高だったっすよ」
と嬉しそーに答えてくれました。

公式のMVを貼り付けておきますのでぜひ公式から高画質でシッカリ見てください。楽曲ともども素晴らしすぎます。 (「TOYSFACTORYJP - YouTube /外部リンク」より引用)

そしてそんなアルバムを携えてのツアー、九州各地でも行われますよ。

HAN-KUN TOUR 2017「LEGEND ~DEEP IMPACT~」
2017年9月29日(金)福岡県 DRUM LOGOS

野外フェスの話などの時も思ったのですけどHAN-KUN、ライブホントに好きのようでものすごく楽しそうに語ってくれます。今回のツアーもすごく楽しみにしているそう。

そんなわけでホントに楽しかった今回のガチャポンゲスト。
スタジオに入る時も出る時も、私達二人にしっかり握手してくれるHAN-KUNにちょっと感激。
また手が柔らかいんですよね。ふっふ。

HAN-KUN OFFICIAL WEB SITE (外部リンク)

P1030775

山田優子、復活の2週目。
ホントセンセーショナルだったようで、この間ちんみも多くの方に聞かれました。

素早い復帰と心配する声も多かったよう。ありがとうございます。
ところが本人至って元気!

ま、新米ママいろいろ大変なんでしょうけども現場ではミジンも感じさせず、復帰を楽しんでいるよう。どうぞみなさんご心配なく、変わらず応援お願いしまーす。

そんな今週のラジゴンのメッセージテーマは「あなたのオカルト、不思議体験」。

手元の辞書によれば「オカルト 神秘的なこと。超自然的なこと」とあります。
ホントに心苦しいのですが大好き。なわけであります。

大好き。が伝わってしまう以上いっぱいそんなのが集まってくるわけであります。

一方でウスウス気づいているけど不思議体験にしてしまいたい事柄。
たとえば、財布を開けるたびに覚えもないのにドンドンなくなっていく紙幣。ハッ!超常現象!か、窃盗なわけですけどそういうの。これも好きです。

で、今日はどっちでも良し!で募集してみたのですが、結果超常現象が圧倒的に多かったのは私のフリが下手なせい?それとも、私が欲していたせい?ま、どっちもですけど大満足(なんだそれ)。

みんな好きですねー。
だいたい全く嫌いな人は別として、ちょっと不思議な体験のひとつやふたつ身だしなみとしてもっているのが大人(完全な偏見)。実際、面白い話多数でしたねえ。

そのバリエーションも完全な心霊体験や超常体験はもちろん、やっぱゾワゾワするのは人に言うには少し憚れるけどくらいのびみょーに「おかしくない?」みたいヤツはたまりませんね。

向こうに自分としか思えない人がいて。

みたいな。なにそれこわい!でも他人でしょ。みたいのが好みです。
たくさん来ましたねえ。

日々夫婦生活で苦悩しているリスナーさんの娘さん。
ある日すでに亡くなっているおばあちゃんと会話していることに気づいて話を聞くと、娘さんを通して心配していることを伝えられた不思議体験。結果、新しい生活を始める決意をしたエピソードなんて「泣ける心霊体験」ではないですか。

一方、味のあるおとぼけ不思議体験がアクセントとして華を添えてくれました。なんかヘンな表現だなと今思っていますけれども。

いろいろあって楽しかったのですけど、やっぱり「お風呂上がりの女性は別人」のエッジの立った恐怖と「結婚した時の魅力が微塵も残っていない夫の変貌」のじんわりとした絶望は、オカルトに分類して良いのでは。

だって辞書に書いてあるとおり神秘的だし超常な気がね。

勝手なこと言ってるとぶん殴られそうなのでここまで。
みなさんありがとうございました。

P1030779

さて、昨日のラジゴン「バンづけ」で紹介されて問い合わせなどもあった、福岡市の災害ボランティア講座に行ってきました。

会場は定員の100名を越えて立見まで出るほどの参加者、何人かはラジオを聞いて来たという方も。ボランティアに参加希望の方も現状を知るべく集まった方も、みなさん熱心にメモを取って、一方でボランティア保険の受付に行列を作っていました。

約1時間半、実際に現在作業にあたっているNPOの方からの最新の現地での状況報告や、ボランティアに必要なこと、それ以外でやるべきことや心構えについて写真や動画を交えてレクチャー。

まだまだ日々犠牲者の数が重ねられ救助の状態の場所と、日常生活が戻ってきた地域、流通やコンビニは復旧しているのに汚泥の除去が進まない地域など、救援と復興が複雑に混在する状況など、本当にためになりました。

熊本地震ともまったく違う状況で、思い込みだけで判断できないんだなといろいろ反省。

日々変わる状況の中で最新の情報をとることがとても大事。
福岡県、福岡市でも情報を一元化して発信していますのでご参照を。

「7月5日からの大雨による災害」への支援に関するポータルページ - 福岡県庁ホームページ (外部リンク)
福岡市 平成29年九州北部豪雨災害への支援について (外部リンク)

できることを出来る範囲でやっていこうと心に刻みました。ね。

今日はここまで。また次週です。

2017年7月 6日 (木)

みなさんおまちかね。山田優子、復帰しましたよ。

IMG_0526

今日のゲストはKさん。

ソウル出身のJ-POPシンガーソングライター。
繊細で美しい声、多くの人の琴線に触れるメロディ、そしてご本人の飾らないキャラクターもあって『Only Human』大ヒット以降の大活躍はみなさんおなじみのとおり。

2010年、兵役でいったん活動休止しましたが除隊後は再び大活躍ですね。そして、エフエム福岡ではラジゴンのみならずいろんな番組で登場してくれてますので皆さんも当然ご存じのはず。

ずーっと私たちの時にゲストに来てくれないかなー、と待ち望んでいました。

っていうのも、いろんな方の話を聞いていてとにかくKさん、めっちゃ評判がいい!
いわく「男性として理想」「嫌いな人なんていない」「対応が完璧」「めっちゃカッコいい」ま、そんな評判の悪い人もいないんですけど、Kさんの評判すごすぎ。マジっすかと興味を持ったのですよ。

ついに念願かなったわけですが、えーっと最高です。
噂は本当でした。やあビビった。

最近は年齢とともに体調管理に気を遣うようになって、少し鍛えているというKさん。映像などで見ていたイメージよりもぐっと筋肉質で男ぶりもアップでございます。

やっぱ結婚して幸せだから油断すると太っちゃいますしね?と、なーんとなく振ってみてもフツーにこたえてくれるKさん。

考えてみればお父さん、関根勤さんですよ。
関根勤の息子になる人生ってすごくないですか。みたいなお話してると「めちゃくちゃ優しいんですよ。週に9回くらいウチに来てます」と笑って答えてくれました。おおおおすごいし多い。表1-4

「最近のマイブーム」は「ハンドスピナー」。
知ってます?全米熱狂の謎おもちゃ。
親指と人差し指で中心を挟んでくるくる回す手裏剣というか円盤のようなもの。ベアリングが入っているのでスルスル高速で回るのでクセになるんです。

するとスッとポケットから取り出してくれてすぐに回して見せてくれました。そして、すぐに立ち上がって優子さんに持たせてあげるKさん。これです。優し。

ま、最近は飽きちゃったみたいですけどね。

そんなKさんの新曲が、これちょっと話題になってます「桐箪笥のうた」。

家族の歴史を見守ってきた桐箪笥の視点で、結婚する娘とその父親の絆を歌った感動曲。
アレンジや音数もシンプルに、メロディの美しさが際立ちます。

歌詞は師とも盟友ともいえる寺岡呼人さんで二人の共同作業で作り上げたこの曲「すごく歌詞の世界も共感できました」。新しいウェディングソングの定番になりそう。

そうそう。短編映画のようなMVも必見。父親役をでんでんさんが、嫁いでいく娘役を佐津川愛美さんが演じて泣けます。

近々のライブとしては、

live K 2017~Anthology Night~
2017.10.08(日)なんばHatch
2017.09.29(金)恵比寿ザ・ガーデンホール

と、東京、大阪で行われます。
Kさんも「しばらくやってないので福岡でもぜひやりたいんですよね」と意欲を示してくれました。

そんなKのライブを待ちわびる福岡のファンの皆さんに朗報。

中州ジャズ2017 出演決定!です!
詳細はまだ未定ですが、9月9日(土)に出演

Kさん自ら「出たい!」と直訴して昨年から出演しているという中州ジャズ。
続報を楽しみに待ちましょう。

そんなわけで短いコーナーが終わるころには、Kさんの魅力にすっかりやられた私たち。
また遊びに来てほしいなあ。切望。


K オフィシャルサイト (外部リンク)

P1030713

みなさんお待たせしました!
山田優子、復活です。
しかも驚異的に元気です。

プレゼントをいただいてご満悦、いやラジゴン復帰でご満悦でしょうか。
番組中は今日は未曽有の大雨のため、少しでも皆さんに有益な情報をお届けすべく随時入ってくる各種情報を整理したり通常のフォーマットを変更したりしつつ、少しでも楽しい番組をとそっちに一所懸命。

写真は番組が終わってやっとホッとした笑顔。
母の顔、ですよ?

リスナーの皆さんからも優子さんへのたくさんのメッセージありがとうございました。もちろんすべて目を通してしみじみと実感したようですよ。

そんな今日のメッセージテーマは「記念日」。

国民全体や各種団体の記念日もありますけど、人それぞれの記念日があるはず。
良いことも悪いこともあなただけの記念日、教えてください。というテーマでした。

こちらもたくさんのメッセージありがとうございました。

ありましたねえ記念日。
もっとも、その多くは「結婚」と「恋愛」関係でした。そうかなっと思っていたんですがそのあたりは重要な問題!なのかも。さらにもっともっとコマメに記念日を設定しているエピソードにはびっくり。

今は相手がどうしているかも知れないファーストキスの記念日や、昔の彼氏の誕生日なんて覚えています?


さて、今日は昨日に引き続き九州各地の大雨でみなさんのことを心配しつつの一日となりました。

ラジオの向こう側では皆さん不安だったり、実際避難されていたりしている方もいらっしゃったようで。リスナーの皆さんからもそんな現地からの報告もたくさんいただきました。

愉快なおしゃべりをお届けすることしか能のない私たちですから、そんな時こそひと時でも下向きの気分をグイっとあげるような放送をせねば!

とは思っていたんですけど、随時入ってくる情報にみなさんに思いはせつつ。少しでも新しい情報をお届けすることを優先するようにしよう、と心がけた放送でした。

これからの天気はさらに山口方面を中心に北九州地区も含み、またほかの地域は異常な降水で緩んだ地盤の土砂崩れや川の氾濫など水害に油断はできません。

こんなことしか言えませんが、どうぞどうぞ、みなさんご無事で。
来週はまた楽しい放送を、みなさんと一緒に楽しめますように私たちも祈っています。

それではまた次回!

2017年6月29日 (木)

ちんみとkaedeの木曜ラジゴンです。

IMG_0452

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今日のゲストはDJ&ダンスボーカルユニット Carat。
パッとスタジオに花がさいたような華やかな4人。いいですねー。

EDMをベースに個性際立つダンスミュージック、ファッションと華麗なパフォーマンスで、まずは海外で話題に。

L.Aで開催された世界的イベント「アニメEXPO2013」で話題を呼び、2014年12月~2015年1月に香港・台湾・韓国・タイで開催された「Japan Kawaii Night ASIA TOUR」では、総動員数14,000人をオーバーというさらなる快挙。

1DJ+3ボーカルというグループ...になるんでしょうか。
といいつつ、ステージの映像など拝見するとDJのMonaさんもDJしながらガンガン踊っていたりして。全員歌って踊れちゃうわけですね。

そんなわけでスタジオも賑やか。
でもガチャポンのテーマ「意外な一面」でそれぞれにお伺いすると、ホントに意外な一面が続々。

最年少の「ダンスリーダー」Yumeさんは明るく爽やかに「引きこもりです!」おおお。
ステージ以外では自宅にこもってアニメなんか見てるそう。「ダンスは大好きなんですけど、あんまり目立ちたくない」うーむ、そーかー!
RINAさんは「めんどくさがり屋なんで靴なんかもコンビニ袋に突っ込んで移動したりしてメンバーに怒られます」
スタイリング担当でしっかりものイメージのRinaさんですが、意外と雑なところもあるんです。
Risaさんは「ひどいあがり症」
最近は随分大丈夫になったそうですが、一時期はステージに上りたくなくて脱退も考えたほどだとか。

ここまでなかなかイメージと間逆なお答えばかりだったわけですが、やっぱりここはグループのお姉さん、DJのMonaさんにビシっと答えていただきましょう。
「私、パリピじゃなくて家で動画見て泣いてるタイプです」

なんて素晴らしい4人。面白すぎませんか。
私、すっかりハマってしまいました。

91nTbN4HONL._SL1500_さてそんな皆さんの最新シングルは発売されたばかりの「Jumping Camping!!!!(6月28日発売)」

作曲・アレンジにはGReeeeNなどのアレンジを担当しているSHUNSUKE KASUGA。作詞にはアニソンやJ-POP系のヒットメイカーJunxix.を起用。サウンドディレクターにV6や関ジャニ∞を手掛けたKUME.。

売れっ子クリエイターでガッチリ固めたそのナンバーは、元気がもりもり出てくる軽快でアッパーなナンバー。MVも4人のハジケルような元気がいっぱいにつまった作品になっています。

そしてこの夏、8月23日(水)フルアルバム「4KISS」もリリースです。

こちらも楽しみ。

この日は放送後イベントも開催。

★Carat シングル「Jumping Camping!!!!」リリース記念 MINI LIVE&握手会イベント★
6月29日(木)19:00~
福岡:イオンモール 筑紫野 1階 ウエストコート

そして、新アルバムを携えてのツアーも予定されていますよ。

『Carat one's love tour 2017 ~kiss kiss kiss kiss~』
11月11日(土)福岡・Queblick 開場17:30 開演18:00

ワイワイ言ってる間にお時間となった今回ですが、まだまだ意外な一面ありそう。
また遊びに来てくださいね。

Carat オフィシャルサイト:(カラット)公式サイト (外部リンク)

P1030402

今日のメッセージテーマ「地味な話」。

「佃煮の日」なんだそうですよ。ちょっと地味。
地味だけど最高。私、佃煮や漬物が大好きなんです。塩分摂り過ぎでも!

こういうものってあるでしょう?
主役じゃないけど絶対必要なもの。俳優さんでも脇役って大事だし、時に主役以上にクローズアップされることも。

野球で言えばバントの名人、守備の職人、会社や人間関係なら聞き上手、空港のお掃除おじさん、おばさん、シソの葉を輪ゴムで束ねるパートさん、パンなら(パンなら?)食パンの袋を留めてる青いヤツ(バッグ・クロージャーというんだそう)、必要な時に限って無くなっているシャープペンシルの後ろの消しゴムうんぬん...

みんな派手じゃないけどすっごく大事。

一方で、とはいえコツコツ同じ作業を繰り返してフッと思う「これって地味だなあ」。

そんな地味なエピソードをたくさんいただきました。
やはり「日頃注目されないけど」のお話が多くてどれも良いお話。

コツコツ努力して体脂肪をゼロにしたい隠れキン肉マン、気づかないけど毎朝掃除をしてくれているご老人、一円貯金にぬか床を一所懸命守る人。地味というかこれは「地道」ですかねー。

ちょっとしたことだけど「巻きずしの端っこを特権としていただく」主婦の方。いいですね。いいお母さんだ。

食べ物関係では「大根のけん(刺身のツマ)」を大根をかつらむきして千切りと、つまり全部手作りしているというお話もちょっとおもしろかった。

ぜ~んぜん知らなかったんですが、スライサーとかそういう器具を使って作るもののと手作りでは全く味というか食感というかが違うんだそうですよ。これリスナーさんからのこのメッセージに対してkaedeちゃんからご教授いただいた豆知識。

これもあったか「地味な旦那への嫌がらせ」。
それは「メールに句読点をつけずに送る」「お風呂に硬いタオルを用意しておく」。も、ホントにいぢわる。でもまささやかな反抗ってことで可愛らしくもあります。

「地味」ってプラス方向もマイナス方向も含めてなんかこうやっぱり「味わい深い」。

人もそうですねえ。地味だけど居ないとすごく困る人、にあこがれてます私。なれないけどきっと。

          

P1030404    

さて、9週にわたってピンチヒッターを努めてくれたkaedeちゃんも今週がラスト。
お楽しみいただけましたか?

kaedeちゃんの活躍はひきつづき毎週金曜日の「Butch Countdown Radio」でお楽しみくださいね。

今回は皆さんからのたくさんのメッセージありがとうございました。
ひとりじゃなんにもできないポンコツな私相手に全面的に見事なロングリリーフ。長いピンチヒッターではなく短めのレギュラーの相方に私からもそっと感謝感謝。

そして次週からはママになった山田優子さんが復活!

母は強し!これ以上強くなったらどーする。
こちらもどうぞお楽しみに!

それではまた次週です。

2017年6月22日 (木)

ぼくらはみんなあったまいぃ~。

IMG_0362_thumb[1]

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今月のパワープレイ「Horizon」ですでにおなじみのAlfred Beach Sandal + STUTSが今日のゲスト。ワンデイです。

この写真いいっすよね。
キャラクターの違いと相棒感の両方が出てるよーな気がします。はっはっは。

Alfred Beach Sandal(以下、ABS)は北里彰久さんによる一人ユニット。

すでにトクマルシューゴさんなど多くのアーティストから絶賛されサンプリング時代以降のシンガーソングライターとして異彩を放っています。

そしてSTUTSさんはトラックメイカー/MPCプレイヤー。

「MPC」ってのはサンプラー。音を取り込んで自在にサウンドメイクすることができまして、Hip-Hopなどでは欠かせないマシン。

これで自宅やらスタジオやらライブなどで使うわけですが、STUTSさんはAKAIのMPC-1000という名機を「楽器」のようにリアルタイムでタタキながら演奏するわけです。

様々なアーティストとのコラボなどを通して、Hip-Hop方面もCeroやミツメなど今話題のバンドとのつながりも深い期待のアーティスト。

このお二人、以前からそれぞれの活動に参加したりコラボしたりと交流はあったのですが、ついにAlfred Beach Sandal + STUTSとしてのアルバム発売となったわけです。

まさに新進気鋭というわけですが、慣れないラジオのワンデイゲストはさぞ居心地が悪いだろうと思ってみたらそうでもないみたいで、少し楽しんでいる様子。

ちなみに北里さんの夏の過ごし方は「夏の温泉がスキなんです」だとか。
人肌ぐらいの温めのお湯ならずっと入っていられる。と微笑。音楽とはすごーくギャップあるけど目の前の北里さんにはすげー似合う。

71EdKdW4h2L._SL1124_一方STUTSさんは「やっぱり水の近くに」。やっぱりアウトドアなのかしら。

そういえば一部で評判になってましたSTUTSさんがMPC抱えてニューヨーク・ハーレムあたりで突然ライブを初めて現地の人たちが喜んでいる動画。行動派なんでしょうねえ。

ここまで見ても私、どーしても二人を「対照的でだから良いコンビ」にもって行きたがっているわけですが、ホントはやっぱりどこか似ている。

そのあたりはお二人とも大きく頷いておりましたね。


昨日発売されたばかりのミニアルバムAlfred Beach Sandal + STUTS『ABS+STUTS』は、そんなお二人の魅力を存分に楽しめるアルバム。

こーゆーのを懐かし目に「メロウネス」っていいたい。
番組でも言ってましたけど、私おっさんなのでやっぱり90年代あたりのアーバンなHip-Hopやクラブミュージックを愛しておりまして、STUTSさんの繰り出すトラックの美しさにまずはホレボレ。

そこにABSのポップ~ワールドミュージック、アンビエントなどジャンルを軽々と自由自在に横断するセンスが加わり、絶妙のメロディと音ざわりの良い言葉が絡んで極上。

というわけです。

パワープレイの「Horizon」は交流も深いceroの荒内佑がローズピアノを、ミツメのnakayaanがベースを担当。同世代、同時代の豊かな音楽シーンを垣間見ることもできそうです。

傑作だと思います。

ライブも予定されています。こちらもぜひ見てみたいですねえ。

Alfred Beach Sandal + STUTS “ABS+STUTS” Release Tour
2017/9/1(金) 福岡KIETH FLACK
OPEN 19:00 / CLOSE 3:00
DJ:SHOTA-LOW / and more...

2017/9/3(日) 熊本bar Abyss
DJ:Kappy / Go Honda / Takesue / and more...


極上のコンビネーションですから、「これからもこのユニットは続けていきたいですか?」と尋ねると、ふたりとも軽く顔を合わせて「やあ、そんなんでもないんで」とニッコリ。

ずっとやっていくぞ!ってなもんではなくって、やりたいからやる、そこから先はその時の気分で。ってところでしょうか。ええ、それでいいと思います。音楽を聞けば納得ですねえ。

追記)ちなみにこの日の夜にHMV & BOOKS HAKATAでリリース記念のインストアライブが行われました。
観てきましたけど、この手のイベントとしてはいっぱいのお客さんが詰めかけて、それぞれに音に合わせて体を揺らすって感じ。やっぱいいなあと堪能しました。

これは9月のライブもぜひみたいなあ。っと思いましたよ。

Alfred Beach Sandal + STUTS(アルフレッド ビーチ サンダル プラス スタッツ) | SPACE SHOWER MUSIC (外部リンク)
Alfred Beach Sandal WEB(外部リンク)
STUTS (外部リンク)

IMG_0356

今日のメッセージテーマは「あったまいい~」。

28連勝中の天才棋士藤井聡太さんなんかが典型的にそうですが、まー「頭いいなー」と同じジャンルの人間と思えない人イますよね。

そんな超絶ハイパーウルトラお利口さんはもとより、買い物や飲み会の計算機よりも早い人間計算機。同じ間取りの団地や建売住宅に住みながらどーしたらこんなに綺麗に維持できたり、収納上手ができるのかなんて賢すぎる主婦。流しの人事部長かと思うほど賢く人間関係を構築する人。

世の中にはそんな「あったまいい~」人いっぱい。あるいは自分もフッと「自分って賢い」と嬉しくなってしまう時も。

今日はそんなエピソードを募集してみました。

いきなり絶賛されたのは賢いお弁当主婦の「こんにゃくゼリーを凍らせて保冷剤兼デザート」のアイディア。結構やってる方も多いそうですけど、なんて素晴らしい。これからの季節使えますね。

賢い主婦なら「ポイント主婦」も結構いらっしゃいそう。
「お買い物ではまったくお金は使いません」って、そのポイントはどうやって貯まるんですか?と突っ込みたくなるくらいの凄腕の方も。

「最近はなんだか物覚えが悪くなったなあ」とお嘆きの私に、いやあなたにも、せっかく肌身離さず持ち歩いているスマホでとにかく写真に残して備忘録で賢く。

上を行く賢いリスナーはゲームの画面を写真にとって「必勝パターン解析」に利用したりしてますよ。

頭いいのは大人ばかりではありませんよ。

お買い物について来たちっちゃな子は、玩具付きお菓子をどうしても欲しくて一つ手に取ると箱のカドをぐぐぐーっと押し付けて「ママー、落として壊しちゃったぁ」と天使のウルウル顔で報告。まんまとお買い物かごにイン。

極悪!
僕も子供の頃その手を知りたかった!(ダメだろう)

そんなこんなでひたすらゲラゲラ笑いながら、みなさんのメッセージに感心していたんですけど、頭の先からシッポまでビッシリあったまいい~人もいますけど、大概の人はどこかに「あったま良い」をもっているんじゃないかと。

そう考えると俺にだってあなたにだって取り柄はあるぞ!
なんて強引にグイグイポジティブになっていく私達でありました。

みなさんありがとうございます!

P1030367

はいはい、そんなわけで今週はココまでですよ。

また次週です!

2017年6月15日 (木)

歳を重ねると蛇口が壊れるようです。

IMG_0184_thumb1

かすかな梅雨の気配さえ感じられない、真夏の気配。

それはこの方がゲストのせいでしょうか。
T-SQUAREの伊東たけしさんです!相変わらずカッコイイです!

毎年ラジゴンには、ちょうど夏本番直前にやってきて「ああ今年も夏がやって来るんだなあ」と思うという、もはや夏の季語にしても良いくらいの伊東さん。

それはどういうことかというと、毎年同じペースでアルバムが発売され、同じペースでライブが行われているということなのです。

ラジゴンの数年間どころのお話ではありませんよ。今年はレコードデビューして39年、来年はなんと40周年。これまで発売されたアルバムがこの4月に発売された「REBIRTH」で43枚。

つまり毎年1枚以上のアルバムが途切れること無くリリースされているということなのです。

これって驚異的なこと。
しかもリーダーの安藤正容以外は伊東さん含めて出入りがけっこうあって...と、以前も言ってましたが実は現在のメンバーではや12年。歴代メンバーでも最長の陣容なのでした。

で、以前のメンバーは「T-SQUARE SUPER BAND」や先日始動した初期メンバーによる「THE SQUARE Reunion」などの活動が都度都度行われ、T-SQUAREのアルバムにも歴代メンバーがご機嫌に参加しているのです。

TS_thumb1なんかよくよく見るとEXILE顔負けの巨大ファミリーではないですか。もっともこちらはゆるーい感じの大人の距離感。

さて、毎回ラジゴンに遊びに来ていただいてはやれ「自転車にのる時はすね毛剃る」問題「エスキモーロールって知ってる?」(シーカヤック)など、アウトドアスポーツの面白話でほぼ終わるのですが(私達がさせているのですけど)、今回は「ガチャポン一向にやらない」というご意見を賜りガチャポンメインで行いました。

いやほんとに伊東さんのお話はいつも面白いんですよ。しょーがないんですね。

「海外での想い出」では、アメリカツアーで英語が堪能ではなかった頃巨大な「Tボーンステーキ」を頼んだら巨大な「レバーステーキ」が来て困った話や、さすがアメリカちょっと危険な目にあった話を。

「涙がキラリ☆」ではやっぱり音楽をやって感動した話かなーと思いきや、猿がにぎりっぺで自分のおならを嗅いで、あまりのクサさに木から落ちる動画サイトで話題の動画の話を(何の話だ!)。

ここらはタイムフリーで聞いてください。相変わらず面白いわあ。

さて、来年の40周年を前にしてリリースされたニューアルバムは只今絶賛発売中「REBIRTH」。

ココ数作はリゾート感あふれるファンタジックなイラストのジャケットから、バシっと4人のメンバーの姿を配して「REBIRTH」です。

ここ数作グングン元気になっている感のあるT-SQUAREですが、とりわけ目立つのが最年少メンバーの坂東慧さんの楽曲が増えていること。今作も9曲中4曲が坂東さんの楽曲です。

「面白い。刺激的なんですよね」と伊東さんも絶賛。
伊東さんとは30くらい下の坂東さんをメンバー全員が受け入れている懐の広さと常に新しい音に貪欲なT-SQUAREというバンドが40年一線を走り続けている秘密を見るようです。

一方で「(リーダーの)安藤も今回、安藤節っていうのかないい曲を書いてるんですよ」と、同じメンバーで12年続けたことで、バンドとしてこなれてきて良いグルーヴを無理なく生み出せるように鳴ったことをとても喜んでいましたね。

「再生というより(T-SQUAREというバンドの)再確認という感じかな」

改めて自分たちを見つめ直し、来年に向けてもう一度仕切り直そうという意欲あふれる1枚。個人的にはついに泣きのバラードも無くさらに若返って走り始めたアルバムって感じでした。

T-SQUARE「コンサートツアー2017[REBIRTH]」
2017年7月30日(日)
電気ビルみらいホール
16:00開場/16:30開演

そんな絶好調の今、ライブも絶対に楽しめること間違い無し。
必見ですねえ。

そんなわけで、今日はしっかり音楽の話もできて大満足だったんですが、スタジオを出る直前に「今はなんのスポーツにはまってるんですか?」と尋ねると「今はねえ料理なんだよ。すごいやってる」とのこと。

ああっ!聞きたい!また来てください!

T-SQUARE official site (外部リンク)

P1020455_thumb1

今日は9月2日(土)3日(日)にマリンメッセ福岡で行われる「SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30 FIFTY50”」の番組内先行予約を行いました。
たくさんのご予約に感謝。
土曜日分はあっという間にご用意した枚数が終了するほどの大好評でした。

そんなわけで今日のメッセージテーマは「涙がキラリ」。

涙って不思議なもんですね。
まあ、オーソドックスには悲しい時や感激して流す涙なんでしょうか。
でも悔しい時も涙だし、サルのにぎりっぺみても涙ですし、なんなら歩いていて何もないのに涙出ちゃったりして。
総じて感情の振れ幅が激しい時にキラリするのが涙なのでしょうね。
そんなわけで、今日はみなさんの感情がフレまくったメッセージが多数寄せられました。
予想通りというか意外というか、「子供」関連多っ!
我が子が生まれても、喋っても、立ち上がっても、トイレに行っても涙。まあ、これはそうだなあと思うんですが、これが中高に進んで優しい言葉に涙して、部活で頑張って涙して、社会人になって涙、嫁に出す時はキラリどころではない大号泣…と、考えてみればそうなんですが「親」という人達は子どものために生涯涙するもんなんだなあ、と実感。
と、同時に最終的には苦労が回収される「ご褒美」のキラリなのかもしれないなあ。とも思いましたよ。
そのほかにも「やられたー!」って悔し涙や、笑っちゃいけないシチュエーションでおかしくて涙流して大我慢、熱い友情に心温まるキラリなど、本当にたくさんの「キラリ」話いただきました。
「涙は心の汗だ!(古)」ってホントだな。
そんな今日のメッセージテーマでした。

P1020453-001_thumb1そんなこんなで今日も楽しくお送りしました木曜ラジゴン。

今週はここまで。
また次週です!

2017年6月 8日 (木)

よいしょっと!メッチャ面白い木曜ラジゴンでっせー!知らんけど!

IMG_0004

ゲストの出演部分はこちらから(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

今日も「ボーナスウィーク2017」で盛りだくさんの木曜ラジゴン。
この日にお迎えしたガチャポンゲストは、ORIGINAL LOVE、田島貴男さん。

昨年がデビュー25周年。
ずっとカッコイイ。ずっとテンション高い。そんな田島さん。

その華麗な経歴はおなじみの通り。
OLIGINAL LOVEとしての数々の作品、あるいはあのピチカート・ファイヴ2代目ボーカリスト(3代目が野宮真貴さん)での通称「Bellissima!時代」といわれる作品群。最近のさらに自由な活動。

ちんみ。もど真ん中ですので、憧れの存在です。

福岡では6/4(日)に福岡国際会議場での「ETERNAL RETURN TOUR」ライブが終わったばかり。

tajima私とkaedeちゃん、ライブも観てきましたよ!

もう、ものすごい運動量!
前半こそ歌に演奏にアツくアツく進んでいたものの、中盤以降はステージを縦横無尽に動き回る怒涛のソウルレビュー!会場に詰めかけたファンも手慣れたもので、ここぞというところでステージ上の田島さんを煽る煽る。アンコールの頃には息が切れるほどのパフォーマンスでした。

田島さんの著書から引用すれば「Stevie Wonderみたいな喫茶店でかかるようなポップスを超エンターテイメントでやる」というORIGINAL LOVEとしての信念そのもの。

「福岡のファンは音楽通な感じで、めちゃくちゃ楽しかった」と満足げな田島さん。

「体力大丈夫ですか?」と尋ねると「ツアーやると基礎代謝があがる(笑)」と苦笑い。最近も日々のジョギングなどで体力維持を心がけている田島さんですが、それでもワンステージマラソン10kmくらいの運動量なので途中で限界を超えるとか。

今日のガチャポンのテーマ「方言の話」では、子供時代は転勤族であちこちに引っ越していたお話などを披露。

横浜時代の「じゃんけんぽん」が「ちすけっぴ!」だったことに驚いた。なんて話で大盛り上がり。これ一番長かったかも(笑)71tK71YEoML._SL1000_

さて、この7月にはキャニオン時代の楽曲をまとめた2枚組の「プラチナムベスト ORIGINAL LOVE~CANYON YEARS SINGLES&MORE」もリリースされる田島さん。

田島さんいわく「オリジナルラ『ヴ』」時代。

2011年に自主レーベル「WONDERFUL WORLD RECORDS」設立以降は「オリジナルラ『ブ』」とカナ表記を改名しているんですよね。

高校時代はあのスターリンの前座をやり、超ニューウェーブ少年時代からORIGINAL LOVEの前身、レッドカーテンからソウルやジャズを貪欲に取り入れながら一貫して「ORIGINAL LOVE」のポップスを追求してきた田島さん。

その遍歴と想いを綴った初の自叙伝のタイトルが「ポップスの作り方」ですから、まさに人生がポップスの作り方なんですねえ。ちなみにこの本、ホントに作り方とおびただしいギターの解説でメチャ面白いです。

だって今になって先生についてもらって改めてジャズギターをイチからならっているっていうんですから。常に前身、常に学習。知りたい知りたい!って今も音楽少年ではないですか。

そんな田島さんは現在はさらに自由に、今回のバンド形式、ふらりとカフェに登場する弾き語りツアー、さらにすべて一人でバンド顔負けの楽しくて華麗なショーを見せるひとりソウルショーと、様々なライブを展開中。

ライブが大好きな田島さん。次の福岡はもう決まっていて今度は「ふたりソウルショー」です。

相棒はペトロールズの長岡亮介さん。東京で一度行って好評だったこのショーが福岡にもやってきます。これはまた楽しみ!

田島貴男 ひとりソウルツアー2017(番外編)「ふたりソウルショウ -田島貴男&長岡亮介(ペトロールズ)-」
11月16日(木) 福岡 DRUM LOGOS
開場 18:30 開演 19:00

とにかく、今は自由に自分の音楽を追求している様子の田島さん。充実感いっぱいって感じでした。もっともっとお話を聞きたい!そんな今日のガチャポンゲストでした。

またぜひスタジオに!

ORIGINAL LOVE OFFICIAL WEB SITE (外部リンク)

P1020298

今日の「よりぬきラジゴン 早朝バズーカ」聞いてくれました?

ゲストには小雪ちゃんをお迎えしてドエライことになってしまいました。
なんか小雪ちゃんにも申し訳なくって...

どんだけどんだけか(なんだそれ)はタイムフリーでぜひご確認やで。

もう一回聞く!Part1

もう一回聞く!Part2(radikoタイムフリー、放送後1週間に限り放送エリア内とプレミアム会員の方が聞くことができます)

簡単に言うとみなさんから頂いた「福岡クイズ」を「君の方言は。」ってことで、kaedeちゃんとちんみが入れ替わって番組中ずっと、いんちき博多弁といんちき関西弁でしゃべるというもの。

たくさんの「福岡クイズ」ありがとうございました!

軽く感想を言うと、関西弁には魔物が住んでいる。ということでしょうか。やで。
聞いてねー。


さて、今日もお送りしました「ラジゴン ザ・ベストテンクイズ」。

1日4回。制限時間30秒。
ありとあらゆるジャンルのベストテンから出題。いくら答えてもOK。正解1つ1,000円でパーフェクトで1万円ゲット!

なんですがなっかなか大量金額ゲットに届かない今回。
やっぱり制限時間と生放送のプレッシャーの中、なっかなか難しいですよねえー。

などと思っていましたけど、ついに出ました!

ゆみさん、見事パーフェクト!10,000円ゲットです!
しかも1つだけしか間違い無しのものすごさ。

ゆみさんはもちろん、私達の興奮ぶりと来たら。
やあ、盛り上がりましたねえ。

それでもストックマネーは122,000円。
12月12日からの「ラジゴン ザ・ベストテンクイズ」に持ち越しです。これも楽しみ。


kakugen_2
さらにさらに、今日の「格言の泉」ではなんと絢香さんの格言コメントもいただきました。

感激。
そしてその絢香さんの格言も収めてブローアップした超限定版「格言の泉」本も本日2名様にプレゼント!

写真は前回のものですが、この後の作品も収蔵して内容もページ数もグレードアップ。

正直、たった2冊だけにしとくのはもったいないクオリティ!
皆さんから頂いた傑作格言に加えて、今回はさらにTHE ALFEEや久保田利伸さんの格言まで含まれているんですから(でも全部ちんみの激味出し代筆)。

しかもそれをまだ今作っているんですから!いつできるのかも楽しみだ(ゆっくり待ってね)。

P1020458

さて、今日のメッセージテーマは「方言」。
今日は方言づいた一日ですからね。

最近は「博多弁」も全国的にイメージの良い方言の方に入ったりしてますけど、お国言葉っていいじゃないですか。

特に地元を離れて改めて地元の方言聞いたりすると「やっぱいいなあ」なんて感じたりして。
一方で今日の「早朝バズーカ」じゃないですけど、他の地方出身の人がそれっぽく喋った時の異常な違和感にイライラしたりとか、ほんの隣の地域なのに方言が若干違ったりすることに敏感になったりとか。

場合によっては隠したい時もあれば、無理に方言使ってみたりする時もある。

今日はそんな方言のエピソードをたくさん送ってもらって。いやもうホントに今日はたっくさんのメッセージだったんですよ。ただ、時間に限りがあってかなりのメッセージ紹介できなかったのが残念です。

ひとつひとつメッセージはピックアップできませんけども、全体的に感じたこと。

福岡の皆さんは結構地元の言葉好きですね。
博多弁が特にそうなのかもしれないけど、そこはかたと漂うお国言葉への誇り。とてもいいことですけど、ちょっと意外だったかも。

県外から福岡に来た方も子どもさんに博多弁で「好いとうと」と言わせたくてしょうがないみたいなメッセージ読むと、今博多弁っていい言葉なんだなーって思いました。

昔は「博多弁で喋っていると喧嘩売られているみたいで怖い」って言われてたよーな気もするんだけど。

一方で「博多弁」は好きだけどイントネーションは苦労している人も少なくないよう。
博多の人って総じて県外に出るとその間はアッサリその土地の方言に染まっちゃう人多いと思うんですけど(だからテレビなどでしつこく博多弁喋ってる人は意識的!とちんみは勝手に思いこんでいます)、九州イントネーションはなっかなか抜けないもんですね。

それも味だしいいなーって思うんですけど、時に苦労することも。そんなメッセージもありました。

もちろん九州だけでなく日本各地の楽しい方言エピソードもたくさん。
ほんとに楽しい回でした。

色んな言葉があったのだけど、特に印象に残ったのは大分の一部を中心に九州各所で使われているらしい「ちちくりまわす」。

「ちちくりまわすぞ!」と迫られてちょっとドキドキするとぶん殴られる可能性あり。
「ぶん殴るぞ」「ひどい目にあわすぞ」って意味らしいです。すげえ。

もうひとつは富山の「だいてやる!」。
ええっ!「今日はだいてやる!」と迫られてドキドキすると(迫られてばっかり)ご飯おごってくれたみたいな。

「おごる」って意味なんだって。

やあ、こりゃ完璧に勘違いしそう。
ちなみに富山は勘違いしやすい方言がいっぱいあるらしいですよ。興味ある人は調べてみてね。

P1020456

そんなこんなで、今日は最後の最後までドタバタしていました木曜ラジゴン。

でもたくさんのメッセージや盛りだくさんの企画で楽しくお送りいたしました。みなさん、ありがとうございました!

それではまた来週!