JAFインフォメーション Feed

2015年12月24日 (木)

JAF インフォメーション 12月24日

今日は、クリスマスイブ!年の瀬も押し迫ってきました。

皆さんは、車での、帰省、旅行、レジャー、計画していますか?

このコーナーでは、車に関する豆知識、ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

今日のテーマは!!

「同乗者によるドライバーへの安全配慮」

年末年始は長距離ドライブすることが多くなりますよね。

その時、ドライバーだけではなく、同乗者は、どのようにしていたらいいのでしょうか?

今日は、JAF福岡支部の佐藤さんにお伺いします。

 

同乗者による安全配慮

まず、車のどの席に座っていても、きちんとシートベルトは締めましょう

シートベルトやチャイルドシートのベルト締め忘れが、

思わぬ事故の元となりますので気を付けてください。

 

そして、前かがみになったり、膝の上に荷物を置いて、

ドアミラーを隠さないようにしましょう。

後部座席の人も、深く腰掛け、ルームミラーの邪魔をしないことです。

ドライバーが安全確認できなくなります。

同乗者が協力できることでは、助手席側への車線変更や合流の際の安全確認です。

雨天時は運転席からのミラーによる確認はし辛い場合がありますので、

自転車や歩行者が近づいてきていないか確認をするのも良いかと思います。

また、バックで駐車する際にも、車を降りて、後方を確認することができます。

ただし、車を誘導する時には、安全のため、車両の前後には立たないようにしてくださいね。

 

そして、これからの時期は日帰りスキーや年末年始の帰省などで、

長時間運転することもあるかと思います。

日頃から運転している人でもやはり長い時間運転をすると疲労がたまりますので

2時間ほど連続して運転していたら休憩をさりげなく提案してみてはいかがでしょうか。

 

そして特に女性の方に気を付けていただきたいのが、

ドライバーに話しかけ「すぎる」ことです。

適度な会話は居眠り運転を防止するのに非常に有効ですが、

会話に夢中になると事故のもとになりますので、ドライバーへ話しかけすぎたり

見てほしい光景があったとしても「あっち見て!」といった

ドライバーの注意をそらすような事をしないようにしたいですね。

 

同乗者からドライバーに気を付けてもらいたいこと

まず、同乗者が車酔いしないように、雑な運転はやめて

急ハンドル、急ブレーキが必要ないような安全運転に務めてもらいたいですね。

特に小さなお子さんは、大人よりも車酔いしやすいのでこれからの帰省シーズンで

ご家族が一緒に乗る場合は日頃より丁寧な運転を心がけてください。

 

また、下調べをきちんとしておくことも大切です。

到着時間が遅くなったり、渋滞に巻き込まれると、イライラしてしまいます。

初詣に車でいかれる方も多いでしょうが、有名な神社では駐車場周辺だけではなく

高速のインターを降りたあたりから混む場合もありますので

出発時間をずらすなどの工夫をしてみてください。

 

同乗者もドライバーも、お互いに気を付けて、気持ちの良いドライブにしたいですね。

 

 

JAF福岡支部がオススメする冬のドライブスポット

 

熊本県の荒尾・玉名エリア

今回は、癒しと興奮のHOTスポット 熊本県の荒尾・玉名エリアをご紹介します。

コチラは、世界遺産に認定された炭鉱跡地や

ラムサール条約という国際的に重要であると認められた

湿地といった文化的なスポットをはじめ、

玉名温泉街といったファミリーで訪れても楽しいスポット盛りだくさんのエリアです。

 

九州自動車道南関ICから県道5号、29号を通り

遊園地グリーンランドを横目に荒尾市内へ。

 

まずたどり着くのは、

今年7月に「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録された「万田坑」です。

こちらは明治時代に日本で最大規模の石炭産出を誇った炭鉱の跡地で、

当時最新鋭だった設備が今も保存されています。

ちなみにココは、佐藤健さん主演の映画ロケ地にも使われる等

迫力の史跡が魅力の人気スポットです。

併設する「万田坑ステーション」には、荒尾市の特産品販売コーナーもあります。

遺跡見学の後に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

そして荒尾には荒尾干潟という有明海とつながる美しい干潟があるのはご存知でしょうか。

こちらは干潟としては九州で初めて「ラムサール条約湿地」に登録された

日本国内でも有数の渡り鳥の飛来地でもあり、夕焼けスポットとしても人気です。

真っ赤な夕日が広大な干潟に静かに落ちていくさまは息をのむほど美しく、

一度は見に行きたい、訪れた後は行ってよかったと思える素晴らしいスポットです。

 

お出かけの最後は玉名温泉で冷えた体を温めてはいかがでしょうか。

玉名温泉の泉質はツルツルとしたすべりの良いお湯で美人の湯としても有名です。

その中でもご紹介する「つかさの湯」は、

西日本最大級の温泉リゾートと様々なお風呂があり、

露天風呂や総檜のお風呂をはじめ、

お一人様で入れる壺風呂や岩風呂なんてものもあります。

更にはスチームサウナや女性限定で塩サウナもあるので、

普通の温泉では物足りないという温泉好きの方にもきっとご満足いただける施設です。

コチラの施設には温泉だけではなく、

旬の食材を使ったバイキングをお召し上がりいただけるお食事処や

80畳もある無料休憩所、

そして県内の海産物や温泉グッズなどを多数そろえた売店コーナーもあり、

温泉以外の楽しみにもあふれた施設となっています。

 

「つかさの湯」はJAFの優待施設となっていますので、

JAFにお入りの会員さんでしたら大浴場料金が通常700円のところナント!

年内は510円で、2016年1月1日からは600円でお入りいただけます。

メンテナンス時を除き年中無休で営業していますので、行ってみてはいかがでしょうか。

 

以上、JAFインフォメーションでした!

2015年12月23日 (水)

JAF インフォメーション 12月23日

今日は祝日!車でお出かけしている人も多いんじゃないですか?

このコーナーでは、車に関する豆知識、ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

今日のテーマは!!

「高速道路を走行する時の注意」

今日は、JAF福岡支部の玉江さんにお伺いします。

 

高速道路を走行する時の注意

高速道路は一般道に比べて走行速度域が高いため、

ちょっとした不注意や交通ルール違反が思わぬ大事故につながることがあります。

道路標識に注意しながら、道路や交通などの状況にあった安全な速度で走行しましょう。

例えば、本来、高速で走行することができる快適な道路ですが、

100km/hで走行しているクルマは1秒間に約28mも進みます。

ちょっとした脇見運転や車間距離不足が追突や玉突き事故につながります。

そこで、今日は安全な車間距離を保てる簡単な方法をご紹介したいと思います。

一般的に高速道路での安全な車間距離は、速度と同じといわれています。

簡単に言うと、時速100kmだと、100mです。

また、道路に50mごとにラインを付けている場所もありますが、

そこは特に車間距離不足による交通事故が発生してる場所と考えてよいです。

でもそのラインがないところで距離を測ることって難しいですよね。

距離を測る方法としては、走行車線にある実線と、

次の実線までの距離が20メートルなので、一つの目安になると思います。

もっとわかりやすいのが、時間を確認しての距離確認です。

先ほど時速100kmで1秒間に約28m走行するといいましたが、

もし100mの車間距離を保つなら、前の車が通過した地点を目印にして、

4秒後に自分が通過すればよいわけなんです。

その4秒を数える時にイチマルイチ、イチマルニ、イチマルサン、イチマルヨンと数えると

だいたい4秒になるので参考にしてください。

また、車線変更や合流車線付近を通過するときは、

ルームミラーやバックミラーだけを頼らずに

前方の安全が確保できたら、右や左を目視で確認するようにしましょう。

 

 

高速道路ならではの特別なルール

高速道路上では法律によって駐停車が禁止されています。

路肩や路側帯での停車は、後続の車両から追突されるおそれがあり大変危険ですので、

故障などで十分な幅のある路肩や路側帯にやむを得ず駐停車するときなど以外は、

駐車や停車をしてはいけません。

また、故障などでやむおえず停車した時は、三角停止板の設置も義務付けられています。

お出かけ前に、もう一度停止版の搭載確認を忘れないでください。

http://www.jaf.or.jp/qa/ecosafety/careful/17.htm

 

年末年始は遠出する機会も増えますし、高速道での走行は、十分注意したいと思います。

 

 

JAF福岡支部がオススメする冬のドライブスポット

 

長崎県平戸市

今日は、長崎県平戸市への日帰りドライブをご紹介します。

福岡市内からだと、西区の福岡前原有料道路から二丈浜浜道路と乗り継いで、

さらに唐津伊万里道路で南波多終点まで約1時間ほど走ります。

そこからは一般道路で伊万里市内を通過すると、

今年一部開通した伊万里松浦道路へ再びのることができ、松浦の今福まで走れます。

そこからは、一般国道204号線を約15分走ると、

「松浦水軍の郷 海のふるさと館」があります。

市内からだと約1時間半くらいなので、休憩するにはちょうど良いと思います。

実は、松浦市は昔、源平合戦で活躍した水軍「松浦党」発祥の地で、

アジやサバの漁獲量全国1を誇る松浦魚市場があるため、

新鮮なお魚が安くで手に入ります。

ここは、JAFの優待を受けられる施設なので、

2000円以上のお買いもので、ソフトクリーム1個プレゼンしていただけます。

帰りにもう一度立ち寄ってはいかがでしょうか。

 

そして、そこから約30分ほど走ると、いよいよ平戸大橋が見えてきます。

橋を渡り終えると、平戸大橋公園があって、そこからは橋の全景も見ることができます。

今度は平戸市内へ少し走り、途中から市役所方面へ右折すると港に出ます。

近くに有料駐車場もあるため、そこで車を降りて散策すると、

オランダ商館や松浦資料博物館、平戸ザビエル記念教会なども見ることができます。

さらに、港から小高い丘を見上げると平戸城が見えます。

帰りに平戸城の中を見学するのもよいですね。

ここもJAF会員証提示で入場料が10%割引きになります。

朝、ゆっくり出発しても福岡市内からだと十分日帰りで行けると思います。

また、一泊してゆっくり平戸や生月を満喫したければ、

平戸海上ホテルでは、事前予約で会員証提示いただければ、

1泊2日食事つきの基本宿泊室料から10%割引がききますよ。

ぜひ楽しんでください。

 

明日もお送りします。

以上、JAFインフォメーションでした!

 

2015年12月22日 (火)

JAF インフォメーション 12月22日

いよいよ年の瀬も押し迫ってきました。

年末年始で忙しくなり、ドライブする機会も増えているのではないでしょうか。

このコーナーでは、車に関する豆知識、ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

今日のテーマは!!

「冬の道路で気をつけたいこと」

今日は、JAF福岡支部の廣瀬さんにお伺いします。

 

冬の道路で気をつけたいこと

冬の道路は、普段とは随分表情が変わります。

雪道だけではなく、見た目には分かりにくくても、固く路面が凍結している場合もあるんです。

例えば、降り積もったばかりの新雪でも、

深くなったり、湿ったものは、ハンドルが取られやすくなっています。

また、交通量が多い場所に見られる、

車に踏み固められた圧雪凍結は、危険度が増します。

中でも、もっとも注意して欲しいのは、ブラックアイスバーンです。

一見、道路が濡れただけのように感じますが、実は、薄い氷の膜で覆われているんです。

油断せず、冷え込む夜間や、明け方、日陰などでは注意しましょう。

冷たい風が吹きつける橋の近くや、トンネルの出入り口も注意です。

そして、凍結した道路を走る場合も含め、

急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドルは厳禁です。

凍結路面を走る場合、ブレーキを踏んでも止まらなかったり、

ハンドルを回しても方向が変わらない、という場合もあります。

自分が制御できるだけの、ゆっくりとした動かし方を心掛けることが大切となります。

また、事故を回避するためにも、車間距離は十分に空けてください

これは、自分だけではなく、前方の車に何かあった場合に対応するためです。

あと、運転にあまり自信がない方は、なるべく坂道を避けるのも良いでしょう。

使用する道路も、幹線を中心にドライブルートを設計すると良いです。

地図上では2車線道路のように見えても、

積雪状態によっては1車線しか走行できない、ということもしばしばあります。

細い抜け道では、雪が積もったり、凍結して立ち往生ということも起こります。

「雪道に抜け道なし」と思って、幹線道路を中心に走るようにしましょう。

万が一に備えて、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤの用意もしておくと万全ですね。

 

視界にも気をつけて

それだけではありません。

冬は視界が悪くなる状況も多いんです。

例えば、風の強い日は、雪が突然舞い上がって地吹雪になり、

視界が悪くなることがあります。

また、日が暮れるのも早くなりますし、天候不順でますます薄暗くなったりします。

早めのライト点灯などで、ドライバー同士、歩行者への注意を促すことも大切です。

 

冬の道路での運転、身を引き締めて、しっかりしたいと思います。

 

 

JAF福岡支部がオススメする冬のドライブスポット

 

宗像市

今回は、地元福岡・宗像市をめぐる、「温泉」と「灯り」をテーマとした

癒しのドライブコースをご紹介いたします。

宗像市は福岡市と北九州市のちょうど中間あたりに位置する、

玄界灘と響灘に臨む自然豊かな都市です。

人気急上昇中のラグビーにおける九州トップチーム

宗像サニックスブルースの活動拠点でもあります。

ドライブのはじめに、交通安全祈願で有名な宗像大社での参拝はいかがでしょう。

こちらは世界遺産への国内推薦が決まっており、見逃せないスポットとなっております。

参拝のあとは、宗像大社からクルマで少し移動し、

全国的にも大人気の「道の駅むなかた」で地元食材のお買いものをどうぞ。

豊かな自然に育まれた農産物や海産物が豊富に楽しめます。

海・山・川を堪能し、日が暮れたあとは、

グローバルアリーナ・キャンドルナイトで素敵な時間が待っています。

こちらは道の駅から495号線・75号線・29号線を経由し、

車で30分ほどのところにあります。

明日、23日から25日まで、キャンドルガーデンクリスマスと題し、

17:00以降にキャンドルの点灯が行われます。

施設内のショップ・楡の森(にれのもり)では、

JAF会員証の提示によって大人気のラグビーグッズをはじめ、

各種商品の割引優待が受けられます。

夜風で体が冷えたら、「宗像王丸・天然温泉やまつばさ」へどうぞ。

お食事と温泉でゆっくりと温まってください。

こちらも会員証の提示により、割引優待を受けることができます。

ドライブの際は、各地でお得な割引が受けられる

「JAF会員証」の携帯を忘れないようお願いします!

 

 

明日もお送りします。

JAFインフォメーションでした!

2015年12月21日 (月)

JAF インフォメーション 12月21日

今週4日間お送りする、JAFインフォメーション。

来週は年末年始になり、車でお出かけする方も増えるのではないでしょうか。

このコーナーでは、車に関する豆知識、ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

今日のテーマは!!

「冬のドライブへの準備 」

皆さんは、しっかり準備できていますか?

今日は、JAF福岡支部の大坪さんに詳しくお伺いします。

 

冬のドライブの前に、どのような点検が必要なのでしょうか?

一番大切になるのがタイヤの点検です。

夏用タイヤでは積雪や凍結路面でスリップや事故の危険があるのは、

皆さん当然ご存知ですよね。

 

しかし、スタッドレスタイヤを使用しているから大丈夫という方も、

表面の溝の深さが新品の50%以下にまですり減っていませんか?

もし擦り減ってしまっている場合は、凍結路面での性能が低下して

最悪の場合事故となってしまうので確認をお願いします。

 

また、気温が下がってきましたら、様々な性能が変化していきます。

特にバッテリーは、寒さによって性能が極端に低下してしまいます。

日頃のメンテナンスが不足していたり、寿命が近づいているバッテリーは、

気温が低下することで、エンジンが始動できなくなることがあります。

もし3年以上バッテリーを交換していないという方がいらっしゃいましたら

早めに交換をしていただきたいと思います。

 

そしてもう一つ、見ていただきたいのがウォッシャー液

冬の道路は視界が悪くなりやすいので、ウォッシャー液を使う機会も増えてきます。

残量を確認することと、自動車用品店などでは

寒冷地用として凍結防止効果を高めた専用品も販売されていますので、

ご利用をおすすめします。

 

他にも、冬のドライブへ向けて、準備しておくことはありますか?

 

冬のドライブへ向けて必要な準備

もちろんどのような場所に出かけるかにもよりますが、

一般的に揃えていて欲しいものは、まず、ブースターケーブル

冬はヒーターの連続稼動などにより、バッテリーの消耗が激しくなりがちです。

バッテリーが上がってしまった場合になくてはならないものですので、準備しておきましょう。

そして、スタッドレスタイヤでない方は、タイヤチェーンを準備してください。

他にも、軍手や長靴、懐中電灯、防寒具などは、いざと言うとき、助かります。

フロントガラスの霜を落とすスクレーバーや、

鍵穴の凍結にも使える解氷スプレーも便利です。

万が一、スタックした場合のために、砂を準備するのも良いでしょう。

 

どうしても設備が整わない場合は、レンタカーを利用するのも手です。

また、事前に情報収集はしっかりして、雪道になりそうな場所の確認、

時間に余裕をもってのお出かけを忘れずに。

 

最後に、トラブルが起きた場合の強い味方、JAF会員証も携帯していてください。

隊員が、駆けつけて、対処しますよ。

 

皆さん、冬のドライブの前の点検は忘れずに!

ここでJAF福岡支部がオススメする冬のドライブスポットをご紹介!

 

佐賀県嬉野市

寒さも一段と厳しくなってきて、心も体も暖まりたいですよね?

そこで今回は、日本三大美肌の湯でも有名な嬉野温泉がある

佐賀県嬉野市をご紹介したいと思います。

 

まずは、江戸時代初期の長崎街道を再現した

「元祖忍者村 肥前夢街道」でタイムスリップ!

からくりがいっぱいの「からくり夢幻屋敷」や、焼き物の絵付けができる「肥前夢工房」

「手裏剣道場」や「忍者吹き矢道場」など大人から子供まで楽しめる施設があります。

こちらの施設はJAF会員証提示で入園料が100円OFFとなる

優待施設でもあります!

 

遊び疲れた後は温泉でゆっくり体を温めてください。

日本名湯100選にも選ばれた嬉野温泉ファミリーホテル神泉閣では、

JAF会員証の提示で入浴料がなんと50%OFF

日本三大美肌の湯を存分に堪能してください。

 

また、嬉野グルメといえば「温泉豆腐」

温泉の絶妙な成分バランスが、豆腐のたんぱく質を分解し、とろりととろけさせるのです。

飲めば胃腸にも優しい温泉水と栄養満点の豆腐とが見事に融合した健康フード。

その食感と味わいはやみつきになりますよ。

 

そして、最後は旅の思い出にお土産を。

「うれしのお茶ちゃ村」では仕上げたての嬉野茶をはじめ、お茶を使用したお菓子や、

人気のあるお茶石鹸、保湿クリームの緑茶シアバターなどの美容品、歴史ある

有田焼など、佐賀、嬉野のお土産として喜ばれる品々を多数取り

揃えており、楽しくお買い物いただけます。

なんとこちらもJAF会員証提示でお土産品が10%OFF

 

ドライブの際は、各地でお得な割引が受けられる「JAF会員証」の携帯を

忘れないようお願いします!

 

 

明日もお送りします。

JAFインフォメーションでした!

2015年9月17日 (木)

JAF インフォメーション 9月17日

いよいよ明後日からシルバーウイーク!

皆さんは、車での旅行、レジャー、計画していますか?

このコーナーでは、車に関する豆知識、ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

今日のテーマは!!

「早めのライト点灯」

今日は、JAF福岡支部の廣瀬さんに詳しく聞いてみましょう。

 

秋になって、暗くなるのも、だんだん早くなってきました。

皆さんは、いったい、いつぐらいにヘッドライトを点灯しているのでしょうか?

 

ヘッドライトの調査結果について

ドライバーの皆さん、日没にはヘッドライトを点灯しなければならないと、

道交法第52条で定めてますが覚えていますか?

昨年度のJAFの調査結果ですが、その日没時に点灯しているのは、約2割でした。

更にスモールライトだけという方も結構います。

そして、日没後10分以上過ぎても、約7割しか点灯していないんです。

これは、日没とは関係なく、自分の見た目で判断している方が多いということでしょう。

 

交通事故が多発する時間

皆さんは、「薄暮の時間」という言葉、聞いたことありますか?

いわゆる夕方のことですが、この時間帯は、交通事故が多発すると言われています。

平成23~25年の3年間の事故統計で見ても、

死亡事故は圧倒的にこの時間が多いんです。

 

JAFでオススメのヘッドライト点灯のタイミング

最近は、オートライト機能が付いている車もありますが、

JAFがオススメしているのは、日没30分前での点灯です。

これは、夕暮れ時のヘッドライト早期点灯により、

自分の視界を明るくするだけではなく、対向車や歩行者に、

自分の存在を知らせることにもなります。

そうすることで、歩行者も道路の横断などで十分注意することができるようになります。

日没の時刻は、最新のスマートフォンなら簡単に分かりますし、

JAFのホームページにも掲載しています。

http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety_light/index.html

 

 

日没以外でも、早めのヘッドライトの点灯をお願いします

例えば、天気が悪い日。

水滴がついたドアミラーでは、後方の車を確認しにくくなっています。

実際、雨の日の1時間あたりの事故件数は、晴れの日の約5倍にもなるという結果も。

また、霧の時も、道路状況を判断しにくいので、「見誤り事故」が起きてしまいます。

そして、急にトンネルに入った時も、暗さに順応するのに時間がかかるため、

追突事故の原因になる場合があるのです。

これらの時でも、早めのヘッドライトの点灯をオススメしています。

 

皆さん、交通事故を起こしてしまったら、楽しいドライブも台無しです。

早めのヘッドライトの点灯、心がけるようにしてください。

 

JAF福岡支部がオススメする秋のドライブスポット

今回は、様々な道の駅をご紹介しています。

今日は、大分県の久住高原を巡りつつ、

道の駅でソフトクリームを楽しむドライブコースの紹介です。

 

秋になったとはいえ、まだまだ残暑が厳しい9月。

涼しい高原をさわやかにドライブしてみませんか?

まずご紹介するのは、「くじゅう花公園」です。

こちらは大分道・九重インターを出てから国道387号線を南下、

その後442号線沿いにある、季節の花の美しい公園です。

花だけでなく、近くにはくじゅう連山、遠くには阿蘇五岳を見ることができ、

JAFの会員証の提示により入園料の割引優待を受けることもできます。

公園で歩き疲れた後には、同じく442号線沿いにある「道の駅 竹田」にどうぞ。

地元農家の方の愛情こもったお野菜や加工品が取り揃えられており、

ドライブの合間にホッと一息つくことができます。

こちらでは、JAF会員ならソフトクリームを50円引きで購入できます。

さらに山道をちょっとドライブした後は、「道の駅 すごう」へのお立ち寄りはいかがでしょう。

なんと、ここでも先ほどの「道の駅 竹田」と同じく、

ソフトクリームの50円引き優待が受けられます。

暑さを忘れて、2つの道の駅でソフトクリームの食べ比べをしてみるのも

面白いかもしれません。

遠くへドライブに出かけるときも、JAFの会員証があれば安心かつ、とってもオトクです。

秋の連休前にJAFへの入会をぜひオススメいたします。

 

以上、JAFインフォメーションでした!

2015年9月16日 (水)

JAF インフォメーション 9月16日

今週末からシルバーウイークですね!

皆さんは、車でどこにお出かけしますか?

このコーナーでは、車に関する豆知識、ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

今日のテーマは!!

「高速・一般道での逆走」

今日は、JAF福岡支部の小林さんに詳しく聞いてみましょう。

 

最近、何かと話題になっている逆走。

実際はどれくらい起きているんでしょうか?

 

高速道路での逆走の発生状況

昨年発表された、高速道路での逆走の発生状況は、198件。

その半数は、インターチェンジやジャンクションで逆走を開始しています。

また、65歳以上の高齢者によるものが69%にものぼります。

 

高速道路での逆走の原因

一般道から高速道路に入る時、サービスエリアから高速道路に入る時、

ジャンクションでの進入車線の間違い、中には、高速道路を降りる時に、

オーバーしてしまって逆走する人や、路肩でバックする人もいます。

 

高速道路での逆走を防ぐためには

まず、道路標識や案内看板をしっかり見ること。

路面に書いてある矢印も確認すること。

また、降りる予定のインターを通り過ぎてしまったら、

慌てず次で降りるようにしましょう。

もし、万が一、逆走してしまったら、速やかに路肩に停車し、

道路管理者に通報することも大切です。

 

高速道路で逆走車両に遭遇したら

逆走する車は、追い越し車線を走る場合が多いので、

なるべく走行車線を走ることです。

また、速度が合算されるため、

確認してから近づくまでの時間が極端に短いのが特徴です。

様々なことが起きる可能性を想定した防衛運転を心掛けるとともに、

日ごろから正しい乗車姿勢を身につけておくようにしましょう。

 

また、逆走は、何も高速道路だけで起きるとは限りません。

一般道でも逆走行は起こります。

 

一般道での逆走

一般道で、T字路や十字路に進入する車が、車線を間違えて逆走することもあります。

例えば、2車線から4車線の道に入る時に、錯覚するんです。

こういった逆走もありますので、一般道でも気をつけるようにしてください。

 

まずは、逆走しないように、標識、車線などの確認はしっかりする

そして、逆走する車に遭遇した場合のために、常に防衛運転を心がけたいと思います。

 

JAF福岡支部がオススメする秋のドライブスポット

今回は、様々な道の駅をご紹介しています。

今日は、長崎県島原市にあります、道の駅「みずなし本陣」です。

 

アクセスは、諫早ICより国道251号線を島原方面に70分のドライブです。

普賢岳を望む水無川そばに位置する道の駅で、

1991年、雲仙普賢岳噴火による土石流災害の爪跡を保存した、

『土石流被災家屋保存公園』に隣接した道の駅です。

施設内には、この自然の脅威について学ぶことが出来る火山学習館や

大火砕流体験館、地元の新鮮素材でおもてなしするお食事処、

豊富な品ぞろえのお土産屋さんなど、飲食・物販・体験等の建物があります。

こちらの道の駅では、JAF会員証で、

大火砕流体験館や火山学習館の入館料の割引が受けられます。

また、近くに雲仙岳災害記念館もあります。

こちらもまた、雲仙普賢岳の噴火活動による、自然の脅威と被災体験を

次世代に伝えることを目的とする施設で、愛称が「がまだすドームです」。

ハイテク技術を駆使した体験コーナーもあり、

山に関する知的エンターテイメントがギッシリ詰まった一大空間です。

趣向をこらした建築は心地よく、有明海の眺望も良い憩いの場です。

こちらの施設もJAF会員証で割引が受けられますまで、

島原に行かれた際は是非、お立ち寄り下さい。

 

明日もお送りします。

JAFインフォメーションでした!

 

2015年9月15日 (火)

JAF インフォメーション 9月15日

いよいよ今週末からシルバーウイーク!

このコーナーでは、車に関する豆知識、ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

今日のテーマは!!

「シートベルトの着用 」

皆さん、しっかり守っていますか?

今日は、JAF福岡支部の玉江さんに詳しくお伺いします。

 

現在のシートベルトの着用状況はどうなんでしょうか?

去年の警察庁とJAFの調査によると、運転席と助手席の着用率は90%を超えていますが、

後部座席では、一般道で35.1%、高速道路で70.3%と、とても低い状態でした。

福岡でも県警さんと私共JAF福岡支部で調査を行っていますが、

実を言うと昨年の一般道路後部座席着用率は31.7%と全国大きく下回っているんです。

 

シートベルトを着用しなかったら、どんなことになりますか?

まず、車内で全身を強打する可能性があります。

事故の衝撃はすさまじく、仮に、時速60kmで進んでいる車が壁等に激突した場合、

高さ14mのビルから落ちるのと同じ衝撃です。

また、後部座席の人がシートベルトをしないと、前方に放り出され、

運転席や助手席の人にも被害をもたらしたり、

衝突後にクルマが回転したとき遠心力で車外に放り出される可能性もあります。

堅いアスファルトに体をぶつけたり、後続車両にひかれることで、

最悪の場合は命を落としてしまいます。

エアバッグも、シートベルトを着用していて初めて十分な効果を発揮します。

もし、着用していないと逆に凶器になることもあるんです。

 

正しいシートベルトの着用方法を教えてください。

まず、シートに深く腰掛けて両手でハンドルを持ちブレーキを踏んで、

ひじやひざが軽く曲がる程度に調整します。

体は斜めにせず、正しい姿勢を保ってください。

ベルトはねじれがないことを確認しながら 鎖骨、胸骨、骨盤の位置に合わせて

バックルの金具は確実に差し込みます。

肩ベルトは、高さを肩より少し高めにして、首にかからないようにします。

腰ベルトは、骨盤を巻くように、しっかり締めましょう。

妊婦さんの場合、肩ベルトは、胸の間を通し、お腹の側面に回します。

腰ベルトは、お腹の膨らみを避け、腰骨の低い位置を通すようにしましょう。

 

シートベルトの大切さが分かるイベントを、今、やっています

 

シートベルト着用促進キャンペーンについて

JR博多駅の博多駅前のひろばでシートベルトの着用促進キャンペーンを開催

まずはシートベルト着用の重要性を体験できる、

シートベルトコンビンサーという装置で、時速5kmでの衝撃体験ができます。

どの位の速度かというと、大人が少し早歩きで歩くぐらいですね。

その速度でも、衝突したときの衝撃力は自分の体重分くらいの衝撃力があります。

もし、時速40kmで壁に衝突すると、体重の約30倍ほどの衝撃力がかかります。

そのほかにも、お子様に大人気な子ども安全免許証の発行や、

簡単なシートベルトのクイズにお答え頂いた方には、プレゼントもご用意しています。 

また、このあと午後1時20分頃から、エアバッグの展開実も行います。

普段は滅多に見れない実物のエアバッグを展開して、

いかに必要かを実感した頂けると思います。

こちらのキャンペーンは、本日14時30分まで、行われています。

是非、お立ち寄り下さい。

そして皆さん、シートベルトはしっかりするようにしましょうね。

 

JAF福岡支部がオススメする秋のドライブスポット!

 

今回は、様々な道の駅をご紹介したいと思います。

今日は、この秋イベントが開催される様々な道の駅のご案内です。

筑後川や耳納連山の自然を満喫できる自然にあふれた筑後地区の4か所ですよ。

 

道の駅原鶴ファームステーションバサロでは、「ひまわりの切り取り販売」が行われ、

大きなひまわりが2本100円で手に入ります。

 

道の駅うきはでは、「ぶどう試食販売」が行われ、生産者ごとのぶどうが試食できます。

気に入ったものをその場で購入することもできます。

 

道の駅くるめでは、「秋の彼岸コーナー」という特設コーナーを設け、

おはぎやお供え用切花など関連商品が並びます。

 

道の駅おおきでは、「秋のきのこまつり」が行われ、

きのこ料理の試食販売などを楽しむことができます。

 

この4つの道の駅ではJAF会員証提示でアイスクリームやジェラートが割引になります!

 

明日もお送りします。

JAFインフォメーションでした!

 

2015年9月14日 (月)

JAF インフォメーション 9月14日

今週4日間お送りする、JAFインフォメーション

今週末からのシルバーウィーク、車でのお出かけ、楽しみですね。

涼しくなって、気持ちのいいドライブシーズン到来です。

このコーナーでは、車に関する豆知識、ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

 

今日のテーマは!!

「法定速度とチャイルド・シート!!」

 

今日は、JAF福岡支部の大坪さんに詳しく聞いてみましょう。

 

法定速度とは

交通事故の抑止、交通の円滑化、道路交通の障害防止という目的で決められた速度です。

実は、日本は、ほぼ全ての道路が人がいる場所を通りますので、

歩行者の事故の度合いが欧米と比べても高く、

歩行者事故を防ぐために、抑えられた速度にして、瞬時に状況判断できるようにしています。

例えば、市街地で2車線の場合、歩行者が多いと40キロ、少ないと50キロなど、

現場の状況に応じて、決めています。

 

でも、周囲に合わせていたら、スピードが上がっていたということ、ありますよね。

 

体感速度について

ドライバーは、体で速度を感じていますが、これを体感速度と言います。

特に重要なのが視覚です。

狭い道路は、実際の速度と体感速度の差は小さく、広い道路は大きくなります。

また、坂道や周りの車に合わせていると、速度に慣れてしまい、スピードが出てしまいます。

 

どうやって体感速度をコントロールすればいいのでしょうか?

 

体感速度のコントロール法

時々スピードメーターを見て、法定速度を守っているかを確認しましょう。

下り坂では、アクセルを緩めたり、エンジンブレーキを使うと良いでしょう。

特に注意するのは、高速道路から一般道に出るときです。

高速道路のスピードに慣れてしまっているので、周囲の車が遅く感じてしまいます。

スピードメーターを見ることで、適正な速度を保つようにしましょう。

また、スピードを落とす時は、周囲の車を観察しながら、ゆっくりとです。

スピード違反は重大な事故につながります。

ぜひ、法定速度は守って、安全運転でお願いします。

 

ところで、安全と言えば、チャイルドシート。最近はどうなんでしょう?

 

チャイルドシートの使用状況

今年の警察庁とJAFの合同調査によると、なんと、62.7%しか使用されていません。

これは大変危険なことです。

また、福岡での使用率は全国平均を下回る57.7%となっていて、

残念なことに3年連続低下中という状況です。

 

チャイルドシートの義務について

まず、チャイルドシートの使用の義務づけは、

6歳未満の幼児を対象にしています。

また、大人用のシートベルトは身長約140cm以上の体型に対して

有効な働きをするため、6歳を超えても、身体の小さな子供には、

チャイルドシートやジュニアシートを使うようにします。

 

チャイルドシートの適正な使用について

チャイルドシートも子供の体に合わせて様々なタイプがあります。

体重10kgくらいまでの赤ちゃん用に後ろ向きシート、

体重10kgから18kgくらいまでの前向きシート、

その後は、背もたれ付きの学童用、座面だけのブースター型などです。

大事なお子様のためにも、体にあったものを適宜使うようにしてください。

 

お子様をお持ちの皆さん、チャイルドシートはしっかり装備して下さいね。

 

 

JAF福岡支部がオススメする秋のドライブスポット

今回は、様々な道の駅をご紹介しています。

今日は、熊本県にある「道の駅 通潤橋」をご紹介いたします。

九州自動車道御船ICを降りていただき、国道445号線を阿蘇方面へ約40分ほど

車を走らせるとちょうど熊本県の中央に位置する上益城郡山都町へと到着します。

その山都町にある道の駅のご紹介です。

道の駅の名前にもなっている「通潤橋」。

これは、国の重要文化財に指定されている日本最大級の石造アーチ水路橋です。

江戸時代末期の1854年に、水の便が悪く水不足に悩んでいた民衆を救うため、

建造され、今でも周辺の田畑を潤している現役の水路橋です。

長さは75.6m、高さは20.2mと非常に大きな石橋で、

当時の技術の高さをうかがい知ることができます。

水路内の土砂を排出するために放水する様子が有名ですよね。

橋の中央から放水している写真や映像を見たことがある方も多いと思いますが、

これを生で見てみたいと思っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方は今週末から始まるシルバーウィークに「道の駅通潤橋」を訪れてみてください。

期間中は午後1時から放水が予定されているので、高さ20mの石橋から放水される

迫力満点の様子を是非その目でお確かめいただければと思います。

また、「道の駅 通潤橋」にある物産館「虹の通潤館」では、

山都町の物産品である矢部茶や、ゆずの加工品・清酒・農産物など

熊本の自然に育まれた商品を販売しています。

「虹の通潤館」では、JAF優待施設として物産品をご購入の際に

JAF会員証を提示して頂ければ5%の割引がございます。

お立ち寄りの際は、是非、山都町の美味しい物産品をご堪能ください。

 

ドライブの際は、各地でお得な割引が受けられる「JAF会員証」の携帯を

忘れないようお願いします!

 

明日もお送りします。

JAFインフォメーションでした!

2015年4月22日 (水)

JAF インフォメーション 4月22日

いよいよ今週末からゴールデンウイーク!

風も温かくなって、気持ちのいいドライブシーズン到来です。

このコーナーでは、車に関する豆知識、

ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

 

今日のテーマは!!

「エコ!!」

今日は、JAF福岡支部の前川さんにお伺いしました。

 

エコなドライブ方法

ドライブするうえで必要な、燃料。

少しでも燃費をよくしたい気持ちは、どなたも同じだと思います。

エコなドライブ方法としては、

ふんわりアクセル(最初の5秒で、時速20km程度が目安)で、10%燃費が改善

車間距離にゆとりを ムダな加速・減速を減らします。

減速時には、早めにアクセルを離す エンジンブレーキを活用します。

エアコンの使用は適切に

無駄なアイドリングをしない 最近は、アイドリングストップ機能付きの車もあります

タイヤの空気圧が適正でないと、燃費が悪化します。

不要な荷物は降ろす

 

周りの状況でエコを妨げるもの

しかし、どんなに頑張ってエコな運転を心がけていても、

周りの状況で難しくなることがあります。

渋滞です。エンジンは回るのに前に進まない。イライラもピークに。

こんな時は潔く時間をずらしてしまいましょう。

みんなが急いで帰るときに、我先に走るのは事故の危険も出てきます。

時間帯を選ぶのも一つの方法です。

車がすいてしまうまで待って、目的地へ出発すると、スムーズに走らせることができます。

例えば、渋滞が予想される時間はゆったり温泉で、

走り始めるのは渋滞がなくなりだしてから、というのは、いかがでしょう。

あと、走行の妨げとなる駐車もやめましょう。

周りの人のエコドライブを邪魔するばかりか、事故の原因にもなりかねません。

エコ運転は、未来を見る力を問われる運転テクニックです。

この先に起こる未来について対応が出来るのはドライバーだけです。

車ではありません。

急がない、焦らない、前車に近づき過ぎない、余裕ある運転をお願いします。

 

 

JAF福岡支部がオススメする春のドライブスポット

温泉とパワーストーンを探る旅

 

今回は、ちょっと変わった温泉とパワーストーンを探る旅をご紹介しましょう。

南阿蘇を走るルートです。

熊本インターを降りたら熊本空港へ進路を取り、俵山へ向かいます。

今はトンネルが開通しスムーズに久木野へ入れるのですが、

ここはひとひねり途中から旧道へ入り、眼下に大津町、菊陽町を眺めながら俵山峠へ。

峠では休憩も兼ねて是非展望台まで歩いてください。

南郷谷の壮大な景色(パノラマ)が一望できます。

ここからは二つのパワーストーンをご紹介します。

一つ目は南阿蘇鉄道の駅の「下田城ふれあい温泉駅」にあります。

ここは、あのトロッコ列車が通る路線です。

時間に余裕があれば、高森駅からの乗車をお勧めします。

時間を忘れて走るトロッコ列車は、予約状況を事前に確認くださいね。

実はこの駅は駅舎が温泉になっているのです。

湯上りにホームでのんびり風に当たるなんて贅沢ですかね?

そのレトロな駅の駅舎の片隅に穴が開いたちょっと大きめの石があります。

縁結びの石と呼ばれ、恋人同士が両方から手を入れて中央で手と手を結ぶと、

二人は結ばれると言う伝説があります。

素敵な話ですよね。

温泉で体を清めて縁結び・・・ロマンチックです。

近くには雄大な阿蘇を感じていただくのに、レンタル自転車の施設もあります。

自分の足で自由に風を切って走るなんて最高です。

寄り道しながら隠れた阿蘇を探すのもいいですよ。

なったって、ガソリンが要りません。

まさにエコ!(人気なので予約が必要なのは勿論です)

もう一つのパワーストーンをご紹介しましょう。

免の石「宙に浮かぶ石」としても話題になっている石です。

崖に挟まれ、まるで宙に浮いているように見えるというパワースポット、

訪れた人は感動するといわる場所で、仕事に恋愛に勉学に、

不思議な力が湧いてくるかもです。

ここは、案内人の方がガイドしてくださいますので、

事前に阿蘇村観光協会へご予約ください。

少し険しい山道になりますのでそれなりの服装や準備が必要です。

また、阿蘇はJAFの会員優待施設が多く点在します。

「泉力の湯」や「阿蘇猿まわし劇場」、「阿蘇山頂ロープウェイ」や

「阿蘇火山博物館」など数えきれないほどです。

詳しくはJAFのホームページでご確認ください。

温泉や娯楽施設、食べて遊んで楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

 

以上、JAFインフォメーションでした!

2015年4月21日 (火)

JAF インフォメーション 4月21日

いよいよ今週末からゴールデンウイーク!

風も温かくなって、気持ちのいいドライブシーズン到来です。

このコーナーでは、車に関する豆知識、

ドライブコースやお得なイベント情報などを紹介。

 

今日のテーマは!!

「うっかり!!」

今日は、JAF福岡支部の谷本さんにお伺いしました。

 

この時期に多いトラブル

毎年これからの時期で多くなってくるのが閉じ込めトラブルです。

つまり、鍵を車の中に入れたまま、ロックしてしまうこと。

なんと、JAFへの救援依頼で、

バッテリー上がりやタイヤのパンクにつづき、第3位になっています。

最近の車は、車内に鍵があると電波を受信し、

ロックしない機能が搭載されていますが、

スマートキーの電池消耗により、電波が安定せず、

誤動作で閉じ込めてしまうなど、未だにトラブルが絶えません。

特に怖いのが車内へお子様を残したまま閉じ込めしてしまうケースです。

鍵は開けていたけれど、お子様自身が車内のロックボタンを

押してしまってロックすることもあります。

炎天下でエアコンも効いていない状態ですと、

車内の温度は急激に上がり、お子様の命に係わる事態になります。

非常に危険です。

 

これを予防するためには・・・・

定期的にスマートキーの電池を交換する

車から降りる前に、必ず鍵をポケットに入れる

ご自身が降りる場合、必ずお子様も一緒に降ろす ことを

徹するしかありません。

万が一、炎天下や気温が高い日に車内にお子様が閉じ込められた場合は、

JAFへ連絡するとともに、119番へも連絡したほうが良いです。

また、近くに毛布や水、バケツなどがあれば、日陰をつくったり、

水で車体を冷し、車内の温度を下げる事も大事です。 

最悪はガラスを割る方法もありますが、今のくるまは中々割れませんし、

場合によっては割ったガラスで中の子どもがけがをするケースもあるため、

十分注意が必要です。

 

 

JAF福岡支部がオススメする春のドライブスポット

福岡市内

 

この時期は、海風も気持ちイイ、浜辺へのドライブはいかがでしょう。

まずはヤフオクドームにある、王貞治ベースボールミュージアムです。

こちらの施設は野球界に素晴らしい功績を残された王貞治氏の足跡を

昭和という時代に重ねながら振り返ることができる歴史・記録館となっております。

王貞治氏の活躍に熱狂した人々の生きた時代を感じることができる展示や

世界に轟かせた756号ホームランを放ったバットなど、みどころ満載です。

また、ボールを投げて球速を測定したり、バッティングのスイングスピードを測定する

体験型施設も併設しておりますのでぜひお立ち寄りください。

ちなみに、王貞治ベースボールミュージアムはJAF会員証をご提示いただきますと

会員様のみ入館料200円引きとなりますので是非ご利用ください。

 

また、その隣にある福岡タワーでは、ゴールデンウイーク期間中

577段の階段のぼりイベントも開催される予定となっていますので、

挑戦されてみてはいかがでしょうか?

こちらの福岡タワーもJAF会員証をご提示いただきますと

5名様まで展望料20%割引となりますので是非ご利用ください。

 

最後は福岡タワーのちょうど対岸、

海の中道にある「海辺の里」という産地直売店です。

こちらの施設では志賀島の漁師さんから仕入れた新鮮魚介と

地元産の野菜などを販売されていて、

施設内の食堂では、志賀島名物のサザエ丼や海鮮丼などを食べることができます。

海の中道から志賀島にかけて多くのドライブスポットありますし、

海辺の里でランチをするのもいいかもしれませんね。

こちらの施設も、JAFの会員証をご提示いただきますと

会員様のみ店内商品が5%割引になります。

 

明日もお送りします。

JAFインフォメーションでした!